フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 家庭訪問 | トップページ | 一年生、初めての授業参観 »

4月学校生活アラカルト

4月30日 火曜日

11日の入学からあっという間に4月も終わる。

体調を崩すことはなくすんでいるけど、疲労困憊の様子。

自分でさっさとベッドに逃走することが多くなった。かと言って、ひとりでコテッと寝るわけではない。

眠りが浅く、夜中に何度も起きたり、早朝に起きたりと若干睡眠が乱れ気味。

睡眠障害勃発中なのか、頭の中がかなり興奮状態なのか・・・。(もともと眠りは浅いあやたん)

眠そうなのに、なかなか寝付けず、それでいてはっきりと言えるようになった「ハイッ!!」というお返事を目が半分つぶれている状態なのにやたらと連発してみたり・・・。これは完全に脳が興奮状態なんだろうな。

あやたんの席は前のドアの横。

初日は登校したら自分の席にじっと座っていた子供たちも、だんだん緊張がほどけ周囲の様子が見えるようになってきた。

つまり、あやたんの存在も見え始め、朝、お友達が声をかけてくれるようになってきた。

15日:発育測定・・・体育館で6年生のお手伝いでの測定。帰り道、お友達が「大変だったんだよ」って教えてくれた。身長測る道具が、支援センターみたいに寝て測れるのがないから、先生数人がかりで支えて立たせて測ったらしい。

17日:朝の会が終わってから発達支援センターのリハビリへ。 これから水曜日はこういうリズムになる。

18日:給食開始・・・心配したけど、ちゃんと完食したらしい。その後も好きなおかずの日はしっかりおかわりを催促している様子。でも、食べるスピードはみんなより遅いから、おかわりはすでになくなったあとだとか。残念。サポートブックに柑橘類が苦手なことを記載し忘れたけど、保育所のお友達がしっかり先生に教えてくれたらしい。給食で好きな食べ物も一緒に。

19日:歓迎遠足 

20日:家庭訪問

25日:木曜日はリハビリ病院のリハビリに行ってから登校というリズムになる。

学校到着時間は給食開始前。あやたんにとって新たなこのリズムに納得いっていないようで、学校についてから怒って大泣き。家庭訪問期間中で帰りが早いのもあり、結局、ママは帰宅せずじまい。

校舎内をお散歩して気持ちを切り替えて給食。給食の様子を見れたのはかえってよかったかな。意外にひとりでスプーンを持って食べてる。

さて、あやたん、お勉強はどうしているか。

あやたん自身がクラスの一員であること、クラスのみんなにとってもあやたんがクラスの一員であることを認識させたいという学校側の考えで、今の時点では授業も一緒に受けている。

先生いわく、お友達の声をとってもよく聞いているとのこと。視力が弱い分、耳から情報を得る率が高いあやたん。きっとすごい情報量。脳が興奮してしまうのもわかる。

授業中、教室では落ち着いた様子というのが一番ホッとする。

入学から2、3日目の朝。教室で車椅子から座位保持椅子に座りかえるのだけど、その時、ぐずってぐずって座りたがらず泣きしだしてしまった。

お友達がみんな心配して寄って来てくれた。

どうもこの椅子に座ったらママが帰ってしまうという方程式ができてしまったようだった。

でも、泣いたのはあやたんだけではない。

同じ日、ある女の子も日中泣いていたとか。嫌なことがあったわけでも、いじめられたわけでもない。「なんだかわからないけど涙が出てくるんです」と先生にお話ししてくれたそう。

1年生、みんなすごい緊張と闘っている。そう思うとクラスのお友達みんなのことがとても愛おしくなる。

・・・にいたんも、きっと1年生の時にすごい緊張と闘ってたいたんだね、気持ちをくみ取ってあげてなくてごめんね、ってちょっと反省。

その後、時々、朝の会まで座位保持椅子ではなく、装具を脱いで教室を自由に移動できる時間を作ってくれた。床にお友達も一緒に座り込んでなにやらやっている。

自分で移動したほうが、教室と廊下の地図が頭の中に早くできるはず。(あやたんの視力では教室の端から端は認識しづらい)

いや、できないほうがいい??

だって教室の前には、大好きなエレベーター。きっとあっという間に脱走するようになるんだろうな。(ちょっと楽しみ)

さて、あやたんにとって最大の難関は机上活動。つまり、おべんきょう!

こくご、さんすうのえんぴつを持っての授業は・・・やっぱり格闘のようで(苦笑)

それでも、ここではやらないといけないと諦めるのか(?)、介助の先生と一緒に文字も書いているらしい。

P5070809

正直、ママもちょっとびっくり。基本、介助の先生と一緒に書いてるそうだけど、ひとりで「く」を書くこともあったとか。

やっぱり文字は覚えてほしいな。筆談やボードでコミュニケーションをとっている脳性まひの方もたくさんいる。

そんなこんなで、なんとか無事に4月は過ぎていった。なによりも疲労と緊張で痙攣が起きることも覚悟していたから。

なによりも登下校が歩きというのが最高に楽しいみたい。

家に帰りつくと玄関の中に入ることを拒否。

「(さん)ぽ~!!(さん)ぽ~!!」と玄関にランドセルだけおいて、そのままお散歩に行く羽目になったことも多々・・・・。

あやたんが生まれてから、すっかり車が足になっていたママの運動量は一気に増加。でも、その分、食べ物がおいしくて、まったくダイエットになっていないという残念な4月でもあったりする・・・(大泣)

« 家庭訪問 | トップページ | 一年生、初めての授業参観 »

保育所・学校生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/51461330

この記事へのトラックバック一覧です: 4月学校生活アラカルト:

« 家庭訪問 | トップページ | 一年生、初めての授業参観 »