フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 困ったコンタクトレンズ | トップページ | にいたん、ドキドキの一人旅 »

保育所での応急処置講習会

11月11日 金曜日

夕方、保育所での乳幼児家庭学級。

今年度、あやたんのクラスの保護者がこの講座の企画・運営をする担当です。教室に入ると今日の司会をするお母さんから「調子悪すぎる・・・司会変わってぇぇ」と急きょバトンタッチ。

さて、今回は消防署の救命救急士による「応急処置講習会」。夕方の1時間ちょっとという短い時間での駆け足講習会です。

最初に乳幼児の死亡原因はなんでしょう?という質問から。

そうです、不慮の事故です。

窒息や溺水などかなりの事故は家庭の中で起きているという事実。

交通事故も自宅から100メートル以内で起きていることが多いそうです。

シートベルトの着用もすごく力をこめてお話されていました。シートベルトさえしていれば命は助かったはず・・・という、いまだにだに忘れることができない辛く悲しい現場があるそうです。

窒息、誤飲、誤嚥、やけど、転落、溺水、中毒(たばこや薬の飲み込み)・・・家の中にいても起きる可能性が誰にでもある事故の数々。

灯油を飲んだ子・・・子どもって何をするか予測がつかない。大人の常識が通用しない。

4階から転落して血だらけの孫を自家用車で病院に連れてきた・・・パニックになると救急車を要請ということすら分からなくなる

他にもご自分が出動した事例をたくさん挙げながらお話してくださいました。

そういったお話のあとに、乳児と小児の心肺蘇生法、やけどのとき、出血や鼻血をしているときの処置などを教えていただきました。

にいたんもとんでもなく高いところから落ちたりと予測不能の行動をこれまでもやってくれましたからね・・・。いつ何があってもおかしなく。おびえていても仕方ないので、常に肝に銘じつつ楽しく育児をやっていくしかないですね。

« 困ったコンタクトレンズ | トップページ | にいたん、ドキドキの一人旅 »

保育所・学校生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/42976765

この記事へのトラックバック一覧です: 保育所での応急処置講習会:

« 困ったコンタクトレンズ | トップページ | にいたん、ドキドキの一人旅 »