フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

再判定の計測

5月31日 木曜日

身体障害者手帳の更新が間もなく。

そのための計測をリハビリ2コマつなげてしていただきました。

腕、足、そして手の指の1本1本まで、可動域などを計測していきます。

じっとしない、集中力のない子供相手には大変な作業だと思います。

先生方には毎度、頭が下がります。

そして、握力測定。

「無理だろうな~」と言いながら測定器を持ってきてくれた先生。

右手は確かに力がほとんどありませんが、左手、測定器の意味が分かれば測れそうな気もする。それぐらいの力はあるはずなんですが・・・。

でも、やっぱり道具を握ることが嫌いなあやたん。初めての道具は拒否です。

結局、測定不能ということで。

握力測定ではなく、指力測定なら、かなりの数値を叩きだしそうなんですけどね(笑)

相当な力ですよ、指は・・・!!!

にいたんの宿題プリントの裏

5月31日 木曜日

5年生になり毎日出される宿題のプリントの裏に、詩や物語が印刷されるようになりました。

この日の宿題プリントの裏は、たくさんある大切な物の中から3つ選ぶとしたら何を選ぶ?というもの。

Dsc_0091


ア、食べ物が十分にある

イ、おこづかいがたくさんある

ウ、仲のいい友だちがいる

エ、じぶんを大切にしてくれる親がいる

オ、病気を治してくれる病院がある

カ、勉強を教えてくれる学校がある

キ、いろんな衣服を着ることができる

ク、家族でくらせる家がある

ケ、じぶんの意見を聞いてもらえる場がある

コ、自由な時間がたくさんある

にいたんの選んだものは

1番 エ

2番 カ

3番 オ

そうなんだぁ、おこづかいや友達を選んぶんじゃないんだぁ。

同級生たちは何を選んだんだろう?

同じ年代の子どもたちは何を選ぶんだろう?

「オ」を選んだのは、間違いなく、「病院があやたんとママの命を守ってくれた」という幼稚園

時代の記憶と想いがそうさせたんだろうなって思ったママでした。

さて、ママは久しぶりの美容室。髪型は完全にお任せでばっさり切ってもらい、白いものも目立たない様にしてもらいました。これで少しは若返った?

夜中の発熱?

5月30日 水曜日

真夜中、なんとなくあやたんの体が熱くて目が覚めた。

でも、本人はいびきをかいて気持ちよさそうに寝ている。

夜の外気温が意外と高かったこと、パジャマの素材がちょっと厚かったこと。

原因はそのへんかなと思って、窓を開け、布団を外して様子見。

朝起きても、やっぱり体はポカポカと温かいというより、熱い。

朝から予定がつまっている一日でとても悩んだけど、とにかく表情は普段と変わらず。

ぐずることもなく、鼻水、咳もない。食欲もいつもの通り、ただ単に体が熱いだけ。

呼び出し覚悟で保育所へ。もちろん、先生には夜中からの経過を伝える。

結局、呼び出しされることもなく無事に一日終了。

午前中はやっぱりまだ暑かったとのこと。でも、お昼寝から起きたら完全に平熱になったと。

やっぱり体温調節が難しい娘さん。というか、外気温や着る服に左右される変温動物のよう。

夏はもうすぐ。注意しなければならない季節の到来だ。

チャイルドシートなんてさいたるもの。装着したら体が逃げようがない=熱がこもる。

とりあえず、夏素材のパジャマを新調しにお買い物だ。

保健センター訪問

5月30日 水曜日

朝一番、今年度最初の読み聞かせボランティア。

この日は1年生。1年生は可愛いですね。

ママの姿を見つけて他のクラスの1年生が飛び出してきました。

保育所の卒園児さんです。

「え~。わたしのクラスじゃないの~。わたしのクラスはいつ来るの?」

そんなこと言ってくれるなんて嬉しいですね。

読み聞かせが終わったその足で福岡市内へ。

市内在住のママとNっ子くんと一緒に福岡市内のある区の保健センター訪問に行ってきました。

実は福岡市内の保健センターは初めて。

最近、福岡市内の方が増えてきているカンガルーの親子ですが、前回の定例会・遊びの広場のときに福岡市の行政とは繋がりができていないということが話題になりました。

保健師さんに未熟児の集まりがないか相談しても「ない」「知らない」と。

筑紫地区では、県の保健福祉環境事務所や各自治体の保健師さんたちに知っていただいているので、家族会のことを探している方や未熟児医療申請や赤ちゃん訪問の際に会のことをご紹介していただいています。

保健福祉環境事務所は県の事務所なので、その保健師さん・助産師さんのつながりで他の保健福祉環境事務所にもひろがり、未熟児教室などに講師に呼んでいただき新しいお母さん方とつながっているというのが現在の状況です。

でも、市内にはそういった関係がまだできていません。病院でのチラシやネット検索、知人からの情報でカンガルーの親子に辿りつかれることがほとんどです。

そんな話をしている場にいらっしゃったお母さんが、ご自分の知人を介して、保健センターの方とつないでくださったのです。

感激だったのは、まだ得体のしれない1団体との面談にちゃんとお部屋を取ってくださっていてお話を聞いてくださったこと。単なる子育てサークルと思われても仕方ないのに。

会の説明、活動実績、新聞掲載記事などをお持ちしてお話をさせていただきました。

どうやら、保健福祉環境事務所が開催している未熟児支援教室的なものを開催していないようですね。

病院の同窓会があるのでは?そこでお母さん方はつながりがもてるのではないですか?ということもおっしゃっていました。

それに対して、同行してくださったお母さんが、ご自身の気持ちを伝えてくださいました。

今回は市内1区だけの訪問でしたが、まずはの第一歩です。

他の区にも少しずつ広がっていけたらいいなと思っています。

ぜひ、お住まいの区につながりのある保健師さんがいらっしゃったらお声をかけてくださいね。

お話した結果、関係機関に毎月お送りしているメールを送信することにOKをいただきました。この頃、ちょっと心配なお子さん(1000g未満らしいです)が続いているというおしゃっていたので、また誰かに繋がっていくといいなと思います。

それにしても懐かしかったな。

カンガルーの親子を立ち上げたとき、仲間たちと子供たちを連れて一市一市訪問して、会の説明していったこと。

時間があるときに少しずつ少しずつ、小さな赤ちゃんのことで不安いっぱいの誰かにつながるための宣伝活動をやっていきたいと思います。

このチャンスをくださったカンガルーのお母さんとお礼をかねてお茶をして帰りたかったのですが、振り返るとNっ子くん、車の中でご就寝。

起こすのはかわいそうなのでティータイムはお預け。次回にまた!

ありがとうございました。

運動会見学

5月27日 日曜日

あやたん、二日連ちゃんの運動会見学です。

土曜日の薄曇りから、見事な青空。写真を撮るにはとっても素敵な青空ですが、運動会で一日外にいなければならない生徒、保護者、もちろん先生方にとっては気温が上昇したこの晴天は辛すぎます。

この日は、完全介助の生徒さんが通っている市内の小学校の運動会の見学です。

にいたんの学校に装具を履いて、車椅子に乗るお友達はいますが、なんとか一人で歩くことができます。よりあやたんに近い感じの生徒さんが地域の小学校がでどう過ごしているのかを見ることがこの日の目的です。

開会式から午前中いっぱいの見学することにしてパパと3人で出かけました。

同じ市内で、義務教育の公立の小学校。それでも、学校が違うとこんなにも感じが違うのかというのを実感しました。

そのお友達だけでなく、ほかにも支援学級に在籍するんだろうなというお子さんに自然と目が留まります。

先生と支援の仕方、ほかの生徒さんとの関わり方。競技の様子。プログラムの空き時間の過ごし方。などなど・・・、ふむふむと見学させていただきました。

単純に地域の小学校に行こう、支援学校に行こうという選択だけでなく、それぞれの学校がどんな雰囲気なのかというのをしっかりと見ることも大切だなと思いました。

もちろん校区とか決められているので、地域の学校や支援学校で、こっちよりこっちとは勝手に決められないのが現実かもしれませんが。

ところで、時間の合間に、兄弟児さんがこの小学校に通うカンガルーの親子のお友達と久しぶりお会いしました。

久しぶりに会ったNっ子くん。すっごくお兄ちゃん顔になっていてビックリです。最後に会ったのはまだまだ赤ちゃんでしたから。

写真と撮るよ~とカメラを構えると、突如、地面に伏せられてしまいました。

P1050840a

そんなに恥ずかしかった?!

とってもやんちゃさんのご様子。天然パーマの長髪がとってもハーフ君ぽくって愛らしいお顔に成長していました。

にいちゃんの運動会

5月26日 土曜日

にいたんの小学校の運動会。

去年は延期の延期で平日開催。

前の日に雨が降りましたが、今年は程よい曇り空というお天気で、パパもばあちゃんも、みんな一緒に参加です。

高学年になったにいたん、プログラムの花の組体操があったり、運動会の運営をしなければならない学年です。

この学校の組体操は5,6年生で行うのですが、掛け声や号令ではなく、音楽に合わせ、途中、ダンスも盛り込まれている組体操。だから途中で止まれない・・・やり直しができない・・・。

そんなプレッシャーよりも、にいたんにとってプレッシャーだったのは運営委員としてのお役目。
朝礼台に立って競技の進行をしなければならないので、1週間前からそのセリフを覚えるのに必死。

メモを持って立てない。どの組が勝つか引き分けるになるかでセリフが変わる。

相当なプレッシャーのようでした。当日の朝もおかしいぐらい。

P1050836a

まずは低学年を率いて競技に入場の係。

カンガルーの親子で小さい子に慣れてるからか、待機中、ちゃんと1年生の遊び相手になりながらも上手く並ばせていました。親ながら感心、感心。

低学年の競技の誘導、進行が終わって、いよいよにいたんの大仕事開始。

2_20120613_1658

最後の最後に噛んじゃたにいたん。本人、そこがすごく悔しかったようです。

いやいや、なかなか立派だったですよ~。

生徒、先生に保護者という大観衆の中でしゃべるなんて、なかなかできることじゃないですよね。

大役が終わり安堵の表情のにいたん。満足しきった表情で組体操、ダンスをしていました。

力持ちになってます。組体操、ほぼ土台係。6年生を肩車しちゃったり。

さて、あやたん。

朝6時にテント張りのお手伝いに行ってくれたパパが地区の保護者用テント内に場所を確保してくれたので、一日中、日陰と時より吹く心地よい風で終始ご機嫌のあやたんでした。

P1050827a


5年前の初めての運動会はピストルや太鼓の音、大音響の音楽にビックリしっぱなしでしたが、今年はすべてが楽しい。

特に低学年のダンスに使われていた音楽が大好きな曲だったので、そりやぁ、もうノリノリでした。

来賓できていた保育所の先生方やお友達、卒園児、在園児のお母さん方、小学校に入った保育所のお兄さん、お姉さん、それはそれはたくさんの方が、「あやた~ん!!」「元気?」「また背が伸びたね」とに寄ってきていただき、声をかけてもらいました。

テントの中では、初対面の保護者の方、おじいちゃんやおばあちゃんもたくさん。

お弁当の時間に「にいたんの妹なんだ」「●●ちゃんと同じ保育園のお友達なんだ」という「はじめまして、よろしくね」という場面もたくさんありました。

一日、横にいらっしゃったおばちゃんからは、「偉いね。わがままも言わんと、ちゃんと良い子で見てたね」なんて褒めてもらったり。

新たな地域開拓になった一日でした。

そして、もうひとつ嬉しかったこと。

それは、近所のお父さんが、お子さんの小学校最後の運動会を無事に見に来ることができたこと。

何故それが嬉しいことなの?

そんな当たり前のことですが、とってもとっても嬉しいことなのです。

実はそのお父さん、ご病気のため車椅子です。訪問リハビリもあやたんが通っている病院から。そんなこんなんでいろんな話を今までもしていました。

たまたま前の日の夜に、お母さんにばったり会い、立ち話。話の中にふっと出てきたのは「お父さん、運動会に行かずに家で留守番するの」

運動会の時に借りている保護者用駐車場が、今年は学校から離れた坂の下の場所になってしまった今年。いろんな理由からお父さんを連れていくことを諦めているというのです。

実は、我が家は以前、運動会前日に救急車騒ぎがあったことがあり、いざという時にすぐに出られるようにとそれ以来、毎年、校内の駐車場の許可証をもらっています。

そんな話をすると校内に停めれることをご存知なかったようで。駐車場の空きがなければ車椅子を積み込める我が家の車で往復しましょうという話になりました。

その後、ご家庭で話し合いをされたようでした。お子さんはやっぱりお父さんに見てもらいたい。お父さんも小学校最後の運動会を見たい。

それならそうと、ということで、当日早朝、校長先生にお願いし、テント張りに行ったパパに許可証を持って帰ってもうらうことに。

無事にお父さん、そして一緒に留守番をする予定だったというおばあちゃんもご一緒に運動会をご覧になっていました。

学校は、就学する子供たちにとってのバリアフリーを考えるだけではなく、保護者にとっても、地域の方にとってもバリアフリーの場であるべきだと思ったできごとでした。(避難所にもなる場所ですからね)

運動会終了後、保育所のお友達(男の子!)があやたんのところにやってきて、お顔をすりすり~。あやたんも嫌がりません。

そして、「あやたん、可愛いんだよね」と一言。

パパ、「ゆるさん!」

にいたんがその場にいたら、もっと大変?!

来年は学校でにいたんの対男の子チェックが入りそうです(苦笑)

朝ごはんの3つのスイッチ

5月24日 木曜日

夕方から保育所の保護者学習会。

今回のテーマは、給食室の管理栄養士さんによる「食育」についてのお話でした。

「早寝、早起き、朝ごはん」・・・大事、大事と言われ、何度も何度も聞いているこのフレーズ。

改めて朝食と学力、運動能力の相関関係のグラフを見せられると、「朝ごはん」侮れませんね~。再認識です。

保育所ということもあり、お父さん、お母さんの仕事の都合で、朝食がとても早かったり、夕飯が遅い子も。にいたん、まさにそうでした。

にいたんの小さかった時のことを思い出すと、時間に追われ、ちょっと可哀そうなぐらいゆっくりとした食事をしてなかったかも、と反省のママです。しかも、フルタイム勤務時代に入ると、夕飯も託児所で食べて帰ってくることも多かったしね・・・。そのかわり、生活のリズムが悪循環に陥らない様に、母として、早寝、早起きだけは死守するよう心がけてたつもりです。そんな日々もあったなと懐かしい。

その点、今は全介助で手間のかかる食事ですが、気持ち的にはゆったりと食事を楽しめているかなと思います。

それはそうと、朝ごはんは3つのスイッチだというお話がありました。

「体のスイッチ、頭のスイッチ、お腹のスイッチ」

体のスイッチ

体温を上昇させるために必要。明け方下がりきった体温を、体の菌をやっつける、つまり酵素が一番働く体温まで上昇させるためには朝ごはんが不可欠。

頭のスイッチ

脳が目覚めるために必要。特にブドウ糖は大切ですよね。

お腹のスイッチ

排便(大便)のリズムを整える。朝、スッキリして出かけることの大切さ。体の中に腐敗したものを入れていたままにしていたら良いことはないですものね。

便秘姫のあやたん、朝ごはん、一応食べてますが、お腹のスイッチを入れるほどの食事になってないのかな??朝ごはん自体を全く受け付くなかった時代から、最近になってようやく好きなものばかりですがなんとか食べるようになった朝ごはん。次は朝もいろんなものを食べれるようになって欲しいものです。

園長先生からこのお腹のスイッチに関連して、小学校に上がったときの「学校生活と排泄のリズム」のお話が出ました。保育園時代は、行きたくなったら行けばいいけれど、小学校に上がれば授業と授業の間の短い休み時間にタイミングを合わせて行かなければならない、しかも、家庭とは違う和式。そのことでどうしても排せつを済ませるタイミングを逸してしまい、落ち着きながなくなったり、ひどい子は腹痛やおう吐にまで繋がってしまう。だから、小学校に入る前にしっかり生活のリズムを整えてあげることがいかに大切か。

急には生活リズムは変わりません。

小学校(幼稚園や集団生活)に入る前に、じわじわといろんな生活リズムを整えていきたいと思います。

もちろん、何を食べるかは大切。赤の仲間、緑の仲間、黄色の仲間をちゃんとバランスよく食べましょうというお話も、もちろん漏れなくありました。

朝ごはんの3つのスイッチ。

子供だけでなく、大人も同じように大切だなぁと思ったお話でした。

ハートウォーカーの靴

5月22日 火曜日

ゴールデンウィーク中、ハートウォーカーに乗せているとポロポロと泣きだしたあやたん。

足を見ると真っ赤。7月で1年になるので足も大きくなっています。

特に右足は靴の中ですぐにグーをしてしまうのでなおさらひどいことに。

痛かったよね・・・。

相談するとつま先の部分をカットするという応急処置をすることに。

リハビリ中に業者さんにカットしてもらいました。

Dsc_0098


あっというまにつま先が空きました。夏に向けてオープントゥ?!

それでも夏にはサイズアップで新しい靴に交換予定です。

足もあっという間に大きくなります。嬉しい悲鳴です。

ゴールデンウィークからしばらくハートウォーカーをお休みしていましたが、これでまた乗って遊べます。

金環日食

5月21日 月曜日

前の日、にいたん、突然「やっぱり金環日食、見たい」ということで慌てて日食グラスを求めにあっちにウロウロ、こっちにウロウロ。さすがにどこにも売っていません。

どうも、学校でも観察会をやるらしく。だったら、もうちょっと早く言ってくれればいいのですが・・・(苦笑)

夜、パパが車を走らせようやく見つけた太陽観察専用オペラグラス。パパいわく、「きっと高かったから残ってんだろうね」と。

P1050848

ところが、天気予報通り福岡の朝は雨。

にいたんが起きたときにはなんとか小雨にかわり、そして、雨も止み。期待しましたが、なかなか空の雲は消えません。

諦めきれない男二人・・・。

6時半には朝ごはんを食べ、パパの営業者にランドセルも積み込み出発!

どこまで行ったんでしょう。

途中、高速の●●にいるという連絡が入りました。

結局、どこに行ってもダメだったようで、そのまま学校へ。

金環日食は見れなかったけど、男二人旅が良かったんじゃないかなってママは思いました。

後日、群馬のおじいちゃんから届いた写真。

P1050849

家の壁に映った木漏れ日金環日食。

次の日本での金環日食は18年後の北海道。にいたんは20代後半。どんな青年になってるんだろう。

帰りは到津の森公園へ

5月19日 土曜日

おしゃべりサロンのあと、到津の森公園へ。

他のスタッフは、今年も子育てふれあい交流プラザの中のげんきの森で遊んで帰るということでしたが、にいたん、5年生になり、このげんきの森ではもう満足できません。

昨年11月の福祉展の帰りに立ち寄ったのが最後で「もう、僕は行かんよ」って朝、家を出る時から宣言していました。サロン開催中も他のスタッフの子どもたちは行っていたようですが、どうやら、にいたんはその時間にも行っていないようでした。

当たり前と言えば当たり前。だって就学前の子のための施設ですからね。

ということで、我が家は、到津の森公園へ行くことにしました。

ママは中3から高2まで北九州市民だったのですが、当時は到津遊園。それからいろいろあって、現在の到津の森公園となって10年。ずっと気になって来たかった場所です。

まずは猿山。食い入るように見ている二人。

P1050745aP1050746

ガラス越しにこんなに近くに動物だちを見ることができ、餌をあげることができるなんて嬉しいですね。車椅子でもこんなに近づいて見ることができました。

P1050755P1050756a

視力の弱いあやたんにとって、この近さで見れるのはありがたいです。

チンパンジーのところでもガラス越しに目の前を歩いて行ったので大興奮でした。(突然のことでシャッター間に合わず)

途中からにいたんいカメラをとられちゃいました。

にいたんの撮影した動物たち。ベストショットたち。なかなかです!

P1050757a_3P1050761a_2

P1050797a_2P1050760a_2

気まぐれオウムくんをしゃべらせようと必死のにいたん。

P1050775a_2

にいたんの声に反応してよくおしゃべりしてくれました。その声にあやたんは大喜び!

P1050777a

後から来たカップルさんのお兄さんが試みていましたが、オウムくん、完全、無視!にいたん、なんだか得意気な顔。

P1050786a


ゾウさんにこ~んなに近づいちゃったり

P1050802a


ヤギさんがこ~んなところを歩いてたり

2時間そこそこの滞在でしたが、あやたんもにいたんも楽しそうでした。お天気も幸い曇り空で暑さを気にせず歩いて散策できました。

そして、帰り際ににいたん、ひとこと

「動物園って意外と面白いんだね」

あ~、朝日山動物園に行ってみたくなりました。

北九州での出張おしゃべりサロン

5月19日 土曜日

昨年に引き続き、今年も北九州でおしゃべりサロンを開催しました。

今回もパパ、にいたん、あやたんと4人でお出かけ。

詳しくはカンガルーブログを。

今年度は、なんと会場である北九州市立子育てふれあい交流プラザの主催事業として開催させていただきました。

会場にはおもちゃ、そして、学生ボランティアさんもたくさん手配していただきました。

市の主催事業ということもあり、市報などにも告知が載り、さらに前日には新聞での告知記事も載りました。(電話取材を受けた分です)

びっくりなのが当日も同じ記者さんが会場にいらっしゃったこと。

単純に遊びにいらっしゃった?(忙しい記者さんにはありえない話ですが)、なんて思ったのですが、なんとなんと、翌日もまた記事になっていてさらにビックリでした。(どちらも北九州方面版)

2012a

去年のおしゃべりサロンに来てくださった方との再会あり、市報や病院に掲示してくださっていたチラシを見ての来てくださった方との出会いもありました。

お子さんがまだNICUにいらっしゃるというお母さんもお二人いらっしゃいました。

泣いて笑って・・・の1時間半。

次の一歩へと進むお手伝いになっていたら嬉しいです。

23週生まれの子を持つパパ同士(初対面です)もお話していました。

P1050720a

この様子はプラザのホームページでも紹介されています。

おしゃべりサロンの間、ママのところに来れなかったあやたん。

終了後、抱っこすると思いっきりママの頭を「いい子、いい子」してくれました。

にいたんは・・・何してたんだろう??まさか、学生ボランティアのお姉さんをからかって遊んでないよね。

P1050729a

今年度、出張サロンは2回ずつ開催します。

北九州の2回目は10月20日(土)です。

柳川の1回目が7月21日(土)です。

ポピー園

5月18日 火曜日

発達支援センターの保育の主活動。この日はお散歩。

5月の風を感じよう!

センターのすぐ近くにあるポピー園です。

Dsc_0087


風が心地よく、小鳥のさえずりも聞こえてきて、終始ご機嫌のあやたんでした。

ここから次は公園に移動してブランコ。

こんなに好きなことオンパレードの主活動は・・・普通はありませんよね(笑)

ぜひ、次はハートウォーカーで歩いてお散歩に挑戦してみたいものです。

お試しKidwalk

5月17日 木曜日

定例会のあと、保育所からリハビリへ。

実は、ずいぶん前から仲間内で話題になっていた歩行器のデモ機が病院に来ることに。

担当の先生から「乗ってみる?」と聞かれ、二つ返事で行くことにしたのです。

両手がフリーで、もっと楽に乗せ下ろしができる歩行器があったらなんてハッピーだろうって。

その名は、kidwalk

車椅子のような歩行器です。

さて、あやたんは気に入ってくれるでしょうか??

Dsc_0085

周りに知らない男の人がいたのがいけんかった・・・。

いつもと違う曜日に保育所からそのままリハビリ病院に行ったのがいけんかった・・・。

あやたん、号泣でした。

歩きたくないって!!

残念。

でも、この歩行器、自転車のサドルのようなシートがあるのがあやたんにとってはダメな感じも見受けられました。

座るところがあるからこれは歩くためのものじゃない、って認識??

たしかSRCのときもそうだったような・・・。

何よりも麻痺の強い右足を使うことを完全に忘れてます。

なんだか忘れられた右足が車輪に引かれそう・・・。

あやたんにはやっぱりハートウォーカーが合っているようです。

体重が増えてきて乗せ下ろしが大変だというのが本音ですが、ママ、頑張ります!

定期総会の5月度定例会

5月17日 木曜日

5月度の定例会は定期総会と茶話会。

「Nっ子クラブ カンガルーの親子」はNPOでもなんでもない任意団体ですが、会発足当初から集まりの度に参加費を頂いていたこともあり毎年決算報告をさせていただいていました。

定期総会は2年前から。助成金や寄付金をいただくようになったこともあり、きちんと定期総会として決算報告と事業報告をさせていただいています。

特に今年は重要な議案を提案させていただき、出席の方、そして当日、欠席の方にもハガキで決議を執行していただき無事に議案を承認していただきました。ありがとうございました!

議長を快く引き受けてくださったダブルSさんもありがとうございました!

総会のあとは持ち寄ったお菓子を広げての茶話会です。

はじめましての方、お久しぶりの方もたくさんだったので、初対面同士という方も多くいらっしゃいました。

それでもあっという間に大盛り上がりで賑やかな茶話会でした。

いくら時間があっても足りないぐらいの定例会でした。

午後からは遊びの広場。

午前中と午後のメンバーがごろっと変わった珍しい日でした。

1歳のお友達がたくさん遊びに来てくれました。

県外からお引っ越しされて、社協さんからこの会のことを聞いて遊びに来てくれた方もいらっしゃいました。

遊びの広場は毎月2回。第1水曜にと第3木曜日に開いています。

みんな小さく産まれたお子さん、成長や発達がゆっくりのお子さんとその兄弟児さん。広いお部屋を貸切なので安心です。

プレ幼稚園のような保育士さんの親子遊びの時間はみんな目がキラキラしています。なによりも子ども同士が一緒に遊ぶ姿って良いものです。遊びながらいろんなことを学び、吸収しているんですよね、子供って。

小学校まであと1年

5月16日 水曜日

久しぶりに小学校まで歩いて往復。我が家は校区の端っこで、普段は用事と用事の合間に学校に行くことが多いので車でひょういひょいっと。だから久々、歩くとこ耐えました。全くもって運動不足実感です。

さて、この日、小学校にいったのは支援学級の保護者会出席のため。今年も保護者会の案内をにいたんの連絡帳経由でいただきました。数年前からこうやってご案内をくださる先生方には感謝です。

今までは時間があるときに年に数回出席していましたが、いよいよ就学まであと1年。今年はちょっとまじめに毎月出れたらいいなぁと思っています。

正直、地域の小学校に入学OKと教育委員会からのお返事がくる自信はありません。今年度、すぐ近くに特別支援学校が開校したことで、今年1年生の先輩たちがかなり苦戦したのを間近に見ているから・・・。こうやって毎月、にいたんの小学校に顔を出すことで既成事実を作ろう作戦です。

保護者会では、新年度始まってからの様子、運動会のことなどが話題の中心。子供たちの学校での様子と家庭での様子を聞くことができました。

そして、初めて知ったこと。

この学校では毎年数回、人権学習が行われるのですが、その学習会が行われるタイミングが運動会と文化祭の前だということ。

運動会といえば、新年度、初めて全学年の子どもたちが全員で行う大きな行事。特に新1年生にとっては他のクラス、他の学年の支援学級の子ども達の様子を初めて見るときでもあるんですよね。

装具を履いて走る子、クラスメートと手をつないでリレーを走る子、ずっと先生が横に着いている子。

きっと初めて見る子にとっては「不思議」ですよね。

なるほど。

だから運動会の前にやるんだと、今回、先生の話を伺って改めて認識しました。

さてさて、あやたん入学まであと1年。

来年の今頃はどこに通って、どんな毎日を過ごしてるんだろうなぁ。

5月の虹っ子広場

5月15日 火曜日

5月の虹っ子広場。今回は和室ではないということで、ママの車にマット。別のスタッフにボールプールと4月の定例会のお下がりを乗せて、大量の荷物とともに宗像に向かいました。

カンガルーブログをどうぞ。

宗像に通うようになり早1年。そして、その1年間、通って来てくれたお友達やお兄ちゃんの成長を客観的に見て行くことができたのがママにとっての収穫でした。わが子ではなく、ちょっと距離を置いて見る子どもたちの成長。・・・きっと幼稚園や保育園、学校の先生ってこんな風に子どもたちを見てるのかな?なんて思ったりして。

そして、毎月、毎月、わらべうたで素敵な時間を作ってくださる地域のボランティアさん、本当にありがとうございます。これからも宜しくお願いします!!

発達支援センターのお祝い会

5月13日 土曜日

療育でお世話になっている発達支援センターの創立記念のお祝い会がありました。お祝い会というかもうほとんどお祭りです。

家族4人でお出かけです。

普段の療育(保育)でやっている遊びを体験できる場もありました。あやたんはパラシュート遊び。朝のお集まりのような感じでスタートして、ちょうど保育参観のようなスタイルにもなっていました。

パパは初体験の体操などなど・・・実際、パパにやってもらいたかったんですが、慣れているにいたんがあやたんを独占です。

ここに通い始めたころから比べると、あやたんも大きくなったけど、にいたんはそれ以上にデカクなり、あやたんを抱っこしてぐるぐる回っていても、落としそうなこともなく安心して見ていることができます。

P1050612a


無料の食バザーでたくさん食べ

にいたんもゲームでハッスルして(パパの方が?)

エイサーのリズムを楽しんで(パパのほうが?)

P1050815P1050816

P1050637a


楽しい1日を過ごすことができました。

そして、センターの先生方、お友達のお母さんに、どうやらパパの本性がバレた1日にもなったようで・・・(苦笑)

そして、お家で軽い夕飯を食べたあと、市内の障害児者の会の定期総会へ。

毎年のことですが、総会の後の軽食付きの交流会を楽しみににいたん、あやたんも同行です。(いろんな学校のお友達、保護者、そして、学校の先生方とお話出来るの魅力です)

その総会の間、にいたんもあやたんも、託児の子ども達みんな一緒になって鬼っごっこだなんだと遊んでいたようで。にいたん、汗だくです。

丸一日、ふたりともよく遊んだ一日でした。

待てるお友達

5月11日 金曜日

今年度から保育所の月1回のクラス懇談会の曜日が、バタバタの金曜日に変更。ますますバタバタの金曜日になりました。

さて、そのクラス懇談会のとき、「この前の遠足のとき、あやたんのお友達がいたよね~」と。

そうそう、遠足の日、ヤスゴンに上る途中にバッタリと再会した、あのあやたんをナンパしてくれた車椅子のお兄ちゃのことです。

ママはあやたんを安全に上に連れて上がることで必至でしたが、そのお母さんは周りにいた子ども達の様子をよく観察されていました。その時の様子をお話してくれました。

小学校高学年の男の子ですから体はかなり大きいお兄ちゃんです。そのお兄ちゃんがお母さんに抱えられヤスゴンを上っていくのですから、かなり時間がかかります。

保育所のお友達は、大きなお兄ちゃんが抱っこされていることを「変だ」とか「なんで?」とか聞くこともなく、そして、時間がかかっているのもちゃんと順番を守って待っていたのだそうです。

「そんな子ども達の様子を見ていて嬉しかったんだよ」って、そのお母さんはおっしゃっていました。

子どもたちはたいろんなお友達、たくさんのお友達との毎日の生活で自然といろんなことを学んでいるんですよね。

ヤスゴンの下には、あやたんとお兄ちゃんの車椅子が2台並んでいました。そんな遠足の日のお話でした。

首も痩せすぎ?!

5月10日 木曜日

午後、保育所にちょっと早めにお迎えにいく、大学病院の定期健診へ。

最後の痙攣から10カ月。この気温乱高下の春も痙攣を起こさずになんとか乗り切っています。

先日、保育所の先生に指摘されたことをちょっと聞いてみました。

たしか、同じことを以前、主治医に聞いた記憶はあるのですが、保育所の看護師さんにいわれるとやっぱり気になっちゃって・・・。

それは、首のしこり。

見た目にぽっこりと出ているのが分かります。

ちょうど首のリンパのところです。

リンパのところに目に見えるしこりがあったらかなり焦りますよね。

普通ならある見えないのでしょうが、あやたんの首は脂肪の無さすぎで、目に見えちゃうだけのようです。

んん~紛らわしい。

というか、今後、万が一のときは見落とさないようにしなければいけませんね。しっかり見た目を記憶、記憶。

他には体調を崩すこともなく過ごしていることから、今回もほぼ問診のみのスピード受診でした。

次回の7月の定期健診は脳波検査です。

7月で痙攣無し丸一年の記録を達成することになります。脳波にも何か変化が出てるといいなぁ。

人生初のアイパッチ

5月8日 火曜日

前回の眼科に来た時、あやたん、人生初のアイパッチをしました。といっても視力訓練のためのアイパッチではありませんが・・・。

これまで両眼視での視力は測定してきましたが、今回、身体障害者手帳の再認定に合わせて、視覚のほうも一緒に申請するため、片眼ずつの視力が必要になるからです。かといって、普通視力検査のときに使う片眼ずつ遮光できる眼鏡をあやたんがかけてくれるわけもなく、先生が準備していたのがアイパッチなのです。

前の週は、いつも訓練をしてくれる検査部長先生に視力検査をしてもらいましたが、この週は先生がお休み。別の先生が視力測定をしてくれました。同じようにアイパッチを使っての測定です。

目にべったりと張り付けられるので怒る、怒る。

そして、左目を遮光するとその怒りは超マックス。「見えないの~」って怒ってます。

右目だけだとホントにほとんど見えていなんだよね~ってのがはたから見ていても分かります。

そして、主治医の診察。こちらはとっても良い子に車椅子に座ったまま受診。

結果から言うと、左は0.15、右は0.01の5級相当。

現在、コンタクトレンズは弱視治療用ということで保険で年1回の補助を受けています(といっても失くす回数が多すぎて恩恵はほぼゼロ)これが認定されれば、眼鏡なども支給対象にとなるはず(回数は制限あるでしょうけど)。それ以外にも、就学に向けて単眼鏡など弱視児に必要な機器類もそろえることができる・・・はず。

弱視児さんのお友達は、肢体不自由児さん比べて少ないので、情報をまだまだ把握できてないママでした。

それにしても、連休明けのせいか、とっても患者さんが多い日でした。

そして、退屈するどころか、待合室のテレビの大相撲中継を大喜びで見ていたあやたん。

待合室のおじいちゃん、おばあちゃんと仲良くなれそう(笑)

ちょっと早い母の日

5月7日 月曜日

めいいっぱい遊んだ連休明けの月曜日は体が重たいもんです。

さぁ、山のような洗濯物やらなんだと家の中を片付けるぞと張り切ってましたが、午後一、保育園の家庭訪問。

あやたん同席なので、先生たちが来る前にお迎えに行かなくてはならないことをすっかり忘れてました。

お片付け・・・焦りまくりです。

担任の先生と加配の先生とお二人でお見えになりました。

保育園での様子を伺いながら、実際にあやたんが家の中で過ごしている様子などをご覧になりながら話が進みました。好きなおもちゃが部屋にいっぱいですからね。

保育園で落ち着いて新年度を過ごしている様子が聞け、安心しました。

そうこうしているとにいたん帰宅。

何やらソワソワと「ノート買ってきていい?」と。

勉強用のノートはママがお金を出します。それを「自分のお小遣いから出すから買っていい?」と聞くのです。

「マンガ書くためのノートだから自分のお小遣いで買う」としつこいにいたん。

買いに行ったら行ったで今度はなかなか帰ってこない。

ピンポーン

玄関を開けてビックリ!!

にいたん、花束を持って「いつもありがとう」

母の日じゃないからそんなこと予想もしてなかったママはもう感激でした。

GW中は結婚記念日にパパがケーキを買ってきたりとちょっといい気分の1週間でもありました。

GW③軽トラ市のこども店長

5月6日 日曜日

毎月第1日曜日は吉野ケ里公園で軽トラ市が開催されます。

つい最近まではJR吉野ヶ里駅から公園までの道路上にずらっとトラックが並んでいたのですが、数回前から公園の駐車場が市場となっています。

にいたん、もちろん今回もばあちゃんのお手伝いをすると大張りきり!

前の晩かなり遅くまで持っていく商品を選定して積み込む手伝いもしていました。

当日朝は6時半出発。

まさか、あやたんをその時間が連れていくわけにはいかないので、ママたちは市が終わる頃に行くことに。

じいちゃんもその時間からだったら一緒に行きたいということで、10時頃に会場に向かいました。心臓の手術をしてるから早朝からばあちゃんと一緒に出かけることは無理で、実は軽トラ市に行くのは初めて。

お天気がよい休日。お客さんもいっぱいです。

GWということもあり、トラックの荷台ステージでは演奏などイベントも盛りだくさん。

賑やかな会場でしたが、にいたんの元気のよい「いらっしゃいませ~」の声にすぐに場所が分かりました。

P1050811

このボーイソプラノ(かな?)で結構、売り上げたらしいです。

いとこ家族も遊びに来てくれて久しぶりの再会です。・・・って子ども達、めちゃくちゃ背が伸びてるんですけど。もうビックリ。

P1050812

最後の売上げをしめ、軽トラ市本部に報告。事務作業もバッチリです。

さて、吉野ヶ里からそのまま自宅へ。

帰り道はいつもとは違う道。

フラ~ッと入ったのが那珂川町の中之島公園。

P1050813

車の中にはレジャーシートがいつも入れてあるので即席ピクニックです。

お店で食量調達してお昼ご飯。

P1050589a


川遊びをしている子どもたちがたくさんで、もう我慢の出来ない河童にいたん。

食べ終わったらすっ飛んでいきました。

P1050814


最初はズボンをまくりあげて濡れないように川に入ってましたが、車の中に着替えがあることを確認したら最後、川の中に座り込んでます。

Dsc_0078_2

もちろん、あやたんのズボンはあっという間に濡れ
P1050606a

にいたんは全身ずぶぬれで満足そうに川から上がってきました。

上も下も下着もすべてお着替えです。

P1050610a

お天気もよかったしね。風邪をひくこともありません。

・・・どんだけ水遊びが好きなんでしょう、我が家の子ども達。

ちなみに、にいたん、幼稚園のときは水に顔がつけれない子でした。

GW②のんびり休日

5月4日 金曜日~5日 土曜日

お昼頃からのんびりとばあちゃん家に移動。

お庭で5月の心地よい風をまったりと満喫です。

今年はカチガラスが怖いのか、小鳥さんたちが寄りつかず、さくらんぼの木がたわわでした。

P1050576aDsc_0063

あっという間に、この倍ぐらい収穫です。

子どもたちは夕飯が出来るまで庭でのんびり。

Dsc_0066

翌日は、近くのショッピングモールでのイベントスペースでピュアハートの演奏を聞いてきました。久しぶりのピュアハート!パパも初めてピュアハートを聞きましたよ。

Dsc_0067

今回もとっても素敵な演奏でした。ピュアハートの出番前にmiekoさんにご挨拶。県外で突然、お声をかけたので驚かせてしまいましたね。

そして、帰宅してまたお庭でまったりの子ども達。何をするわけではないのですが、土、風、草、すべてがおもちゃです。

Dsc_0073Dsc_0072

トンボさんものんびりしすぎ。(にいたんの指先にいるトンボ、わかりますか?)
Dsc_0074_2

カメラを出して構えてもまだ逃げていきません(笑)

パパも畑をずっといじってました。こんな生活がいいな、なんて思うようになったのは年のせいかな~?

何も考えず、こんな風にのんびりと過ごす休日もいいものです。




GW①城島高原へ

5月3日 木曜日

数日前からから天気予報とずっとにらめっこ。雨なのか、曇りなのか、はたまた晴れるのか・・・。

にいたんの「遊園地に行きたい」を叶えるべく、どこの遊園地にするか、GW後半中の何時行くか、やんややんやの大騒ぎ。ばあちゃん家にも泊まりに行くので、どう動くのが

で、決まった行き先が城島高原です。

朝から雨でしたが、現地の天気予報の「曇り」と現地スタッフさんのつぶやきが「現在、曇り」とあったのでとにかく行くことに決定!

雨がやまなければそのまま別府までノンストップで「うみたまご」に行けばいいか~ぐらいの気持ちで出発です。

高速を走っている間、晴れ間が出たり、またザーッと降り出したり、かと思うと霧で先が全く見えなくなったりでしたが、現地に着いたら霧雨程度。傘はなくてもいいかなというぐらい。

それよりも寒かった。傘や雨具を持って園内に入らないかわりに、防寒対策、重装備!

あやたんは膝かけやらでグルグル巻き。ママもよくわかんない恰好になっちゃいました。

お客さんは、この天気でも多いのか?この天気だから少ないのか?初めて来たのでよくわかりません。

さて、5月はママの誕生月。誕生日クーポンが大活躍!あやたんの手帳もあるので、今回はママもあやたんも乗り放題パスを買いました。

まずはパパとにいたん、お決まりのゴーカート対決からスタート。家族4人、いろんな遊具を楽しみましたよ~。あやたんも初めて乗る遊具もたくさん。
同じような遊具ですが、左はパパとにいたんの絶叫系。右はあやたんも乗れるクレージーバス。
P1050803P1050804_3

曇り空も途中、こんな真っ青な空もありました。こうなるとさすがに暑い。

P1050805_2

この炎天下、スーパー戦隊ショーを見ました。ゴーバスターズにゴーカイジャー。

一番、はしゃいでたのはパパ?宇宙刑事ギャバンも出てましたから。・・・ってママはよく知らないんですけど。

あまりの暑さに、あやたんも最後は半袖になりました。

P1050806

ショーの後、後ろに見える木製のジェットコースター、ジュピターににいたんとパパは行っちゃいました。

P1050555a

にいたん、かなり怖かったみたい。木だからかなりガタガタ言ってたんだって。それに長いしね~。

ドラえもんにも会ってきました。(写真は出口付近)

P1050566a

あやたん、しずかちゃんが気になります。

P1050808

毎週、にいたんがテレビを見ているのでドラえもんはよく知ってますからね~。
にいたん、クイズスタンプラリー、かなり真剣です。

P1050809

建物を出ると、雲行きがかなり怪しい。と思った瞬間、降り出しました。

おもちゃ王国の中に逃げ込み~。

P1050810

あやたんよりもにいたんの方がはまって遊んでます。

ちょっとビックリだったのが、あやたんが背もたれも肘置きもないこのベンチに一人でなんとか座っていたこと。まだまだ不安定ですが、ママが写真を撮るのに離れておけるぐらいは一人で頑張って座ってました。

にいたんはもっともっと遊んでいたいようでしたが、さすがに時間が時間。撤収!!

駐車場まではまた雨が上がり、車に乗ったとたん、また降り出しました。

なんだかんだと傘を一度もさすこともなく一日楽しめました!

もし晴天の休日だったら、もっともっとお客さん多かったよね。そこまで並ばずにいろんな乗り物に乗れたしね。こんな微妙な天気に来て正解だったようです。

療育手帳再判定

5月2日 水曜日

午前中の講座を受けたあと、午後からは療育手帳の再判定のため児童相談所へ。

思いっきりダブルブッキング状態のだめだめママ。本当は午後はにいたんの授業参観とPTA総会なのですが、先月、この再判定の期日のことをすっかり忘れていたママは、気づいた時点でかなり大慌てて電話。「一番早く予約が出来る日」ということで、この日・・・・。

予約を入れ直すと、かなり後になってしまうので、にいたんには「ごめんよ~」とそのまま再判定に行くことにしたのです。

再判定・・・まずは褒めてもらいました。

児相の方とママが話している間、愚図ることなく、ニコニコで待っていれたことを。

「待つ」ことは毎週、眼科で鍛えられてるかな?(笑)

実は、前回、ほとんど検査用のアイテムを使っての検査はしませんでした。問診中心。

でも今回は、少しですが検査アイテムを使っての検査もしました。(できました、と言うべき?)

ただ、惜しかったな~。「これ知ってる?」と出されたのは、飛行機。電車か車だったらなぁぁ。

最近のあやたん、車や電車は大好きです。絶対に答えたと思うのですが、飛行機だったので完全スルーしてらっしゃいました。

車と電車は身近にあるものですからね~。飛行機は興味がないというか認識がない。

結果、A2からA1へ判定変更です。・・・つまり判定上はより重度ということになります。

だからといって、ママはそのことを気にしたり、動揺する人ではないのですが、児相の方は一生懸命フォローと説明をしてくださいました。「A1になったとは言っても境界線です」って。

いやいや、大丈夫ですって、そんなに気を使っていただかなくても(笑)

人の知的発達をグラフ化すれば、3歳から5歳にかけてグググっと急激に伸びいく年齢。どうしてものんびり発達のあやたんとの差の開き方が3歳のときより広くなるのは当たり前。だから判定上は悪くなりますよね。

なによりもこのところの伸びはママや家族、先生方がよくご存知ですから。

言語の面ではものすごく伸びているのはよく分かります、と児相の方もおっしゃってました。

視力や視野の問題、麻痺の強い手足の操作性の問題、理解はしていても言語としてちゃんと成立していない点、どうしても判定を下げる要因盛りだくさんです。

ともあれ、手帳は福祉制度を利用するために必要な物!!次回の再判定の年月を忘れないようにしなくっちゃ。

ピア傾聴カウンセリング講座スタートしました

5月2日 水曜日

長年思い描いてきた年間講座がスタートしました。

カンガルーの親子を立ち上げた当初、定例会ともう一本の柱として、傾聴ボランティア、ピアカウンセリングをずっとやりたいと考えていました。

そのことは、当時の新聞記事にもしっかりと書かれています。

これまで寄付や助成金が取れる度に、単発で講座を何回か開催してきましたが、やっぱり年間通してしっかりとやっていきたいという思いがずっとありました。

そうやって数年が経ちました。そして、いよいよスタート。

詳しくはカンガルーブログをどうぞ。

久しぶりの講座に心が洗われました。

そして、やっぱり傾聴するということ、相手の気持ちを引き出す聞き方、声のかけ方…難しいですね。だけど、大事だし、泣いた後に「あ~、すっきりしたよ。」って言ってもらえると「よかったな」って思うのです。

講座の中でちょっと「話題になったのが、「共感」と「同情」。

同じ言葉をかけられても、相手が違うと受け取り方が違う、素直にその言葉を受け入れられないことがある、という話も出てきました。

そして、子どもたちが障がいを持っていたり、病気を持っていたりすることを「同情されたくない」という気持ちで他のお母さん方と接している自分がいる・・・と発言されたある受講者。みんな、「そうだね、やっぱりそんなところあるのかな」と。

ママ自身もまだまだ心の奥底にそんな気持ちが見え隠れすることがあるなぁと改めて確認した時間にもなりました。

さて、次回の講座は6月6日(水)です。

託児申し込みは各回講座1週間前までにお願いしています。

パンツさん再開

5月1日 火曜日

気温もずいぶん上がってきたので、連休中、おうちにいるときはパンツさん再開しました。

そんな話を保育所の先生にしたら、早速、保育所でも再開してくださいました。

でも、相変わらず濡れたことに気がつかないあやたん・・・。

というか、相変わらず、おしっこの量が少ないです。

足をつたって滴り落ちて気持ち悪いとか、床をぬらしてしまって見た目にもしっかり分かるとか、そんな量ではないのです。

触って濡れてるのがやっと分かるぐらい。

ずいぶん1回に飲めるお茶の量も増えてきたんだけどなぁと思ってはいたのですが、まだまだ膀胱にしっかり貯めるというところまでいっていないよう。

ちなみにあやたんのパンツ。サイズは80!身長は100cmのあやたん、つくづくスレンダーさんです。

<ご案内>5月度のカンガルーの親子

★5月2日(水)10:00~12:00<ピア傾聴カウンセリング講座>
場所:太宰府市いきいき情報センター  208号室、210号室(どちらかが託児室になります)
参加費:500円(託児別途500円)
 
年間講座がいよいよスタートです。初回の講師は宮崎由紀子さんです。
託児はすでに〆切りましたが、託児無しで受講希望の方は前日までにお申し込みください。
 
申込先:講座担当(南里)n.miki_toya.0427_1031@docomo.ne.jp
カンガルーの親子メンバー以外でも興味のある方は受講可能です。お友達でいらっしゃったらお知らせください。
 
★5月2日(水)13:00~16:30<遊びの広場>
場所:太宰府市いきいき情報センター ビガールーム 
参加費:100円
※14:00頃~子育て支援センターの先生による親子遊びの時間です。
時間内出入り自由のオープンスペース。未熟児病院仲間、療育先のお友達もご一緒にどうぞ
13時半まではビガールームで飲食可能です。(1階にスーパーがありますよ)
 
★5月10日(木) 10:00~ <作業!>
場所:筑紫野市社会福祉協議会ボランティアルーム(カミーリヤ内)
総会資料などの印刷作業を行います
 
★5月15日(火)10:00~12:00 <虹っ子広場>
場所:メイトム宗像 
参加費:300円
 
★5月17日(木)10:30~12:00 <定例会>
場所:太宰府市いきいき情報センタ 210号室 (託児は和室)
参加費:300円 
 
5月は定期総会&茶話会です。
総会のあとは、お菓子持ち寄りでおしゃべりしたいと思います。
※託児希望の方は5月10日(木)までに事務局メール n-kan-oyako@qm.moo.jp にお申込みください。
 
★5月17日(木)13:00~16:30<遊びの広場>
場所:太宰府市いきいき情報センター ビガールーム
参加費:100円
※14:00頃~子育て支援センターの先生による親子遊びの時間です。
時間内出入り自由のオープンスペース。未熟児病院仲間、療育先のお友達もご一緒にどうぞ
13時半まではビガールームで飲食可能です。(1階にスーパーがありますよ)
 
★5月19日(土)10:30~12:00<出張おしゃべりサロンin 元気のもり(北九州)>
場所:北九州市立子育てふれあい交流プラザ 多目的ホール
参加費:無料  
※今回は同プラザ主催事業として開催するので無料です。ただし、プレイゾーンで遊ぶ際には、入場料(大人200円、子ども100円)が必要です。
※看護師、保育士などの見守り託児有り
※参加予定の方、またご友人の参加予定の方がいらっしゃいましたら、事前にお知らせいただけると助かります。
 
★5月24日(木)11:00~<定例運営ミーティング> 
場所:太宰府南コミュニティセンター

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »