フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 小児歯科定期検診 | トップページ | 視力検査、記録更新! »

カンガルーの親子 11月の傾聴講座と遊びの広場

11月7日 水曜日

第1水曜日もカンガルーデー。

午前中は傾聴講座。少しは傾聴スキルあがったかな??

もちろん、講座の中で出てきた話題をここに書くわけにはいかないのですが、朝読んだ記事に通じる話題も出てきて、ちょっとびっくり。

子供って、親を求めるとき、自分を見てもらいたいとお腹が痛くなったり、耳が痛くなったりと調子を崩す、体調を悪くするということがあるということ。

それは、子供が40度の高熱を出しパニックになったお母さん。そのお母さんに対しお医者さんは「子供が病気なのではなく、お母さんが高熱恐怖症候群」という病気だと。

もちろん、お子さんは高熱だから「病気ではない」ことはない。

そのお母さんは、パニックのあまり我が子を抱くことを拒否。

子供は親に抱っこされることで安心して熱がひいていくものだよ、と医師は伝えたかったのだそう。

もちろん、抱っこだけで熱が下がったり、病気が治るわけではないけど、やっぱりお母さんの抱っこは安心の源。気持ちが満たされることはとても大きいと思う。

ちょっと視点が違うけど、共通点がある話だなと思いながら講座を受けていた。

子供もしかり、大人もしかり。

自分のことを受け止めてくれる存在があるとわかることは、足踏み状態の人生で、次に進むための大きな力になる。

耳を傾けて受け止めてくれる傾聴。

身を受け止めてくれる抱っこ。

とても大きな力ですね。

午後は遊びの広場。

新しいカンガルーのお友達が、新しいお友達を誘ってやってきてくれました。

1回、また1回と遊びに来てくれる回数を重ねるたびに、お母さんの子供さんを見つめる目、お母さんの表情が変わっていくのがわかります。

子供を愛おしそうに見ている目。

見ているこちらも嬉しくなってしまいます。

授業の合間を縫ってボランティアに来てくれた学生さん、ありがとう!!

« 小児歯科定期検診 | トップページ | 視力検査、記録更新! »

「Nっ子クラブカンガルーの親子」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/47840467

この記事へのトラックバック一覧です: カンガルーの親子 11月の傾聴講座と遊びの広場:

« 小児歯科定期検診 | トップページ | 視力検査、記録更新! »