フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 4月29日は「子どもフェスティバル」 | トップページ | 18トミソリーの写真展 »

カンガルーのお花見

4月15日 日曜日

すっかり恒例となったカンガルーの親子の安の里公園でのお花見。

今年はホント、開催日を迷いました。何せ冬が寒かったから、4月1日の日曜日ではまだまだ寒いよねと。翌週の8日はなんと先約が入ってしまい、結局15日の開催。

春休みも終わり、新学期スタート。桜もほぼ散った後での開催となりましたが、お天気にとっても恵まれたお一日となりました。

詳しくはカンガルーブログをどうぞ。

スタッフ、9時半集合。

なんだか大量の荷物になってしまった・・・というかトランクには車椅子とハートウォーカーを乗せて行くので・・・パパの営業者と自家用車の2台で現地入りです。

子ども達、クモの子を散らしたように飛んでいっちゃいました。

あやたんはパパと・・・と思いきや、パパは他の子と遊んでるし。

まぁ、そのために段ボール箱、ガムテープ、マジックを準備したんだから、仕方ありません。そうしてほしいと頼んだのはママだし。

今年は、お花見には初めて学生ボランティアさんと医師の同行ボランティアお願いしました。受付などしている間、あやたんは学生ボタンティアのお姉さんに相手をしてもらっていました。

さて、お父さん有志とM医師で釜戸の火起こし。この大きな窯で作る豚汁は美味しいのです。

P1050388a

この日はお天気が良いのはよかったのですが、とにかく暑かった。

暑過ぎて、みんなお昼ご飯を食べるとさっさと日かげに移動。いつもならおかわりがたくさん出る豚汁もなんだか余ってしまいました。(持ち帰って我が家の夕飯にまたまた登場)

来年は大きなテントを調達したほうがいいのだろうか??なんて、真剣に悩んじゃいました。

こんなに暑いのに、パパ、あやたんの上着を着せたままだし(泣)。大慌てで脱がせました。

P1050459

お腹が満たされたにいたんはどこへやら。

気がつくと、こんなところに・・・。

P1050460

小さい子が真似するから止めて~と怒られているにいたん。(怒ってるのは、はい、ママです)しかも木の下には、全く関係のないご家族がお昼ご飯中だし。しかも、シャボン玉のセットを手に持ってるし。

ふと周囲を見渡すと、どの子も川へ。にいたんもパパの営業車から長靴を引っ張り出してきて川の中。川の中でじゃぶじゃぶと遊んじゃう子も出てきて、そのうち次から次へとすっぽんぽんで小屋に戻ってきました。

短大のお姉さんが川の中に落ちている危険物をみんなが怪我をしないように拾ってくれていました。ホント、ありがとうございました。

だというのに、にいたんはお姉さんにバシャバシャ水をかけて喜んでるし。全く、なんてヤツ。

あやたんは、茅葺屋根の小屋の中で涼んでました。・・・というか、ホントは外に連れ出して遊ばせたかった。広い原っぱでハートウォーカーにも乗せたかった。

・・・このとこだけが心残り。パパ一人でもしっかり乗せれるように教え込んどくべきだったと反省です。

子どもたちが次々と小屋に戻ってきて、自然とおやつタイム&シャボン玉遊びが始まりました。

大好きなシャボン玉が始まり、にいたんも戻ってきてくれてあやたんは大喜び。

そう、あやたんの視力の不思議。シャボン玉が飛んで行くのを見るのが好きなんです。どんな風に見えてるんでしょう??
P1050462P1050404a

楽しい時間はあっという間に終了。

P1050410a

集合写真のあと、みんなでお片付け。

P1050412a

名残惜しくて帰りたくない子ども達・・・。

帰りの車の中、学生の皆さんはかなりお疲れモード。ホント、丸一日、よく動いてくれました。大助かりです。いっぱい遊んでもらって子どもたちが一番喜んでいました。

さすがに家に帰りついたママもヘトヘトでした。

お夕飯は持ち帰った豚汁!!ちょっとしたお惣菜を足して手抜きの割にはなんだか豪華な夕飯になっちゃいました。

あやたんもそうだけど、酸素のボクも、気管切開の私も家に帰った後も熱が出なかったという知らせを受け取ってホッとひと安心。

誰ひとり怪我もなく、事故もなく、無事に一日が済んだことが何よりでした!!

« 4月29日は「子どもフェスティバル」 | トップページ | 18トミソリーの写真展 »

「Nっ子クラブカンガルーの親子」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/45027846

この記事へのトラックバック一覧です: カンガルーのお花見:

« 4月29日は「子どもフェスティバル」 | トップページ | 18トミソリーの写真展 »