フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

食欲旺盛なり

6月29日 日曜日

夕飯を完食したそばから「ケーキー(お菓子全体の意味)!!!」と、あやたん。

ちなみに本日のメインはピーマンの肉詰め。

その後、バナナを一本平らげた。

いやはやビックリ。

おやつ、デザートは別腹…というより、この1、2ヶ月、急に食べる量、食材、形態が確実に増えてきた。

金曜日も居宅介護のヘルパーさんともそんな話をしたばかり。

このヘルパーさんは、あやたんが一歳の時から担当でよく入ってくださってる方なので、私と同じように感じていたそうだ。

カンガルーの親子の同級生と比べても食が細く、とにかく食べない子だった。

食べることにはまるで興味がなかった。

3、4歳ぐらいまでは、朝食にヨーグルト1個をやっと食べればよい方。お昼ご飯をしっかり食べると今度は夕飯が入らないという感じの毎日。

3歳を目前にしたとある一ヶ月、全く固形食を受付なかったこともある。

嚥下の面でも、なんでもパクパク、ゴクンというわけにもいかなかった。(現在は随分心配はなくなったけどまだ100%目を離せるわけでもない)

とにかく食べることに興味がなさすぎて、リハビリでフォークを使う練習もなかなかスタートできなかったぐらい。

ずーっとそんな感じだっただけに本当に嬉しい。
どうか一時の気まぐれでありませんように…。(←いやいや、我が子を信じよう)





来年度の教科書候補選び

6月26日 木曜日

26日、3本目の記事。

放課後、支援学級の先生と一緒に来年度の教科書を選びに行ってきた。

今年度から国語と算数の教科書はみんなとは違う教科書を使っている。

いわゆる附則9条本。

去年までは弱視のあやたんは拡大教科書と思っていたけれど、一般図書からも選定できるとわかり、先生方と選んだのが始まり。

これまでのあやたんの様子、これから身につけてほしいこと、覚えてほしいことなど先生と相談しながら選定。

きっと先生の頭の中では授業のシュミレーションをしながら?

ということで、来年度用に国語、算数以外に理科、社会、保健と言った生活単元用にと、動物や体の仕組みといった図鑑的なものも含め5冊を選定。

さてさて、すべてOKが出るといいな。

雨のプール授業

6月26日 木曜日

月曜日に今年初めてのプール授業があった。

天気予報ほどスッキリ晴れず、気温も上がらず

クラスの男の子が

「口が自動で動くんだもん」

というほど、みんな寒かったらしい。

もちろん、あやたんも参加・・・。10分ほどであがったらしいけど。

そして、この日、2回目のプール授業。

幸い午後の5、6時間目。

少しは水も温かい、と安心して家にいたら、ふと気が付くと雨。それもけっこうな雨量。

お迎えに学校に行くと、支援学級のお友達が水着にバスタオルを持ってフラフラと廊下を歩いてやってきた。

授業の途中から降り出したらしい。

あやたんはちょうどお着替え中だった。

先生曰く、プールから出たくなかったらしい。

いつも行く温泉水プールは一度入ったら1時間は平気で泳いでるぐらい好きだからなー。

なんと今日は輪くぐりもしたみんなと一緒にしたらしい。

もちろん、みんなは水中にもぐる練習だけど、あやたんは水中に半分だけ輪を入れた状態での輪くぐりのようだ。

そのうち潜り出すか?あやたん!

お風呂の練習

6月27日 木曜日

前日に引き続き、なんだか、あやたん、気合十分・やる気十分のリハビリ。

PTは、介助歩行の足取りの軽さに先生にビックリされ、それならばと久しぶりに階段にも挑戦。

1フロア分を上って降りて上って、そして、初めて手すりを持って横向きでまた降りてみるということも試してみた。

続いてのOTでもなんだか体がよく動いていた。これは「じっとしていられない」という意味ではなく、「自由に意思通り体が動く」という意味。

前回、先生にご相談していたので、お風呂の練習をセッティングしてくださっていた。

急に背が伸び、体重も増え、毎日、抱えて浴槽に入れたり出したりが辛くなってきた。

なにせ私の背が低いので、抱えて浴槽にいれようとするとあやたんの足が浴槽にひっかかるようになってきた・・・。

ちょっとの支えでも自分で立ったり座ったりが安定してきたこともあり、ずっと前に福祉機器展でもえったカタログにいろいろと載っていたバスボードのことを先生に相談したのだ。

(入浴用の介助用品でバスボードを検索してもらったらいろいろと出てくると思う)

浴槽に見立てたものをパイプで組み立てたお風呂が登場!

あやたん、パイプをくぐって遊び始める・・・・。

腕や足が引っかかってもうまく脱出。

ちょっと今回の目的から外れるけど、その様子が面白く、先生と二人でどうやって抜け出すの見ていた。

ずいぶん自分のボディイメージがついてきたものだと感心。

さてさて、そうはいっても目的のお勉強。

ここに座って足をあげて・・・・

ここを持つ?

こっち側に設置したほうがいい?

などなど

最初は回転台付きのバスボードも考えたけど、板一枚のバスボードでも十分やれそう。

お家でバスマットにひとりで座って洗う練習もしている最中。

一人でできることを増やすことはもちろん、またはヘルパーさんの入浴介助など家族以外の人の手伝いを受けやすくする。

あやたんが自立・半自立でできることをひとつずつ増やしていきたい。

痒い痒い週末

6月22日 日曜日

土曜日、あやたんの左腕に虫刺され2つ。

兄ちゃんもあやたんも、虫に刺されるとぷっくりと腫れ上がる体質。

とにかく痒い。

しかも左腕・・・・つまり麻痺がある右手で搔けない。

いや、痒さのあまりに右手を使って欲しいとも思うんだけど。

とにかく痒くて、腕をうまいぐあいに自分の太ももあたりにこすりつけてみたり、床にこすりつけてみたり、人にこすりつけてみたり、ありとあらゆる手段を使って搔く。

しかも、土曜日はお腹も張っていて気持ちが悪くてダブルパンチ。

とにかくご機嫌斜めちゃん。

就寝してからも、寝て動かなくなったかなと思ってしばらくすると、またシーツや私にこすりつけて搔いている。

1時間も続けて寝たんだろうか?

一晩中、寝ては起きての繰り返しだった。

さすがに、寝不足のあやたん、珍しくお昼寝2時間。

お腹の方は、マッサージと食事・飲み物の刺激をしっかり与えてすっきりしたものの、

夜はやっぱり痒くて痒くてまた寝れない一晩だった。

貼ってもすぐにはがす。

塗ってもすぐにどこかでこすって落ちてしまう。

まともに塗り薬も貼り薬も使えたためしがない。

ちなみに帽子も手袋もすぐに取ってしまう。

毎度、大騒ぎ。

ちょっとは慣れてほしいと思う・・・いや、切に願うママ。

音楽ランドはパパの体操?

6月21日 土曜日

5月の連休が明け、兄ちゃんの部活も本格的になり土曜日も練習が始まった。

それに伴って(?)、パパが一緒に音楽ランドに行くようになった。

今までの土曜日とはちょっと違うパターンになり1か月。

あやたんも通い始めて2か月になり、ずいぶんと慣れてきたように思う。

・・・・でも、まだまだ本領発揮とまではいってないけど。

今は、場所と人に慣れてきたところ、とでも言った感じだろうか。

何より、1時間のうち40~50分は集中も続くようになってもきた。

1時間のだいたいの決まった流れがわかってきたのも大きい。

さて、音楽ランド、一緒に来た保護者も、子どもたちと一緒に同じことをする!

それが先生のずっと変わらない方針。

パパも一緒になって準備体操をして(もちろん音楽に合わせて)、踊って、歌って、ドラムも叩く。

こっちの手は4ビート、あっちの足は8ビートでリズムを刻んだり。右手はグー、チョキ、パーで、左手はパー、チョキ、グーをやってみたり。

兄ちゃんもそうだったのだけど、ボックスステップは自分の足が足に絡まって転びそうになったり。

まぁ、これがよい体操・・・・

体をほぐすのはもちろん、頭の体操にもなっている?

パパ、冷や汗もん?

手と足がこんがらがってる大人を見るのって、子どもたち楽しいよね。

この日のドラム、ホークスの応援歌に合わせて叩くことに。

あやたん、「おっ!」と喜びの一声。

知ってる曲が流れると、それだけ嬉しくてのっちゃう。

自分でしっかりとスティックを持ってドラムを叩けてた!!!!

家ではね・・・好きな曲だとしっかり曲に合わせて自分の膝やら床やらでリズムを刻むんだけどね。早く先生にご披露したいものだ。

座位保持椅子の仮合わせ

6月16日 月曜日

午前中、学校をちょっとだけ抜け出して新しい座位保持椅子の仮合わせ。

座面クッションのカット位置やらベルト位置などを決めていく。

今回は家用と学校用はキャスターや背中の部分の仕様を若干かえてみた。

色は・・・・今使っているオレンジが教室になじんでるので基本的には同じ。支柱のみこげ茶。

さぁて、仕上がりはどんな感じかな。

楽しみ。

先生たちの学生時代のアルバイト

6月12日 木曜日

午前中はリハビリ病院でのリハビリ、午後は大学病院の整形外科の受診なので、学校はお休みして一日病院。

午前中のPT。
いつものように念入りなマッサージからスタート。

なんの話題がきっかけだったのかは覚えていないのだけど

「学生の時、アルバイトで足ツボやってたんです」と先生。

先生の足ツボは効きそうだ。

そして、午後一の整形外科。
11月に診てもらった骨軟骨腫の経過診察。

レントゲン上も大きくなったりもしておらず問題なし。
本人も痛みを感じたり、生活に支障がない。
遺伝的なものではない。
片麻痺のため左足ばかりに負荷がかかっているからできたものではない。
正座の状態でピョンピョン跳ねる(あやたん、嬉しいとよくやる)からできたわけではない。

ということで、あまり心配しなくてもよいとのこと。

リハビリ病院で、側弯や股関節のレントゲンを定期的に撮っているので、この後はリハビリ病院で診てもらうことに。

リハビリ病院宛てな経過をお手紙に書いてくださった。

そして、先生。

「そういえば、学生時代、その病院でアルバイトしてたんだよ。事務員でね」

事務??


そっか、国家試験を受ける前の学生か…。

それにしても、先生方のアルバイト先告白が続いた一日だった。

…思いのほか、あっという間に大学病院も終わってしまったので、あやたんとのんびりランチとウインドーショッピング。



大ニュースです!「あやたん、ピーマン大好き」

6月10日 火曜日

学校から帰り、連絡帳袋を開けると1枚のお便り。

クラスの新聞第1号!

発行はクラスのニュース係さん。




なんと、あやたん、記事になってるよ。

2年生は生活の授業でミニトマトかピーマンのどちらかを選んで育てている。

あやたんの鉢にはひとつピーマンの実がなったところ。

そのことが書かれている。


そして、なぜか

「あやたんはピーマン好き」

に、なってる。

ピーマン、食べれるけど、特別好きなわけではないのだけど、

お友達にとっては衝撃の事実だった?

記者くん、もしかして、ピーマン食べれない?

ともあれ、第1号に取り上げてもらって光栄だったね、あやたん。

呼び寄せる??

6月8日 日曜日

カンガルーの親子ネットワークのユクリさん(行橋エリア)が、市のフェスタで団体紹介をするため写真展のパネルを貸し出すことに。

その受け渡しのためお互いの家の中間地点にある筑豊方面のとある場所で待ち合わせ。

この日の約束が決まり、だったらその近くに住む大学時代の友人に会いたいなーと思っていたら

数日前、その友人から突如、久しぶりにメールが来た。

「今、テレビにバレリーナの草刈民代さんが出ていて、元気にしてるかな?って思ってメールしたよ」って。

あー、驚いた。

草刈民代さんを見て私を思い出したのは、バレエというキーワードなのだろうけど、

こちらから連絡しようと思った相手から連絡が来たので驚いた。

ということで、用事を済ませた後、無事に会うことができた。

自営業をしている彼女。あやたんも一緒だったこともあり店先に車を止めて、車内でおしゃべり。

気がつくと結構な時間が経過していた。

お互い大学を卒業した時からは予想もできない仕事をしてるねーなんて話しながら

話題は中学生になった子供たちのこと。

お互い白髪が見え隠れするはずだ。

いやいや、話してる内容はともかく、気持ちはあっという間に学生に戻れるのは嬉しい。

しばし、若返った一日。

会いたいねーって思うと呼び寄せるのかしら?



振替休日はアンパンマンミュージアム

6月2日 月曜日

体育会の振替休日。
前々から気になっていた場所にあやたんと二人、女同士でデート。

行くなら平日、と決めていたアンパンマンミュージアム。

…いいんです。小学生だけど。

先に眼科に行ってから、と思い出かけたのだけど、何故かどこも駐車場がいっぱい。

あきらめて、時間が早いけれど先にアンパンマンミュージアムに行くことにした。

オープン時間までまだまだ時間がある。
…だけど、先客あり。
みんな、こんなに早くから並ぶんだ、とビックリ。

どこかに行くにも中途半端なので並んで待つことにした。

早く行くといいことってあるんだね。







バイキンマン大好きなあやたん、大喜び。
待ちくたびれてグズグズさんになっていたのも一気にテンションアップ!!

車椅子のあやたんと介助者のママは割引料金。




2フロアにまたがる館内移動も、スタッフさんの連携プレイでなんなくグルリと見て回り、今回の目的のショーへ。

実はあるスタッフさんにショーの時間をお尋ねしたところ、車椅子のスペースを確保しておくので声をかけてくださいとのこと。
みんな座って見るので、さすがに前の方は無理だけど真正面を確保してくださった。感謝、感謝。




知らない場所、初めての場所長居ができないあやたん、ママの予測通りこれで終了。

お土産はミュージアム限定(?)のバイキンマンのバランスボールとパン



もちろん、この後は眼科。
病院だけど、いつもの場所だから待ち時間が長くても怒らない…。

そして、終わった後は、あやたんが大好きなショッピングモールでおやつタイム。

振替休日…ちょっとハードスケジュールだったかな?





« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »