フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 柳川サロンのご案内 | トップページ | 初めての「お泊まり」保育 »

悔しい気持ち、やり遂げたい気持ち

7月4日 水曜日

午前中はカンガルーの親子の傾聴講座。こちらの様子はカンガルーブログでどうぞ。

さて、にいたんはこの豪雨の中、自然教室のお泊まりでいない一日。

保育所から帰っても、ちょっとつまらなさそうなあやたん。

夕飯を食べ終わると、一人でさっさとリビングを出てパパの寝室へ。

そっちへ行っても今日は、にいたん、居ませんよ。

電気もついていない暗い部屋から戻ってきません。何してるんだろ?

目的地はパパの大きなベッド。いつもにいたんとトランポリンにして遊んでる場所です。

後ろから黙って様子をうかがっていると、どうもベッドの上に上がりたい様子。

たしかに最近、一人でよくあの場所に行いきます。

にいたんと遊んで楽しい場所なんだろうな。

どうするんだろう、としばし様子を見ていました。

膝立ちをし、シーツをつかみ立ちあがろうと必死。なんとか立ちあがると今度は必死に上に登ろうと始めました。

あやたん、右手右足の麻痺が強く上手く使うことができず、立ててもバランスをすぐに崩してすぐに倒れてしまいます。右手右足を使うことができれば、立ちあがる力はすでに備えていると思うのですが・・・。

薄暗い部屋の中、倒れそうになった時にすぐに手が出せるように(家具にぶつかって頭を打つと大変だから)ママも体制を整え、でも声を出さず、手を出さず、じっと見ていました。

出したくなる声と手を必死にこらえながら。

なかなか上手く上れません。時には立つ姿勢が崩れて下に座り込むことも数度。

あやたん、うめき声ともなんとも言えない声を出しながら果敢に挑戦。出来ないことが悔しくて、自分に怒っているようなすごい声と泣き声、そして涙でもうぐちゃぐちゃ。

見ているこっちも辛くなるぐらい。

動きづらい右の太ももを自分で必死に動かし、持ち上げ、よじ登ろうとしています。

手を出してはいけないと思いつつ、最後の最後にお尻の下にママの腕を入れました。

持ち上げるのではなく、つっかえ棒替わりに。「お手伝いじゃないよ」ってママも自分に言い聞かせながら。

ほんのちょっとした支えで上手く上に上がることができたのですが、ママの手の支えがあったことに納得がいかず、あやたん、ベッドの上でまたすごい声を出し始めました。

「ママがお手伝いしたのがいけなかったね、ごめんね。」というと、声が静まる。

「分かった、今度は絶対に手を出さないからもう1回頑張る?」

「うん」とあやたん。

ベッドの下に座布団を敷いて、少しだけ高さの補助をしました。

もう、絶対に手を出さないと心に誓って。

それからまた死闘・・・大袈裟かもしれないけど死闘って言えるぐらいすごかったのです・・・始まりました。

そして、やりました。

やり遂げました!!!

嬉しくて手を叩いて自分で自分を褒めながら、でも、心の中はもうぐちゃぐちゃで、喜びながら、泣いて怒ってもう訳分かんな~いって感じのあやたん。

本当によく頑張りました。見ていてもう胸がいっぱいになったママでした。

これって実は寝る直前のお話。寝る前にこんなに興奮しちゃったので、自分のベッドに行ってからもしばらく大変でした。

ギューっと抱っこして、耳元で「あやたん、偉かったね~、すごかったね~」とそーっとそーっとおまじないの言葉をささやくと、やっと気持ちが落ち着いたようでした。それからあっと言う間に夢の中。

本当は動画に残して、パパやにいたんとも共有したかった、そんな素敵な時間でした。

そして、この子は大丈夫、絶対に大丈夫って、ものすごい確信した時間でした。

« 柳川サロンのご案内 | トップページ | 初めての「お泊まり」保育 »

育児・発達」カテゴリの記事

コメント

★kinophieさんへ>「悔しい」って思う気持ちとその気持ちを外に表現できたことがすごくうれしいかったです。人が成長する上で必要な感情だよね。あの姿、動画で残したかったのは山々だけど、私だけの宝物ってことで(^^)下手な私の文章では、実際のんんん~分の1も表現できてないことだけは確かです!

★ちーちゃんさんへ>ありがとうです(^^)

★なっちゃんママさんへ>ゆっこさんの「親」の字の話、T先生の「子どもは誰でも自分で解決策を持っている」の話がずっと頭の中で応援してくれてたんだよ~!

昨夜、拝読してすごく、すごく感動しました。
コメントも書き込みたかったけど、スマホでみてたもので・・・。

あらためて本日。
あやたんのやり遂げようとする気持ち、すばらしいですね。尊敬する元ボスが以前、会社の新人研修で「悔しいと思いなさい」と言っていました。悔しい気持ちって辛いこともあるけど、人間が伸びるにあたってはとても大切な気持ちなんですよね。

あやたんの悔しい気持ち、その後にやってきた、やり遂げたときの達成感は計り知れないものがありますね。私も、動画でみたかった(笑)。

そしてあやたんの努力が実になったのは、あやたんママさんの見守りとサポート、さらに、もう一度チャレンジさせるという姿勢のたわもの。とてもとても素晴らしいと感じました。
先輩母さんのそんな気持ちや行動、見習わせていただきます!

それにしても、きっと文字で読む以上の頑張りと闘いだったんですね。あやたん、お疲れ様。そして、やったね☆

勉強会 自然教室お疲れ

根気よく見守ってくれた、あやたんママのおかげだね〜〜(*^_^*)
頑張り屋さんもママゆずりだ♪♪

田ばばさま〉あの姿、あの声、ホントに見せたかった。がんばり屋の娘さんです。

本当に本当に、大成長、やったねやたね、あやちゃん

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/46206095

この記事へのトラックバック一覧です: 悔しい気持ち、やり遂げたい気持ち:

« 柳川サロンのご案内 | トップページ | 初めての「お泊まり」保育 »