フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« お誕生日プレゼントを買いに | トップページ | 11月の虹っ子広場へ »

ひょうたん村

11月19日 月曜日

市内の障害児の親の会の企画で、「ひょうたん村」というところにランチに行ってきました。

ここで車いすの全介助の方の男性ががひとり暮らしをしているのです。詳しくはひょうたん村のサイトを。

もちろん、完全にひとり暮らしができるわけではありません。地域、福祉、いろんな方たちの支えの中で一人暮らしをしているのです。

行った日はご両親が出迎えてくださいました。本人は不在。お出かけ中!!

ご両親にいろいろお話を伺いました。

ご両親が立てられたお家、とっても素敵でした。間取りはお母様の案で、ご近所の大工さんが丁寧建てられた木造のおうち。中はちょっとログハウス風(?)の完全バリアフリー。玄関も、お風呂もトイレもバリアフリーで広々。なによりもお家そのものの醸し出す雰囲気がゆったりとしていてます。

玄関を入ってすぐの広いお部屋には暖炉があり、このスペースで地域の方も集まっていろんなイベントや教室も開催しているとか。

きっとそれが「公民館よりも使いやすいよ」ってことなのかな。

外のウッドデッキもとても広いのが印象的でした。これも地域の方がたくさん集える工夫の一つだそうです。もちつきなどイベントをすると40人近くの方が集まるのだとか・・・すごい!!

一緒に行った小さなお友達は、この暖炉のお部屋を見下ろすことができる2階が気に入って、なんども階段を上ってました。

そして、コーヒーや紅茶の喫茶や予約制のランチも食べることができるのです。あちこちに授産製品の展示販売もあったり・・・。

Dsc_0322Dsc_0323

たくさんの人の手助け、介助が必要だからこそなのか、プライベートとパブリックがうまく共存したお家、暮らし方だなぁと想いながら見学、お話を聞かせていただきました。

みんなでお昼ご飯をを食べながら、先輩お母さんたちとたくさんのおしゃべり。

同じように全介助の一人っ子のご家庭は、ご自身と重ねて見学されていたようです。

たとえ兄弟がいたとしてもやっぱり考えますよね、親亡き後の我が子の生活。

誰かの手助けがいるのなら、こんなスタイルもありなのかもしれません。

宝くじ当たらないかなぁぁ。

こんなお家、建てたいなぁぁ。

« お誕生日プレゼントを買いに | トップページ | 11月の虹っ子広場へ »

あやたんママのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

ひょうたん村にランチ良かったね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/48101806

この記事へのトラックバック一覧です: ひょうたん村:

« お誕生日プレゼントを買いに | トップページ | 11月の虹っ子広場へ »