フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 第3回こどもの在宅療養の多職種連携フォーラム | トップページ | 6月の大学病院歯科検診 »

天心の譜

6月10日 月曜日

あやたんを学校に送り届け、久しぶりにひとりで映画を見ることにした。

週末、会社の先輩から映画のチケットいただいた映画。

ドキュメンタリー映画「天心の譜」

心にひろがる宇宙に向かって いま、自分探しの旅が始まる

 2010年、指揮者・小林研一郎が古希を迎え、障がいがある31名の演奏家を【コバケンとその仲間たちオーケストラ】に加え、コンサートを企画しました。その中に、自閉症で知的障害のある田口麻紀子がいました。
        小さいころからバイオリンをはじめ、家ではCDの音をきっかけに弾き始めます。晴天の霹靂とも言えるこのコンサートで彼女は、世界の一線で活躍するバイオリン奏者の瀬﨑明日香、川畠成道、安倍真也、劇画家で声音家の池田理代子らとの共演が実現します。
        障がいのある、なしにかかわらず、その人らしく活き活きと演奏してほしいとの趣旨で始まった半年の日々は、練習から公演まで小林研一郎氏との心を刺激しあう貴重な時間が流れました。

         この終始にカメラを向けたのが、2005年、長野県で開催されたスペシャルオリンピックス冬季世界大会の記録班として誕生した知的障がいのある9人の“ビリーブクルー”でした。

         2011年3月11日、震災と津波が私達を襲いました。        福島県いわき市出身の小林研一郎は「肉体を失った人々が、どんな思いで魂となったのか、それを思うと、今残されたものたちのことを考えることはとても…」と言葉を失います。         

         2011年6月、経済的な危機が深刻なギリシャのアテネでスペシャルオリンピックス夏季世界大会が開催され、参加した日本選手団の中には震災で被災したアスリートがいました。小原愛美と棚橋直也。一旦は参加を断念した彼らが、世界大会で堂々と活躍するミッションを見事に果たしたのです。

         2011年秋、津波で校舎も楽器も失くした豊間中学校の生徒を前に、小林研一郎が特別授業を行っていました。即興のピアノ演奏を交え、強い気持ちで生きていくことを願ったのです。

        本映画の半分ほどの映像は、ビリーブクルーのカメラによって構成されていることも特筆すべきことです。  (公式ホームページより転記)

予告編の映像をコチラから見ることができます。

映画の題字が書きあげられていくシーンから始まった。女流書家 金沢翔子さん。

そう、ダウン症で書家とした活躍されている彼女。

そして、オーケストラの練習シーン。

身震いと涙が止まらない。

演奏している人がどうとか、撮影している人がどうとかではなく、身震いと涙が止まらなかった。

忘れていた、最近味わうことがない、舞台を作り上げていく過程の練習中の熱気と感覚。

オーケストラとバレエ、その違いはあるにせよ、あの感覚を呼び覚ますものが、そのシーンの中にあった。

自閉症がどうとか、知的障害がどうとか、まったく視力がなく盲導犬と一緒に舞台にあがってるとか、そんなこと関係なかった。

東北の震災。

そして、その中でスペシャルオリンピックを目指す人たち。

彼らにカメラを向け続ける人たち。

みんな、キラキラと輝いていた。

あやたんは、何が得意だろう。

大人になったとき、自分の大好きなこと、得意なことで彼らみたいにキラキラと輝ける人であってほしい。

今はその大好きなこと、得意なこと探し。

親としてできることは・・・。

一緒に楽しみながら探していきたい。

« 第3回こどもの在宅療養の多職種連携フォーラム | トップページ | 6月の大学病院歯科検診 »

あやたんママのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

映画楽しかった?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/52357793

この記事へのトラックバック一覧です: 天心の譜:

« 第3回こどもの在宅療養の多職種連携フォーラム | トップページ | 6月の大学病院歯科検診 »