フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« お勉強大嫌い | トップページ | 特別支援学校の体験入学 »

お勉強

9月11日 火曜日

午後は発達支援センターの個別訓練。

こちらは毎週、午前中に集団保育、そして給食食べて、午後からPTとSTが続く。

この流れが完全にできているので、PTでたっぷり歩いたり、階段を上ったりと体を使う訓練をしたあと、「お勉強」と声をかけてSTのお部屋に行ってちゃんと椅子に座って課題ができるあやたん。

んん~。

ちゃんと「お勉強」という言葉も理解しているし、頑張れる。

「つぎはお勉強」と言うと、自分で机のほうに向かっていく。

ただし、こちらのSTはこの「お勉強」のあと、好きな遊びもできる。

1コマのなかにいくつかの勉強(課題)と遊びを繰り返す。遊びといっても、いくつかの選択肢のなかから選んで、相手にそのことを伝え、一緒に遊ぶというコミュニケーションの大切な訓練。

このパターンを1年以上くり返し、ずいぶん家でも実践できるまでになってきている。ひとつの時間(コマ)の中で流れの見通しがつくかつかないか、って大きいのかなって、つくづく思う。

だんだんと、やりたいことが増え、複雑な感情が芽生えてきている今。

その気持ちを今あるあやたん語では追いつかず、十分に伝えることができず、相手に想いが伝わらないと「ウギャー」となってしまうことが増えてきているようにも思える。

小さな子供が語彙などがまだ十分ではなく自分の気持ちがうまく伝えられなくて、かみついたり、騒いだりする、まさにアレかな。

いわゆる年相応の言葉が出ていないので誰にでも同じように伝えられないのが今のいちばんの問題・課題なのかも。

そうそう、やりたいことといえば、相変わらずベッドに上るブームは続いている。

ところがとうとうやってしまった。

ひとりいつの間にかベッドの部屋に行き、そして、落下。

ベッドの下にショックのあまり固まったままピクリともしない。

最初は真っ暗な部屋のどこにいるのかわからず、床の上に転がっているあやたんを見たときは正直心臓が止まりそうだった。

まぁ、ベッドの高さから考えると大したことはないけど、問題は頭から落ちること。その場面を見ているわけではないけど、階段もベッドも毎度頭から降りようとするから間違いない。

だいぶ足から降りてくれるようになりつつあるけでども、「行こう!」という気持ちが先走ってしまうと頭が先行。まったくもって困ったあやたん。

そんなわけで、「落ちた」ことがショックで固まってしまったあやたん。若干、頬骨のあたりにかすり傷。

それでも翌日には懲りずにまたベッドに上りに何度も脱走。そして、家族の誰かが様子を見に追いかけるのくり返し。

体を使って・・・まさにこれも大切は「お勉強」!!!

発達支援センターのあとの視能訓練はいつもの先生が不在だったため、久しぶりに若い先生の訓練。

「前に比べると上手に見てるね~!!」

1回数分の地道な訓練だけど、これも数年通い続けている「お勉強」の成果!

« お勉強大嫌い | トップページ | 特別支援学校の体験入学 »

リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/47078619

この記事へのトラックバック一覧です: お勉強:

« お勉強大嫌い | トップページ | 特別支援学校の体験入学 »