フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« ご案内>12月度のカンガルーの親子 | トップページ | チャリティー講演会 »

にいたんの授業参観

12月3日  土曜日

にいたんの学校の参観&バザー。

あやたんは保育所。そして学校に行ってきました。


授業参観の内容は先日の八女市の社会科見学で学んだこと、調べたことを班ごとにまとめて発表するというもの。

いつもの平日の参観と違いお父さん方が多数来ているせいか、いつになく緊張気味の生徒たち。
クイズも飛び出し、その解答をお父さん、お母さんに求めるなんて一幕もありました。パパも餌食に~。

さて、廊下には「自由にご覧ください」と授業で作ったという職業リーフレットが置いてありました。

一人一冊。自分がなりたい職業についてまとめ、何故、その職業に就きたいのかが書かれていました。

子供たちは廊下に置いてあることを知らなかったようですが…。


ちなみににいたんは「保育士」
二年ぐらい前からそんなことを言っていましたが、まだしっかりそう思っているようです。
書かれていた文章もなんだかとてもしっかりしていて、正直驚きました。
いつの間にかそんな大人びた考えを持ち、その考えを文章にして表すようになったんだな、と。

なりたいという思いは親が思っている以上に強いんだな~と感じました。

ん~、ピアノを習わせないといけない?

もちろん、年齢を重ねていくうちに保育士なのか別の職業を選ぶかは変化していくのでしょうが、原点となる思いはきっと共通しているのかもしれませんね。

にいたん、将来、どんな職業に就くんだろう。

参観後はPTAの講演会でした。今年は東北にボランティアに行かれた市内の中学校の先生のお話しでした。

20110614k0000e040045000p_size5


これは、当時11歳の女の子が避難所の段ボールに書いたです。

「まえとはちがうが 必ずいいものが 帰ってくるだろう」と希望の詩です。

毎日新聞の記事を通して説明がありました。

改めて人の強さ、あきらめない気持ちの大切さ、未来を信じることの大切さを感じます。

« ご案内>12月度のカンガルーの親子 | トップページ | チャリティー講演会 »

兄弟」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/43321946

この記事へのトラックバック一覧です: にいたんの授業参観:

« ご案内>12月度のカンガルーの親子 | トップページ | チャリティー講演会 »