フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« あやたん、久々カンガルーデー | トップページ | 久々、保育所 »

ピュアハート東北ツアー報告コンサート

8月19日 日曜日

久しぶりにピュアハートの単独コンサートを聞くことができました。

6月にそれまでのコンサートで集まった義捐金を携えて行って東北ツアーの報告コンサートです。詳しくは音楽ランドのホームページをご覧ください。

実は今回、このコンサートの行われる文化会館のホワイエにカンガルーの親子の紹介ブースをいただいたのです。本当に感謝です。

Ca5vc3tl

両隣は福祉施設さんの物販ブース。

カンガルーの親子は物販はありませんが、文集を手に取ってくださった方が活動基金箱にご寄付くださった方もいらっしゃいました。本当にありがとうございます。

ピュアハートのファンは福祉に関心の高い方ばかり。

市の福祉課の職員さんなども今回のツアー、報告コンサートにボランティアスタッフとしてかかわっていらっしゃっていて、いつもとは違うスタッフTシャツの姿に「あれ??」といつも福祉課の窓口でお世話になっている職員さんだと気がつく場面も。そして、カンガルーの親子の宣伝をすることができました。

今回、お渡しした文集やチラシが、きっと関係のある方につながっていくものだと信じています。

さて、肝心のコンサート。

にいたん、あやたん、パパ、そしてもひと家族のスタッフのお姉ちゃんたちはずらりと一番前の席を陣取り聞いていました。

ママはブースにすぐに戻れるように後のほうで聞いていたのですが、あやたんがノリノリで聞いている様子が良く見えました。あとでmiekoさんからも「一番前で聞いてくれてありがとう!」って、そのはしゃいでいる姿を舞台の上から見てくださっていたようです。

Ca3gfzaw

東北で撮影された映像をバックにコンサートが進めらました。 映像と音楽でいろんな想いで胸がいっぱいになりました。

舞台上でのご挨拶でmiekoさんはご自身のお子さんがダウン症であることをお話され、「もしこの震災が自分の身に起こったことだとしたら、ハンディを持った我が子といったいどうしたのだろう」という言葉に改めてママ自身、震災のときに思ったことを思い返しました。

そして、さらにハンディを持った子供たちを生んだとき、そしてまだまだ小さかったときには、子供たちがこうやって誰かのために何かをするようになるなんて思いもしなかった(趣意)という言葉がとても印象に残りました。

さぁ、あやたんはどんな人のために、どんな役に立つことができるんだろう。

フィナーレで舞台の上でキラキラと輝き踊る音楽ランドのみんなと演奏するピュアハートのみんな。

あやたんもこれからの人生、こうやってキラキラと輝く笑顔でいっぱいにしたいなと改めて思いました。

Ca48lhhe_4 

« あやたん、久々カンガルーデー | トップページ | 久々、保育所 »

「Nっ子クラブカンガルーの親子」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/46761924

この記事へのトラックバック一覧です: ピュアハート東北ツアー報告コンサート:

« あやたん、久々カンガルーデー | トップページ | 久々、保育所 »