フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 痛気持ちいい | トップページ | 「イ●~ン」と言った日 »

室内遊園地

1月8日 日曜日

3連休の真ん中。そしてにいたんの冬休みのいよいよ終盤です。

ホントは初めて出初め式を見に行ってみようかなとも思っていたのですが、前の日がなかなか寝付けず早起きができなかったあやたん。いや、ママ?

結局、出初め式に行くのはあきらめました。ばあちゃんが出店している吉野ヶ里の軽トラ市も間に合わないし・・・かといって、このままダラダラと家にいてももったいないので出かける先をあれやこれやと考えました。

お天気がいいのでいつもなら単純に何にもない公園で走り回るだけでもOKなのですが、寒いよね・・・・ということで、今までなんとなく行きそびれていた室内遊園地ファンタジーキッズリゾートに行ってきました。にいたんの年齢でもOKだということも助かります。そして、ベビーカー、車椅子でそのまま中に入れることも大助かり!

連休で人が多いだろうことは覚悟の上です。

にいたん、中に入るなりテンションマックス!!!!
P1050062_4

ふわふわの滑り台もあやたんを抱えて抱えて滑ったり、あっちに入り込み飛び跳ね、こっちへ入り込み寝転がりと、二人ともおおはしゃぎ!!

P1050060_3P1050061_3

P1050058_2にいたん、どこぉぉ??
P1050059_3ばぁ、ここだwよ~

下のスーパーでお昼ご飯を調達して戻り、しばしの休憩。

その後、あやたんはおねむモードになってしまいママのお膝でしばらくお昼寝。にいたんとパパは走らない(走れない)逃走中ごっこでにいたんの大勝利。

それにしてもこれだけ人が多いといろんな方がおりました(苦笑)

カーテンで個室に仕切られてるおむつ替えコーナーに大人一人で占拠してずっと携帯電話で話している親。

0~3歳児対象のふわふわ遊具の中に、自分の赤ちゃんをラッコ状態で抱っこしたまま寝転がり動かないお母さん。他の子が中で移動できずにみんな入口から出入り。中に入るのをためらってる子も多数。

100円を入れて乗る遊具ににいたんがあやたんを抱っこして乗ってお金を入れた途端、乗り込んできた姉弟(1歳~3歳前ぐらい)にはあっけにとられました。

しかも、あやたんの姿勢を必至に保って乗っているにいたんを押しのけ、自分が一番メインの席に座るお姉ちゃん。歩けるはいえまだまだ不安定な弟くんは乗り物の淵に立ち上がろうとして危ない。その安全を確保する我が家のパパ。そして、動いている間中、その子たちの親の姿は全くなし。でも、子ども達にはどこにいるのか分かっていて乗り物が止まったらまた動かせと親のほうに向かってアピール。もうオイオイって感じです。

さすがにこれには小さな子ども達には寛容なにいたんもブチ切れで、それ以降「テンションが下がったもん」と家に帰ってもず~っと不機嫌。あやたん、とんだとばっちりでした。

ママの常識は常識じゃないのかな?と思ったりもしました。(珍しく愚痴りまくりです)

でも、反面、体の大きなあやたんを0~3歳児のコーナーに入れるママは、パッと見れば非常識ですもんね~。(2歳の子に蹴飛ばされそうでもね)一瞬で相手の状況を理解するのは難しいです。

ともあれここは、遊具は安全だし、勝手に外に出て行くこともない、何かあればスタッフさんが子どもを確保してくれるという安全な場所だから、子どもの動きにそんな必死に監視しなくても自由に遊ばせていい素敵な場所ということなのです。

もしかしたら、あやたんが生まれる前の小さなにいたんを連れてきていたら何も気にならない出来事なのかもしれません。

まぁ、そんなこともあったりでしたが楽しかったのは事実。

でも、あやたんを好きなように座って自由に移動させるのは危険な状態。休日でたくさんの子どもたちが走り回ってましたから。こういうときの子どもって嬉しくって嬉しくって周りは良く見えてないもの。下に座っているあやたんは蹴飛ばされそうな勢いでした。遊具はふわふわで安全なんですけどね。

ということで、車椅子で移動してはおりるの繰り返しで自由に動けず、少々、不満気なあやたんでした。

次回は、人が少なそうな平日を狙って来てみようかなと思います。

« 痛気持ちいい | トップページ | 「イ●~ン」と言った日 »

ある日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/43699893

この記事へのトラックバック一覧です: 室内遊園地:

« 痛気持ちいい | トップページ | 「イ●~ン」と言った日 »