フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

子どもフェスティバルでした!

4月29日 日曜日

すっかり定番になった子どもフェスティバルでの写真展。詳しくはカンガルーブログもぜひどうぞ。

さて、今年もパパ、にいたんをひきつれて朝から準備です。当然、あやたんも朝8時半の集合からお付き合いです。

今年はMくんのおじいちゃんのお手伝いもありました。ありがとうございました!

今回も朝の準備にボランティアさんをお願いしました。そのうちの一人、大学生ボランティアさんは一昨年、にいたんが社協さん主催のキャンプに参加したときの仲良しのボランティアスタッフさん。今年はもう4年生。月日が流れるのは早いなぁ、なんてこんな時のも思っちゃいます。

P1050469aP1050468a_2

今年はママ、会場をみんなにお任せしてあやたんと一緒に午前の部の人形劇を見てきました。
P1050472aP1050474a

終了後、お人形さんたちのお見送り。しっかりバイバイ・・・と掴みにいってました。

人形劇が終わった頃に、ばあちゃん登場。

またまた会場を失礼してお昼ご飯へ。

その間も、たくさんのお友達に声をかけてもらいありがとうございました。

お返事そこそこでごめんなさい。

午後。団体アピールの時間が近づいてきたので外へ。

P1050479a_2P1050482a_2

着ぐるみのある団体さんは待機の間も人気者です。あやたんもご挨拶!

でも、この着ぐるみを見て泣いちゃったお友達も。

にいたん、そのお友達の手をつないでます。

いったいだれのお兄ちゃん?!あやたん、ちょっとジェラシーです。

P1050490a

戻ってきたにいたん。もう逃がさないよ~とでも言ってる??

待機の間、ダンスクラブのダンスがあっていました。

にいたん「あれ??」なんと合唱のお友達が踊ってる!そういえば、この前の合唱の練習の時にダンスを習ってるって言ってました。そして、去年出会った小さく産まれたというお友達、今年も踊っていました。めっちゃ上手で感動です!

さて、今回の団体アピールはKファミリーにお願いしました。

本当はKパパも一緒に出てくれるはずでしたが、急な体調不良。そのパパさんの変わりと言ってなんですがにいたんも一緒に出しちゃいました。

P1050502a

兄弟児さん同士の付き合いももう4年半。会うといつも大騒ぎの子供たちです。こうやって一緒に育っていくっていいですね。

市長さんにも写真展を見ていただくことができました。

P1050504a

少しお話をさせていただくことができました。医療と福祉と教育の制度の網の目からこぼれ落ちていることがあること、もっとじっくりじっくりと語らなければ伝わらないなと改めて実感もしました。

さて、お兄ちゃん、お姉ちゃん’ズ。本当に最高です。遊んで回るのが飽きたのか写真展会場に張り付き、パンフレットを配ったり、アンケートを書いてくれるように声をかけたり、文集を手渡したり、宣伝隊として見事に活躍してくれました。しまいには「会社にするんだ」なんて言葉も飛び出してきて・・・。そのうち、親なしで写真展開催しちゃうんじゃないんだろうかって勢いでした。

そのおかげで、アンケートにいろんな声が届けられたり、いろいろなお母さん方と直接お話をしたりすることができました。

後片付けも遊びに来てくれたカンガルーの親子の仲間たちであっと言う間に終了!

ホント、みなさん、御苦労さまでした。

あやたんの「母の日」の絵

4月28日 土曜日

ショッピングモールに飾られた「母の日」の絵。

保育所から「あやたんのも出して大丈夫ですか?」と事前にお伺いをいただいていました。

どんな絵を描いたんだろうとちょっとワクワクしながら見に行きました。

Photo

あの道具を持つのが大嫌いなあやたんが、先生と楽しそうに大筆を持ってトントントンと描いたのだそうです。

漫才してるの?

4月25日 水曜日

保育所に送っていくと、先生が「今日も漫才しようね~」だって。

いったいあやたんは保育所で何をしてるんでしょう(笑)

先生に体調など朝の伝達をしていると、誰も何も言わないのにお友達があやたんの座位保持椅子をそっと持ってきてくれました。

2年の付き合いって、すごいな~と思いました。

先生も「以心伝心。子どもたちのほうがあやたんの言いたいことが本当によくわかってますよ」って。

できることなら、このまま小学校も一緒に行かせてあげたい。ますますそう思った場面でした。

大きくなったら嫌でも同じ道(学校) に進むことはできない。だったらせめて低学年のうちは一緒に過ごせたら。こう思うのは親のエゴだという人もいるかもしれないけど、この2年の姿、様子を見ていたら、やっぱりそう思ってしまうのです。

自らお友達の輪の中にずんずんと入っていく姿を見るとそう思っちゃうのです。

びっくり親子遠足

4月21日 土曜日

保育所の親子遠足です。

なんとなんと、家族全員での参加です。

昨年同様、子供会の歓迎会と重なっていたのですが、行先を聞いたにいたんは、子供会よりも遠足について行く!!!!って。

ということで、パパとにいたんはバスの後ろから自家用車で追いかけてくることに。

それにしても家族4人。運動会並みのお弁当の準備で朝から、一人でてんやわんやのママでした。この週はにいたんの学校の遠足もあったのでお弁当大量生産続きです。

遠足に行先は昨年と同じ夜須高原。大きなローラー滑り台ヤスゴンがある公園です。

P1050436a_2P1050444a_2P1050432a

いやいや、今年の遠足は、ママ、楽をさせていただきました!

階段がないこのヤスゴン。網を登り、ハシゴを上がりしていかなければいけません。

パパと加配の先生であやたんを抱っこしてあがってくださり、あやたんは昨年以上に何度も滑り台を楽しむことができました。

P1050441a

芝生に寝転がって遊んでいたら、園長先生にコチョコチョ攻撃されちゃいました。

さて、今回の遠足で一番驚いたこと。

ヤスゴンに上っている途中、ふりかえると見たことのある顔。

なんと先日、あやたんの整体で一緒になったお母さん。女性二人でお兄ちゃんを抱えて上がってきている途中でした。

もう驚いたのなんのって。

「ヤスゴン、滑り納めに来たんだよ」ってお話でした。

これ以上、体が大きくなったらもうあがることはできないという話になって(お兄ちゃんのリクエストらしく)、この日、遊びにいらっしゃっていたそうですが、今現在のお兄ちゃんを抱えて上がるだけでもかなりすごいことだなと思いました。

にいたん、家庭訪問

4月20日 金曜日

午前中は発達支援センターでの療育。

この日の出席率低~い。4人でした。

主活動はあやたんの大好きな毛布遊び。毛布をブランコにしたり、ソリにしたりして遊びます。あやたん、この手の遊びは大好きで毛布を見るなり大はしゃぎでした。

楽しい時間はあっという間に終わります。

ホントはママもお昼ご飯をゆっくり食べたかったのですが、午後からにいたんの家庭訪問。

給食が終わったらダッシュで帰宅です。

今年の担任は若い男の先生。にいたん、人生初めて男の先生が担任になりました。

この学校に赴任して2年目。先生になっていったい何年目だろう??

先生の緊張感のほうが伝わってきます。

保護者のほうが年上。おばさん相手に、先生、年間で一番嫌な時期??なんて思っちゃいました。

にいたんはリビングの反対側であやたんと遊びながらこっちの様子を探っていました。

リハビリよりリハビリ

4月19日 木曜日

保育所の連絡帳を読んでびっくりです。

「給食のカレーとフルーツヨーグルトは大好きなようで、ほとんど自分でスプーンを持ってたいらげることができましたよ!」

もう、ママ、ビックリです。

毎週、リハビリでスプーン、フォークの練習をしているのですが、ほぼ全部一人で食べちゃったなんて、ビックリです。

家では口が先に来るし・・・。

もちろん、先生の手の介助はあるとは思うのですが、すごいです。

保育所ではみんなと一緒にお買い物に行ったり、苗を植えたり、お味噌作りをしたり、ジャムを作ったり。いろんなことをやらせてもらっています。それなりに一緒に手を出してやってるらしいのですが・・・。

保育所に隠しカメラを設置したいぐらいです。

4月の定例会

4月19日 木曜日

カンガルーの親子の4月度定例会。「お下がり交換会」でした。

お友達から預かったお下がりと自宅から出て来たお下がりを抱えて駐車場に向かっていると、マンションのお友達にかなり驚かれました。

決して夜逃げではありません。

今回もたくさん集まりましたよ。

P1050446P1050449

子どもたちは同じお部屋で遊んでいます。

新しくカンガルーの親子の仲間になったお友達も来てくれました。

お母さんのドキドキ感、伝わってきましたが、思いの外、お子さんがお友達の輪の中に入って遊んでいてホッとされていたようです。

さて、あやたん用にもいろいろいただきました。

実は80のワンピースとかも!

スレンダー娘さんのタンスの中はいろいろなサイズが入っているんです。

素材、形、デザインによっては、いまだにサイズ80を着れるのです。

ワンピースは夏、チュニックとして着るんです。長ズボンはカルソンパンツ!

P1050423a

午後は引き続き遊びの広場。

みんなでお昼ご飯を食べ、子育て支援センターの先生による親子遊びなどを楽しみました

椅子をずらっと並べて先生の準備を待っています。

その様子はさながら幼稚園。(この日の年齢から未就園児さんクラス)

幼稚園のよい練習になってるかな?!

5月もみんなの元気なお顔を見れますように。

ハスキーボイス

4月18日 水曜日

夜、寝かしつけのとき突然「ふえ~ん。ふえ~ん」と哀しそうに泣き始めたあやたん。

寝ぐずりとも違う、ホントに哀しそうな泣き方。寝付くまでいつもより時間がかかりました。

その泣き方がたまらなく可愛く(って薄情な母親)思わずギュッと抱っこして一緒に寝ちゃいました。

最近、言葉の真似っ子(語尾だけですが)が上手になってきたあやたん。

にいたんの歌に合わせてすごくムキになって声を張り上げてました。

お腹から声を出すということがよく分かっていないので、喉から必至になって大声を出そうとしています。

そして、ある瞬間。あれれ??

声がかれちゃいました。

ものすご~いハスキーボイスになっちゃいました。

先生に風邪?と間違われるほどの声です。

4月の虹っ子広場

4月17日 火曜日

4月度の虹っ子広場でした。

ホント、毎月、毎月、子ども達の成長には驚かされます。

4月ということで、とっても春を感じさせる童歌、手遊び歌を楽しみました。

黄色の蝶(リボンで作ってました)に黄色のタンポポ(本物)。そして、黄色い布。

早いもので、虹っ子広場がスタートして1年。

今年はどんな成長を見せてくれるかな。

18トミソリーの写真展

4月16日 月曜日

ある方から写真展開催のお知らせをいただいていたので行ってきました。

とある18トミソリ―の会。

18トミソリ―。エドワード症候群とも言われています。

その予後は悪く、出生しても9割の赤ちゃんが1年以内に亡くなると言われています。

あやたんがNICUに入院中、18トミソリ―のお友達との出会いがありました。

お友達がそのお母さんを励ましたいのだけど、自分の子どもたちはみんな元気なのでかえってどう声をかけてあげていいのかわからないから、一緒に行ってほしいと頼まれたのがきっかけでした。

そして、その後しばらくしてその赤ちゃんは亡くなりました。

ご自宅で行われたご家族だけの葬儀にママも参列させていただきました。

Dsc_0038Dsc_0041

写真展を見て驚いたのは、成人されている方も多くいたこと。

この会が活動を開始したのは2008年。

もし、当時、この会があったとしたらそのお母さんにつなげることができたのかもしれません。

一番最初は、やっぱり同じような状況での出産、同じ病気の赤ちゃんのご家族に出会いたいですよね。というか、当時はママもそこに未来を重ね合わせよう、未来を描こうとしていましたから・・・。

カンガルーの親子にも小さく産まれたといだけでなく、あまり症例がないという病気を持って産まれたというお友達も増えてきています。

生きて欲しいから始まり、そして、NICU退院後の家庭での育児はどうしていったらいいんだろう。いろんな想いを持ったお母さん同士のネットワークになればと思います。

購入した写真集「18トミソリ―の子ども達」

写真と親御さんのコメント・・・やっぱり涙があふれてきます。

カンガルーのお花見

4月15日 日曜日

すっかり恒例となったカンガルーの親子の安の里公園でのお花見。

今年はホント、開催日を迷いました。何せ冬が寒かったから、4月1日の日曜日ではまだまだ寒いよねと。翌週の8日はなんと先約が入ってしまい、結局15日の開催。

春休みも終わり、新学期スタート。桜もほぼ散った後での開催となりましたが、お天気にとっても恵まれたお一日となりました。

詳しくはカンガルーブログをどうぞ。

スタッフ、9時半集合。

なんだか大量の荷物になってしまった・・・というかトランクには車椅子とハートウォーカーを乗せて行くので・・・パパの営業者と自家用車の2台で現地入りです。

子ども達、クモの子を散らしたように飛んでいっちゃいました。

あやたんはパパと・・・と思いきや、パパは他の子と遊んでるし。

まぁ、そのために段ボール箱、ガムテープ、マジックを準備したんだから、仕方ありません。そうしてほしいと頼んだのはママだし。

今年は、お花見には初めて学生ボランティアさんと医師の同行ボランティアお願いしました。受付などしている間、あやたんは学生ボタンティアのお姉さんに相手をしてもらっていました。

さて、お父さん有志とM医師で釜戸の火起こし。この大きな窯で作る豚汁は美味しいのです。

P1050388a

この日はお天気が良いのはよかったのですが、とにかく暑かった。

暑過ぎて、みんなお昼ご飯を食べるとさっさと日かげに移動。いつもならおかわりがたくさん出る豚汁もなんだか余ってしまいました。(持ち帰って我が家の夕飯にまたまた登場)

来年は大きなテントを調達したほうがいいのだろうか??なんて、真剣に悩んじゃいました。

こんなに暑いのに、パパ、あやたんの上着を着せたままだし(泣)。大慌てで脱がせました。

P1050459

お腹が満たされたにいたんはどこへやら。

気がつくと、こんなところに・・・。

P1050460

小さい子が真似するから止めて~と怒られているにいたん。(怒ってるのは、はい、ママです)しかも木の下には、全く関係のないご家族がお昼ご飯中だし。しかも、シャボン玉のセットを手に持ってるし。

ふと周囲を見渡すと、どの子も川へ。にいたんもパパの営業車から長靴を引っ張り出してきて川の中。川の中でじゃぶじゃぶと遊んじゃう子も出てきて、そのうち次から次へとすっぽんぽんで小屋に戻ってきました。

短大のお姉さんが川の中に落ちている危険物をみんなが怪我をしないように拾ってくれていました。ホント、ありがとうございました。

だというのに、にいたんはお姉さんにバシャバシャ水をかけて喜んでるし。全く、なんてヤツ。

あやたんは、茅葺屋根の小屋の中で涼んでました。・・・というか、ホントは外に連れ出して遊ばせたかった。広い原っぱでハートウォーカーにも乗せたかった。

・・・このとこだけが心残り。パパ一人でもしっかり乗せれるように教え込んどくべきだったと反省です。

子どもたちが次々と小屋に戻ってきて、自然とおやつタイム&シャボン玉遊びが始まりました。

大好きなシャボン玉が始まり、にいたんも戻ってきてくれてあやたんは大喜び。

そう、あやたんの視力の不思議。シャボン玉が飛んで行くのを見るのが好きなんです。どんな風に見えてるんでしょう??
P1050462P1050404a

楽しい時間はあっという間に終了。

P1050410a

集合写真のあと、みんなでお片付け。

P1050412a

名残惜しくて帰りたくない子ども達・・・。

帰りの車の中、学生の皆さんはかなりお疲れモード。ホント、丸一日、よく動いてくれました。大助かりです。いっぱい遊んでもらって子どもたちが一番喜んでいました。

さすがに家に帰りついたママもヘトヘトでした。

お夕飯は持ち帰った豚汁!!ちょっとしたお惣菜を足して手抜きの割にはなんだか豪華な夕飯になっちゃいました。

あやたんもそうだけど、酸素のボクも、気管切開の私も家に帰った後も熱が出なかったという知らせを受け取ってホッとひと安心。

誰ひとり怪我もなく、事故もなく、無事に一日が済んだことが何よりでした!!

4月29日は「子どもフェスティバル」

4月14日 土曜日

4月29日に開催される「第12回 子どもフェスティバルちくしの」の最終実行委員会でした。午前中は確認会議。そして、午後からはボランティア説明会。つまりボランティアさんの確保です。

近隣の高校生がたくさんボランティアとして集まっていました。もちろん、大学生や成人された方も。

10時のオープニングまでに写真展の準備のお手伝いをしてくれるボランティアさんを無事に確保しました!よかった~。

なにせ小さな子どもたちが多いので子連れで準備は危険です。そして、朝早いのが負担ですから、ボランティアさんの存在がとても心強いのです。

閉会後のお片付けのお手伝い、遊びに来てくれたカンガルーの親子のみなさん、よろしくお願いします。

第12回 子どもフェスティバルちくしの 

日にち 4月29日 (日) 

時間 10時~15時

場所 筑紫野市総合福祉センター カミーリヤ
Scn_0018_3Scn_0019_2
PDFのチラシ「2012.pdf」をダウンロード

カンガルーの親子の写真展は館内のロビーです。

人形劇も午前11時~(小さい子向け)と午後2時~(ちょっと大きい子向け)もありますよ。

外も館内も楽しいコーナーがいっぱいで親子で一日中楽しめます。あ

あとは当日のお天気を祈るだけ!

子ども向けのイベントなどにあまりお出かけをしたことないお友達、ぜひ、足を運んでみてくださいね。

あやたんをはじめ、カンガルーの親子の仲間たちが会場のあちこちで遊んでいると思います。

お子さんが小さく産まれたという方、カンガルーの親子って名前は知って気になってるんだけど・・・という方、みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

あやたん、ナンパされる?!

4月12日 木曜日

保育所が終わって、あやたんの整体へ行きました。

以前は足の裏をマッサージしてと催促することが多かったのですが、最近は首筋のマッサージをものすごく要求するあやたん。

それはそれは、ム気になってどこででも立ちあがろうとするので、あちこちに異常な力が入り、筋肉が緊張しているのでしょうか?

そんな話を先生にしたら、徹底的に首、そしてそれに関連した場所をずっとほぐしてくださいました。

夕方だったということもあり、隣でマッサージを受けていた先客は小学生のお兄ちゃん。

たくさんお話をしてくれました。

そして、「ねぇ、オザワ、聞きにいかない?」というお誘いを受けちゃったあやたん。

よくよくお話を聞くとこの「オザワ」とは、小澤征爾のこと。

お兄ちゃんはクラシックの大ファンなのだそうです。さらに「オペラに行こうよ」となんとも高尚なナンパでした。

「あなたも脳性麻痺?」とか「どこに住んでいるの?」とかたくさん質問されました。

あやたん、残念ながらまだしゃべれません。だから、ママがかわりにお返事です。

そのお兄ちゃんのお母さんがおっしゃってました。

「この子、しゃべりだしたの小学校に入ってからなんですよ」

あやたんも小学校に入ったらこんなにおしゃべりさんになるかな?!ちょっと期待です。

いろいろお話していると、どうも共通の知り合いがいる模様。

世間ってせまいなぁぁ。

首筋集中コースであやたんにとってはちょっと痛い1時間でしたが、お兄ちゃんのおしゃべりはとても興味をもっているようでした。

こんな現場をにいたんに見られたら・・・知らんぞぉぉ。

滑り台大好き!

4月10日 火曜日

発達支援センター通園日。

朝のお集まり。「くわがた組のみんな~」の声かけに、みんなの顔は?マーク。

自分はこのグループじゃありません的なお顔。どの子もクラスの名前になれない様子です。

さて、この日の保育は大滑り台。・・・既存の滑り台ではなく、先生方が教室の中にマットや台を駆使して作った大きな滑り台です。

一人ずつ滑り台をして、くじを引いてその項目を入れての自己紹介という設定なのですが・・・。

教室の真ん中の仕切りが外され、滑り台が登場すると、あやたんと年長児さんの男の子は、待ちきれませんとばかりに滑り台にまっしぐら。

当然、一番バッターとなってしまいました。

いやはや、なんとも積極的になったもんです。

滑り台の上にあげてもらったら、ソリ替わりの毛布の上に上がってゴロン。「さぁ、準備ができたわよ」という顔の女王様顔のあやたんです。

寝転んだ状態で頭から滑り落ちて大喜び。この手の遊びが大好きなあやたん、どんだけおてんばさんなんでしょう。

まぁ、大笑いしながら和やかな感じで自己紹介ができたので、良しとしましょう!

初めて一緒のクラスになった年中児のみんな、こんなおてんばさんをよろしくね。

今年の火曜日は超ハード。

午後から個別訓練(PTとST)をはしごして、センターからそのまま眼科病院へ視能訓練。

それでも全然平気なご様子のあやたん。う~ん、心も体もたくましく成長中です。

お部屋間違えっちゃった

4月9日 月曜日

リハビリを始めた1歳の頃から月曜日の朝一番はPTという週間リズムでずっと来ていましたが、今年度から月曜日の朝一番はSTとなりました。しかも隔週。

長年のリズムから変更になると、なんか、調子が狂っちゃいますね。

それは、ママだけではなく、あやたんも?

リハビリ室に入るとPTのマッサージのつもりだったらしく床にゴロン。

そんな感じでちょっとやる気のないSTとなってしまいました。

リハビリを終えて保育所へ。

玄関で靴を脱がせ、車椅子から下ろすと、自分でさっさと廊下を進んでいきました。

保育所でもこうやって自分で行きたいところに移動していけるようになったんだ、すごいぞ、と関心して見ていると、あれあれ??年中児さんの時の教室に入っていっちゃいました。

覚えていたのはエライのですが、んん~、残念。4月から年長児さんの廊下の一番奥の教室になったのよね。

狭い空間での視覚認知力はずいぶん上がってきましたが、広い広い空間をあやたんの視力で見て認識することはきっと難しいはず。一人で移動するときは座った状態だから視界・視線もずっと下だしね。

さぁ、またがんばって体で覚えていきましょう。

ママ的にはちょっと嬉しい「あやたんの間違えた~」の場面でした。

入所進級式

4月7日 土曜日

保育所の入所進級式でした。今年はパパも出席しました。

保育所は4月1日からすでに新年度体制ですが、入所進級式は毎年土曜日に行われるのでカレンダーの都合上、今年はこの日となりました。

ママもあえて新しい担任の先生や加配の先生のお名前も確認しないままこの日を迎えました。

年長児さんから順番に入場です。

卒園式から10日ほどしかたっていないのに、入場するその姿に、あやたんのクラスのみんなの顔が成長して、そして頼もしく見えました。保育所で一番のお兄さん、お姉さんになったという自覚がきっとそうさせるのでしょうね。

あやたんも、お友達に座位保持椅子を押してもらって入場です。

年中児さんまでは名前を呼ばれてお返事するのですが、年長児さんになると手話で「わたしの名前は●●です」と立って自分の名前を分言うことになっています。

みんなとっても立派です。

あやたんはお名前を読んでもらってちゃんと「ハイ」と大きく手を挙げることができました。

いやいや、あやたんも成長です。長い式の間も愚図ることなくとってもご機嫌でしたから。

さて、担任の先生は昨年から持ちあがりでした。加配の先生は変更です。今までの加配の先生は違うクラスの担当となったようです。

去年との一番の違い。

4月1日からすでに新しい加配の先生と過ごしているのですが、新しい先生をすでに受け入れ、仲良くなっているのです。

去年は新しい先生のことが受け入れられず、1カ月近く、前年の担当の先生の声のするほうへ行こう行こうと逃げていました。

そんな反省から保育所のほうでは、いろんな先生が積極的にあやたんに声をかけてくださったり、給食もいろんな先生が介助についてくださったりしていました。

きっとその成果の現れですね。

年長児さん色の帽子もいただき、みんな、キラキラと輝いていました。

お友達、今年もよろしくね!

先生方、お世話になります!

小学校入学まであと1年。どんな1年になるかな。

新学期

4月6日 金曜日

あやたんの発達支援センターでの療育も本格的にスタートし、いよいよ新年度開始という感じです。

この日の保育は園庭でシャボン玉遊び。お外がとっても気持ちのよいお天気で療育というよりピクニックという気分でした。

にいたんも始業式。5年生になりました。

毎年、クラス替えがあるのですが、きっとドキドキしながら登校したかな?!

でも、クラス替えのドキドキよりも、始業式のあとの異動する先生方の離任式で運営委員会としての大仕事(はじめの言葉を言う役らしく)の方にドキドキしていたようです。

1年生からずっと同じクラスの仲良し君と初めてクラスがわかれ、担任が人生初の男の先生になったようです。

さてさて、どんな1年になるでしょう!

久々の眼圧検査

4月5日 木曜日

新年度になり、リハビリ病院でのリハビリでの曜日も変わって、なんか調子が狂っちゃいます。しかも、OTの担当の先生も変わったし。

そんなリハビリを終え、あやたんは保育園。ママとにいたんはカンガルーの運営ミーティング。

春休み中なのでスタッフの子どもたちも勢ぞろい。顔なじみの子どもたちは、母たちが必死に打ち合わせをやっている最中、やりたい放題の大騒ぎで、いやいや、や大はしゃぎで仲良く遊んでいます。

新小学生5年生のにいたんとK家のお姉ちゃんを筆頭に下は3歳まで。託児の方がいなくても安心して親は話し合いができるようになりました。4年という年月は大きいですね。

この日は久しぶりにあやたんの眼科の検査があり、大切な内容をある程度決めたあと、先に失礼しました。そして、にいたん、またまた「僕はここに残る」宣言。

他のお母さんたちに「居てくれたほうが助かるよ~」なんて嬉しいことを言ってもらい、あやたんを迎えに行き病院絵へ。

さぁ、久しぶりの眼圧検査です。

最近の診察はちゃんと車椅子に座って受けれるようになりましたが、眼圧検査はそういうわけにはいきません。大人と同じ機械での測定は無理ですから、診察台の上で携帯用眼圧の検査機で行います。

考えてみれば大学病院に通っている頃は検査中、親は廊下で待たされていました。診察室から聞こえてくる泣き声。あれは、ほんとたまりませんでした。

ここに移ってからは検査室にママも当たり前に一緒に入ります。にいたんだって入ってOKです。一緒に手をつないで頑張って検査を受けています。

なんで外で待たないと行けなかったんだろう??

トノペン(眼圧を測る機械)で目をつんつんされてるところも毎回、平気で見てるママ・・・薄情なだけか?!そっか、普通は見たくないか(苦笑)

それにしても、あやたん、お姉ちゃんになりました。

嫌な検査ですが、目に涙をいっぱいためながらも泣きたいのを必死にこらえて検査を受けています。最後は泣き声にならないヒックヒック状態。

検査が終わって、いつも可愛がってくださる看護婦さんに「えらかった!!おねえちゃんになったねぇぇ!!」と思いっきりギュッと抱きしめられていました。

ともあれ検査結果は良好でした。今のところ再発の兆候もなく安堵です。

春休みの遊びの広場

4月4日 水曜日

新年度最初の「遊びの広場」。

にいたん・・・もちろん「行く!!」ということで同行です。

たくさんのちびっこたちのお世話を楽しそうにしているにいたん。

あやたんが居なくても関係ないようですね。保育士になりたいっていうのはまんざら嘘でもないのかもしれないなぁなんて思いながら見ていました。

1歳半の男の子の抱っこは「軽かった」という感想でした。

あやたんがそれぐらの年の頃は、にいたんの体も小さかったので、あやたんを軽いとは思ったことがないんでしょう。しかも、あやたん自で自分の体幹を維持できない時だったので、全体重のままずっしりと全体重がのしかかっていたしね。

この日は、にいたんにとっては初めてのお友達も数名遊びに来てくれていました。

中には歩いたりの運動面になんの問題もないけれど自閉的傾向、こだわりの強いお友達も。

でも、そんな説明も一切無し、おそらく聞いたとしても関係なしで、「もう、君ばっかり何度ももらったらダメでしょ」とたしなめながらも、決して本気で怒るでもなくブロックで何やら作っては渡し、作っては渡していました。

頭からの理論ではなくこうやって自然にコントロールしながら関わっていく、やっぱり子どもってすごいななんて思いました。

さて、あやたんのお迎えの時間。

どうするのかと思いきや、にいたんはこのまま残るって。

結局、お友達のお母さんに送ってもらって帰ってきました。

ちゃんと片付けも手伝ってきたのかな?

<お知らせ>今までお世話になった子育て支援センターの先生が春の人事異動になりました。新しい先生が親子遊びの時間を提供してくださいます。宜しくお願いいたします。

始園式

4月3日 火曜日

あやたんが通っている療育の通園施設、国の児童福祉法の改正で「児童発達支援センター」という位置づけになりました。あちこちの施設が名称変更になっているところも多いのでは?

ということで、これからは発達支援センターと呼ぶことにします。

さて、その発達支援センターも新年度がスタート。始園式でした。

同じクラスになる新しいお友達はどんなだろう?

担任の先生は誰だろう?

ワクワクです。

そして、この法律の改正のせいなのか?園全体、クラスの名称が大変更となりました。

んん~。それにしてもなぜ昆虫なんだ??

新しいクラス名「くわがた」さんには慣れるまで時間がかかりそうです。

4月度のカンガルーの親子

 

気がつけば4月・・・。今日はあやたんが通う発達支援センター(今年度から国の政策の変更で施設名が変わったところが多いのでは?)では始園式でした。

 

だというのに、カンガルーの親子の4月度の案内記事を上げるのを忘れていました。登録メンバーさんにメール配信して安心してました。ごめんなさい。

 

ということでう4月度のご案内です。

 

 

 

44日(水)13001630<遊びの広場>

 

場所:太宰府市いきいき情報センター ビガールーム

 

参加費:100円

 

1400頃~子育て支援センターの先生による親子遊びの時間です。

 

時間内出入り自由のオープンスペース。未熟児病院仲間、療育先のお友達もご一緒にどうぞ

 

13時半まではビガールームで飲食可能です。(1階にスーパーがありますよ)

 

45日(木)1030~ <運営ミーティング> 

 

場所:太宰府南コミュニティ

 

415日(日)1000受付開始 食材は11時までに<お花見 春のピクニック>

 

場所:安の里公園

 

豚汁用にカットしたお野菜を持ってきてくださいね。

 

おにぎり(主食)やお茶、防寒具はご持参ください。

 

詳細はミーティングで決定しだい改めてお知らせします。

 

417日(火)10001200 <虹っ子広場>

 

場所:メイトム宗像 和室

 

参加費:300

 

虹っ子終了後、みんなでユリックス(プール側の芝生)のお外でお弁当を食べたいと思います。
お昼から参加される方は、12:30までに メイトム宗像 受付前に集合してください。
持ってくるもの お弁当・飲み物・あればシート

 

419日(木)10301200 <定例会>

 

場所:太宰府市いきいき情報センター 209号室

 

参加費:300円

 

4月は「お下がり交換会」です。提供できる方はお下がりをお願いします。お持ち帰り用の袋も忘れずにご持参くださいね。

 

今回の託児は同室での見守りです。託児スタッフさんの手配、会場設営準備のためお子さん連れの方は事前にお知らせいただけると助かります。

 

419日(木)13001630<遊びの広場>

 

場所:太宰府市いきいき情報センター ビガールーム 参加費:100円

 

1400頃~子育て支援センターの先生による親子遊びの時間です。

 

時間内出入り自由のオープンスペース。未熟児病院仲間、療育先のお友達もご一緒にどうぞ

 

13時半まではビガールームで飲食可能です。(1階にスーパーがありますよ)

 

429日(日)10001500<写真展@筑紫野市 こどもフェスティバルちくしの>

 

場所:筑紫野市総合保健福祉センター カミーリヤ

 

親子で一日中楽しめます。詳細はチラシ完成後改めてご案内します。

 

 

 

明日は早速、遊びの広場です。

 

なんだか、にいたんも行くつもりで張り切っています。明日の分の宿題も済ませたと言ってましたから。

 

明日、みなさんに会えるのを楽しみにしています!!遊びに来てね。

 

 

 

桜満喫の休日

4月1日 日曜日

ばあちゃんの家の周りはぐるりと堀に囲まれています。年に数回、町内の川清掃のお手伝いのため土日のお泊まりです。

さて、ばあちゃんと一緒にお絵描きをしていたあやたん。

ペンを持ち続けることが大嫌いなあやたん、ばあちゃんから「上手に持ってるね」と褒められると、だんだん超いたずらっこの顔に変身~~!

自分の洋服に書き始めちゃいました。

そして制御せずにのんきに写真を撮るママ(笑)

Dsc_0021Dsc_0020_2

午前中の作業が終わったパパと一緒に春を満喫しにお散歩へ。

桜、満開です。

P1050374a_2P1050377a_2

この川、じいちゃんが子どもの頃に泳いでいたとかいう川です。

ママの大好きな散歩道です。にいたんはDSを片手にカメラ小僧になってました。

ポカポカ春の陽気、気持ちがいいですね。

泊まりにくるタイミングと桜満開のタイミング、そして晴天の3つが上手く合ってとっても嬉しい休日でした。

さぁ、4月。新年度スタートです。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »