フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 1年生前期前半の記録 学校でのお勉強 | トップページ | 1年生前期の記録 学級活動 »

1年生前期の記録 宿題

【宿題】

5月の連休明けから1年生も宿題が配布されスタート。あやたんの連絡袋にもみんなと同じ宿題プリントが入った。

先生からは学級で学習している内容を伝えるために入れているので、やる必要はない、とのこと。

でも、あやたんの一番の課題、机上活動を家庭で取り組むきっかけになるので毎日挑戦。その旨を先生方に伝えた。

1年生の最初の最初の頃の宿題プリントはひらがなや数字を丁寧になぞる宿題。あやたんも頑張った。とはいっても、ほとんどがグルグルと鉛筆でなぐり書き。

鉛筆自体を持ちたがらないあやたんにとって、鉛筆を持って何か書くというだけでも大きな仕事。

学習の内容が進み、内容も難しくなり、文字も小さくなるにつれ、あやたん専用の宿題プリントが準備をしてくださり、そのプリントを毎日頑張った。

先生方も試行錯誤。弱視のあやたんにとってどういうスタイルのプリントがやりやすいのか。発達支援センターの先生や視覚支援学校の先生とも相談しながら先生が今のスタイルと作り上げてくれた。

毎日、毎日、ほんの数分だけど宿題を続けた。

基本、机上でのお勉強は大嫌い。毎度、大きな涙を流しながらやる。

だけど、「宿題をするよ~」と声をかけると自分でやってきて、自分で椅子に座るようになった。半べその顔だけど、やらなきゃいけないことという意識なのか、反射的に涙が出てくるのか、とにかく自分で椅子に座って宿題をしようとする。

実は、終業式の前の週にこんなことがあった。

帰宅し、ランドセルから宿題プリントと筆箱を出して机の上に置き、後ろを向いてランドセルなどを片づけていた。

そして、振り返ると・・・・

なんと、あやたんが自分でプリントと筆箱を床の上におろして、鉛筆を出して、グルグル書きを初めていたのだ。

これにはもうビックリ。

もちろん、さっさと終わらせて「終了!」アピールだったけど。

翌日、このことをお話すると、先生方もビックリ。

毎日続けることの意味を改めて実感。

 

« 1年生前期前半の記録 学校でのお勉強 | トップページ | 1年生前期の記録 学級活動 »

保育所・学校生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/53572492

この記事へのトラックバック一覧です: 1年生前期の記録 宿題:

« 1年生前期前半の記録 学校でのお勉強 | トップページ | 1年生前期の記録 学級活動 »