フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 保護者学習会「子どもの健康管理について」 | トップページ | 困ったコンタクトレンズ »

車椅子修理

11月10日 木曜日

夕方、車椅子の業者さんに会うためにリハビリ病院へ。


先月の運動会で、車椅子のタイヤと泥避けの間に手をつっこみ抜けなくなってしまった事件が発生。大怪我こそせずにすみましたが、これではいつ怪我をしてもおかしくありません。

そこで、どうにかならないかと…いうことで。


業者さんといろいろ話してみましたが、ママのアイデアでは問題解決にならないようです。

業者さんからの提案は、

*泥よけを取ってしまう
*タイヤを半分ほどおおってしまう。ただしハンドリームは外さなければいけない

の二つ。


泥よけをとってしまうと服が汚れるようになるけど、それよりも何よりも間違いなく動くタイヤを触るのが楽しくてずっと触っていることが想像できます。

現に今でも触ってるし、今回もきっとそれが原因で巻き込んでいるはず。

泥よけを取り外したところで、挟み込みは避けれても、動くタイヤの摩擦で手ががこすれて怪我することは簡単に予想できます。

…ん~。却下。


手が入らないようにタイヤをおおってしまうには、車椅子を動かすためのハンドリームを取ってしまわなければならず自操はできなくなる、という説明でしたが、現状、遊びでこぐことはあっても、ちゃんと操作してどこかに行くという感じではないので、こちらの案を採用することにしました。見た目が不格好になる可能性が大ですが、大怪我をするよりいいです。

ただし、後からハンドリームを付けることができるようにすることを条件に・・・。自操の夢は捨てれませんからね。

修理に向けて話が決まったので、リハビリ病院の倉庫から先生が代車にバギーを引っ張り出してきてくださいました。しばらく代車生活です。

さっさと市役所に修理申請をして許可がおりたら修理・・・・いや、改造です。

« 保護者学習会「子どもの健康管理について」 | トップページ | 困ったコンタクトレンズ »

リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/42976616

この記事へのトラックバック一覧です: 車椅子修理:

« 保護者学習会「子どもの健康管理について」 | トップページ | 困ったコンタクトレンズ »