フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

新しい装具

10月31日 月曜日

あやたんの短下肢装具の2号さんが先週末にやっとできあがりました。

金具の部分が当たるようでPTの間に手直ししてもらったのでお散歩は無し。装具無しメニューになりちょっと不満そうなあやたん。

それにしても大きくなったな~

P1020479_3


昨年の春からはき始めた装具と比べると、靴の高さ・・・つまりひざ下の長さも足の大きさもすべてがひとまわり、ふたまわり大きくなりました。

OTのあとのSTではそのまま不機嫌モードで・・・先生、ごめんなさい。

<ご案内>11月のカンガルーの親子

11月のご案内です。

★<遊びの広場>

日時:11月2日(水)13:00~16:30

場所:太宰府市いきいき情報センター ビガールーム

参加費:100円

時間内出入り自由のオープンスペース。カンガルーのお友達でなくても大丈夫です。未熟児病院仲間、療育先のお友達もご一緒にどうぞ

★<写真展@福岡徳洲会病院「ほほえみ祭」>

日時:11月3日(木)10:00~16:00   

場所:徳洲会病院第2駐車場  

模擬店やバザーもありますよ~。遊びに来てくださいね。あっ、お手伝いもぜひ(^^) 

★<運営ミーティング> 

日時:11月4日(金)11:00~ 

★<出張おしゃべりサロンIN柳川 

日時:11月12日(土)10:00~12:00

場所:柳川総合保健福祉センター「水の郷」 2階 和室 

参加費:300円 

県南にお知り合いの方がいらっしゃったらぜひご案内をお願いいたします。

★<虹っ子広場>

日時:11月15日(火)10:00~12:00 

場所:メイトム宗像 和室   

参加費:300円

★<定例会>

日時:11月17日(木)10:30~12:00 

場所:太宰府市いきいき情報センター210号室 託児は和室

参加費:300円

11月はピアフリートークです。

託児を希望される方は11月9日(水)までにn-kan-oyako@qm.moo.jpにご連絡ください。

尚、この日は、1階のスーパーが「7」の日の特売日。駐車場が混雑する可能性大です。ご注意ください。

★<遊びの広場>  

日時:11月17日(木)13:00~16:30  

場所:太宰府市いきいき情報センター ビガールーム 

参加費:100円

時間内出入り自由のオープンスペース。カンガルーのお友達でなくても大丈夫です。未熟児病院仲間、療育先のお友達もご一緒にどうぞ

★<写真展@中川信子先生講演会>  

日時:11月26日(土) 10:00~15:30(予定)

場所:柳川市 三橋公民館

先日お知らせした中川先生の講演会の時間中、館内で写真パネルを展示することになりました。

カンガルーの親子のメンバーさんへ

☆☆12月11日(日)のクリスマス会の出欠予定のご連絡をお願いいたします☆☆ 返信を11月17日までにn-kan-oyako@qm.moo.jp 件名「クリスマス会 氏名」でお願いします。 クリスマス会詳細は会員用掲示板をご覧ください。

風邪などひかず、みんなの元気な顔にお会いできることを楽しみにしています。

ご寄付ありがとうございます

10月29日 土曜日

今年も古賀文敏ウイメンズクリニックの古賀院長先生から寄付金をいただきました。

先生との出会いは昨年、ある新聞記事をご覧になって応援をしたいとご連絡をいただきたのが始まりです。その後もいろいろとメールなどやり取りをさせていただいています。

不妊治療の分野でいろいろなご家族を応援されている先生です。自然妊娠でも、不妊治療による妊娠でも、早産などはやはり起こるものです。当然、先生のクリニックで無事に妊娠できた方の中にも早産などで小さな赤ちゃんを産んでしまうお母さんもいらっしゃいます。

分娩の扱いのない病院なので、先生はそのことをずっと気にかけていらっしゃったようです。

カンガルーの親子のメンバーで実は先生のお世話になったという方が意外にいらっしゃることもわかり・・・。会のことを早産をされた患者さんにご紹介くださったりも。

昨年に引き続き、今年もたくさんの額で嬉しいやら恐縮するやらです。

資金計画が立たないといろいろと申請作業など大変でしょう、と・・・。

はい、確かに助成金の申請書を書いたり、事業報告書を書くという作業はとても大変なものだし、資金繰りのめどがつかなければ次の年はどのように活動を展開していこうかと毎年毎年綱渡りになります。

カンガルーの親子の活動に対して「協力資金を捻出できるよう、日々の仕事を頑張っていきたい。これが私のモチベーションです」とおっしゃってくださった先生。

先生の患者さん方に対する想いに触れた瞬間でした。これで安心して活動を展開していくことができます。

本当にありがとうございました。

陣取り合戦

10月26日 木曜日

お風呂上がりの一コマ

先にお風呂から出てゲームをしていたにいたん。

そこへ、あやたん

P1020470P1020469

にいたんが座っていた座布団に「わたしがすわるの~」と侵入中。

座布団はほかにもあるのだから、わざわざそこに行かなくてもと思うのですが、二人ともその場所の座布団が好きなよう。

「にいに」と今まで以上にはっきりと発声できたあやたん。

もうその声にメロメロのにいたん。

兄妹ラブラブです。陣取り合戦、最後はにいたんの膝の上で一緒にテレビ見てました。

RSウイルスにはお気をつけあれ

10月27日 木曜日

10月27日付けの西日本新聞

P1020472

先日、記者さんとおしゃべりしていたことが記事になりました。

「RSウイルス症状とは?」という生活面の記事です。

本来、冬の感染症なのですが今年は7月からすでに目立ち始めているのだそうです。

このRSウイルス感染症、早産児、低出生体重児にとっては非常に怖いもの。退院時、必ずといっていいほど説明を受ける感染症で、NICU退院しての初めての冬の間、毎月1回シナジスという注射を打ちます。(接種するためには、その時の生後何カ月で、生まれ在胎何週だったかなどの基準がいろいろありますが)

もちろん、あやたんも最初の冬は秋から春先まで毎月注射をしました。これが太ももにするからホント可哀そうで。

一般的に2歳まにはほぼ100%感染しているという感染症です。見た目は、本当に普通の風邪です。

大人の場合、見た目が撮っても普通の風邪なので、インフルエンザだと当たり前に会社を休むけど、RSウイルスの場合は休むことがないというデータもあるようです。(というか、きっとRSだと気づいていない)

ところが、生後半年以内の赤ちゃんや何かしらのリスクを持っている子にとってはあっという間に肺炎など重症化してしまうやっかいな感染症なのです。

実はあやたん、去年の10月にこのRSウイルスで肺炎になり入院しました

4歳の誕生日を翌月に迎えると言う年齢でです。カンガルーのお友達ももっと大変だったようです。

あやたんも、お友達も普通ならもう重症化することはないだろうと言われている年齢にも関わらずの重症化・入院でした。

世の中、新型インフルエンザでかなり咳エチケットなど意識が高まってきていますが、こんな感染症もあるということをぜひ、知って欲しいと思います。

RSウイルスも咳やくしゃみなど飛沫感染。手洗い・うがいが一番の予防策です。

ところで、今年はインフルエンザの予防注射、いつ、打ちに行こうかな。

去年、インフルエンザの予防注射を打ったあとに熱を出して、RSになったので・・・。絶対、病院でもらったよなぁと、ちょっとナーバスになってます。

ともあれ、風邪の季節。この寒暖の差で体調を崩しているお友達もいます。

しっかり食べて、しっかり遊ぶ、しっかり寝る。体力をつけることが今のあやたんには大事そうですね。

陽だまりでオフモード

10月26日 水曜日

久しぶりの小学校での読み聞かせ。

今回は2年生でした。これまた久しぶりの低学年です。

今回は「ラングリーの耳」と「おこってるんだからね」をチョイスしてみました。

その後、読み書かせボランティアの打ち合わせのあとは、あやたんのお迎えまで珍しく予定が空いている一日。

あれも、これもと頭の中にはたまった家事をこなす予定表。

ところがどっこい、買い物を済ませて帰ったら、ポカポカととてもいい気持で・・・うたた寝。

結局、な~んにはかどらなかった一日でした。

ま、それでもいいか。

作るより食べたいスイートポテト

10月25日 火曜日

この日の通園施設での保育は、この前、掘ったお芋でのスイートポテト作りです。

蒸したお芋をつぶしたあと、ビニール袋にお芋と「適当に!」という砂糖、バター、生クリームを入れてひたすらもむというお手軽スイートポテトです。

案の定、スモックを着たあやたんは、「今日は何の作業をさせる気?!」と涙目でお怒りモード爆発です。

粘土製作とでも思ったのでしょうか??

P1020465

大粒の涙。あんまりでしょ・・・まるでママがいじめてるみたいじゃないですか。

ボールに一部お芋を残して、しばし、先生と交代。

P1020466


P1020467P1020468


食べれることに気がついたあやたんは、そこからひたすらお味見係。

ボールの蒸したお芋をほぼ完食です。

この後、給食を食べている間にスイートポテトが焼きあがり、デザートとして登場。

もちろん、完食です。

ん~。食欲の秋。

通園施設の運動会



10月23日
日曜日

前の日に変な時間にお昼寝してしまったあやたん。心配しましたが、いつもの通りに寝て、いつもの通りに起きてくれました。ホッ。

さあ、あやたんが通う肢体不自由児通園施設の運動会です。

P1020464


ママも早起きしてお弁当頑張りました。(自分で褒めとこ)
ばあちゃんも佐賀から駆け付けてくれました。
パパは去年は仕事でどうしても来れなかったので、今年初めての運動会です。
もちろん、にいたんも。仲良し兄ちゃんズでさっさと好き勝手にどこかへいっちゃいましたけど…。


開会式前にハプニング発生。ママが先生と道具の打ち合わせをしている間の一瞬の出来事。あやたん、車椅子の泥よけとタイヤの間に手を挟んでしまって身動き取れず…。テンション急降下です。


保冷剤をつけてもらって入場の準備。なんとかご機嫌戻ったかな?


入場行進、そして準備体操。

「今日は体操のお兄さんが来ていますよ~」のアナウンス。…???…

登場したのはサンバイザーをかぶったPT、OTの両先生。
テンション高すぎっっ。
201110231

あやたんが大好きな「あっちこっちマーチ」のダンス。
あやたんは布そりに乗ってものすごく楽しそう。
201110233

かけっこ。あやたん、ハートウォーカーで無事に駆け抜けました。去年と比べると断然、走ってます。ひとつひとつに成長を感じます。

201110232

お友達の走る姿にももう感動です。今年は全く動けないお友達のバギーに前の日に完成したというある物を引っ張るとバギーが動くという秘密兵器が付けられていて・・・。先生方が必死に子ども達の出来る能力を最大限使う努力をしてくださる姿勢が伝わってきます。

親子競技の毛布ソリはパパと兄ちゃんの出番。

P1020461P1020462

そして、思いっきりコケけるパパ。
「あれは絶対にワザとだな」とばあちゃんと大笑いです。

他にも、保護者兄弟児の玉入れ、先生方の大縄飛び、親子ダンスなど盛りだくさん。

毎年、本当にたくさん笑わせていただき、そしてやっぱり泣いてしまった運動会。

先生方の熱い熱い思いが伝わってきます。

P1020463


来年はどんな姿を見せてくれるかな~。

こども祭

10月22日 土曜日

心配していた雨もあがり、予定通り、あやたんも「こども祭」に参加してきました。

「雨天でも決行!」と言われてたから、ホント、やきもきしてました。

こども祭は毎年近くの児童センターで行われるものです。
あやたんの通っている保育所の年中長児さん、校区の小学校児童会、中学校生徒会、その他の団体が舞台に立ち、たくさんのバザーのテントが並びます。

にいたんは、時間前から一人で家を飛び出して行き、会場のどこにいるのやら?状態。

去年は客席から応援組だったあやたんも、年中児さんになった今年は舞台に立ちます!

「ポンポンが嫌いだ~」と練習の時から先生を困らせていた模様(苦笑)

本番は先生が車椅子の後ろからポンポンを振ってました~。

にいたんも本番前にはちゃんと現れて、あやたんに声援を送ってました。パパはママ軍団から離れて応援。

20111022
20111022_4


お友達、みんなノリノリで踊っています!!楽しそう。


バザーで甘~いものを食べて早めに帰宅。

だって次の日は園の運動会ですからね。


ママがお買い物に行っている間、パパとお昼寝。

5時過ぎまで寝てしまって…さてさて大丈夫?

10月度カンガルーの親子の定例会

10月20日 木曜日

10月度のカンガルーの親子の定例会
今月の講師は看護師さんであり、ケア・カウンセリング協会のY先生。
ママが受けているカウンセリング講座の先生でもあります。

小児病棟での看護師長経験も長く、二児の働く母。
講師の先生というより、大先輩母としてのご自身の経験を踏まえたお話しをしてくださいました。

喘息・アトピーで大変だったお一人目・・・

自閉症児のお二人目・・・

それぞれ大変な育児と仕事との両立、さらに二人目のお子さんに関する親の会の会長さんをした時期もあったりで、今までどうやって両立してこられてたんだろうってずっと謎だったママでした。

そんな育児の経験をお子さんの幼少の頃から、そしてそれぞれ大学生、高校生となった現在までのお話をしてくださいました。それでいて、医療の現場の専門家でもいらっしゃるので説得力があります。

「なるほど!」や「ビックリ!」の日常のお話がたくさんで、謎が解けました。個人的なお話が多々なので詳細は記しませんが…。

「妄想する」って大事。

目標は遠くを見るより、3年先の近い将来で設定したほうが良い。でも、妄想もとっても大事で、想い続ければ夢になり、夢を描き続ければ現実になる。

「たくさんの人とつながる」って大事

こうやって何かしらの会に集うこと、誰かとつながることは大切。まずはそこがほっと安心出来る場所であることが大事で、同時にいろんな悩みを解決するヒントがある。いろんな所でいろんな人と出会うことは大切。子どもに関する悩みは何歳になってもつきないもの。その時、その時の悩みが出てくる。先生ご自身も去年とっても悩んでいたことがあったけど、今年出会った人と話したこととで「そっか、そういう解決法、考え方があるんだ!」と今はすっかり気が軽くなっているのだそうです。

「ママの自分の時間をつくる」って大事

あるお母さんが先生に質問していました。「もうこれ以上、私はダメ~って言う時ってどうしていたんですか?」って。「ん~、飲みに行ってたなぁ」と先生。旦那さんや県外に住むおじいちゃん、おばあちゃんの協力を取り付け仕事と育児、家事を切り盛りしていたそうです。時には「病院の会合」と言って飲みにいったことも(もちろん、本当に仕事の時も)。そうやって自分の中に抱え込まないように発散するための嘘は「人にやさしくなれるためのもの」って。この会の中で子育てとか、そういうキーワードとか全く関係のないこともやって欲しいなぁと先生の提案もありました。

他のもたくさん、いろいろなキーワードがありました。参加者のみなさんはどんな言葉心に残っていますか?

定例会の最中、ママは後ろでこどもたちの手をしていたのですが、
先生からのメッセージに参加者のお母さんたちの共感のうなずきがたくさんあったのが印象的でした。

楽しそうにそのときのことを話していらっしゃいましたが、実際には怒涛の毎日だったはずです。でも・・・それでも・・・「毎日を楽しむ!」姿勢で今まで来られた様子がすごく伝わってきて、今、毎日の育児、子供の発達のために心を砕き、奔走している参加者のお母さん方の心に染みていったようです。


もちろん、ママの心にも。
…で、先生とママって似てるな~なんて申し訳ないことも感じちゃいました。先生~、ごめんなさ~い。

先生に会いたい方は第2土曜日に太宰府市でのカウンセリング講座で会えますよ。

午後は引き続き「遊びの広場」。

みなさん、準備・片づけのお手伝いありがとうございました。元気の源を満タンにできましたか?

のんびり天神

10月19日 水曜日

ママはやっぱり予定を入れてしまうのが好きみたい(苦笑)

顔見知りの新聞記者さんの「時間ある~?」のお誘いに久しぶりの天神へ。

これと行った用事もなく天神へ出かけるのはとても良いリフレッシュです。

・・・たまにはおしゃれでもして~なんて気合いを入れようと思いつつ、タンスの中を眺めた結果、完全にいつものダラダラの服です(苦笑)

あ、記者さんって言っても女性ですよ、女性。

あやたんを産む前の仕事で知り合ったお母さん記者。ママ、これでも一応、企業の広報担当をしていたので・・・。

天神はママが仕事で毎日通っていた場所です。最近ではすっかり遠い遠い場所になってしまいました。

約束の時間までにあっちのビルの中をウロウロ、こっちのビルの中をウロウロとウインドウショッピング。

この数年の街の中の変化についていけてませんね。

というか、年齢がついていけなくなっているのかも(苦笑)

いやいや、欲しい!と心踊る商品はたくさんありましたよ。ちゃんと。

さて、時間になったので、約束の場所へ。

記者さんと懐かしいビルの中でお茶をしながらダラダラと・・・といってもお互い会うからにはちゃんとした目的はあるのですが、たわいのない話であっという間に時間が過ぎていきました。

もしかしたら、新しい方との出会い、新たなネットワークがこのおしゃべりの中から生まれそうな予感です。

帰り道、本屋さんで物色。天神の本屋さん事情もずいぶん変わりました。

広い広い本屋さんを全フロア、ぼ~っと歩いて回りました。

仕事をしている時も、よくこうやって本(専門書)探しをしていたものです。

買いたい本はたくさんありましたが、結局、買ったのは絵本・児童書。

ハハハ、自分の物ではなかった・・・。

今度は軍資金をたっぷりもって自分磨きのアイテムでも買いにきたいものです。

いえいえ、こんな時間の使い方が贅沢でいいんですよね。

10月の虹っ子広場へ

10月18日 火曜日

今月はみそら君とみそらママさんと一緒に虹っ子広場の会場まで行ってきました。

111018_105839


ひと月ごとに子ども達の成長が手に取るようにわかり、嬉しいし楽しいですね。

完全におばあちゃん心理です(苦笑)

この日、突然、支えなしでお座りが出来たお友達もいて、お母さん自身がすっごく驚かれていました。

同じ学年になる1歳ちょっと男の子と女の子、毎月顔を合わせてお互いだんだん顔を覚えてきたのか、手を出してはちょっかいを出しあっているのでとても微笑ましたかったですよ。

こうやって社会性を育む大切な場でもあることが分かります。

他にも虹っ子広場に初めて遊びに来たカンガルーのお友達Y君とお母さん。みなさん、完全にあのねさんのわらべ歌のとりこになったようです。ほっこりといいんですよね~。

後半はお母さんたちのおしゃべりタイム。話題はやっぱりこれから冬に向かうということで「風邪」。特にRSウイルス、シナジスの話題に・・・。

慢性肺疾患で在宅酸素を卒業して初めての冬を迎えるお友達、成長ホルモンの指摘をされたばかりのお友達、それぞれ、この日は経験者先輩ママとじっくりとお話をすることができてよかったです。

ひつじさん メェ~、やぎさん メェ~、 きつねさんは・・・

10月17日  月曜日

近頃のあやたん、音の模倣が始まりました。

やっと、やっとです…!!
同級生のお友達、年下のお友達がどんどん言葉を発するようになってきていて、正直、落ち込み気味のママでした。

夏あたりから、発する声の音量が上がり、テレビを見ながらすごい声で笑ったり、おしゃべりするような声を出し始めたり・・・。だから、焦るな、慌てるな、あやたんはあやたんだって自分に言い聞かせていました。

そして、10月に入り、模倣をしているような感じが出始め、つい最近になって聞こえた音を真似して出すようになってきました。長い音節はまだ無理で、一番最後の音だけ…ということが多いですが。

月初の保育所の運動会で、大音量にそこまでビックリすることなく過ごせたことをSTの先生とお話していたのですが、このところのそんな音や声に関する変化と合わせて考えると、音を分化して聞くことができるようになってきたのかもと。

大人は世の中に溢れているいろんな音の中から、今の自分に必要な音を選んで聞くことができる。でも赤ちゃんはまだ自分に必要な情報かどうか聞き分けることができないのですべての音を聞いてると以前あるセラピストの方から聞いたことがあります。

あやたん、だんだんと世の中の音のそれぞれの意味が分かり、区別して聞くことができるようになってきたのかな・・・。だからこそ物音に対してビックリすることが減り、聞いた音と同じような音を発することができるようになってきた・・・そう考えるととっても納得ができます。

この週末のこと。

一緒に見ていたDVDのひつじの「メェメェ」の声に大ウケしていたので、「ひつじさん・・」と声をかけたら「メェ~」をマスター!!

早速、その話を保育所の先生に伝えました。

するとお迎えに行った時、「メリーさんのひつじを一緒に歌ってノリノリでしたよ。やぎさんもメェ~ってバージョンアップしましたよ」って先生から嬉しい報告。


「それでね・・・」と先生の言葉が続きました。

・・・給食室に「今日の給食はなんだろう」って遊びに行ったとき、給食の先生から「今日はキツネうどん」と教えてもらったら、あやたんが、「メェ~」だって・・・

先生方はお腹を抱えて大笑いだったとか。

そんな話をしていたら、あやたんは横で一生懸命に首を横に振っていました。

たしかに、ひつじさんも、やぎさんも、きつねさんも、動物でした!

あやたんもお歌の練習

10月16日 日曜日


午前中、にいたんの合唱の練習。
もちろん、あやたんも一緒です。

だいたいほかの保護者さんは一旦お家に帰られるのですが、ママとあやたんはどっかりと座り込んで見学です。


あやたんの大事な大事な社会見学のお時間ですからね。

大好きな音楽が流れてくるのでとっても楽しい時間です。特に発声練習はあやたんの笑いのツボです。

練習の途中、七五三のプレゼント曲を子ども達の投票で決めていました。
CDから候補曲が次々。
七五三なので当然小さな子が知っている曲。あやたんも耳馴染みのある曲ばかり。


あやたん、嬉しくって大はしゃぎです。

練習してるお兄ちゃん、お姉ちゃんの列に向かってどんどん突進。


最近、テレビやにいたんが歌うのにあわせて歌うあやたん。
ちゃ~んとにいたんとハモって、なかなか見事です。一緒に歌いたい曲調にも好みがあるみたいです。

ママは音痴なので、お歌の時間はにいたんにお任せです。


午後からの地引き網でお世話になったクリニックのNPOの集まりにそのまま向かいました。

午前中にあんまりはしゃいで疲れたみたいで、お話の最中に珍しくママの抱っこで寝ちゃいました~。

ご案内 中川信子先生の講演会

先日、遊びの広場に来ていただいた先生とのご縁でカンガルーの親子も共催という形で開催されることになった講演会のご案内です。

柳川ことばの発達支援グループ主催の講演会です。

平成23年度柳川市市民協働のまちづくり事業

ちょっと気になる子の子育て講演会

演題「気がラクになる0,1,2歳の子育て」 講師 中川信子先生 (言語聴覚士)

(NHKの「すくすく子育て」に出演中。著書「ことばをはぐくむ」「検診とことばの相談」「発達障害とことばの相談」など多数)

SCN_0016_convert_20111014044927.jpg 「chottokininaruko_kouenkai.pdf」をダウンロード

  • 日時:平成23年11月26日(土)10時~11時半
  • 場所:三橋公民館 
  • 研修室 対象:0,1,2才の親子(低体重児の場合は年齢制限を設けていません)
  • 定員:限定20組(申込順)
  • 託児は設けておりませんが、お子様と一緒の参加が可能です。
  • 参加費無料(事前申し込みが必要です)
  • 申込方法はファックスに掲載かメール
  • 〆切:定員に達し次第〆切らせていただきます
  • 主催:柳川ことばの発達支援グループ
  • 共催:柳川市発達障害児・者支援親の会「ひまわり」、 Nっ子クラブ カンガルーの親子

講師である中川先生の二人のお子さんも未熟児だったそうです。保育器の入ったお子さんと一緒に退院できないことでご自分をやはり責められたそうです。

赤ちゃんと一緒に退院していく産婦さんがうらやましく、でも「うらやましい」とは口が裂けても言えませんでした。その後も検診とか病院にかかるたびに「未熟児だったんですね」とか「早く生まれたんですね」と何回言われたことでしょう。そのたびに、何とも言えない「ぐさっ!」っていう感じを味わいました。

そう、著書「発達障害とことばの相談」の中で振り返っていらっしゃいます。 今でも当時の気持ちはとてもよく覚えていらっしゃるそうで、そういった思いが今のお仕事に生きていると痛感されているそうです。きっと今回の講演も親御さんたちの気持ちを受け止めたものになるのではと・・・と主催者の先生も期待されているそうです。

尚、午後からは子育て支援に関わる専門家(保育士、幼稚園教諭、教員、言語聴覚士、作業療法士、理学療法士、子育て支援センター職員、療育・福祉関係者、保健師、助産師、看護師、医師、臨床心理士、臨床発達心理士)子育てに関わる行政関係者、気になるお子さんの保護者、子育て支援に関心のある一般市民、学生を対象とした講演会が行われます。

SCN_0014_convert_20111014045058.jpg「nakagawanobuko_kouenkai.pdf」をダウンロード

  • 日時:11月26日(土)13:30~15:30(13時受付)
  • 場所:三橋公民館大ホール
  • 定員:300名(申込順)
  • 託児:30名(0歳~未就学児 無料ですが要予約)
  • 参加費:無料(定員がありますので事前に申し込みが必要になります)
  • 問合せ先〆切:定員に達し次第〆切らせていただきます
  • 問合せ先:柳川リハビリテーション学院 言語聴覚科(担当:山口 メール:yamaguchi-yrg@kouhoukai.org)
  • 主催:柳川ことばの発達支援グループ、財団法人こども未来財団
  • 協力:柳川市発達障害児・者支援の親の会「ひまわり」

ママもこの日は午前も午後もお手伝いをしながら講演会に参加します。一日会場にいますよ~。

筆でお絵描き

10月14日 金曜日

朝のリハビリのあとはカンガルーの運営ミーティング。

クリスマス会をすることなど決まりました。ミーティングの内容はクリスマス会のことは会員員用掲示板メに挙げているのでチェックしてくださいね。

さて、ミーティングが終わって保育所にお迎えに行ったとき、先生からの報告にママはビックリでした。

「筆を持ってたくさん絵を描きましたよ!」
「色を交換するときも筆を投げ捨てずに、ちゃんと手渡ししてくれましたよ!」

ママはもうビックリです。

だって道具を持っておえかきするの大嫌いのあやたん。

クレヨン、マジック、もちろん、筆やハケもお試ししましたが、怒る怒る。


保育所の先生はどんなマジックを使ってるんでしょ~

「週末に能古の島で見たコスモスかな?ピンク色がとっても可愛い」と先生からのコメントにほろっときたママでした。

ササっと検診

10月13日 木曜日

園からそのまま大学病院の定期検診。

待合室でカンガルーのお友達にバッタリ!
脳波検査が終わったばかりということで、お友達はまだ黄色の小児ストレッチャーで爆睡中。

お母さんから「実はね…」と二人目、懐妊の報告。
無理せずにしっかり40週まで頑張ってね。


向こうから新生児科のドクターがやって来ました。
実は二人のNICU時代の主治医は同じドクター。お世話になった時期は違いますが、お互いを知っていることは先生もご存じでしばし同窓会モード。

ホントはもっとゆっくりおしゃべりしたかったけど、お互い診察室に呼ばれておしゃべり終了。

で、あやたんの診察は…。
発作も風邪をひくこともなく、このところすこぶる快調で、そのことを報告しただけで終了!早っ。

お薬待ちのほうが長かった~。

よく歩いた一日

10月13日 木曜日

この日、園のお友達が交流保育に行っている保育所のお友達が逆・交流保育で園にたくさんやってきました。

あやたんのクラスには男の子3人。朝のお集まりから一緒に半日を過ごしました。

調子の悪かったお友達が教室で園のドクターの診察を受けている様子がとっても不思議な様子で、見入ってました。

そうだよね・・・普通、教室の中でお医者さんが聴診器あてたり、吸入したりしないもんね。医療機器がある教室って不思議な空間ですよね。

保育の時間、遊びに来てくれたお友達も一緒に運動会の練習とトランポリン・ブランコ・パラバルーンをつかってたくさん体を使って遊びました。とっても大きなトランポリンに男の子たちは大歓声!!

さて、あやたん。ハートウォーカーでよく歩きました。

保育の前の個別訓練室から保育室。

朝のお集まりでは、ハートウォーカーに乗ったまま参加。ご褒美に(?)、朝の歌のピアノ演奏係。

そして、そのまま保育室から運動遊びをする棟まで歩いて行きました。意外にスムーズに行けてちょっとビックリ。

もちろん、運動会のかけっこの練習も。

午後の個別の訓練に、保育室から訓練室へもハートウォーカー。

確実にスピードが上がってきました。

保育室から訓練室までの地図が頭の中でできたあがってきたようで、本人も臆することなく進めるようになったのも大きいように思えます。

この辺の時間がかかるのが、整体の先生が言っていた「視力・視覚の問題」ってことなんでしょうね。

そう、あやたんの「歩く」強力な兵器です!これがある。手術だ何だと言う前にとにかく歩け歩け大作戦ですね。

格闘!検尿

10月12日 水曜日

保育所の半年毎の検尿検査。今年度から採尿バックを出してくださるようになり助かっているのですが…。

やっぱり上手くいきません。
先週失敗して、今週の再検査日にあわせて再チャレンジだったのですが果たして…。


にいたんが赤ちゃんの時、採尿パックでそんなに苦労した記憶がないのですが、女の子は苦労します。

というかトイレでできれば済む話しなのですが、まだそれができないという現実。


以前、友達から聞いたアイデア…オムツの上にサランラップを敷いて、その上に脱脂綿。そうすれば採尿バックからもれていても脱脂綿が吸い取ったオシッコを絞り取ればOKだよって。・・・採尿バックと併せ技でやりました。


動き回りすぎるので採尿パックは外れてしまったのは想定内。そして、その他も結局、すべてダメでした。

先週も今週も…。あぁぁ(泣)

あやたん、どうやら膀胱にまだまだしっかりためられないようです。脱脂綿もティッシュもしぼり出せない程度にしか濡れてないんです。


ためれないからちょこちょこしかオシッコが出ないのか、水分摂取量が少ないから出ないのか…どっちなんだろう。

夏もトイレトレーニングで濡れる感覚を覚えさせようと普通のパンツをはかせたのですが、濡れて気持ち悪いと訴えることなく今に至っています。
にいたんのときのように足までオシッコがだら~っと流れ落ちて床を汚されることを覚悟してたのですが、そういうこともなく…。触ったら、「ん~、湿ってるよね~」って程度。

最近、ときどきお昼寝から覚めてもまだおむつが濡れていないことも出てきましたが、基本、間隔がまだまだ短いのが現実です。

やっとオマルに座れるようになったから、ママはトイレでできる日を楽しみに待っているのですが(あっ、ウンチは力み始めて急いで連れて行って成功済みです)


オマルに座るまでに一年かかったから、次のステップも一年かけるかな~。
焦るな、ママ!!(自分に言い聞かせてる)


先生、当分、採尿パックよろしくお願いします。

整体でのお話

10月12日 水曜日

8月以来のあやたんの整体の日。予約時間を考えると保育所を出たり入ったりするのもなんなのでお休み。

先生から「腕、こわっとるね~」

左右差があるからどうしても左腕は肩甲骨からガチガチです。

家でもマッサージでほぐしてますが、先生にはかないません。
しかも、最近はあやたんから腕、肩よりも足裏をリクエストされてますからね~毎晩。腕、肩が固いままなのも納得?!


先生とのおしゃべりの中で、片麻痺の子で、歩いて、走り回ってる先生の患者さんの話題に。もちろん、みなさん、かなりの立ったり、歩いたりし始めた年齢は遅いそうです。
あやたんの場合は、視力の問題があるからさらに遅くなりそう…というのが先生の感触のようです。


たしかに最近のあやたん、とっても立ち上がりたい気持ちが強くなっています。
時々、な~んにもないところで、一人、左足の膝を立てて立ち上がろうとしていて、こっちが焦る時があるぐらい。

つかまり一人立ち上がり(普通につかまり立ちって言えばいいのに・・・)もせめて右手を使いさえすればほぼ完成なのですが…これがなかなか上手くいきません。


2か月振りのあやたんがとってもおしゃべりな様子を見ていた先生から、腱の手術の提案が出ました。
一人で立つ、歩くことが、今、伸びてきている知的な発達をさらに助けることになる。そういう意味でこの一年ぐらいが良いタイミングだと思うって。


整形の先生からは以前、ボトックス治療の話しも出たんだっけ。


年齢が上がると、考えなきゃいけないことが新たに出てきます。

やっぱりコンタクトいるよね・・・

10月11日 火曜日

園からそのまま視能訓練のため眼科へ。

「また失くしました・・・それも、また左」

と、先生の顔を見るなり愚痴るママ。

訓練の先生もなんと言っていいのやらって表情。「前回失くした後のフィッテングではサイズ等は問題なしってドクターに言われたんよね」って。

先生も半ば真顔で「やっぱり5歳で眼内レンズは無理かな」って。

ママも可能ならそうしたいって思います。

でもね、体はまだまだ大きくなるわけだから成長の度にレンズを入れ替える手術をするリスクはかなりのもの。網膜症の再発が今後絶対にないとも言いきれないし。

「それともソフトレンズと眼鏡のダブルでいくか?」と先生。

あやたんの必要な度数をソフトレンズ作ることはできません。ましてや帽子をかぶることすら大嫌いなあやたんが眼鏡をかけてくれるとは思えません。

最近は裸眼でもいろんなことに気がついているし、TACボード(白黒縞々の視力検査の道具)での視力検査でも値がそこまで変わらないからこのまま裸眼のままでもいいんじゃないだろうかって、最近ちょっと思っているママ。思っているというか、思いたい。コンタクト基金も底をつきつつあるし。

訓練の先生も「お金・・・そうだよね・・・」って同情。

そんなこんなと訓練中に先生とママとでぼやきながら、その後、ドクターの診察。

ドクターからは「でも、頑張ってコンタクトしてね」って一蹴でした。

そうだよね。

コンタクトレンズがないということは見える世界がぼや~っとしているということだと言われました。

そのぼや~っとした世界が当たり前だと慣らしてしまうことは、これからまだ伸びるであろう見る力を育ててあげることができないからって。

頭では分かってはいるんですが、こうやってズバッと言われてしまうと・・・。お財布のことはどうにかするしかないって腹をくくるしかないのかな。

最近、認知面でいろいろな気づきが伸びてきているから、そういう意味でもやっぱり背に腹はかえられない。

と言いつつ、今回はコンタクトの注文をしてこなかったママでした(苦笑)。

せめて年1回の弱視治療めがね・コンタクトレンズの助成が年に数回可能だと助かるんですけどね・・・。厚生労働省のお役人さん、そのあたりどうにかならないですか??(かなり真剣)

いも掘り

10月11日 火曜日

園での保育、この日はいも掘り。

毎年、この時期にいも掘りがあるんだけど、あれ?去年って参加したっけ?

一昨年は覚えているんですけど、去年のことはなんとも記憶があいまいなママです。

ホントは全員出席予定が体調不良のお友達が続出し欠席多数・・・。今年のあやたんは体調を崩すことなく元気いっぱいですが、去年の今頃ってRSで入院したりと体調を崩してたなぁ、そういう時期になったんだよなって体調管理に身が引き締まります。

さて、その芋掘り、最初、ママと掘っていましたが、ママの帽子のほうが気になってグズグズになりだし先生の元へ。

なんだかとっても良い子なんですけどぉぉ。

P1020337_convert_20111012051452

ほら、ここのお芋あるよ~

P1020338_convert_20111012052022

よいしょ、よいしょ

P1020339_convert_20111012052402

今年はなかなか大きなお芋が出来ています。

ママ達も頑張りました。

気がつくと・・・

P1020342_convert_20111012052722

あやたん、泥つきのお芋をかじってます。

土いじりでこんなに楽しそうな表情が出せるようになってきたなんて・・・。

毎年、同じイベントをやることで成長していく姿を実感することができますね。

マジックテープでペタペタおもちゃ

10月10日 月曜日

三連休最後は休息日。前の日にほぼ一日外にいましたからね。

先日、園のお友達とあやたんのマジックテープ好きのお話をしていたら「こんなおもちゃを作ったら?布が余ってるからあげるよ」と素敵な布をいただきました。

面ファスナーのオスがくっつくというトイクロス(マジッククロス)です。

「これに100均に売ってる可愛いアップリケに面ファスナーを貼り付けて、剥がして遊ばせたらいいよ」って、いつもいろんなグッズを手作りされているアイデア豊富な先輩の知恵は助かります。

手芸のセンスのないママでもできあがりました。

家にあった使わなくなっていたマグネットボード(これまた100均)を使ったことで磁力の強いマグネットもくっつき一石二鳥!

にいたんが張り切って使ってます。

最初は関心のなかったあやたん、にいたんワールドに引き込まれていきました。

P1020332

にいたんの変な歌のパネルシアター。

P1020333

このあと、剥がしては口に入れ確認してはポイッ・・・の繰り返し。

少しでも手を使って遊んでくれたらママは嬉しいです。

次はぜひ、ボードに貼って戻してくださいな。

能古島アイランドパークへ

10月9日 日曜日

コスモスが咲き始めてるなぁと思い、急に思いついたように能古島アイランドパークに行くことにしました。

コスモスの名所はあちこちあるのですが、能古島アイランドパークはママの学生時代からの悲願の場所だったことを急に思いだしたのです(苦笑)

近くに住んでいたのに、コスモスが咲くタイミングと休みが上手く重ならなくてなんだかずっと行きそびれていたのです。

秋晴れの良いお天気、絶好のお出かけ日和。

急な思いつきなのでお弁当はおにぎりのみ!!!

「島」ですから、フェリーで島に渡ります。

車をフェリーに乗せていくととんでもなく高いので、渡船場に車を止め、フェリーに乗り、そこから路線バスでアイランドパークまで行くのが一般的。3連休と言うこともあり、フェリー待ちの人・人・人。通常、一時間に一便ですが、さすがに臨時便も出ていました。

一瞬、「島で体調急変したらすぐに戻ってこれないってことだよね・・・」ってその時になって気づき、「ん~」となってしまいましたが「よし!体調を崩させない」とママは一人勝手に根拠のない決意を固めて出発!!

フェリーに乗っているのは10分。

あやたんはもちろん、にいたんもフェリー初体験。あやたんは船独特の地響きのような音に少し驚き気味。にいたんは船が通ったときにできる波の様子に見入っていました。

路線バス乗り場もすごい人、人、人。

こちらも車椅子で乗るのは初体験。人の多さに、パパとママで車椅子ごと持ち上げて乗り降りしちゃいました。

園内に入ると、あ~やっぱり。

にいたんは「あれがしたい」とのこのこボールへパパと戦闘態勢。パパは「やっぱりやるって言った」とこうなることを行く前から予想していたみたいです。

P1020296_convert_20111012043729P1020299_convert_20111012044041

9ホールの勝負、パパの勝利!

なかなか終わらないその勝負の間、あやたんとママはコースの追いかけをしてみたり、花やバッタを見つけて遊んだりしてました。

お腹をすかせて戻ってきた二人。その辺に座り込んでお昼ご飯。

そして、ママの目的のコスモス畑へ・・・

P1020304_convert_20111012044704

パパとにいたんとあやたん、いるの分かりますか??

ピンクのじゅうたん、青い海と空、向こうに見えるのが志賀島。

絶景でしょ。

このあと、「かくれんぼしよ~」と走って逃げていってしまったにいたん。コスモスの中のどこへやら??

P1020318_2

にいたん、どこ~??ここからじゃぁ、見えません。

今年は秋をいっぱい満喫してます。

第一印象

10月8日 土曜日

午後、ママのカウンセリング講座。

偶数月は基礎講座。

基礎講座はすでに受講済みですが、感を鈍らせないために奇数月の中級講座以外の偶数月もなるべく受講しています。

新人さんも多かったこの日、またいろいろな気づきがありました。

相手から感じる肯定的な印象を伝えるというグループセッションもあったのですが、これがまたなかなか面白いのです。

もちろんほぼ初対面なので、勝手な想像だけで伝えるのです。もちろん肯定的なメッセージでというのが大原則です。

いや~なかなかおもしろかった。

ママってそんなふうに見えるんだって思うこともあって。

どんなことを言われたかは内緒(笑)

でも、だいたいどの方も「言われたことってかなり合ってるかも」っておっしゃってました。

もちろん、「そんなことないですよ」ってこともあるのですが、自分のことを客観的に見る面白い時間でした。

もちろんその他にも素敵な気づきがたくさん!カウンセリング講座って名称ですが、自分を見つめ直す大切な時間になってます。

秋休みの実習生

10月6日 木曜日

2学期制のにいたん、前期が終わり秋休み初日。

前の日にもらってきた通知表は・・・鉄棒が課題のようです。にいたん、「うん、だって逆上がりができんもん」。

そういえば、ママが子どものとき、逆上がりの練習をずいぶん、ばあちゃん(母親)に付き合ってもらってできるようになったような気がします。そう考えると、やっぱりにいたんに向き合う時間が少ないんだなぁってちょっと反省のママでした。

そんなことを言いつつ、あやたんの通園に一緒ににいたんも通う秋休みの初日です。

というか、休みに入る前から行く気満々だったにいたん。鉄棒が出来なくたってにいたんはにいたんの個性でいいんだよね(・・・って、苦手を克服しようとする努力はしてほしいけど)

しっかり保育の時間に入り込んでるにいたん。完全に実習生かボランティア君です。次回から名札の着用をしたほうがいいんじゃない?って感じです。

保育の前は個別のOT訓練。もともとにいたんにも良くしてくださる先生でしたが、キャンプに一緒にいったこともありますます仲良し。

この日はあやたんのリハビリというか、にいたんのセラピスト養成タイムになっている感も・・・。

P1020292_convert_20111012035159_3

もちろん、お楽しみは忘れずに!

P1020288_convert_20111012035540_5

久しぶり遊びの広場へ

10月5日 水曜日

久しぶりに遊びの広場に参加しました。

先月はなんだか用事がいっぱい重なって行けずじまい。

のんびりと子ども達の様子を見ているのこの時間は大好きです・・・なんだかとってもおばあちゃんのママ(笑)

この日はとっても嬉しいお客様がありました。

南筑後保健所の職員さんに、柳川での出張サロンに子ども達の相手に来てくださるボランティアさんをご存じありませんか?って打診をしていたら、リハビリ専門学校の学生ボランティアさんに話を通してくださいました。

そして、早速、窓口になっていらっしゃる先生が遊びの広場に見学に来てくださったのです。

さらにさらに、保健所から話を聞いて会にとても興味を持ちましたと、大川市の赤ちゃん訪問を担当していらっしゃる職員さんも見学に来てくださったのです。

新たなつながりができたことに感謝です。

ご専門が言語聴覚と保育士さんというお二人。

いつのまにか子ども達の輪の中に入っていらっしゃるその姿には感激でした。子ども達の表情からお二人のお人柄が伝わります。

ママはしばし中座。あやたんを保育所に迎えに行き、下校途中のにいたんを拾って会場にとんぼがえり。

短時間でしたが、二人も大張りきりで遊んでいました。

楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。

なんと見学に来てくださった二人の先生方も片付けを手伝ってくださり恐縮でした。

この日の出会いが広がって、11月の柳川の出張サロンでまた新しい出会いがあると嬉しいです。

このサロンにはセラピストを目指す学生さんが10名ほど子ども達の相手のボランティアで来てくださるそうです。ホントに感激です。

<ご案内>柳川で出張サロンします

今年度の事業のひとつ出張サロン、3回目は11月に柳川で開催します!!!

朝日新聞厚生文化事業団「こどもへの暴力防止プロジェクト助成」

出張おしゃべりサロン in 柳川

小さく小さく産まれたわ我が子・・・。

成長や発達がゆっくりで心配。どうしても周囲の子ども達と比べて焦ってしまう。

出産のときの思いや家庭での育児の不安をお話できる人や相談できる人はいますか?

いろんな思いを同じ体験をしたお母さん同士でお話してみませんか?

Nっ子は「NICU」を経験した子、カンガルーの親子は「カンガルーケア」

NICU卒業生だけでなく、NICUにまだ入院中の親御さんもぜひご参加ください。

↓チラシ

SCN_0016_convert_20111002063524.jpgSCN_0017_convert_20111002063619.jpg

[日 時] 11月12日(土)10:00~12:00

[場 所]  柳川総合保健福祉センター「水の郷」 2階 和室 

[参加費] 300円

[参加対象] 小さく産まれたお子さんを持つパパさん・ママさん  子育て支援関連の方もどうぞ

特に1500g未満でお子さんを出産された方、お子さんの成長や発達に不安をお持ちの方。お子さんの年齢もお住まいになっている地域も関係ありません。

お友達作りにぜひどうぞ。いろんな想いを共有する時間になれば幸いです。

南筑後保健福祉環境事務所の職員さんがお声をかけてくださり、柳川リハビリテーション学院さまのご協力で、学生さんがボランティアで来てくださることになりました!

お母さんたちがお話している間、子ども達はおにいさん、おねえさんと遊びましょうね。

参加を希望される方は下記にメールでお知らせください。 

特にお子さん連れの方はご連絡いただけると助かります。

事務局eメール: n-kan-oyako@qm.moo.jp

<ご案内>10月度のカンガルーの親子

10月に入ってしまいましたが10月度のカンガルーの親子のご案内です。

<遊びの広場>

日時:10月5日(水)、10月20日(木) 13:00~16:30 

会場:太宰府市いきいき情報センター ビガールーム 

参加費:100円

お子さんの成長、発達が不安だというお友達がいらっしゃいましたらご一緒にご参加ください。 低出生体重児でなくても大丈夫ですよ。

<定例会>

日時:10月20日(木)10:30~12:00  

会場:太宰府市いきいき情報センター 210号室(託児は和室)  

参加費:300円

10月度は吉田先生(看護師、ケア・カウンセリング協会 理事)を囲んでの座談会です。

「命が助かって」と祈る日々から、今度は家庭での育児で、成長や発達に対して不安だったり、医療ケアが必要な子育てに疲れていたり、お子さんの行動に手を焼いていたり、日々のちょっとしたことでイライラしていたりしていませんか?

吉田さんは二人のお子さんの子育てをしながら看護師を続けてこられた方です。長年、小児科病棟の看護師長さんとしての経験をお持ちです。お子さんのお一人は自閉症児、現在、特別支援学校の高等部。

大先輩ママとして、そして看護師さんとしてのお話はきっと育児のヒントになるはずです。 年齢を問わずぜひご参加ください。

※託児は先月のお知らせの通り締切りました。申し訳ありません。

※託児を申し込みをされていない方でお子さんとご一緒に参加ご希望の方へ・・・マットなどを敷いて同じお部屋で対応しますのでお子さんとご一緒にご参加ください。お部屋設定などがありますので18日(火)までにご一報いただけると助かります。

<虹っ子広場>

日時:10月18日(火)10:00~12:00  

会場:メイトム宗像 102号室 

参加費:300円

みなさんにお会いできることを楽しみにしています! 急に寒くなるこの時期、風邪などひかないように(^^)

ハートウォーカーな一日

10月4日 火曜日

一日、よくハートウォーカーに乗った日でした。

午前中は園の運動会のかけっこの練習で乗り、午後はPTの個別訓練で保育室から訓練室まで乗り、さらにその後、購入後の調整のためハートウォーカー社で乗りました。

さすがに疲れたよね。

でも、ずいぶんとスピードが出るようになってきました。

ただし、歩く気になれば・・・ですけど(苦笑)

ということで、眼科はお休み。

教育相談のちため息

10月3日 月曜日

保育所のあとは視覚特別支援学校の教育相談。

今年度はホント、毎月入れることができません。先生が担任を持ったり、いろいろな制度が変わったりで仕方がないと言えば仕方がないのですが・・・。

間があいてもしっかり前のことを覚えていることができるようになったので、それはそれでもなんとか良さそうです。

ここに通い始めて頃を思い返すと、ずいぶんとお勉強的な時間が増え、その時間を過ごせるようになってきたことが一番のような気もします。

それでも、かなり自由人・・・いえ、ますます自由人にお勉強してます(笑)

自由人過ぎて、見えてなくて目が動いていないのか、違うところに興味があって画面の中の物の動きに目がついていっていないのか・・・時々、分からない場面もあったりしましたけど。

お勉強をしながら、最近の様子を先生に報告。好きなおもちゃなら、隣の暗がりの部屋に隠して置いていても視界に入って(探し出して?)取りに行ったこととか。

あとは、目からの情報を補うために、もう少し手で探索してくれると嬉しいんですけどね。

手から情報を補わなくても楽しめてると考えるとそれはそれですごい事なんでしょうが・・・。

先生から鈴のついたお手玉がたくさん入った袋を渡されると、音は気になりつつも、袋の中に手を入れて出して確認してみようという気は全くなし。

以前、OTでも袋の中から物を出す、袋の中のものを手で探るというのをやったけど、やっぱり大嫌い。袋ごと排除です。

これはこれでやっぱり課題です。手を使った遊びをもっともっと展開できるようにこれからママは知恵を絞らなければと思いました。

教育相談が終わって帰宅。

お風呂に入ろうと思い、コンタクトをはずそうとすると・・・。

なんてこと~~。

またまた左目、紛失です。

前の週は紛失未遂事件。チャイルドシートに座っているあやたんの服についていたのですぐに発見できたのですが、今回は、全くもってどこへやら???

教育相談から車に戻るまでは確実に入っていたのに。

車の中か?家の駐車場から家までか?家の中か?

力尽きて探す気力無しのママ。

今年はなくなり方が激しすぎます。やっぱりサイズが合ってないような気がする。

一気に疲れた一日の終わり。

最近の裸眼生活のあやたんを見てると、もう、このままコンタクトレンズ無くても支障がないような気もしてしまうママでした。はぁぁ、もうため息のみ。

運動会本番!

10月1日  土曜日


いよいよ運動会当日、本番です。

ちょっと早めに会場に入って早速ハートウォーカー装着です。

一瞬、お怒りモードになりそうでしたが、にいたんが横で歌を歌ってくれたことやお友達の声で賑やかなことでいつになくおとなしく装着完了!

P1020283
入場行進から開会式。体操はビ・カニ体操・・・おもしろかったです。
P1020284

あやたんが立っている姿に保護者の方から「あやたん、背が高い~!」なんて声もかけていただきました。

続いてかけっこ。0才児さんから順番です。
1才児さんクラスに実はカンガルーのお友達がいます。Nにいる時からを知っているので、トコトコと一生懸命に走る姿は感激ひとしおです。
二歳児、三歳児と続きます。いよいよあやたん達、四歳児さんクラス。

夏からもう一人、加配のついたお友達が入所したのですが、そのお友達はゴールにお母さんが待つことで無事に走り抜けました。

あやたんはラストです。はい、目標物はバケツの水です!
バケツに手が入ってしまってちょっと満足気味。なかなか歩く気になりません。
1_20111010_16042_20111010_1605

待つこと1分(ママにはすごく長く感じられました)…お友達がみんなゴールで待ってくれ大声援。突如、スタスタと歩き出しました。
「あやたん、歩いた!!」
お友達の前で歩いた距離、記録大更新です!!

身体表現。
今年のあやたんのクラスのテーマは夏祭り。
夏祭りに体験したタコ焼き、ボーリング、綿菓子、花火を先生のキーボードに合わせて表現。
タコ焼きはお友達と同じように丸くなり。
ボーリングでは、ピンになったお友達目掛けてボールを投げる役。それに合わせてピンがぐらぐらと倒れていきます。
綿菓子では、あやたんは割り箸係。ぐるぐる回っている綿菓子たちがひとつ、またひとつと割り箸にくっついてきます。
花火はあやたんも一緒にドカ~ン、ドカ~ンと打ち上げ花火。
何度も何度もあやたんが動きに合わせて声を出しているのが聞こえてきました。楽しんでるんだな~。

運動遊び。一番手の男の子、なんだか本番は練習以上にトップスピードで飛び出して行き、その後に続くお友達もなんだかみんなハイスピード!途中、先生から「落ち着いて~。ゆっくり~」と声がかかりました。どの子からもイイトコを見せたい!という気持ちがすごく伝わってきました。
あやたんのクラスは、跳び箱、飛び込み前転、自分の背丈はある高さをよじ登り滑り台で下りてきて、10個並んだフープを両足揃えてジャンプで飛び越えて行くという内容。
もちろん、この内容ではあやたんは無理です。

3_20111010_1609

あやたんともうひとりのお友達は滑り台の上がスタートです。
そしてフープはジャンプで飛び越えるのではなく、くぐっていき、最後にお楽しみでバランスボールという設定に変更です。あやたん…フープの前でゴロンと頃がって休憩しちゃいました(苦笑)
大観衆の前でなんて大物なんでしょ~。

スタート前にお名前を呼ばれてとても元気にお返事ができたのでヨシとしましょう・・・。

全園児が2チームに分けた親子競技は玉入れ。

P1020287

あやたんズルイですよ~。だって、パパに肩車をされ、渡された玉を投げてます。もちろん、にいたんも一緒に出てます。勝手に戦力強化です。


にいたんは学校のお友達と自由気ままにあちこちに座り込んで見てました。
不思議な場所が好きですね。
P1020285
気がついたら卒園児に混じって競技に出てる…。
P1020286

保護者競技のムカデ競争には「ボクが出る」ってお母さんたちに混じって出てくれました。
P1020269_convert_20111010063903


最後は3、4、5歳児さん合同のパラバールン。あやたんは車椅子で参加です。
あやたん用にバルーンに布の輪を付けてくださっていてそれを持って音楽に合わせて布を上下に動かします。

4_20111010_15525_20111010_1553

パラバールン自体はあちこちで体験済みなので、「これは楽しい物、好きな物って知ってる」と練習の時からすごく楽しめていたようです。


お弁当もビックリするぐらいよく食べました。去年に比べたらすごい食欲です。


何故か閉会式の前に、突如、プログラムに書かれてない母チーム対父チームの綱引き。他にどのプログラムに綱は使わないのに綱がある…やられた~。
去年、圧倒的に母チームが強く、父チームが悔しかったらしい?!
もちろん、今年も母チームの勝利です!これが家庭円満の秘訣?!


ということで、その後の閉会式も無事に終わりました。


体育館の中に大観衆の声援とBGM…ものすごく音が反響する空間だったのに動じることなく一日を楽しめていたことに驚きました。
あれだけ大きな音に過敏だった子なのに、成長を感じました。

先生からは、園児席で応援するとき、一度も寝転がることなく座っていたことに驚きました、と言われました。つまり、ずっと楽しくて、ワクワクしながら過ごしていたということ。


家に帰りお昼寝…つぶれたのは早朝からお弁当を作ったママだけで、あやたんはその後も大はしゃぎで遊んでました。スゴッ。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »