フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

夏休みも終わり

8月30日 木曜日

二学期制のにいたんは、夏休みが終わり、この日から学校です。

宿題ね・・・・なんとか終わらせて無事に学校に行きました。朝までかかって、です。はい(苦笑)

無事に終わったので(?)、学校初日恒例の親子除草作業にママも行ってきました。

本当ならあやたんのリハビリの日で行けない曜日でしたが、第5週ということで先生方のお休みが入り時間ができたのです。

夏休み前の時点での「リハビリに重なってるから行けないなぁ」と言ったときのあのなんとなくさびしい顔。

にいたん的には「やっぱり学校に来てほしい」というのは本音のようで・・・。

夏休み中に靴のサイズは追い越されましたが、5年生になってもまだまだ可愛いものです。

ボクのためだけの時間を使って欲しいという気持ちなんですよね。別に草取りの間、隣にくっついて作業するわけでもなんでもないんですけど。居るだけで安心するようです。

学校まで往復徒歩、そして草取りとママも久しぶりの運動量となりました。

・・・でもね、9月の授業参観は思いっきり、あやたんの大学病院の定期診察に重なってるんだよね。こちらは我慢していただきましょう。9月に一度読み聞かせボランティアでにいたんのクラスに入るからということで、いかがでしょう?にいたん??

「すくすく教室」で講師

8月29日 水曜日

今年も南筑後保健福祉環境事務所主催の「すくすく教室」に呼んでいただき、お話をさせていただきました。

保健福祉環境事務所さんが開催している1500g未満で生まれた未熟児ママさんを対象とした育児教室です。7月の柳川サロンに来てくださった方の参加もあり、嬉しい時間でもありました。

今年は「私の育児のキーワード」というお題をいただきました。

とはいえ、お話する内容の基本は毎回同じです。カンガルーの親子のテーマでもあるのですから。

未熟児育児経験はまだまだ5年なので私が「講師」という立場でお話するのはちょっと図々しい気もするのですが、それはそれで、かえって等身大でいいのかな??と割り切ってこの講師をお引き受けしています。

ですので、毎回、一緒に床に座り込んで車座での講話スタイルです。

今回、1歳半前後のお子さん、現在NICUに入院中のお子さんとほぼ半々でした。状況が違うご家族が一同にそろったこともありあり、ちょっと話があっちに飛んだりこっちに飛んだりと自分の中ではうまくまとめきれなかったなぁと反省です。実際、皆さんにどう伝わったのか・・・。内心、心配です。

そうはいっても、カンガルーの親子の定例会や出張サロンは年齢もNICUの入院中かどうかも関係なく集まる場ですから、いつものことなんですけどね。どうも、講話となると勝手が違うママでした。

ともあれ、この日、この場所に集ったお母さん同士が、これから地域の中で仲良しさんになってくれると嬉しいなと思います。

11月に柳川で開催する出張おしゃべりサロンにまた集まって、さらに仲良しになってくれると嬉しいなと思っています!!

ところで、あやたん。

この日の保育所のお迎えは、いつもよりかなりな遅いお迎え。

先生のお話では、5時ごろから「何故、まだ来ない??まだ迎えに来ない?」と愚図るというか、半べそ状態が始まったとか。

ちょうど落ち着いたときにママの顔が見えたものだから、一気に涙があふれ出し号泣。

家に帰っても「泣く」というか、しばらかくずっと文句を言われてました。

先生とは打ち合わせ済みでも、あやたんにはこんなに遅いお迎えになるとは言わずに朝、送って行っちゃったからね。ごめんなさい。

みやまの道の駅でたくさん買ったお土産のひとつ、八女茶のロールケーキでやっとご機嫌!!

んん~、やっぱり女の子だった。

にいたんと歩行練習

8月28日 火曜日

にいたん、この夏休み、皆勤賞であやたんの発達支援センターに通いました。

それもこの日が最後です。

午後の個別訓練(PT)では、夏休みでにいたんがいるからこそのプログラムを毎回考えてくださった先生。夏休み最後のこの日、「にいたんと手をつないで歩こうか?」と提案。

そうあやたんと手をつないで歩くのは、にいたんの小さな小さな時からの夢です。

さぁ、どうなるか。

目標地点に大好きなDVDが設置しているので、見たくて見たくて足がよく動きます。

なかなか上手でした。

右の脇を持ち上げるというちょっとしたコツがいるのですが、2回目はその難しいほうの右側ににいたんが立って練習。最初はちょっとドタバタでしたが、すぐにコツをつかんでまた歩いてくれました。

これがママだとね~、すぐに「抱っこ!!」ってよじ登ってきて歩いてくれないんですよね。

お願いだから、ママとも歩いてほしいなぁぁ。

その後のSTでも、先生から「おうちでこうしたほうがもっといいよ」とご指南されておりました。

保育室(特に昼休み)では毎回、いろんなお友達と遊んでくれていたようで、この経験を文字にしたら立派な自由研究になりそうですが、もちろんそんなつもりは毛頭ないにいたんでした。

この時点でまだ宿題が残っているのをママは知ってるんですけど・・・大丈夫かい??

保育所家族イベントで水遊び

8月26日 日曜日

保育所の保護者会主催のイベントに行ってきました。

園庭にブルーシートを使っての巨大なプール。周りを机などで囲んで堰き止めてあるだけですが、すごい立派なプールです。

子供たちは大騒ぎの大はしゃぎ!!

このプールの横にはボディペイントもできるように絵具類も置いてあって、全身(顔も!!)青やら緑やらの宇宙人(まるで映画「アバター」)が大量発生で大笑いでした。

P1060098a

そうめん流しで昼食。

P1060106a

にいたん、張り切って食べてました。

お腹が満たされた子供たちは再びプールへ。

P1060112a_2

あやたんも水の中をガンガン移動して楽しそう。

水鉄砲だけでは収まりきれず、バケツにたらいまで出てきての水かけ合戦。

しまいには着替えを持たない保護者もジャンジャン水をかけられまくってすごいことに。

いやはや、大人も子供も大騒ぎで楽しそうでした。

お昼で終了だったこのイベント。帰宅後、あやたんにお昼寝をさせようと試みたけど、結局、寝たのはママだけでした(苦笑)。

久々のママ飲み会

8月25日 土曜日

久しぶりの夜の飲み会でお出かけです。

カンガルーの親子のママたちだけの夜の集まり。久しぶりの開催です。

詳しくはカンガルーブログをどうぞ。

新しいお母さんたちの参加もあり、3時間、結局、各自自己紹介をして終わってしまったというちょっと珍しい飲み会でした。

普通ならワイワイと近くの席の人とそれぞれの話題で話し込むものでしょうが、全員が各人が話すときにはその話にじっくりと耳を傾け、それでいながら、すごく盛り上がり、食べて飲んでの楽しい飲み会だったのです。

3時間・・・足りませんでしたね。

でも、ある時間帯からあっちの携帯、こっちの携帯が鳴り始めました。お父さんたちの「ヘルプー」だったのかな??

お留守番をしてくれた子供たち、子守を頑張ってくれたお父さん、おじいちゃん、おばあちゃん、ありがとうございました。

なんだか近々、お父さんたちのDNの会の計画も地下で進行しているようです。

保育所 就学時健康診断の学習会

8月23日 木曜日

あやたんのリハビリ、そしてカンガルーの親子の運営ミーティングという一日。

そして、夕方、保育所での保護者学習会。

今回は就学時健康診断について。(たしか、この時期、毎年あってる?)

なぜ、就学時健康診断が行われてるのか・・・。学校保健安全法など国の法律、市の就学指導委員会設置条例などの文言を実際に見せてもらったのは初めてだったのでとても興味深かったです。

それに関しての説明は、納得する部分もあり、そうでない部分もありでしたが・・・。それよりも、講師の先生の「障がいを持たされた子」という表現が親としてとても腑に落ちなくて・・・。単なるママの聞き間違い??

社会の仕組みや施設などから見ると障害を持たされているとい表現なんだろうけど・・・どうしても「私が早産しなければ、あやたんの今はこうではないはず」という思いがあるので「ママがあやたんに障害を持たせた」という想いになっちゃうんですよね。

なんかちょっと脱線でした。

パソコンと格闘の一日

8月22日 水曜日

画面が完全に立ち上がらなくなったママのパソコン。メーカーさんに出していましたが、ハードディスクの損傷がかなり重症でデータの取り出しも不可能という電話に朝からドヨ~ン。

しかも、朝、あやたんを保育所に送っていく途中、車と中学生の自転車との交通事故を目撃していまい、さらにドヨ~ン。

カンガルーのパソコンでは外付けHDDにバックアップしたデータを復元できなかったけど、こうなったら意地でも新しく来たパソコンにはどうにかしてデータを復元させないとならぬと気合注入。

まずはセットアップして、無線LANの設定をやり直して、インターネットやプリンターの接続。

丸一日かけてなんとか使える状態になりました。データを必要最低限は復元完了!!ホッ・・・・。

データのバックアップ・・・大切です。身に染みました。はい。

8月の虹っ子広場へ

8月21日 火曜日

8月の虹っ子広場の日。

あやたんは保育所ですが、虹っ子について行くと言うにいたん。

小さなときから一緒にカンガルーの中で育ってきた仲良しの兄弟児さんも一緒で、テンションあがりまくりで、少々、コントロール不可能になっちゃっいました。小さなお友達にはちょと危険なテンションのあがり方でママに怒られるにいたんでした。

ところで、いつも虹っ子広場に来てくれているお友達がまたさらに歩くのが上手になっていてとても嬉しかったです。お母さんの手がいらなくなりひとり歩きが上手になっていたお友達もいました。

虹っ子広場の様子はカンガルーブログでどうぞ。

P1060114

にいたんたちにとってはおばあちゃん世代の「ととけっこうさん」。

テンションがあがっていたお兄ちゃん、お姉ちゃんも、「ととけっこうさん」の魔法にかかり、お手玉に集中していました。

にいたん、すっかりはまっちゃいました。

一羽のにわとり いちもんめ ちょこほい

二羽のにわとり にもんめ ちょこほい ちょこほい

三羽のにわとり さんもんめ ちょこほい ちょこほい ちょこほい

・・・・・

(合ってる??)

手の平と手の甲でお手玉をはねさせるだけの単純な遊びにですが、にいたん、この「ちょこほい ちょこほい」にはまってしまい、家に帰ってからもお手玉を引っ張り出してずっとやってました。

昔ながらの遊び、電気も電池も使う必要もなく、集中力とバランス力がつく良い遊びだなぁって改めて思いました。

久々、保育所

8月20日 月曜日

お盆休みに病院受診なども加わり、約10日振りの保育所。

ずっとママ、にいたんにべったりの毎日だったのでちょっと心配な朝。

マンションの玄関を出て車でのお出掛けじゃないとわかると、のけ反って怒る、怒る。車椅子から落ちそうですってば。

教室に入ると「久しぶり~。元気だった??」と、先生、お友達にぐるりと取り囲まれ…事件、発生!

男の子の足にあやたんの爪が当たり(ギュッと握っちゃったのよね)、少し皮がむけちゃったのです。

「センセー、あやたんがした~」

この言葉にあやたんの顔は一気に曇。今にも泣き出しそうな顔です。

大きな声で怒鳴られたり、怒られたりしたわけではありませんが、こういう会話のやり取りをとても敏感に感じ、感情が出るようになりました。

わざとじゃないけど、お友達に悪いことしちゃったものね。

半べそ顔で先生に抱っこされてお話されてるあやたん。

「じゃあ、ママ、お仕事行ってくるね」というと背中を向けたまま、手だけバイバイ(笑)。

午後、お迎えに行くと車椅子は泥んこだし、あやたんはニコニコ顔。給食も完食で、10日のブランクは関係なく元気に過ごしたとか。


子どもって、そんなものよね。
うん、そんなもの。

親のほうが子離れするのが大変?!


ピュアハート東北ツアー報告コンサート

8月19日 日曜日

久しぶりにピュアハートの単独コンサートを聞くことができました。

6月にそれまでのコンサートで集まった義捐金を携えて行って東北ツアーの報告コンサートです。詳しくは音楽ランドのホームページをご覧ください。

実は今回、このコンサートの行われる文化会館のホワイエにカンガルーの親子の紹介ブースをいただいたのです。本当に感謝です。

Ca5vc3tl

両隣は福祉施設さんの物販ブース。

カンガルーの親子は物販はありませんが、文集を手に取ってくださった方が活動基金箱にご寄付くださった方もいらっしゃいました。本当にありがとうございます。

ピュアハートのファンは福祉に関心の高い方ばかり。

市の福祉課の職員さんなども今回のツアー、報告コンサートにボランティアスタッフとしてかかわっていらっしゃっていて、いつもとは違うスタッフTシャツの姿に「あれ??」といつも福祉課の窓口でお世話になっている職員さんだと気がつく場面も。そして、カンガルーの親子の宣伝をすることができました。

今回、お渡しした文集やチラシが、きっと関係のある方につながっていくものだと信じています。

さて、肝心のコンサート。

にいたん、あやたん、パパ、そしてもひと家族のスタッフのお姉ちゃんたちはずらりと一番前の席を陣取り聞いていました。

ママはブースにすぐに戻れるように後のほうで聞いていたのですが、あやたんがノリノリで聞いている様子が良く見えました。あとでmiekoさんからも「一番前で聞いてくれてありがとう!」って、そのはしゃいでいる姿を舞台の上から見てくださっていたようです。

Ca3gfzaw

東北で撮影された映像をバックにコンサートが進めらました。 映像と音楽でいろんな想いで胸がいっぱいになりました。

舞台上でのご挨拶でmiekoさんはご自身のお子さんがダウン症であることをお話され、「もしこの震災が自分の身に起こったことだとしたら、ハンディを持った我が子といったいどうしたのだろう」という言葉に改めてママ自身、震災のときに思ったことを思い返しました。

そして、さらにハンディを持った子供たちを生んだとき、そしてまだまだ小さかったときには、子供たちがこうやって誰かのために何かをするようになるなんて思いもしなかった(趣意)という言葉がとても印象に残りました。

さぁ、あやたんはどんな人のために、どんな役に立つことができるんだろう。

フィナーレで舞台の上でキラキラと輝き踊る音楽ランドのみんなと演奏するピュアハートのみんな。

あやたんもこれからの人生、こうやってキラキラと輝く笑顔でいっぱいにしたいなと改めて思いました。

Ca48lhhe_4 

あやたん、久々カンガルーデー

8月16日 木曜日

カンガルーの親子の定例会遊びの広場の日。詳しくはカンガルーブログをどうぞ。

定例会にケーブルテレビの取材が入ることになったのはいいものの、お盆休み中と言う方も多く子供の数が少ない・・・と焦るママ。

あやたんもお盆休み続行だぁ~と、にいたんも一緒なので、あやたんを久しぶりに定例会に連れて行くことにしました。

最初はご機嫌だったですけどね~。定例会が始まったとたん不機嫌さん。

結局1時間半のほとんどをグジグジと泣いてしまい、外に出て話をまともに聞けなかったママ。

どうもにいたんと好きなように遊べなくなったのが嫌だったのが原因。

そうなんですよね、にいたんとママと一緒にお出かけなのになんで遊んでくれないの?!って言いたかったのです。にいたんが歯磨きの話を聞き終わって自由になると、ご機嫌でニコニコ顔に戻ってにいたんのひざの上で遊んでるんですから。まったくどれだけにいたんがすきなんでしょ。

午後はそのまま遊びの広場。

Ca1ncrkq

にいたんのひざの上で嬉しそうに絵本の読み聞かせ、パネルシアターを聞いていました。

Ca25r4q6 

にいたんが小さなお友達の相手をしているのでちょっとジェラシーのあやたん。

Cat6bt7u

やっとあやたんの順番が回ってきてご機嫌です!

丸一日よく遊びました。

さぁぁ、お盆休みモードはこれで終わり。

いつもの生活に戻るぞぉぉ。

さて、9月度のカンガルーの親子の定例会(9月20日)はイクメン薬剤師のメディカルパパさんが講師で来てくださる予定です。薬剤師さんとじっくりと話す機会って意外とないもの。

興味のある方はぜひぜひスケジュールをあけておいてくださいね。

映画館デビュー

8月15日 水曜日

遅ればせながらただ今、アンパンマンブームのあやたんです。
ミッキーマウスの認識がはるか先だったので、なんだかずいぶん長いことアンパンマンって何?興味ないわって感じでしたけど。

お盆休み最終日。
家の中で退屈になったのかちと不機嫌。お出掛け!と言うとテンション上がるあやたん。

ちょうどアンパンマンの映画をしているので、映画館デビューしてみようということに。

プラネタリウムでの映画を何度か経験しているから音や映像の迫力、暗闇!?はどうにかなるかな?
プラネタリウムよりも長い時間になりそうですがアンパンマンなら見てくれるかな?

さてさて、どうなる?

アンパンマンなんて似つかわしくないにいたんも一緒、家族四人並んで観てきました。

始まるまでのコマーシャルがあやたんにとっては長すぎで、途中からグズグズ。車椅子からママの膝の上に移動。
限界かな?というところでアンパンマンの声がして一気にご機嫌でした。

かといって大騒ぎしすぎることもなく(というか子ども映画だから許される範囲?)無事に見てくることができました。

それにしても、バナナ島にやって来たバイキンマン、なんだかとってもいい奴~!

泥んこにいたん

8月13日 月曜日

にいたんの夏休みの自由研究の材料集めは続きます。
次なる目的地は干潟。

ばあちゃん家から近いその辺の堤防から干潟に降りるというのもありでしたが、せっかくなので観光気分も味わおうと鹿島の道の駅に行ってきました。

こんなに整備されてるとは知りませんでした。体験がお手軽に楽しめます。

採集するのに尻もちついてもいいようにと、にいたんの着替え一式持って来ておいて正解でした。
着替えがあるとわかると、にいたん、
ニンマリ。


専用の地下足袋を借りてにいたん干潟へ。

肝心なことを忘れてはしゃいでます。


undefined

というか、潟スキーが沈んでどこへやら…なんですけど。

あやたんも潮風がたのしいご様子。

特産のミカンソフトクリームを食べて帰りました。


海水浴デビュー

8月12日 日曜日

あんまりよくない天気予報と灰色の空にかなり迷いましたが、予定通りに海水浴に行ってきました。

行く途中、ワイパー全開でも間に合わないぐらいの雨が降りましたが、トンネルを抜けるとそこは…雨もあがりの程よい曇り空。

5月のゴールデンウィークといい我が家は、雨男ならぬ曇り男と曇り女の集団?

あやたんのことを考えると、あんまりピーカンな青空より、雲があったほうが助かります。

さあ、初めての海水にあやたんはどんな顔をするんだろう。

残念ながらママが着替える間にパパがあやたんを連れていってしまってので、その瞬間は見れずじまい。

undefined

すでにとっても楽しそう!


undefined

最初は新調した足を入れるタイプの浮き輪の中に入っていましたが、海面を触りたくて身を乗りだし危ない感じ。結局、いつものプールのように腕につける浮き袋のみ。何度か一人でプカプカ泳いで楽しみました。

砂浜に座るのはやっぱりあまり好きではない感じ。
それでもにいたんが穴を掘ったり、山を作ったりして遊んでいる間は楽しかったようで座ってました。


undefined


にいたんが海の中に行ってしまい、どうするのかなと思って見ていると、

あやたんの移動手段である正座でいざってどんどん海の中に入っていっちゃいました。

これには、一緒に行ったばあちゃんも「怖くないんだ」とびっくり。

いやはや、なかなかのおてんば姫です。

砂浜よりも海の中のほうが良いのは予想通りですが、こんなにも怖がらず自分から海の中に入ってくるとは思いませんでした。

トータル1時間半ほど海遊びを楽しみました。

帰りに、独身時代、ばあちゃんと女二人温泉日帰りの旅で何度か立ち寄っていたお店で遅めのお昼ご飯。
かれこれ十うん年ぶりでした。

あやたん、お疲れと思いきや、車の中でもテンションあがりっぱなし、ばあちゃん家に戻ってからも昼寝をする気なんて更々無しの元気娘さんでした。

パソコン ダウン

8月10日 金曜日

金曜日も朝から発達支援センター。個別訓練がなく、グループのみでちょっとのんびりした気分…と言いたいところですが、前の日からパソコントラブル。

真夜中イロイロやりましたがどうもハードディスクがダメになってしまったよう。
仕事に支障をきたすので昼休みにメーカーさんに直接電話してやり取り。

修理か買い直しか、どっちにしろパソコンもお財布もチーン。あぁ、憂鬱すぎます。

どちらにしろ2週間近くパソコン無しの生活。そのあと、データ復旧やらバックアップ漏れ分はやり直し作業、元通りのペースで作業ができるようにするためには他にもきっといろいろしないといけないんだろうな…。考える気力無し。

メールのやり取り、データのやり取り、その他各方向にはご迷惑おかけすることになると思いますがご容赦願います。

ただスマホにしてて助かった部分もありです。

盆休み明けたら応急処置作業にまずは頑張ります。これも上手く行くかとちと不安ですが。

ところで、発達支援センターにこの日も一緒に行ったにいたん。
「○○くん、おしゃべり上手になったね」「○○ちゃん、○○ができるようになってたね」と。
昼休みはずっとグループの子たちの相手をしてるらしいですから、ホントによく見てますね。というか、普通、そんな目線で子どもが見るものかい?

さあ、盆休みの間は憂鬱の元凶のことは忘れて過ごすぞ!!

乳歯生え替わり第一号

8月9日 木曜日

ずいぶん長いことちょっと動いていたあやたんの前歯。月曜日、いよいよ本格的にグラグラ。
それでも抜けそうで、抜けない感じ。
しかも、なんでもかじり回るネズミさんなので、歯茎に変な力が加わるようで歯茎が赤くなり焦りました。
ちょうど小豆が歯の付け根にある感じ。まさか血豆?

保育所の看護師さんにも見てもらって歯医者さんに行った方が安心かな~ということに。でも大学病院の予約が取れたのは主治医不在だったこともあり木曜日。すぐに行けないのはちと不安。

ところが、ところが、火曜日の明け方、隣で寝ているあやたんの口からカリカリと音がする。

もしや!と思い飛び起き、夜明け前の薄暗い部屋の中ではよく見えないので、手の中に指をつっこんじゃいました。

案の定。抜けた歯をカリカリ噛んでました。(あやたん、すでにこの時お目覚め)

焦った~。

飲み込む前に(おそらく)乳歯救出成功!破片も出てきて歯は割れてました。

正直、歯医者さんの予約をキャンセルしようかとも思いましたが、行くことに。

血豆のようになった歯茎の腫れもおさまり、ちゃんと下から永久歯が頭を出しているこが確認でき一安心!!

来月予定のフッ素を塗り、次回の予約を11月に変更。

保育所をお休みにしたので久しぶりにあやたんと二人デートのランチ&ショッピング。(にいたんは友達と遊ぶ約束してたので)

最初の生え替わりはちょっとハラハラもんでしたが、あやたん、これでまたひとつお姉ちゃんになりました。

大プールも小プールな今年

8月7日 火曜日

発達支援センターの主活動は大プール。
一人で立ったり歩いたりが難しい子どもたちのクラスなので、先生方だけでは手が足りず、この大プールのときは親も入ります。
中には諸事情があり入れないお母さんも。
ということで助っ人のお兄ちゃん二人登場。お友達の高校生のお兄ちゃんとにいたん。
にいたん、プールに入ってくれましたが、ママも入りました。

屋外の午前中のプールは水が冷たい。
でも気温があるのでひんやりと気持ちがよかった。あやたんも寒さで青くなることなく気持ち良さそうにしてました。

日曜日のプールでかなりの時間、一人で泳げたあやたん。今度は足を持って浮かせてみました。
これができればばた足の練習へと進むことができます。

あら、結構、平気でした!

うつ伏せ状態で浮いているあやたんの足を持って前進させると、スピード感があるのが面白いご様子。

なんだか今年はこの大プール、あやたんにとっては小さくなっちゃったみたいです。

午後からの個別訓練はなんとなくやる気なし。ま~、当たり前ですね。眼科の視能訓練まで一日よく頑張ったあやたんでした。

ママとプール

8月5日 日曜日 週末は法事のお手伝いで実家。 ママのおじいちゃんの13回忌です。ひ孫の顔、見れんかったよなぁ。 90越えの大往生のおじいちゃんの13回忌ともなるとその子ども(つまりママの父や叔父、叔母)の後ろ姿にも老いを感じてしまう。いろいろ想うことあり、です。 さて、日曜日は朝からにいたんは、ばあちゃんにくっついて軽トラ市のお手伝い。そのあと、プールに行ってきました。 毎度の温泉水のプールです。 歩行プールもほとんどあやたんの手を離して歩きました。ママは歩き、あやたんは手足を動かしプカプカと泳いで(流されて?)ます。…歩行専用でホントは泳いじゃいけないんですけど。 手を離しても怖がらず、楽しそうな表情。 それならば、と隣の25mプールに初めて入れてみました。 水温も歩行プールよりすこし低くなってます。 夏休みということもあり、プールの中ではしゃぐ子どもの数も多い。 でも、全然、OKでした。 もちろん、腕に浮き袋つけてます。 せっかくなのでにいたんと競争です。 あやたんの胸をビートバンの上に乗せ、その上からママがビートバンをもって25mをバタ足でヨーイ ドン!! あやたん、水が口に入っても楽しそう。 進んでいく感じが面白いのかな。 次はあやたんに、バタ足を覚えさせてみようかな~。 いや、その前に水に顔がつけれるようななったらいいなぁ。ゴーグルを嫌がらずにつけてくれるようになったら目もちょっと安心なんだけどなぁ。 こうやって一人で浮いて楽しめるまで何年かかかったから、まぁ、焦らずにまいりましょう。

あわ あわ あわ~

8月3日 金曜日

発達支援センサーの本日の主活動、泡遊び!
たしか去年、一昨年もしましたがかなりすごいことになります。
家でやったらママの角がはえちゃうような豪快な遊びです。うん、ここだからできる。

センターについて、にいたん、早速お手伝い。

undefined
石鹸で泡、泡を作っています。
去年の担任の先生にコツを仕込まれ(?)てるので、何を言われる前からお手伝い。もう就職先決定?!

教室に大きなビニール。みんな、中で待ってます。…待てないお嬢さん、約一名。

undefined

プールの中に泡が入れられ、ツルツルの感触を楽しみます。


undefined

あやたん、しまいには泡を作ったたらいの中。

undefined

まったくもっておてんば姫の笑顔炸裂です。

誰に似たんだか…

打ち水大作戦

8月2日  木曜日

朝イチ、リハビリ病院でのリハビリ2コマを終わらせて市主催のイベント「打ち水大作戦」会場へ直行。会場で保育園のお友達と合流です。

なんだか楽しそうなことが始まりそうだったのでこっそり遠くから様子を見て帰ることにしました。 ふと気がつくと、知人も子供たち連れて遊びに来てました。市内の中学生、高校生がボランティアで進行を支えていたりと、なかなか動員のかかったイベントでした。

まずはチョークで落書き。 堂々と公共の施設の地面に書いていいよ、なんてこと無いですよね。

Dsc_0173

僕はしない、なんて言ってたにいたんも、いつのまにかチョークもらって書いてます。

20120806_000221

地面があまりに暑いので、あやたん、下に座って書くのは断念。間違いなくやけどする暑さでした。

そろそろ水を撒こうということになり、持ってきた小さなバケツやペットボトルなどに水を汲むのですが、気がつけばにいたん、保育所のお友達のお手伝い。

20120805_235543_6

この暑さ、水を触れて嬉しそうなあやたん。

Dsc_0176


保育所の先生、やること豪快!あやたん、思いっきり水をかけられてます。

ちゃんといつの間にか靴も脱いでるし。

それを見たお友達が「かけてもいい?」とあやたんの足に水をちゃぷちゃぷとかけてくれていました。

というか、最近、保育所に迎えにいくと、車椅子のパーツがあちこち外して干していることが多いので、普段からみんなで水の掛け合いっこしてるんですよね、きっと。

20120805_235441


ママとにいたんはこの後、こっそり会場を後にしました。

あやたんは、保育所のお友達と一緒に路線バスに乗って保育所に戻りました。

さて、洋服がずぶ濡れになって総着替えてして帰ってきたあやたん。さて、バスに乗る前に着替えた?保育所に戻って着替えた?

どっちにしろこの暑さだと、みんな、あっという間に濡れた服も乾いたことでしょう。

我が家では、ぜひとも思いっきり氷水を撒きたい気分です。暑い、暑い。暑中お見舞い申し上げます!!

8月の遊びの広場とあいびーんさん

8月1日  水曜日

午後からカンガルーの親子の遊びの広場。

あやたん保育園だから居ないのですが、にいたん、一緒に行くんだと。

夏休みということで、普段は学校や園で来れないお友達や、小学生の兄弟児さんも遊びに来ていました。 詳しくはカンガルーブログをどうぞ。

そんな遊びの広場にお客さま。

今年、法人スタートした訪問看護ステーション「あいびーん」の代表さんがいらっしゃいました。

そう、先日、女医先生とご一緒にお会いした看護師さんがいらっしゃる事業所である訪看さんです。

ご自身のお子さんもNICUを卒業(あやたんより年齢は下)。現在もまた調子が悪く長期戦での再入院中のようなお話をされていました。

在宅医療の大変さ。

小児専門の訪看や往診してくれる医師のこと。

家族のレスパイトの必要性。

兄弟児のこと。

医療や福祉の制度。

などなど、 とりとめもなくあちこちに話題が飛びながら、初対面なのにかなり長いことお話しました。

Dsc_0194

ご自身のお子さん、ご家族のことで大変な中、事業所として法人化されたこと、頭が下がります。

…そんなお若いお父さんが立ち上げた訪問看護ステーションです。

まだホームページも作ってなくて…とのことだったので宣伝もしちゃいます!!

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »