フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 久しぶりの眼科診察 | トップページ | あやたん久しぶりにカンガルーにの結末 »

おもちゃやさんめぐり

5月18日 水曜日


免許更新に行ってきました。意外に早く終了。
一応、ゴールド免許なので30分講習です。

せっかくなので運転免許試験場の近くにある輸入玩具のおもちゃやさんに行ってきました。
結婚する前に住んでいた家の近くなのですが、子供がいる今、引っ越して遠いのでなかなか行くチャンスがなく…。
一人でのお出かけだったのでのんびりと店内物色です。…といっても特別何か目的の物があるわけでもなく。


お店の方…おじちゃんでした。

「どんなものをお探しですか?」「何歳ぐらいのお子さんのおもちゃですか?」とおもちゃやさんの定番のセールストーク。

もちろん、年齢をそのまま伝えてもオススメされるおもちゃとあやたんにはあまりにギャップがあるので、簡単に状況説明。あれこれとおもちゃ談義させていただきました。

お話ししている途中、近くの福祉作業所の指導員さんとダウン症のお兄ちゃんがお野菜の販売に来ました。いつも訪問販売に来ている作業所さんだそうですが、お兄ちゃんは初めてだったらしく店内のおもちゃに目がキラキラ。

うんうん、大人でも目がキラキラしちゃいます。

そんなお店の方とお兄ちゃんとのやり取りがママのおもちゃ選びの素直な気持ちが引き出されていきました。

いろいろ店主さんとお話ししていたら、ある木の笛を紹介されました。音楽療法関連のグッズ展示会(?)でも必ず紹介している笛なんだそうです。

肺活量があまりなくても音が出る。吹いても吸っても音が出る。

おもしろいですよね。
ただ吹く、吸うの理解をさせたいというママの思惑はどっちがどっちになって難しいかな?最近、くわえることは嫌がらなくなってきたストローも吸ったら飲めることを今だに理解できていないあやたん。ラッパもシャボン玉もまだまだ。まずは、くわえて遊んでくれたらと思って購入!580円というお値段で衝動買い!

そして、帰り道にもう一件。こちらも輸入玩具屋さんです。このお店に口に入れても安心のミツロウのクレヨンの扱いがあったので購入。

筆圧が弱くてもしっかり色が出ますよ、とお店の方。
クレヨンも粘土遊びも嫌いなのは、きっとまず口に入れて確認しようとするのを制止されるからじゃないかと、最近、思うママ。
口にいれることを目くじらたてて制止しなくていいように・・・ミツロウの粘土もあったので次回買ってみようと思います。


お値段の高~い魅力的なおもちゃもたくさん。ビー玉転がし、ピタゴラスイッチが大好きなにいたん。家に帰ってカタログを見せたらやっぱり食いついてきました。

にいたんがコースを作る。
あやたんがビー玉を入れる。
もしかしたら、これこそ二人で仲良く遊べるおもちゃかも!!

にいたん先生の厳しくも楽しい訓練になりそう??

« 久しぶりの眼科診察 | トップページ | あやたん久しぶりにカンガルーにの結末 »

あやたんママのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/40175590

この記事へのトラックバック一覧です: おもちゃやさんめぐり:

« 久しぶりの眼科診察 | トップページ | あやたん久しぶりにカンガルーにの結末 »