フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« トイレにユニバーサルベッドを | トップページ | 天心の譜 »

第3回こどもの在宅療養の多職種連携フォーラム

6月9日 日曜日

朝一番、子供会のごみゼロ運動。小雨交じりの中、ぐるっと町内を一周。

途中で失礼して、NPO法人 おさき坊が主催する勉強会に出席。

1,2回目は医療ケアが必要な子供たちがテーマ。今回は発達障害について。

前回からパパも一緒に出席するようになり、あやたんは託児室でヘルパーさんとお留守番。

登壇者は、このエリアで児童発達支援センターの先生方から支援する立場・相談を受ける立場からのお話、親の会の方からは保護者としての話。

双方のお話を聞けるというのはいいな。と同時に、もっともっとたくさんの職種の方に参加していただき、一緒に考えていきたい問題だとも切に思う。

親の会の方のお話では、学校との関わり方は共感するとことがたくさんあった。

地域の小学校でうまくいくため、読み聞かせのおばちゃんをされていたという共通点にも共感。

全体を通して、あやたんは肢体不自由児なので、あてはまる部分、あてはまらない部分、いろいろだけど、まだまだ先だとは思いつつも、やはり先を見通し頭にいれておかなければならないなと思ったのは、青年期。

最終目標は、中学・高校卒業後をどうするか、大人になったときにどういう生活を送ることができるのかということ。

障害種がどうであれ、程度がどうであれ、高校卒業後、社会に出る時期、就労する時期は就学問題以上に大変なこと。

講師の先生のお話を聞いて新たに気づかされたことがあった。

それは仕事以外の楽しみ・余暇について言及されていたこと。

今までは高校卒業後の就労の場、もしくは日中過ごすための場を探すことばかりを考えていたから、完全に頭になかった。見落としていた。

そうだよね。仕事以外の楽しみ、余暇の時間。

あやたんも好きなこと、たくさん見つけておきたいな。

« トイレにユニバーサルベッドを | トップページ | 天心の譜 »

シンポジウム・講演会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/52292825

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回こどもの在宅療養の多職種連携フォーラム:

« トイレにユニバーサルベッドを | トップページ | 天心の譜 »