フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« にいたんの活躍 | トップページ | 子どもの病気の「いざ」という時に・・・ »

一泊で退院

7月3日 日曜日

ほぼ丸一日眠り続けたあやたん、すっきりお目覚め!
夜中に寝返りしすぎて点滴のルートの接続部が外れて、血が逆流していたのを発見した時は驚きましたが、それ以外はとっても平穏な夜でした。

個室だったのも気分的に楽ちんでした。

毎度の痙攣後の発熱も、いつもより熱の下がりが早かった今回。抵抗力や回復力がついたんだな~と思います。

何よりも痙攣のパターンも、痙攣の起きる時間帯も変わっていなかったことにホッとしました。
最初の頃の痙攣が薬で落ち着き、しばらくして始まった去年の痙攣は全くタイプが違っていたんです。強い痙攣(硬直発作)が出てもおかしくないと言われているので、今度このタイプに変わったら怖いなぁと常々思っていたので安心というのが正直な気持ちです。

前の日、主治医が「来てるって聞いた~来たよ」って。外来のない土曜日なので「当直だったんですか?」1と聞くと「たまたま病院の中に居たから」…ってホント、小児科の先生はいつ休んでるでしょう。

その時のやりとりで、夜のマイスタンが増量です。身体が大きくなったこと、身体が薬に慣れたこともあり、久しぶりに痙攣が起きたかも…と。

いやいや~、7月中旬予約の脳波検査のあとは二ヶ月毎の検診しようと先月の検診で話したばかりだから、「それが嫌だったんじゃ?先生に会いたいんですよ」なんて冗談を言っておきました。

そんなことはどうでもよいとして、朝食も薬もとれたので朝のうちに退院決定!

実は実は、あやたんが入院した土曜日、同じ病院でカンガルーの親子のお母さんが出産したという知らせも入り驚き!ワンフロアー違いの病棟です。

お祝いも持たず(って準備できるわけもないのですが)手ぶらでそのまま病室に行ってしばらくおしゃべりしてきました。
こうやってNっ子ちゃんの次の子が無事に誕生したという知らせは嬉しいものです。

« にいたんの活躍 | トップページ | 子どもの病気の「いざ」という時に・・・ »

てんかん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/40767085

この記事へのトラックバック一覧です: 一泊で退院:

« にいたんの活躍 | トップページ | 子どもの病気の「いざ」という時に・・・ »