フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 3度目の正直にはならずの地引網 | トップページ | 授業参観と実は初めての学級集会 »

訪問事業スタート

9月17日 火曜日

3連休明けの登校。登校班の1年生が相次ぎ登校途中に腹痛を訴えた。

リーダーの6年生のお姉さんは頼りになる。同じ班の5年生や友達の6年生で手分けして、1年生のランドセルを分担して持ち、1年生の手を引いたり、おんぶしたりで、無事にみんな登校。

腹痛を訴えている子の顔色もそこまで深刻ではなさそうだったので、子どもたちで解決できるならと黙って見ていた。高学年の子どもたち、なかなかやるじゃん。

さて、この日は発達支援センターの先生が保育所等訪問支援事業で初めて小学校に来る日。

児童福祉法の改正に伴って平成24年度に始まった保育所等訪問支援事業

スタート当初から知ってはいて気になりつつだったこの制度、小学校の先生とも話をして導入OKと話がまとまったので夏休み前に申請し、リハビリに通っている発達支援センターと事業契約、そして、第一回目の訪問。

教室で使っている保育園時代からの座位保持椅子のサイズも見てほしいとお願いしていたら、訪問事業担当の先生と一緒にし担当のPTも来てくれた。

訪問初回ということでママもこっそり授業参観。

道具、椅子、姿勢管理に温度調節など体調管理・・・などなど。肢体不自由児ならではの環境設定はきっと学校の先生にとっては未知の世界かも。

あやたんにとっても、学校の先生たちにとって、より快適な学校生活の手助けになればいいなと思っている。

次回は10月に文化祭に向けての支援になる予定。

« 3度目の正直にはならずの地引網 | トップページ | 授業参観と実は初めての学級集会 »

保育所・学校生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/53305369

この記事へのトラックバック一覧です: 訪問事業スタート:

« 3度目の正直にはならずの地引網 | トップページ | 授業参観と実は初めての学級集会 »