フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« いも掘り | トップページ | 整体でのお話 »

やっぱりコンタクトいるよね・・・

10月11日 火曜日

園からそのまま視能訓練のため眼科へ。

「また失くしました・・・それも、また左」

と、先生の顔を見るなり愚痴るママ。

訓練の先生もなんと言っていいのやらって表情。「前回失くした後のフィッテングではサイズ等は問題なしってドクターに言われたんよね」って。

先生も半ば真顔で「やっぱり5歳で眼内レンズは無理かな」って。

ママも可能ならそうしたいって思います。

でもね、体はまだまだ大きくなるわけだから成長の度にレンズを入れ替える手術をするリスクはかなりのもの。網膜症の再発が今後絶対にないとも言いきれないし。

「それともソフトレンズと眼鏡のダブルでいくか?」と先生。

あやたんの必要な度数をソフトレンズ作ることはできません。ましてや帽子をかぶることすら大嫌いなあやたんが眼鏡をかけてくれるとは思えません。

最近は裸眼でもいろんなことに気がついているし、TACボード(白黒縞々の視力検査の道具)での視力検査でも値がそこまで変わらないからこのまま裸眼のままでもいいんじゃないだろうかって、最近ちょっと思っているママ。思っているというか、思いたい。コンタクト基金も底をつきつつあるし。

訓練の先生も「お金・・・そうだよね・・・」って同情。

そんなこんなと訓練中に先生とママとでぼやきながら、その後、ドクターの診察。

ドクターからは「でも、頑張ってコンタクトしてね」って一蹴でした。

そうだよね。

コンタクトレンズがないということは見える世界がぼや~っとしているということだと言われました。

そのぼや~っとした世界が当たり前だと慣らしてしまうことは、これからまだ伸びるであろう見る力を育ててあげることができないからって。

頭では分かってはいるんですが、こうやってズバッと言われてしまうと・・・。お財布のことはどうにかするしかないって腹をくくるしかないのかな。

最近、認知面でいろいろな気づきが伸びてきているから、そういう意味でもやっぱり背に腹はかえられない。

と言いつつ、今回はコンタクトの注文をしてこなかったママでした(苦笑)。

せめて年1回の弱視治療めがね・コンタクトレンズの助成が年に数回可能だと助かるんですけどね・・・。厚生労働省のお役人さん、そのあたりどうにかならないですか??(かなり真剣)

« いも掘り | トップページ | 整体でのお話 »

未熟児網膜症」カテゴリの記事

コメント

★田ばばさま
あやたんのバースデープレゼントでお願いします

カンパ箱を回してください。協力しますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/42496880

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりコンタクトいるよね・・・:

« いも掘り | トップページ | 整体でのお話 »