フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

にいたん、選挙活動

1月30日 水曜日

火曜日は、タミフルが効いて熱が下がったと思いきや、いつまでも起きてこないあやたん。体がボッカボッカで、またまた38度まで熱が跳ね上がっていました。

甘かった。インフルエンザの熱はホントに不安定。

夕方、にいたん帰宅。さっきまでリビングで遊んでいたと思ったら、急にいなくなった。

トイレにでもこもっているのかと思いきや、パパのベッドの中で熟睡。

焦りました・・・にいたん、君もインフルエンザ発症か?!

いえ、単に眠かっただけだったようです。

たしかに、ここのところ寝不足気味でしたからね。

にいたん、今年も運営委員会の選挙に立候補。

立候補したものの、今年はかなりジレンマとプレッシャーとの戦いの選挙活動だったようす。

5年生現在、運営委員をしている子は皆、6年生でもって先生の後押しもあったようで、にいたんも「はい」って手を挙げた。だけど、去年と違い、いろんなことを考えられるようになった分、そのことがすごく自分にプレッシャーになったようで。

ある夜、「ボク、プレッシャー。ママ、立候補、やめたい」って寝る前にこっそり話をしに来たぐらい。

ママからは「やる気がないのに流されて手を挙げたのなら、立候補を取り下げてくださいって言うのも勇気。自分で手を挙げたんだから最後までプレッシャーに打ち勝つのも勇気。でも、これからの人生、プレッシャーに負けずに進まないといけないことがいっぱい出てくるよ。」とだけ話した。

それから、数日間、にいたんなりの自分の中の戦いが始まった。・・・まぁ、そのプレッシャーのひとつが立候補原稿を期日まで書きあがっていなかった、というのもどうやらあったみたいだけど(苦笑)

まぁ、それも、心が決まっていなくて書けなかったんだよね。その後もどうやら、担任の先生に心を打ち明けたようで・・・別件の電話があったとき、先生からそんな話があった。

だから、やっぱり今回はかなり心が迷いながらだったよう。うん、ある意味、大人になったもんだ。

あやたんがインフルエンザ騒ぎの月曜日、立会演説。火曜日、投票。そして、水曜日、開票結果・・・当選です。5年生からの引き続きのお友達みんなも一緒です(たしか)

そんなこんなで、ひとまず選挙というプレッシャーから解放された途端、すごい睡魔に襲われて寝ていただけだったようで・・・・インフルエンザではなさそうなことに、ママはホッと胸をなでおろしたのでした。選挙結果ではなく、そこ(笑)

もれなくやってきましインフルエンザ

1月29日 水曜日

福岡県でもインフルエンザが注意報から警報へ。

県内あちこちで学級閉鎖だの、学年閉鎖だの、はたまた園全体がお休みだなんて話がチラホラ入るようになってきた1月中旬。

先週末から実家の手伝いで帰省していたのですが、寒い寒い週末。雪が降るほどの気温に加え、鉄筋のマンションとは比べ物にならないほど木造の一軒家は寒さがしみます。

はい、あやたん、夜中から発熱。加えて鼻水の洪水。朝は黄色っ鼻・・・ウイルス性の風邪というサイン・・・寒さだけでが原因ではないぞ。まさかね・・・。

実家に置いておいた体温計の電池切れで検温できませんでしたが、ママの手温計で完全にお熱です。

日曜日の夜、帰宅。熱が高い割にはおかゆをぺろりと平らげるので、まずは安心。

月曜日も熱が下がる様子はなく、保育園にお休みの連絡を入れると「今日、インフルエンザでの欠席が10名近くいる」というお話。

この週末に一気に発症したみたい。中には、そんなに高熱ではないけどインフルエンザだったというお友達もいるとか。去年のママもたいした熱もなくインフルエンザになったんだよね。

熱の割には元気とはいえ、やっぱり高熱。ひとしきり遊んだあとはやっぱり疲れたようで珍しくお昼寝。お昼寝のあと、保育園の先生の言葉がひっかかり病院へ。

前後の診察を受けた人も、み~んな「インフルエンザ出ましたね」という看護師さんの声。まさに大流行中。もれなくあやたんもインフルエンザA型、出ました。

処方されたお薬はタミフル、咳と鼻水止めは水薬でお願いして、熱さましの座薬はお断りしました。痙攣止めの座薬を入れたあの事件があるので、やっぱり座薬敬遠です。考えすぎってわかってるんだけど、やっぱりね。

あやたん、タミフル飲むのは初めて。内心ドキドキです。あやたん、10代ではありませんが、説明書きの精神・神経系の異常行動・・・可能性あるもの。

ダイアップであんな反応しちゃうので、果たして大丈夫か?!って。

夕食後、てんかんの薬2種類に、水薬、タミフルをいつもの単シロップとアイスクリームを使ってなんとか全部飲ませることに成功。

鼻水止めが効いたようで、ここ数日の寝不足を取り返すかのように爆睡。タミフルも悪さすることなく無事にお目覚め。涙目でかわいそうな顔から今朝はすっきりとした顔に戻りました。

今夜、熱が上がらなければ完治です。きっと。・・・でもね、インフルエンザなのです。

保育園も療育も熱が出てから、5日間とか6日間とかそれぞれの決まった日数をお休みしなくちゃならない。これから数日は退屈姫さんとの格闘の日々になりそうです。

インフルエンザの予防接種をちゃんと毎年打っててよかった。

だからこそ、この程度で済んでるのだと思います。そして、家族は誰ももらわずにいるみたいですから。(つまり抵抗力が一番弱いあやたんだけが発症したってこと)

以前はただの風邪でも熱が出ただけで、何も食べれず、水分も取れず、てんかんの薬も飲めずで一気に脱水。

そういう意味でも強くなっんだなぁと実感中です。

いやいや、まだ完治ではないんだから、気を抜くな!ママ!!

四苦八苦中

1月15日 火曜日

気が付けば、年が明けもう15日がたってます。

時間が経つのは早い、早すぎます。

ブログもまったく更新しておりませんが・・・。何かと忙しく、毎日、バタバタと過ぎています。

さて、このバタバタの理由のひとつが市民公開フォーラムの準備。

ひょんなことからお引き受けすることになったのですが・・・ほかのパネリストの方はすべて医者。今更ながらいいんだろうかと焦っています。

みなさん、「総合医」って言われてどんなことを思いますか?

どんなことを考えますか?

普段、病院、医療との関わりの中で思ったことはないですか?

緊張状態マックスですが、市民の声として今、感じていることをそのままお話できたらなと思っています。

その原稿書きにただ今、四苦八苦中・・・。

第3回市民フォーラム「総合医時代がやってくる」

△と き
平成25年2月17日(日)13:00~16:30
  
△ところ
レソラNTT夢天神ホール(福岡県・福岡市)

△テーマ
総合医を育て地域市民の安心を守る会
第3回市民フォーラム「総合医時代がやってくる」

<第1部>
基調講演「総合医時代がやってくる」(13:10~13:50)
[講 師]  
福井 次矢氏(総合医を育て地域住民の安心を守る会会長 聖路加国際病院院長)

<第2部>
パネルディスカッション(14:00~16:30)

△コメント
地域住民の安心を守るための、総合医のあり方やその重要性、今後わが国で総合医を育成していくための方策等について、広く国民全体の意識を啓発するために、本フォーラムを開催します。

△連絡先  
総合医を育て地域住民の安心を守る会 (代表世話人:田中一哉)
03-3291-8808
※ 医療関係者・一般市民 定員人(先着順)
  参加希望者には、なるべく事前に主催者に連絡して頂くものとする。ただし、席に余裕がある限り、当日直接の来場も可
※ 入場無料

チラシPDFはこちら

2013年あけましておめでとうございます

2013年 元旦

新年明けましておめでとうございます。

皆さま、今年もよろしくお付き合いのほどお願いいたします。

12月のブログをほぼ更新できないまま年を越してしまいましたが、とっても元気に過ごしています。

とにかく忙しかった年末。加えて、寒くなった途端、ママはあやたんの湯たんぽ化していて、ママが布団から出てしばらくすると呼ばれる。戻って寝たなと思い、また布団から出るとまた泣かれる、の繰り返しの毎晩。

布団の中にいても手足が冷たいあやたん。おそらくママの体に手先足先をくっつけて暖を取ってる様子。

そんなこんなで、結局、昼間も夜中も何もできないまま1か月が過ぎてしまいました。

たくさんの出来事は、ママ自身の備忘録を兼ねてこっそり過去記事にアップしていきます。

さて、2013年。

にいたん 12歳の年男!

あやたん 1年生!

二人が一緒に小学校に通えることが決まりました。

つまり無事に教育委員会の審議会でこちらの願いが通じ、にいたんの通う地域の小学校の特別支援学級への入学が認められました。

5歳差の兄妹。一生を通じても同じ学校に通うチャンスはこの1年間だけ。

あやたんを地域の小学校に通わせようと思うたくさんの理由の中のひとつに、この兄妹が一緒に学校に通えるチャンスを大事にしたかったというのもあります。

そんな我が家にとって節目となる年。さてさてどんな一年になりますやらワクワク、ドキドキです。

みなさまにとりましても、素敵な一年となりますように。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »