フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

保育所・学校生活

来年度の教科書候補選び

6月26日 木曜日

26日、3本目の記事。

放課後、支援学級の先生と一緒に来年度の教科書を選びに行ってきた。

今年度から国語と算数の教科書はみんなとは違う教科書を使っている。

いわゆる附則9条本。

去年までは弱視のあやたんは拡大教科書と思っていたけれど、一般図書からも選定できるとわかり、先生方と選んだのが始まり。

これまでのあやたんの様子、これから身につけてほしいこと、覚えてほしいことなど先生と相談しながら選定。

きっと先生の頭の中では授業のシュミレーションをしながら?

ということで、来年度用に国語、算数以外に理科、社会、保健と言った生活単元用にと、動物や体の仕組みといった図鑑的なものも含め5冊を選定。

さてさて、すべてOKが出るといいな。

雨のプール授業

6月26日 木曜日

月曜日に今年初めてのプール授業があった。

天気予報ほどスッキリ晴れず、気温も上がらず

クラスの男の子が

「口が自動で動くんだもん」

というほど、みんな寒かったらしい。

もちろん、あやたんも参加・・・。10分ほどであがったらしいけど。

そして、この日、2回目のプール授業。

幸い午後の5、6時間目。

少しは水も温かい、と安心して家にいたら、ふと気が付くと雨。それもけっこうな雨量。

お迎えに学校に行くと、支援学級のお友達が水着にバスタオルを持ってフラフラと廊下を歩いてやってきた。

授業の途中から降り出したらしい。

あやたんはちょうどお着替え中だった。

先生曰く、プールから出たくなかったらしい。

いつも行く温泉水プールは一度入ったら1時間は平気で泳いでるぐらい好きだからなー。

なんと今日は輪くぐりもしたみんなと一緒にしたらしい。

もちろん、みんなは水中にもぐる練習だけど、あやたんは水中に半分だけ輪を入れた状態での輪くぐりのようだ。

そのうち潜り出すか?あやたん!

大ニュースです!「あやたん、ピーマン大好き」

6月10日 火曜日

学校から帰り、連絡帳袋を開けると1枚のお便り。

クラスの新聞第1号!

発行はクラスのニュース係さん。




なんと、あやたん、記事になってるよ。

2年生は生活の授業でミニトマトかピーマンのどちらかを選んで育てている。

あやたんの鉢にはひとつピーマンの実がなったところ。

そのことが書かれている。


そして、なぜか

「あやたんはピーマン好き」

に、なってる。

ピーマン、食べれるけど、特別好きなわけではないのだけど、

お友達にとっては衝撃の事実だった?

記者くん、もしかして、ピーマン食べれない?

ともあれ、第1号に取り上げてもらって光栄だったね、あやたん。

あやたん、小2の体育会

5月31日 土曜日

あやたんの小学校の体育会、見事な晴天の一日だった。

9時からの開会式前に間に合うように、8時半には校舎内でハートウォーカーに乗り、校庭へ出た。

ラジオ体操はご機嫌。

Img_0808a

開会式直後のエール交換後、2年生のかけっこ。

すでにハートウォーカーに乗って1時間になろうとしている。

炎天下ですでにぐったり気味のあやたん、かけっこでは動く気まったく無し子ちゃん。

せっかく今年は見やすいようにとゴールテープは赤にしてもらったのに・・・

結局、先生に引っ張ってもらいゴール。

それでもゴールしたら大きな拍手をもらったあやたん。

Img_0834a

声で誘導する役目のお友達、ありがとうね。終わったら仲良く手を繫いで戻っていった。

Img_0842a

おまけの動画

9時からの部活を終えて(正確には途中から抜けてきた)兄ちゃんがやってきた。

どうしてもあやたんを応援しないといけないと顧問に頼んだらしい。ミーティングだけは出るように言われ、かけっこは間に合わなかった。

でもダンスには間に合った。

それにしても、保護者席テントに兄ちゃんがいるって変な感じ。

今年の1,2年生合同のダンスは今、話題の「妖怪第1体操」と「あいうえおダンス」の2曲。

今年は旗を2本持ってのダンス。

あやたんは介助歩行でダンス。旗はテープでひとつにまとめて左手に持つことに。

↓入場門にて待機中の図

Img_0858a

入場は車椅子

Img_0863a

車椅子から降りて、まずは「妖怪第1体操」。もうノリノリで脚は自分でドンドンと動かしニコニコ顔で踊っていた。

Img_0865a

「あいうえおダンス」

隊形移動もたくさん。

Img_0872aImg_0882a

なんでもポイポイなげるあやたんが、一度も旗を投げずに踊りきった!目標達成!

Img_0892a

正午近くなるとますます熱くなる校庭。「暑く」ではなく、まさに「熱く」だ。

気が付くと日陰が多いからと用具テントに避難したあやたん。

体温調整が難しいあやたん、いつもこういったさりげない先生の配慮に助けられる。

Img_0901a

午前中の残りは玉入れと今年初めて「筑紫音頭」なるもので終了。

そして、兄ちゃんとご対面。

Img_0915a

お昼ご飯の時間に兄ちゃん、パパ、ばあちゃん、ママの顔を見た途端、ポロポロと泣きだしたあやたん。

暑い暑い中、とっても頑張ったという気持ちをいっぱいいっぱい涙で伝えてくれた。

そして、兄ちゃん遊んでモード全開。

1時間のお昼休みなのに、落ち着いてご飯を食べる気持ちになれたのは30分も経過してからのこと。

お昼ご飯もそこそこに、あっという間に午後の集合時間になっちゃった。

あやたんのぐちゃぐちゃの気持ちに向き合っていたので、気が付くと写真を1枚も撮ってなかった。

あまりの暑さにだんだん表情がなくなったいったあやたんに、実は先生もかなり心配していたと後で聞いた。

でも、お昼を涼しい場所で過ごし、しっかり体の内側からと外側から冷やしたので元気復活。すっかり良い表情に戻った。

Img_0926a


午後は応援合戦と大玉運び。

この大玉運び、去年、雨で短縮体育会となってやらなかった競技。

Img_0935a

今年も1,2年生2人ずつ4人で挑む。
あやたん、目の前の大玉を邪魔だといって落としてしまわないかだけが気がかり(いや、期待?)

こんな感じで車いす用のテーブルの上に乗せて運ぶ。

Img_0945aImg_0950a

無事に払いのけ落とすことなく運べた。

閉会式の整理体操。

Img_0975s

暑かったけど熱中症になることもなく楽しく過ごせた。

P5310030a











あやたんの学校での役目

5月28日 水曜日

あやたんは、あやたんの姿で、あやたんだからこその役目がある。

学校であるお母さんとお話していて、改めてそう実感した。

あやたんのことが大好きで、一年生の時からいつも一緒にいてくれるお友達。

そのお母さんと立ち話。
その時、初めて「実はうちもあやたんが行っているリハビリ病院に行っていたんです」と告白された。

歩き出すのも、話し出すのも、すべてが遅かった。変だ変だと思いつつ、ある人(お身内の方)に指摘され初めて療育に通い始めたのだと。それまでは、やっぱり変だと思っていても認めたくなかった。(みなみに現在は療育終了)


「その子が言うんです。あやたんといると落ち着くのだと」

あやたん、癒しの存在!


そして、お友達は他の誰よりも知っている。


あやたんがリハビリをとっても頑張っていること。

そして、一年生の最初の出会いの頃に比べてできるようになったことが、ひとつひとつ増えていっていることを。

「あやたん、立てるようになったね」
「上手に歩けるようになったね」

いつもそう話してくれる。


そう、癒しの存在なだけでなく、頑張る姿のお手本でもあるのだ。

決して何もできない、みんなに甘えてるだけの存在じゃないってことを。

さー、週末はいよいよ体育会。
みんな、がんばれ!!!



初めての6時間授業

5月8日 木曜日

2年生になると週1日6時間授業になる。

その初めての日だった。

朝2コマのリハビリをいつものようにやって登校。
さて、頑張れるか?

6時間目、4時過ぎの下校。

先月末にぶつけられた車の修理に出したので、代車でお迎え。

先生から
「さすがに6限目はお疲れモードでやる気がなかった」
とのこと

加えて、車に乗せようとしたとたん
「私の車じゃなーい」
と泣き出した。

その泣く様子に、お友達もびっくり。
「あやたんが泣くの初めて見た」

家に帰り着くまでの数分間、怒る怒る。
カーシートから落ちるんじゃないかと思うほど。

こういうメンタル的な部分、さすがに車をぶつけてくれた相手さんには請求できんよね。

気持ちがおさまらないので、家に着いたら、荷物だけ置いてのお散歩コース。

あやたん、色々頑張った一日。

年々、鍛えられるね。そして、ジワジワ順応していく。

2年生の家庭訪問 

4月21日 月曜日

家庭訪問週間スタート。

我が家がある地区は毎年初日に順番が回ってくる。

交流学級も支援学級も、担任の先生は昨年から引き続き同じ先生。

春休み中にも打合せをしているので、家庭訪問はどちらかというと、新年度が始まってからの学校での様子を聞かせてもらうといった感じになった。

先生は変わらなかったけど、教室は変わり、クラスのお友達も3分の2が変わったから、かなり本人は戸惑っている様子が、登校してから朝の会の様子を廊下からも見ていてわかる。

朝の出欠も、1年生の終わりころにはお友達の名前が呼ばれる順番を覚えていて、そろそろ自分が呼ばれるということをわかって待っていたけど、そのお友達の名前と順番がまるっきり変わってしまった4月。

視力より聴力に頼っているあやたんにとって、聞こえてくるお友達の声が変わってしまったことも戸惑ってる原因。

それでも、去年に比べるとずいぶんと順応しているのもわかる。

それは睡眠に顕著に出ている。

なにしろ去年は脳の中が興奮してパニックを起こしているとしか思えないほど、睡眠の状態が悪かった。寝れないうえに、夜中に何度も起きていたから。

今年はそこまでひどい睡眠の乱れがないことに、先生も私も成長を感じると同意見。

少しずつ少しずつ、新しいお友達を覚えて仲良くなっていってほしい。

新しい教科書

4月8日 火曜日

2年生の新しい教科書が配られた。

今年のあやたんの国語と算数の教科書はこれ



附則9条本。
つまり学校教育法附則第9条にある一般図書を教科書にできるというもの。

昨年、先生方と色々見て決めた教科書だ。

弱視のあやたんでも視覚的にはっきりと捉えられる文字の大きさと色彩。

ひらがなと数字は小学校6年間で理解してほしいという願いを込めて選んだ。

クラスが変わり
周囲に聞こえる友達の声が変わり
朝の健康観察では聞こえてくる名前が変わり
自分がいつ呼ばれるのかわからず
少し戸惑っている様子が廊下から見ていてもわかる。

2年生で初めてあやたんと同じクラスになったお友達にとっても、同じ教室になったことでの新発見やハテナなことも多いだろう。

お互いが慣れるためにしばらく国語、算数もみんなのいる教室でやってみようと先生から。

そこで、この教科書についてもクラスのみんなに説明をしてくださったとのこと。

2年生といえば九九。
もしかしたら音楽の感覚でみんなが暗唱する声で覚えちゃったりして。

それぐらいお友達の声を聞いて、いろんなことを覚えていくあやたん。

2年生はどんなことを吸収していくのかなー。

あやたん、2年生スタート

4月7日 月曜日

小学校新年度スタート。
あやたん、2年生になった。

登校、まずは1年生のときの教室へ。
お友達みんなそわそわしている。

久しぶりにお友達と顔を合わせて興奮気味なのに加え、誰と同じクラスになるのか、先生は誰になるのか。

前の週の金曜日に学級担任、支援学級の先生と打ち合わせをし、何組になるのか新しい教室も確認していたので、

1年生最後の授業参観

3月4日  火曜日

1年生最後の授業参観と学級集会。

参観は、できるようになった発表会。教室の机を全部廊下に出し、教室の半分がステージ。

漢字や計算、地域ボランティアさんに教えてもらった昔遊び、縄跳びなど、いくつかのグループに分かれて発表。

司会進行も子供たち。

時々、下校時間より早めに学校に迎えに行き、廊下でこの発表会の小道具など作ってる様子を見ていたので、あれはこのためだったのね、とみんなの様子をなんだか嬉しい気持ちで見ていた。

あやたんは縄跳びグループ。
縄跳びを持って、みんなの「ヘビさん、ニョロニョロ〜」の声にあわせて、縄跳びを揺らす。それをみんなが飛び越える。そんなことを体育の時間や休み時間にしていたらしい。

動画は残念ながら、あやたんの背後から写すことになり手元が見えないけど‥。残念。

そして、お友達が一人ずつ、あやたんができるようになったことを言ってくれた。

学級集会である保護者さんから

竹とんぼ披露するグループに対して、周りのお友達が、すぐに体をよけることができないあやたんのために「こっちに飛ばしたらいけんよ」「気をつけて飛ばしてね」と
いう言葉が自然に出ていることに、友達を思いやる気持ちが育っていることを感じたという感想が出ていた。

他にも

本番でなかなか上手くいかない友達に対しても
「大丈夫、大丈夫」「できてるよ」と決して出来ていないことを非難、否定するのではなく、励まし、温かい言葉で応援する子供たちの姿が嬉しかったと。

本当に素敵なクラス。

素敵なクラスメートに囲まれて過ごしているなと感謝。

2年生はだれと一緒のクラスになるのかな。

より以前の記事一覧