フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 最後の保育登山 | トップページ | 軽トラ市と釣堀 »

ベッドへ逃走

3月1日 金曜日

夜、小学校で校区全体の地区委員の引継ぎ役員会。

パパも仕事が遅くなるということで、3年ぶりにあやたんも連れて夜の学校。

午前中、リハビリ、午後は整体とクタクタのあやたん。

役員会の最中も眠くて眠くて、ご機嫌斜めモード。

8時半帰宅。

コートをかけにいってリビングに戻るとあやたんがどこにもいない。

もしや???

この数日、自分が寝る二段ベッドにベッドの柵を越えて上がることを覚えた。

電気もついていない暗い子供部屋にひとりで行き、ベッドの中にいたあやたん。

あ~、びっくりした。

真っ暗なベッドの中にいるんだもん。

もう、すでにゴロンとまったりモードになっている。

お風呂に入ろうよ~と言っても「イヤだ」アピール。

まぁ、次の日、朝から用事があるわけでもないし、夏場でもないから、一晩ぐらいお風呂に入らなくても翌朝入れば良し。

結局、そのままご就寝。

一人でベッドに上がれるようになったことはとても大きな進歩。

だって、ママの介助負担が減るから。

そのうえ、眠たくなったら自分のベッドに行く。

これも大きな進歩。

今度はぜひ、寝付くのも一人でできるようになってくださいな。

« 最後の保育登山 | トップページ | 軽トラ市と釣堀 »

育児・発達」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/50738052

この記事へのトラックバック一覧です: ベッドへ逃走:

« 最後の保育登山 | トップページ | 軽トラ市と釣堀 »