フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 主役のいない誕生日 | トップページ | 初めての花火大会 »

誤報騒ぎ

8月9日 金曜日

あやたんの就寝時間。ベッドに入り、いい感じで寝そうなその時。

突然、「火事です!火事です!」の警報音が家中に鳴り響いた。

点検以外では初めてのこと・・・こんなに音、大きかったのかとその点でもびっくり。

パパも慌てる。にいたんも慌ててベッドから降りてくる。・・・そして、あやたんは喜ぶ。

火事?どこで?どこの部屋からなのかわかなくては始まらない。

下なのか、上なのか?

火事だと先に頭にあると、他の家の窓から見えるオレンジ色の光が火に見えてしまうという。(実際には電灯の色)

結局は、誤報。

ある家の方が間違って操作してしまったらしく、解除がなかなかできずにいた様子。

それにしても、マンション全体が全く騒がしくならず不思議。これって逆にまずいんじゃないかと、隣の人と話していた。

翌日、管理人さんに確認すると、火元階と直上階しかこの警報音は鳴らないのだと。

なるほど、納得。

入居して何年も経つというのに、今更ながらだけど、知らなかった・・・。恥ずかしい。

でも、本当の火事だったら、他の階の住人は気づくのが遅くなるということにならないのかな?

この前の日は、ちょうどテレビを見ている時に、例の誤報だったと報道された緊急地震速報が鳴り響いた。

このときは、家ににいたんとあやたんと3人。震源地が遠いことをを確認し、家の中で上から物が落ちてこない(落ちてくるものが少ない?)場所に移動し、座布団、クッションをスタンバイ。

にいたんが、「テレビついてなかったら、地震が来るってことわからないよね」と言う。

あれ?そういえば、スマホが反応しなかった。(この地域の震度が小さいからなのかな?)

それはそれでまずいので、アプリを入れなおしたり・・・。

二日とも、さて、どうやって逃げるかを考えた。

エレベーターを使って逃げるわけにはいかない。

抱えて下に降りた後、ずっと抱えて逃げる力はないぞ。

東北の地震のときは、まだあやたんが軽かったからそこまで深刻には思わなかったけど・・・・他の階にも車いすの方がいる。大人を誰が抱えて下す?

何を持って逃げる?

隣のおばちゃんは、「慌ててカバンを肩にかけて出てきたけど、ホラ、見て。何も入ってないでしょ」って笑っていた。

やっぱり、みんな、パニック。

なんでも食べない。飲まない。簡単に代用がきかないあやたんのアイテム。そのまま避難生活に突入するような状況下だとこれまた厄介な問題がイロイロと出てくる。

いろいろ考えた二日間。

結果、予告なしのリアルな避難訓練となった。

いやぁ、考えること多かったな。

災害が起こらないことにこしたことはないけど・・・やっぱり頭には入れておかなければ。

ちなみに、にいたん。そのあと、なかなか寝付けなかったらしく、朝、大あくびで起きてきた。

« 主役のいない誕生日 | トップページ | 初めての花火大会 »

あやたんママのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/52831741

この記事へのトラックバック一覧です: 誤報騒ぎ:

« 主役のいない誕生日 | トップページ | 初めての花火大会 »