フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 1年生前期の記録 学級活動 | トップページ | 前歯抜ける »

来年度の教科書

10月10日 木曜日

午前中はリハビリ病院にて、リハビリと診察。

今回の診察はレントゲン撮影も。

片麻痺ということもあり側湾傾向があるので、小さい時から定期的にレントゲンを撮って経過を見ている。

実は、先生方の間ではだ体につける装具の話が出ていたようだけど、今の状態からはしなくてもよいことに。

膝の出っ張りがずっと気になっていたので一緒にレントゲン撮影をしてもらった。こちらは結局、大学病院でさらに精密検査を受けることに・・・。

いろいろ出てくるけど、ジタバタしても仕方ない。

さて、午後から小学校の学級担任の先生と支援学級の先生と一緒に、来年度の教科書を選びにサンプルを見にいってきた。

弱視のあやたん、単に拡大教科書にするかどうか悩んでいた。

知的にもかなりの遅れがあるあやたん、教科書を単に拡大したものを使うこと自体どうなのかと思っていたママ。

視覚特別支援学校の教育相談で相談したところ、学校教育法附則第9条本なるものを教えてもらった。

第九条  高等学校、中等教育学校の後期課程及び特別支援学校並びに特別支援学級においては、当分の間、第三十四条第一項(第四十九条、第六十二条、第七十条第一項及び第八十二条において準用する場合を含む。)の規定にかかわらず、文部科学大臣の定めるところにより、第三十四条第一項に規定する教科用図書以外の教科用図書を使用することができる。

いわゆる教科書代わりに使える一般図書(本屋さんで売っているような本)。

来年度の国語用と算数用の本を先生方と一緒に、内容や見え感など、あれがいいかな、これがいいかな、と現物を見ながら候補を決めてきた。

こういったことを学んでほしい。身につけてほしい

先生方とざっくばらんに話をしながら確認できた時間にもなった。

2年生か・・・。

どんな成長を見せてくれるのかな。

・・・あっ、ランドセルに入る大きさかを確認するの、忘れた。

« 1年生前期の記録 学級活動 | トップページ | 前歯抜ける »

保育所・学校生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/53690871

この記事へのトラックバック一覧です: 来年度の教科書:

« 1年生前期の記録 学級活動 | トップページ | 前歯抜ける »