フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 園外保育に授業参観 | トップページ | 一足早いホワイトデーと検診 »

3月の傾聴講座と遊びの広場

3月6日 水曜日

今年度、最後の傾聴講座

年度末で忙しい方、体調不良の方続出で受講者は少なかったけど、それはそれでとっても濃い時間を過ごすことができた。

今回の講師は看護師長Y先生。

先生のお話の中で、

長年通っていた馴染みの喫茶店が、久しぶりに行ってもあったときの嬉しさ。

無くなっていたときの寂しさ。

続けることの大事さ。

そんな喫茶店を例えにしたお話があった。

そう、ふらりと立ち寄れる場所。そしてホットできる場所。カンガルーの親子もそんな場所であり続けたいなと思ったお話だった。

午後は、午前中のメンバーと総入れ替えで遊びの広場

お仕事がお休みのお父さんも一緒に来てくださったご家族もありました。

遊びの広場、残念だけど4月からはこの第1水曜日はやめて、第3木曜日の月1回のみ。

春からのスタッフの状況(ママも含め)を考え、やむを得ずの決断。これも、居場所を完全になくしてしまわないための決断。

さて、この遊びの広場で子育て支援センターの先生が、「お母さんたちに聞いてほしい」とある絵本を読んでくださった。

子供たちへの読み聞かせ、ではなく、初のお母さんたちへの読み聞かせ。

『今日』 (伊藤比呂美訳)


今日、わたしはお皿を洗わなかった
ベッドはぐちゃぐちゃ
浸けといたおむつは
だんだんくさくなってきた
きのうこぼした食べかすが
床の上からわたしを見ている
窓ガラスはよごれすぎてアートみたい
雨が降るまでこのままだとおもう

人に見られたら
なんていわれるか
ひどいねえとか、だらしないとか
今日一日、何をしてたの? とか

わたしは、この子が眠るまで、おっぱいをやっていた
わたしは、この子が泣きやむまで、ずっとだっこしていた
わたしは、この子とかくれんぼした。
わたしは、この子のためにおもちゃを鳴らした、それはきゅうっと鳴った
わたしは、ぶらんこをゆすり、歌をうたった
わたしは、この子に、していいこととわるいことを、教えた

ほんとにいったい一日何をしていたのかな
たいしたことはしなかったね、たぶん、それはほんと
でもこう考えれば、いいんじゃない?

今日一日、わたしは
澄んだ目をした、髪のふわふわな、この子のために
すごく大切なことをしていたんだって。

そしてもし、そっちのほうがほんとなら、
わたしはちゃーんとやったわけだ。

胸を張って育児していこうね!!!

« 園外保育に授業参観 | トップページ | 一足早いホワイトデーと検診 »

「Nっ子クラブカンガルーの親子」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/50748034

この記事へのトラックバック一覧です: 3月の傾聴講座と遊びの広場:

« 園外保育に授業参観 | トップページ | 一足早いホワイトデーと検診 »