フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 台風一過、虹っ子広場へ | トップページ | 9月のカンガルーの親子定例会 »

誰にだって10歳の壁

9月19日 水曜日

午前中、とてもうれしい出会いが一つ。

先月末、普段は見ない時間帯のテレビの特集で出ていた方に、ひょんなことからこの日お会することになった。

その番組をとても興味深く見て共感(というか憧れの生活)。

まさか、その方とひと月もしない間に会うことになるなんてね。これはきっと偶然ではないのよね。

この日の出来事はまた報告できるときに改めて・・・。

さて、午後は小学校の支援学級の保護者会。今月も図々しく参加です。

夏休みの出来事、宿題、夏休み明けの変化などが主な話題。

児童一人ずつファイルされた学習プリントなどをみんなで回しながら見せてもらった。

先生がたのいろんな工夫が見て取れる。

あるお母さんたちからは筆圧の弱いわが子は「6Bえんぴつを使ってるんだよ」なんて話も聞けた。

すると、こっちのお母さんからは「専用の消しゴムがあるんだよ。普通の消しゴムだと消えないんだ」。

なるほど、あやたんのお絵かきに取り入れてみよ、6Bえんぴつ。

ある保護者から出てきて話題になったのが「友達関係」。

「学校行きたくない・・・友達が遊んでくれんもん」と最近、言うのだと。

学年、年齢があがってくると、本人がだんだん周りの子との違いを意識するようになってきている様子。

周りの子たちの精神年齢も大人に向けてぐっとあがってくるこの「10歳」前後という時期。

遊びの内容も違ってきているらしい。

○○ごっこは周りの子にとっては幼い遊びになってきて相手をしたくない。

変わりにみんなが楽しくなってくる「サッカー」などの遊びは、ルールがよくわからないから面白くないし、運動面や体力面で差が目立ちはじめその点でも面白くない。だからやりたくない。

さて、どうしたものか・・・。これがお母さんからの問いかけ。

先生もしっかりメモを残し、きっとこれから対策が練られるのだと思う。

んん~、弟のときはどうだったのかな。30年近く昔のことで思い出せないぞ、ママ。

そっか、弟が3、4年生の時って、ママが通っていた学校には支援学級(当時は養護学級)がなく、別の学校にバスに乗って通っていたんだったけ。

弟と同じ学校、学級に通っていたお友達が、自分の家に帰る前に我が家に寄り道していたことは鮮明に記憶にあるんだけどな。

通常学級のお友達との関係は、校区が違うので様子もわからない。

さて、6年生は翌日から一泊二日の修学旅行。支援学級のお姉ちゃんももちろん保護者同伴無しでの参加。

そのことを聞いた導尿が必要なお子さんのお母さんは「うちの子も親付いていかなくていいの?!」

そうですよね。そこ、そこそこ、関心大!!!

今の先生方のスタンスは保護者の引率は無しで行うとのこと。看護師などの問題はいろいろ解決策はあるからとのこと。

さて、あやたんのときはどうなるのかな~。

いろんなことを考えてしまった保護者会。

いやいや、その前に無事にここに入学できるかだ。

届いた教育委員会からの就学時検診のご案内の封筒を眺めてみる・・・いよいよ来月末だよ。

« 台風一過、虹っ子広場へ | トップページ | 9月のカンガルーの親子定例会 »

保育所・学校生活」カテゴリの記事

コメント

miffyさん>>そうでしたね。お姉ちゃん、1年生になるんですよね。うちは6年間のうちに必ず一度はPTAの役員をしないといけないようになってます。1年生のときは、あやたんがまだ小さかったので様子見させてもらって、2年生のときに役員しましたよ。

そうなんですか~。
うちもお姉ちゃんが来春から小学生なので、勉強になりました~。
役員とかも多そうですものね。
でも、下の子がいると、出来る委員が限られているとか~。
ちゃんと参加できますように。

また、いろいろ教えてくださいね~up

miffyさんへ>>どこの小学校も毎月、特別支援学級の保護者会があるのかどうかはわからないんだけど・・・。
支援学級でなくても、兄ちゃんが行っている学校は、毎月1回は何らかの形で保護者が学校に行くようにできてます。
運動会や文化祭などの大きな行事がなければ、ほぼ、授業参観が入ってます。そして、その授業参観のあと、担任と保護者全体でのクラス懇談が行われるようになってるんです。その場がけっこうほかのお子さんの様子がわかったり、兄ちゃんのお友達のお母さんはこの人なんだってわかったりで助かってます。
どこの学校もやってるのかな??意外に小学校は保護者忙しいですよ。

小学校でこんな保護者会があるんですね~。
私って本当に無知。汗
いろんなお子さんがいるから、悩みもそれぞれ違いますもんね。
でも、先生たちに相談できるこういう場が設けられているっていうだけで、昔とは違うんですね。
前は、先生が個人的に電話や面談して相談する感じでしたよね。
こういう場があると、ほかの方の意見も聞けるし、いろんな勉強になりますよね。
来月は就学児検診というのがあるんですね。
あやたん、がんばって☆彡

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/47195369

この記事へのトラックバック一覧です: 誰にだって10歳の壁:

« 台風一過、虹っ子広場へ | トップページ | 9月のカンガルーの親子定例会 »