フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

3月の連休 ハウステンボス

3月22日 土曜日

3連休、兄ちゃんの卒業のお祝いにハウステンボスへ。

ホントは一泊したかったんだけどな、ママは。

お泊りしないかわりに朝から晩まで遊ぶという約束ででかけた。

ちょっと肌寒かったけど、良い天気に恵まれたのが何より。

まずは春を満喫しながら散策。

Img_0386a Img_0407a

途中、名前を呼ばれてビックリ。

なんと小学校の先生にバッタリ出会った。

さて、ちょっとお腹を満たして、兄ちゃんの目的のアドベンチャーゾーン。

まずは巨大迷路。

Img_0431a Enjoy_maze_main_2

続けてシューティングスター

いよいよ次・・・。ちょっとドキドキ顔の兄ちゃんを望遠レンズでキャッチ!

Img_0466a_2

兄ちゃん、そしてパパ。

Img_0477aImg_0481a

ママとあやたんは、待っている間、お花畑の散策。

桜が結構咲いていた。

Img_0448a_2

あやたんも兄ちゃんと一緒にメリーゴーランド。

Img_0486a

どこも大行列で、シアター類はあまり入れなかったけど、のんびり散策を楽しんだ。

Img_0521a Img_0504a

日が暮れ始め、イルミネーション点灯。

Img_0526a

Img_0539a

真っ暗になり、そろそろ帰ろうとなった時、パレードがやって来てしばし見入っていた。

Img_0545a

夕飯も食べ、家に帰りついたのは22時過ぎ。

イベントやレジャーに出かければこうやって夜まで遊ぶというのは当たり前のことなのかもしれないけど、我が家にとっては挑戦的な行動。

あやたんのことがあるので無理は行程は組めない。何しろ車の中で寝ない子なので、夜の車の移動=睡眠不足になる。

翌朝も休日。

安心して寝坊し、一日、ゆっくり体を休めることができた。

夜風は結構冷たかったけど、熱も出すことなく、痙攣も起こすこともなく、連休終了。

うん、強くなった。

 

鬼の撹乱 ママ、発熱

3月20日 木曜日

昨日は半端ないPM2.5影響で真っ白な空。
車の中でさえ息苦しさを感じるほど。

毎年、ひどい花粉症になる私だが、メインはスギ。ぼちぼち落ち着いて来た頃だったのに、また咳き込みがひどくなり出した。

ニュースでは花粉、PM2.5、黄砂が大量に飛んでいるとのこと。

花粉症で喉、気管支がかなり弱っているところにこのPM2.5と黄砂は、まさに弱り目に祟り目。

咳き込み再燃。咳のしすぎで身体中が痛い。

喉が腫れてきたと感じるほど。夕方には見事なガラガラ声に声変わりしてしまった。

その後、発熱。夜中には38度、39度と上がっていく。こんな高熱、久しぶり。

今朝は微熱まで下がったものの、今日はカンガルーの親子の定例会と遊びの広場。さて、どうするか。

スタッフみんなの「今日はゆっくり休みー」の言葉に甘えて、一日、休養することにした。

あやたんを学校に送り届けたその足で病院へ。薬をもらって帰宅。

身体が重い。

この2、3日、咳き込み過ぎであまり眠れておらず、薬を飲んでベッドへ。


あやたんはもともと放課後、学校からそのまま送迎付きの児童デイに行く日になっていたから助かった。
時間を気にせずに身体を休めるって大事。


何時間ベッドにいただろう。夕方、見事に36度まで解熱!!

身体のダルさも取れた!!!

喉は痛いしガラガラ声でほとんどしゃべれない感じだけど、やっと家事をする気になれた。

さてさて、どこから手をつけよ。

まずは腹ごしらえ。ずっとあまり食べれなかったからお腹すいたー。


卒業しても登校

3月17日 月曜日

卒業式後、また一週間が始まった。

だけど、兄ちゃんも一緒に登校。

何やら、卒業式前からクラスメートと約束をしてたらしい。

前の晩、お弁当を作ってと言われ、朝からせっせと作った。

学校に着くと、兄ちゃんの友達はすでに来ていた。

あやたんを教室に送り届けたあと、6年生の教室をのぞいてみたら、全教室ともパラパラと来ている。想像していたより多くてびっくり。

春休みの宿題ってけっこうある。小学校からと中学校から。

家でやるよりはかどるだろうな。いや、おしゃべりに夢中かも。入学したらすぐにテストもあるし、みんな、がんばれ。

1年生の下校時間、あやたんの教室に迎えに行くと、兄ちゃんが廊下から教室をのぞいている。




そして、授業が終わり教室から出て来た1年生に追いかけられてるし‥。



帰宅し急に静かになったと思ったら、兄ちゃん、疲れたと言って寝てるし‥。


翌日も、そのまた翌日も、卒業生たちは教室に集まってくる。そして、お昼過ぎに帰宅し、またみんなで集まって外を駆け回ってる。

今まで下校後は習い事や塾でみんながいっぺんに揃うの難しかったから、その分も遊んでる感じ??

これなら長い春休みもあっという間に終わりそう。

兄ちゃん、小学校卒業

3月14日 金曜日

前日からの雨がまだ残る朝。せっかく暖かくなってきたのに寒さが逆戻り。

兄ちゃん、小学校の卒業式。

先生から「一緒に来たら?介助員の先生たらちと一緒にいるから」という嬉しい言葉で、ばあちゃんと留守番予定だったあやたんも連れて、兄ちゃん、ばあちゃんと一緒に車で学校へ向かった。

兄ちゃんは自分の教室へ。

あやたんは暖かい支援学級の部屋でばあちゃんと開始まで待機。

ママは体育館に席の確保とビデオのセッティング。

仕事でどうしても来れなかったパパのため、遠くにいるおじいちゃん、おばあちゃんのため、何よりきっと大人になったときの兄ちゃんのため、しっかり全体を写せるように二階席にビデオを固定。

あやたんの教室に戻ると、あやたんの先生が来てくださり、バトンタッチ。

ここからは先生方にお任せ。後から先生と体育館へ来る段取り。

ばあちゃんと二人、体育館へ。

体育館の中をぐるりと卒業生席、保護者席、在校生(5年生)席、そして先生方の席と来賓席の間に卒業式用におめかしした教壇。体育館のステージは使わない。



一人一人、卒業証書を受け取ると、回れ右をし保護者席の方を向いて決意表明。




兄ちゃんは卒業生代表として、在校生へ記念品贈呈。



子供たちのメッセージ(呼びかけ)や歌がたくさんの温かい卒業式。

5年生の歌は5年生が、6年生の歌は6年生がそれぞれピアノ演奏。

兄ちゃん、目を閉じたまま歌っている。涙をこらえながら歌っている表情がファインダー越しにはっきりわかる。

式終了後、教室へ移動。

クラスは涙よりたくさんの晴れ晴れとした笑顔。

実はずっとなかなか学校に来れないクラスメートがいた。
兄ちゃん、こっそり手紙を送ったりしてたようだ。
そのお母さんから「郵便で届いたんですよ」と聞いた。
その子とも一緒に笑って教室にいた。
式の練習も遅れてのスタートだったから気にしてたようで、その子の台詞まで覚えちゃった、と後で兄ちゃんは言っていた。

教室での最後の先生の言葉。想いが溢れ言葉がつまる先生。
熱くて、素敵な先生だった。
今年の兄ちゃんは、先生の力。すごく影響を受け、力をつけた一年だったなと感謝している。

小雨が降っているので最後のお見送り、お花のトンネルは校舎の中。

廊下を先生方と5年生がトンネルを作って、その中を親子ペアになり、学校をあとにする。

兄ちゃん笑顔。
周りの先生方の方が号泣。


2年ちょっと(←産休に入った先生のあとを引き継いだから)担任だった他校に行かれた先生も来てくれていて記念撮影。

校長先生ともツーショット。


(校長先生のサングラスはスタンプ)
「賞状もらいすぎだぞ」と愛情のこもったツッコミをいただき、二人満面の笑み。校長先生と肩組んで写真だなんて素敵すぎる。「運営委員長、本当にご苦労様」という労いの言葉。


賑やかで名残惜しい。

でも、あやたやんの「もう帰る〜」で撤収。

きっとボロ泣きにならなかったのは、あやたんがいてまだまだ小学校に来る機会がたくさんだから?

週明けも、小学校と中学校からしっかり出されている春休みの宿題を学校でやるという計画があるらしい。

しかも、朝から一緒に学校に行って、宿題したあと、あやたんの授業参観するとか言ってるし‥。

久々に兄ちゃんとデートでもしようと思って予定を入れてない日は、もしかして不発??

体育館のあまりの寒さに途中暖かい部屋に避難したあやたんだったけど、鼻水がノンストップ状態になっちゃった。


風邪、ひきませんように‥。


ちなみにこの冬、ダウンを一度も着ることなく通学した兄ちゃん。この日は綿シャツにニットのベストにネクタイ。

何度聞いてもこの格好で良いと羽織りものさえ持っていかない。

気持ちで体は暑かったのか?寒い寒い一日の卒業式。

ママは体も心も大きく成長した兄ちゃんが誇らしかった。
だから泣くより、嬉しくて笑顔の一日。










真夜中の緊急地震速報

3月14日 金曜日 夜中 

真夜中2時、iPhoneの緊急地震速報が鳴った。

初めて‥。

今となってはマナーモード設定でバイブだけだったのか?音も鳴ってたのか?記憶にない。

だけど、飛び起きた。

あやたんを寝かしつけ、そのまま一緒に寝落ちしてたのだが、なにせ二段ベッドの下。

何かあったら間違いなくつぶされるととっさに判断。

そして怪我防止に分厚い布団をかぶるのが良いと思い、寝てるあやたんを布団にくるんだまま抱きかかえベッドから脱出。

同時に上で寝ている兄ちゃんも起こす。布団をかぶっておりてこい、と声をかけつつ。

落ち着いて考えると、我ながら火事場の馬鹿力発揮と感心。

家のど真ん中、リビングにみんな集合。

パパは寝ぼけ顔。自分で起きてきたのになぜ起きたのかわかってない模様(苦笑)

福岡西方沖地震から9年。あの時の記憶が呼び起こされる。

だからこそのとっさの行動か?

いやいや、家の中の地震対策はすっかり手薄だ。

それに、これが要避難の状態だったらと思ってしまう。だって外は雨。そして寒さ。

これが日中、家族バラバラの時だったら?

いろいろ見直さなきゃいけないことばかり。

テレビで情報を確認しつつ、寝ても大丈夫そうなので再びあやたんを抱えてベッドへ。

幸い、あやたん、すぐに‥というか、ずっと寝てた。

こんなにぐっすり寝れるようになったなんて。眠りが浅くて、すぐに起きてた子が‥と感心。

ん?話が横へ‥。

兄ちゃんはそのままリビングで布団かぶって寝てる。

卒業式直前のドキドキ。

1年生最後の授業参観

3月4日  火曜日

1年生最後の授業参観と学級集会。

参観は、できるようになった発表会。教室の机を全部廊下に出し、教室の半分がステージ。

漢字や計算、地域ボランティアさんに教えてもらった昔遊び、縄跳びなど、いくつかのグループに分かれて発表。

司会進行も子供たち。

時々、下校時間より早めに学校に迎えに行き、廊下でこの発表会の小道具など作ってる様子を見ていたので、あれはこのためだったのね、とみんなの様子をなんだか嬉しい気持ちで見ていた。

あやたんは縄跳びグループ。
縄跳びを持って、みんなの「ヘビさん、ニョロニョロ〜」の声にあわせて、縄跳びを揺らす。それをみんなが飛び越える。そんなことを体育の時間や休み時間にしていたらしい。

動画は残念ながら、あやたんの背後から写すことになり手元が見えないけど‥。残念。

そして、お友達が一人ずつ、あやたんができるようになったことを言ってくれた。

学級集会である保護者さんから

竹とんぼ披露するグループに対して、周りのお友達が、すぐに体をよけることができないあやたんのために「こっちに飛ばしたらいけんよ」「気をつけて飛ばしてね」と
いう言葉が自然に出ていることに、友達を思いやる気持ちが育っていることを感じたという感想が出ていた。

他にも

本番でなかなか上手くいかない友達に対しても
「大丈夫、大丈夫」「できてるよ」と決して出来ていないことを非難、否定するのではなく、励まし、温かい言葉で応援する子供たちの姿が嬉しかったと。

本当に素敵なクラス。

素敵なクラスメートに囲まれて過ごしているなと感謝。

2年生はだれと一緒のクラスになるのかな。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »