フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

あやたんの「そんなの聞いてないよ~」

5月31日 火曜日


通園日、この日の保育メニューは「粘土」

予想通り、泣いて、怒って、拒否の一日。
どうしてこんなに手を使う遊び、製作の類いが嫌いなんでしょうかね~。

午後はハートウォーカーでたっぷり歩く練習。

本当はそのまま帰りたい気分でしたが、眼科へ直行。

実は週末にコンタクトレンズを久しぶりに紛失しました。

多分、家の中でなくしたのだと思うのですが、一体全体どこへやら。


そんなわけで、いつもの視能訓練よりもコンタクトレンズの処方箋が欲しく…重たい体を引きずって眼科へ。

診察室前で待ってると看護師さんが出てきて「時間ある?」


せっかく裸眼で来院してるなら眼圧を測ろう!と先生が言っているらしく、いきなり処置室へ~~。

大人だって嫌ですよ。ペン先みたいなので黒目をツンとつついて測定するタイプの機械を使うんですから。


久しぶりに看護師さんたちに押さえられての検査。

あやたんから「訓練だけじゃないのぉぉぉ。そんなの聞いてなよ~!!」と言われているようで。


結局、帰宅は6時過ぎ。

朝から丸々一日となり、さすがにママもヘトヘトでした。
パパが出張で帰らないのをよいことに夕飯はファミレス。

いつものコースだったけど、なんだかどっと疲れた一日。

来週は諭吉さん二人が飛んでいくことになり、気持ちもちょっと重たいです・・・。

「やればできる」のシャワーを子どもたちに

5月28日 土曜日

雨、雨、雨…。

にいたんの運動会は延期です。
でも、にいたんはお弁当を持って登校です。

そして昼過ぎ、翌日曜日の天気予報が雨、台風なのでさらに延期が決定。


そんなわけで、日曜日の朝、あやたんが早起きをする必要がなくなったので、夜、ある先生のお話しを聞きに家族四人で出かけました。

講師の先生は、新聞、テレビで最近取り上げられている福岡の公立中学校の体育の先生、下野六太先生。

「世界一受けたい…」の番組を見ていたので興味もあり。
にいたんの同級生も話しが聞きたいって来てたようですが、顔をあわせた子供たちはホールで走り回って遊んでいた模様。
テレビ収録の裏話なんかもありましたよ~(内緒です)

それにしても本当にビックリします。子供たちがどんどん変わっていくのですから。


内心、この子は無理だろうな~と思っていても絶対に否定的な言葉はかけない。

「やればできる」と子供たちにシャワーのように言葉をかけ続ける。

成功体験をシャワーのように浴びさせたい。

そう先生はおしゃっていました。

ビデオを用い自分の欠点を客観的にとらえさせたり、体育だけど単元毎に文字にして整理させたり…。
単純に体育で泳げるようになったとか、マットができるようになっただけではない成果に保護者から感激の声があがっているそうです。実際にお母さん達のコメントも映像で流れました。


その指導法のもとになったのは、実は先生自身の体験。体育教師でありながら泳ぐことが苦手だったのだそうだ…。


先生は言ってました。
器用にすぐに目標を達成できた子はすぐに飽きてしまう傾向がある。
逆に本当にできなくて苦労した子のできたときに味わう喜びはとても大きくて、なんでも粘り強く挑戦するようになる。

できる喜び、達成できる喜び。

子供のうちはその可能性を引き出すのは親や教師、大人の役割が大きいように思いました。

お話の内容はDVDも出ていますので是非どうぞ。

素敵な先生でした。

大泣きのOT

5月27日 金曜日


新しい先生とのリハビリ2回目。

先生から「仲良くなることを優先させますね」と前半は遊ぶことに。


後半、そろそろ食べる練習をしようと「プリン食べる人~?」と聞くとあやたん、首を横に振るのです。

大好きなプリンなのに…。

「バナナ食べるにも人?」にも首は横。

まあまあ、そんなこと言わないでママと練習しようよ、と椅子に座らせると泣き出してしまいました。

絶対的な「しない」「嫌だ」という意志を込めての首振りだったのです。

ちゃんと気持ちを伝えたことは嬉しかったのですが、そこから最後まで大泣き。

あとで、「あやたん、泣いてたでしょ」って他の先生に言われるぐらいの大きな泣き声。

ん~、いつになったら新しい先生に慣れてくれるのかな~。

パパと登所の日

5月25日 水曜日

ママ、久しぶりに朝の通勤時間帯の電車に乗りました。

5年前まではあの超満員電車ににいたんと二人で乗って通勤してたなんて信じられません。

思わず急行電車はパス。普通電車に乗っちゃいました。

そんなママの用事があった朝だったので、あやたんの着替えと髪の毛までして、朝食、投薬、保育所登所はパパにお願いしました。


夕方、お迎えに行くと先生から「お父さんから食欲がないと言われたんですよ」と。

いえいえ、食欲がないのではなく、パパから食べるのを拒否。

先生も「そんな気がしました~」だって(笑)
だって給食はもりもり食べたそうですから。

あやたんにとってパパは遊園地的存在。

それはそれで大切で、助かるのですが、これではママはおちおち風邪もひけません。入院とかいう緊急事態が起きたらどうなるんでしょ。

もうちょっと介助有り育児にも慣れて欲しいなと思うママでした。

遠足でいっぱいすべり台

5月24日 火曜日


通園施設の遠足。

ちょっと怪しい空模様を心配しながら園に向かって車を走らせてるとパラパラと一瞬、雨が降り出すし…。

中止になるかも…と半分思ってましたが、遠足決行です!!


場所は昨年の遠足とおなじ公園。

遠足中は雨が降ることもなく、曇り空。かえって有り難かったかも。


前回、ガラガラガラとすごい音に固まったローラーコースターもなんだか今回は楽しそう。
きっと安の里のヤスゴンのローラーコースターを一緒に滑ったからずいぶん慣れたかな。ただ、こちらは山の斜面を使った滑り台なので、終わって上って戻ってくるのが大変。だから、男の先生方にお願いしましたけどね…(苦笑)

P1010904_convert_20110605073241

そのかわり、トンネルの滑り台は、狭くて急な階段を、ママ、頑張っててっぺんまで抱っこでで上って滑りました。

でも、来年は抱えて上がる自信なしです。

子育ては体力勝負…フゥ、疲れたぁぁ。

「母親ってそういうものなの」

5月23日 月曜日

ちょっと時間があいたので、デパートの友の会満期の手続きに…。

まとまった金額は嬉しいものです。せっかくなので、自分のお買い物でも…と思い店内をウロウロ。

でも、結局買ったものは子ども二人の物。

家に帰ってそんな話をにいたんにしながら服を渡すと
「それが母親っちゅうものなの」と諭されましたよ(笑)

にいたん、いったい君は何歳だい?

きれいなお母さんでいるためのアイテムを買いかったんですけどね~。どうやら母ちゃん化してるかな。

新しいOTの先生

5月20日 金曜日


リハビリ病院の受付で、いずみさんと顔見知りのヘルパーさんとばったり。

この日は、いずみさんのお母さんも一緒でした。

あやたんの装具と車椅子を見ながら、「こんなに小さくて可愛い装具と車椅子に乗ってたんだよね」って。

一緒にエレベーターに乗っておしゃべりしながらリハビリ室に移動。

さて、この日からリハビリ病院のOTの先生が人事異動に伴い変更。

あやたん、この人だ~れ?というかなり固い表情。

今まで小児のリハビリ室で声を聞いたり、顔を見たりしたことが一度もない先生。

さてさて、これからどうなるかな~。

あやたん久しぶりにカンガルーにの結末

5月19日 木曜日

カンガルーの親子の定例会、遊びの広場という一日。
こちらのお話しはカンガルーブログにて。

初めて定例会に来てくださった方、お住まいを聞いたらなんだかとっても近くてビックリでした。
午後の遊びの広場に、会発足当時からお世話になっている保健所の方が来てくださり、いろいろと情報交換。

遊びの広場の途中、あやたんを迎えに行き、再び遊びの広場に。

保育所の門を出て、車を見たとたん、病院にでも連れて行かれるとでも思ったのか大泣きを始めたあやたん。
状況把握が早くなった証拠といえばそうなのかもしれませんね。

この日、保育所で人形劇鑑賞。

その時の様子を先生がお話ししてくださいました。
とにかく楽しそうに、どんどん前に出で見ていたそうです。ところが怖い場面では、それはそれは大慌てで後ろにいる先生のもとに逃げてきたのだとか。
ちゃんと状況が把握できるようになっているんですよね。

喜怒哀楽が分かるようになり、表現できるようになってきた証です。

それにしても、遊びの広場の会場についてもまだ泣き止まず…ずっと不機嫌。たしかにあまりあやたんが来ることがない場所です。しょっちゅう来る場所ではないので空間に慣れていないこともあり、すぐにママを見失っている感じもあり気持ちが不安な様子。

あやたんに初めて会うお友達とゆっくりとお話しすることも叶わず…。
とにかくご機嫌斜め。

いつもはこうではないですよ~。結局、そのまま終了。トホホでした。

みんながお片付けをしてくれている間、発達相談に来てくれていた作業療法士のT先生と打ち合わせ。


あやたん、久しぶりにT先生にお会いしました。1歳の時のあやたんから知ってくださっている先生です。打ち合わせをしながら、あやたんの様子に話しが飛んだりしました。
ヘ~そうなんだ~という話もいろいろ出てきました。やっぱり頼りになる先生です。

来月の定例会はT先生を囲んでの発達についての学習会です!お楽しみに。

おもちゃやさんめぐり

5月18日 水曜日


免許更新に行ってきました。意外に早く終了。
一応、ゴールド免許なので30分講習です。

せっかくなので運転免許試験場の近くにある輸入玩具のおもちゃやさんに行ってきました。
結婚する前に住んでいた家の近くなのですが、子供がいる今、引っ越して遠いのでなかなか行くチャンスがなく…。
一人でのお出かけだったのでのんびりと店内物色です。…といっても特別何か目的の物があるわけでもなく。


お店の方…おじちゃんでした。

「どんなものをお探しですか?」「何歳ぐらいのお子さんのおもちゃですか?」とおもちゃやさんの定番のセールストーク。

もちろん、年齢をそのまま伝えてもオススメされるおもちゃとあやたんにはあまりにギャップがあるので、簡単に状況説明。あれこれとおもちゃ談義させていただきました。

お話ししている途中、近くの福祉作業所の指導員さんとダウン症のお兄ちゃんがお野菜の販売に来ました。いつも訪問販売に来ている作業所さんだそうですが、お兄ちゃんは初めてだったらしく店内のおもちゃに目がキラキラ。

うんうん、大人でも目がキラキラしちゃいます。

そんなお店の方とお兄ちゃんとのやり取りがママのおもちゃ選びの素直な気持ちが引き出されていきました。

いろいろ店主さんとお話ししていたら、ある木の笛を紹介されました。音楽療法関連のグッズ展示会(?)でも必ず紹介している笛なんだそうです。

肺活量があまりなくても音が出る。吹いても吸っても音が出る。

おもしろいですよね。
ただ吹く、吸うの理解をさせたいというママの思惑はどっちがどっちになって難しいかな?最近、くわえることは嫌がらなくなってきたストローも吸ったら飲めることを今だに理解できていないあやたん。ラッパもシャボン玉もまだまだ。まずは、くわえて遊んでくれたらと思って購入!580円というお値段で衝動買い!

そして、帰り道にもう一件。こちらも輸入玩具屋さんです。このお店に口に入れても安心のミツロウのクレヨンの扱いがあったので購入。

筆圧が弱くてもしっかり色が出ますよ、とお店の方。
クレヨンも粘土遊びも嫌いなのは、きっとまず口に入れて確認しようとするのを制止されるからじゃないかと、最近、思うママ。
口にいれることを目くじらたてて制止しなくていいように・・・ミツロウの粘土もあったので次回買ってみようと思います。


お値段の高~い魅力的なおもちゃもたくさん。ビー玉転がし、ピタゴラスイッチが大好きなにいたん。家に帰ってカタログを見せたらやっぱり食いついてきました。

にいたんがコースを作る。
あやたんがビー玉を入れる。
もしかしたら、これこそ二人で仲良く遊べるおもちゃかも!!

にいたん先生の厳しくも楽しい訓練になりそう??

久しぶりの眼科診察

5月17日 火曜日


保育所からそのまま眼科へ直行。
新年度に入り、週間リズムが変わったり、連休に入ったりで、眼科の診察をずっと入れることができず内心ヒヤヒヤしていました。


というのも、最近、左手の上に左目を押し付け、うつぶせになったまま動かないことがよくあるのです。
今までの目押しとは違うような気がして、眼になにか異常でもあるのか、再発でもしたのかと…。NICUを退院したばかりの一年は、眼の再発で2度も手術。それ以降の順調さがかえって不気味で。

視能訓練、視力測定のあと診察室へ。

眼底の様子はとても綺麗だということ安心しました。


そうそう、いつもは抱っこで診察なのですが、初めて車椅子に座ったまま診察を受けました。

ずいぶん上手に診察してもらってビックリです。
赤ちゃんのころベッドに寝かされ、動かないようなバスタオルに包まれ固定され、診察室の外まで聞こえる大きな泣き声。
廊下で待っているのが切なく辛かったものです。

あのときが嘘のよう。

プラネタリウムでの様子やビー玉を見失う話、広い空間で好きなおもちゃに向かって移動するようになったことなど最近の様子をいろいろ話しました。

先生は視能訓練の様子をカルテで見ながら、

右目の反応も不器用ながらもちゃんとある。
そして、大人がこの部分がやられると本当に見えないけど、未熟児の場合は機能が残った部分で見ることができるようになっていくこともわかってるからね。意外な場所が見えてたりね。

…と話してくださいました。

眼の機能がきちんと完成する前に生まれてきちゃったんですものね。いろんな不思議なことが起こるようです。

5月の虹っ子広場

5月17日 火曜日

第2回目の虹っ子広場。スタッフと一緒に宗像まで行ってきました。

ある地域の保健所からの紹介で、はすでにカンガルーの親子の仲間になっている親子さんがカンガルーの親子に初参加。
25週生まれの7ヶ月(実)の女の子。NICU退院時の体重を聞いてみんなビックリ!
2000グラムに満たないうちにお家での生活がスタートしたのだそうです。NICUでとても安定していたという証拠ですね。退院後も風邪をひくこともなく過ごすことができたそうで、本当に優秀な女の子だな~と思いました。

とはいえ、お母さんのきがかかりはやはり体重の増え方。
出生時の体重別になっている未熟児ちゃんの成長曲線を見ながら実際のところはどうなのかを一緒に確認。

452グラムで生まれたあやたんの生後7ヶ月と同じように推移しているみたいでした。

600グラムで生まれたスタッフの娘Kちゃんもこの日、一緒に行ったのですが、走り回っている三歳のKちゃんを見ながら「大きくなるんですよね」ってしみじみ。

そう、大きくなるんです。
きっと来年の今頃は「言うこと聞きなさい!」って子供のことを怒ってるかもしれないですよね。きっと。

あやたんが2500グラムでお家に帰ってきた四年前。こんなに小さかったんですよね。そうだったんですよね~。あの時は、風邪をひかせないよう、全神経をはりつめていたように思います。今では、体重は軽め(うらやましい)けど身長は97cm近くまでになりました。


今回も、ボランティア「あのね」さんが来てくださいました。
ママ、すっかり「あのね」さんのわらべうたを使った親子遊びの魅力に取り付かれています。
優しくゆったりとした言葉とリズム。どこか懐かしくほっこりさせられます。
きっと若いお母さん(ママは完全にここから外れる年代ですからね~苦笑)には、もしかしたら新鮮な感覚?!
子供たちが魔法にかかったような気がするのはママだけでしょうか?


あのねさんのおじいちゃんメンバーさんが、赤ちゃんを抱っこしてあやしてくださる姿もとても素敵でした。

そのうち、あやたん、保育所をさぼらせて連れてきてみようかしら…そんなことを考えているママでした。

お勉強嫌い

5月16日 月曜日

PTの先生の用事があり、STのみの訓練となった月曜日の朝。

どうも最近、このST、拒否気味のあやたんです。

座っての「させられる感」の強いお勉強モードのせいでしょうか?

始まりのご挨拶もできるはずなのに、にんまりと先生の顔を見ながら笑うだけ。しまいには、すぐに座ったままうつ伏せになってしまうし。

絶対に先生の予定している内容のリハビリができない状態が続いているはず。先生の「困ったなぁ」感が伝わってくるのは考えすぎ??

来週から、STの需要(先生の数)と供給(療育希望者)のアンバランスのため隔週になるST。ますます拒否モードがひどくなるんじゃないかとちょっと心配。

「さぁ、今日はこれでおしまい」と言われた瞬間、満面の笑みで元気にバイバイとご挨拶してるんですけど・・・(苦笑)

カンガルーの親子 5月度のご案内

ゴールデンウィークからずっと遊びほうけ、急な暑さに体調を崩し、総会資料に追われてました。5月のご案内が遅れてます・・・すみません。


虹っ子広場

日時:5月17日(火)10時~12時

会場:宗像市市民活動交流館 メイトム宗像 和室

参加費:300円 

定例会

日時:5月19日(木)10時半~12時

会場:太宰府市いきいき情報センター 210号室

参加費:300円

5月は定期総会&茶話会です。

カンガルーの親子のみんなには一斉メールでお知らせしたとおり、出欠・委任状などの返信を至急お願いいたします。


遊びの広場

日時:5月19日(木)13時~16時半

会場:太宰府市いきいき情報センター ビガールーム

参加費:100円

ということで、今週はずっとカンガルーデーです。宗像にも行きますよ~。よかったら遊びに来てくださいね。

先週までの記事は随時アップしていきます・・・。

プラネタリウム初体験

5月15日 日曜日

土曜日にさんざん寝ていたので、すっかり元気。お天気も良いし、さて、どうしよう。

とはいえ、あやたんの咳が完全に止まったわけではないのであまり無理はしたくない。

・・・室内で楽しめるところ、ということで青少年科学館に行ってきました。ちょうどプラネタリウムのプログラムがドラえもんだったので、にいたん、「行く!!」と大賛成。

にいたんと二人では事あるごとに遊びに行く場所です。あやたんは、1、2回行ったかな?家族4人で行くのは多分初めて。(なんて記憶があいまいなんでしょ)

館内に入ると、にいたんの小学校の支援学級のお友達が居てビックリ。ヘルパーさんと一緒に遊びに来ていました。

プラネタリウムの上映時間の前に、科学館横の芝生の広場でお弁当です。お弁当を広げた途端、ハトがやって来る来る。ちゃんと分かってるんですね。

お腹も満たされ、程よい時間になったので館内に。

実はあやたん、プラネタリウム初体験。真っ暗で静かな空間で、騒がずにパニックにならずに見ることができるだろうかと不安なママ。

係員のお姉さんの「すぐ後ろに係員がいるので何かあったらすぐに声をかけてください」という優しい一言で中へ。たしかに車椅子スペースのすぐ後ろは非常出口で係の人の待機場所。

プログラムの最初は星座解説。真っ暗になり、そしてだんだんと星空が広がっていきました。

あやたん、夜になったと思ったのか、車椅子から降りてママの抱っこがよいと要求。そして、眠たいときの動作を始め、顔をママにうずめてきました。満点の星空も小さな小さな光の粒は見えないかな・・・さすがに。それよりも静かなBGMを楽しんでいるようでした。

そして、ドラえもんの宇宙大探検が始まりました。

ドラえもんやのびたくん達の声はテレビで聞きなれているのですぐに喜びの反応。キャラクターの映像が大きく、見ても楽しそうなあやたん。

タイムマシーンに乗るシーンは本当に迫力があり、あやたんは手を必死に伸ばして絵をつかもうとしていました。

40分間の上映時間、あっという間でした。

迷惑になるほど騒ぐこともなく、楽しめた様子に安心しました。

プラネタリウムの後は常設展のコーナーへ。

にいたんは自分のお気に入りのコーナーへすっ飛んで行ってしまいました。

あやたんもあっちをのぞきこんで見たり、こっちに手を入れてみたり。楽しめる箇所が増えてきたようです。ロボットの声はツボのようでした。

ゴールデンウィークと夏休みの間。人がそこまで多くなかったのもよかったようです。

急な蒸し暑さに・・・

5月14日 土曜日

週の初め、急に気温が上がり、すごい雨が続き湿度も急上昇。

プリンターから出てきた印刷した紙も湿度でよれよれ。さすがにエアコンのドライをつけました。

そんな気候の変化であやたん、月曜日から食事の量が一気に落ちました。家でも保育所でも。思わず一昨年の秋の一カ月半何も食べなかったときのことが頭をよぎりました。あのときよりは食べてくれているので様子見です。・・・ヨーグルト、プリン、バナナ、イチゴのたぐいは食べてくれるし。

さて、気温があがると我が家の暑がり君もイライラモード全開です。マイ扇風機を家の中で持ち歩き、寝てる間も一晩中もベットクリップ式のマイ扇風機最強風。(消すと起きてまたつける)

そのとばっちりでママ、どうやら喉がやられてしまいました。

喉がイガイガ。気管支がやられママは咳が止まらず。そのうちあやたんも痰がからまったような咳が時々出始め・・・。木曜日、ちょうど大学病院の検診日だったのでお薬をもらってきたのでひどくならずにすみました。

一週間、咳が続いたママですが体は元気。

だけど、止まらない咳って体力消耗しますね。土曜日になってどっと疲れが出ました。実は子宮筋腫が原因で貧血を起こしていたんです。一カ月ちょっと鉄剤を飲んでようやく正常値に戻ってきたのですが、そんなことも重なっていたんでしょうね。午前中、用事を済ませて帰ってきたあとは家事を放棄して一日中寝そべってました。

夜須高原で水遊び

5月8日 日曜日

少しのんびりとした朝。ちょっとお寝坊モードであやたんの睡眠を確保。

連休最終日。晴天です。
あやたんと遠足で行った夜須高原記念の森に行くことにしました。

思いつきのお出かけ、しかも時間も時間なので、コンビニでおにぎりやらお弁当を調達して出発。公園についてまずは木陰でお昼ご飯。
迷路で遊んだあと、目的のヤスゴンへ。
でも途中にあるカタツムリの噴水で足止め。

気温があがりすでに水遊びしている子たち多数。頭から水をかぶってる中学生のお姉ちゃんもいるし。


にいたん、たまらず「行っていい?」

靴を脱いで入っていきました。

あやたんも負けてはいられません。
パパの抱っこで裸足でチャプチャプ。
P1010871

最初は恐る恐るだったあやたん。手が水の中に伸び、体がどんどん前傾…。

P1010872
しまいには…

P1010873

はい、このとおり。

「なんで僕の着替え、持ってこんかったと~」とにいたん、恨めしそう。

別にあやたんがこうなることを想定して着替えを持ってきたわけじゃないんですけどね。

さんざん水遊びを堪能したのでこれで帰るのかと思いきや、やっぱりヤスゴンには行くんだとにいたん。
えっちらおっちら、上まで上っていきました。

ママとあやたんは木陰でまったり休憩モード。

パパとにいたんは鬼ごっこ。この広~い広場とヤスゴンで隠れ鬼するんだと…。
にいたん、はっきりとした黄色のTシャツを来ているので、遠くからでもすぐにわかるだろうと思ったようですが、同じような色の男の子が多数。かなりパパ、苦戦です。

そして、足を引きずって戻ってきました。…パパ、負傷。


にいたんをつかまえようと、アスレチックの上から飛び降りたんだって。

本人「目測あやまった。ひびが入ってるかも・・・」。

にいたん「パパ、あそこ高いもん。大人げない・・・」

しかも、パパが履いていたのは運動靴ではなく、安全靴。そう、作業現場で重たい資材が落ちてきても怪我をしないための硬い硬い靴。見た目はスニーカーですけどね。飛んだり跳ねたりには不向きだと思うんですが・・・(苦笑)

幸い、ただの打撲でした。

そんなわけで、最後にあやたんのお楽しみヤスゴンのローラーコースターは、にいたんのヘルプで、またまたママがあやたんを抱っこして上って滑ってきました。

今年は29日から毎日、毎日、よく遊んだ連休でした。

ばあちゃん家では、庭いじり、畑いじりもしたし。

そんなハードスケジュールに体調を崩すことなく負けずにたくさん遊んだあやたん。年々、体が強くなってきているなって実感です。

カミーリヤ缶詰めの日

5月7日 土曜日

丸々一日、カミーリヤに缶詰の日。なので強制的ににいたんも一緒です。

午前中は、こどもフェスティバルの反省会の実行委員会。
あやたんのグズグズであまり話しに集中できませんでしたが、どうやら眠かったようで、後半は抱っこでおやすみ~。やっと話を聞くことに集中できました。

各団体さんから、写真展は心に響いたという感想をいただきました。嬉しいです。


館内のレストランでお昼ご飯を食べたあとは、考える会の定期総会。

…その後の茶話会が一番の目的です。

総会に行く前にロビーでアイスクリームを食べてたら、お友達の登場でビックリ。
「初参加してみよ~かな~」ってフラ~ッと立ち寄ってみたのだそうです。

というわけでそこから一緒に開場へ。
総会の間、あやたんとにいたんは託児ボランティアさんにお任せ。兄弟児さん同士、顔を覚えてくれている子たちもいるようで退屈しなくてもよさそうで安心です。
総会後、迎えに行くと、にいたんは建物の外の広場を走り回ってたらしく汗だく。
あやたんはお姉ちゃんたちに囲まれてご機嫌で遊んでました。…ママが来たことにも気づかないぐらい楽しそうに遊んでました。

あやたんのかたわらに大きな体の自閉症のお兄ちゃんが寝転がって熟睡。お兄ちゃん、なぜか、あやたんのそばが良かったらしく、気がつくと近くによく居て、いつの間にか寝てしまっているとスタッフさんから報告を受けました。

あやたんも全然に気にしてないし・・・。

さて一番のお楽しみ、総会後は子供たちも一緒になっての茶話会です。


いつもは校区毎にわかれるけど、今年度は連休中で昼間開催のせいか、参加者がやや少なめ。
校区にわかれることなくスタートしました。おかげでお友達も一緒の輪でおしゃべりできました。
来年度、新一年生になるお友達。地域の小学校に行かせようと考えているけど、全介助…。やっぱり大丈夫かな~って不安ですよね。
会場に来ていた地域の小学校を卒業し、地域の中学生になった全介助のお子さんのお母さんとお話ししたり、小学校の先生とお話ししたり、顔なじみのお母さんたちと久しぶりに談笑したり、とても収穫大でした。

にいたんは、ジュースとお菓子を食べるだけ食べたら兄弟児くんたちとどこへやら大脱走。

あやたんは、塩味のお煎餅が気に入ったらしく、「もうひとつ!」を連発。先生方の笑いをしっかり取ってました。…こんだけ意思表示できるから大丈夫!って。結果、こんもりと包み紙の山ができました(苦笑) 一体、何枚食べたんだ。

余談・・・

帰りの車でにいたんがもそもそと何か言いたそう。

家に帰り着き、お小遣いの入っている引き出しをあけて「今から母の日のお花買ってくるね」って。

ホントは内緒で買いに行こうと思っていたらしいんだけど、昨年、お金にまつわるいろんな事件があり、こっそり引き出しから持ち出したらいけないと考え直したらしい。

母の日のサプライズらならこっそり内緒のほうが嬉しいけど、あの事件の反省がいかされているのも嬉しい。内緒の仕方、難しいですね・・・。

ハートウォーカー診察

5月6日 金曜日

飛び石連休のような今年のゴールデンウイーク。平日なのでにいたんは学校、あやたんはリハビリと普段の朝の出発…。だけど、なんだか調子狂うな~。

さて、保育所はお休みして、午後は診察。
ハートウォーカーを申請するための書類に必要な医師診察です。

リハビリの先生に、ハートウォーカーの方も同席での診察でした。
あやたんは診察室のおもちゃで自由気まま姫。

さて、今回、歩行器をハートウォーカーにした理由。

あれだけ装着が大変だし、かなり高額だからと渋っていたんですが…。昨年から二つの歩行器をほぼ平行して練習し、いろいろ考えた結果、申請することにしました。

たしかに装着は大変だけど・・・。

ひとつはやっぱり手の問題。

自分の手で歩行器を持ち、体を支え、進む。これは道具を持ち続けることが嫌いなあやたんにとってこれはやはり大変なこと。

そしてもうひとつが右足の尖足の問題。一般的な歩行器だと体を前に歩行器に預けた形で寄り掛かりつま先で蹴って進んでいる。もちろん練習の後半ではかなり両足の膝をしっかりあげて歩くようにはなってきたけれど、ハートウォーカーだと20~30分歩くと、右足のかかとが着くようになる。このことがママの気持ちを大きく動かしたのです。最初、この様子をみせたときはもう驚愕に近く、装着の面倒臭さは一気に飛んでしまった。

尖足の改善、踵にしっかりと体重をかける訓練としては、自宅にプロンボードを借りて使っているけど、最近のあやたんはマジックテープを外して脱走を図ったり、動かないのですぐに飽きてしまう。そんなこんなで30分も乗ることが出来ず・・・。その30分間もかなりのバトル。

左足だけなら十分に立っている能力が備わってきたけど、独力でのつかまり立ちもまだ完成していない状態。

片麻痺は大変だと言われた意味が最近、身にしみています。あの左脚の状態が均等に右足にも備わっていたら、今頃きっと歩いているんじゃないかと、時々思ってしまうほど。

何カ月も悩み、いろいろ見比べ、乗り比べ、検討した結果です。

大人(先生方にお願いすることも考えて)の装着の大変さは考えないことにしました。あやたんにとってのメリット。これを使って一緒に参加する運動会や発表会を想像することにしました。

改めて見積もり金額を見たらビックリ。ホントに市からOKが出るんだろうか??

そこが一番の問題。どう考えても自腹では買えない歩行器です。

有田陶器市&メルヘン村

5月4日 水曜日

ばあちゃん家から有田陶器市へ。
目的はしん窯で作っているお皿を買うこと。

陶器市そのものは子連れで行くには殺人行為。ちょっとだけメイン通りを歩いたけど、やっぱりにいたんの文句炸裂です。

とっとと目的地へ。

以前、新聞で読んだこの窯で作っているユニバーサルデザインの「すくいやすい器」を前々から買いたくて…。
やっぱりちゃんと陶器のお皿で食事がいい。たしかになんでもなげちゃうから割れる危険度大なんですけどね…。


お会計をしながらお店の人と少しお話をしました。

視力も悪いあやたん。空になったお皿の絵を一生懸命フォークで刺しちゃってた家庭での様子。
視力的な観点から色柄の施し方や丸型のもう一回り小さいサイズが欲しいこと。

視覚的なことに関しては「なるほど…」と企画の人に話してみるねって言ってくれました。

陶器市期間のサービスでぜんざいをいただいて、いざ、子供たちのメインへ!!

P1010870

嬉野のメルヘン村です。

にいたんが小さい時に一度来たことがありますが、あやたんは初めて。


やっぱり連休でした…すごい人、人、人。
暑かったこの日、車椅子に日よけの幌が大活躍です。
幼稚園の年長さんぐらいの子が「おしゃれなベビーカーですね」なんて話しかけてきた。いやいや、車椅子なんですけど。きっと幌があるからでっかいタイヤのベビーカーに見えた??


動物エリアでは、あやたんはシマリスがちょこちょこと走り回る様子に大笑い。(いや、その動きにあわせたにいたんの変な声に?)
にいたんは一生懸命「リスくん、おいで~」というのに一匹も来てくれないとつまらなさそう。

インコにカメにウサギにガチョウ、ミーアキャットにワラビー…とにかく小さな動物たちがいっぱいです。

そして遊園地コーナー。
手帳提示で介助者は無料ということで子供二人分料金。
あやたんは、にいたんと一緒にメリーゴーランド、SL、観覧車に乗りました。

とにかく遊んだ、遊んだ。
今度は人が少ないときに来よう。
ボールプールハウスとかもあるんだけど、人があまりにも多くて危険と思い断念したからな~。


めったに車の中では寝ないあやたんですが、さすがに帰りの車の中でウトウトでした。

トムソーヤの森

5月3日 火曜日

ゴールデンウイーク後半スタート。ばあちゃんとこでお泊りです。

ばあちゃん家に行く途中、ずっと気になっていた看板の方に行ってみました。

トムソーヤの森…

途中からナビに道がありません。

P1010862

どうやらキャンプ場のようです。でも一部、公園のように遊具もあり遊べます。
P1010866P1010863

P1010868P1010867

なんか好きだな〜。こんな場所。小さな頃はこんなな〜にもないところで一日中遊んでたなぁ。…いやいや、ここまで山の中ではないですが、なんでもない草花。どこもコンクリートでかためていないホントに自然のまんまの小川…。幸せです。

P1010864

ただね、車椅子には大変な場所。なのであやたんはずっとパパに抱っこです。アルプスの少女ハイジのクララの車椅子って、もしかして非現実的??

緑に囲まれしばし黄砂の空を忘れ、マイナスイオンたっぷり浴びました。

P1010869

ちょっと山道を下りると…やっぱり黄砂がひどかった。な〜にも見えません。

授業参観とPTA総会

5月2日 月曜日

午後からにいたんの授業参観とPTA総会。

連休の合間のせいか、お父さんたち、ご夫婦連れの姿もチラリホラリ。

今回は理科の授業参観でした。乾電池の直列つなぎだなんだというところです。
一人一人に配られてる実験キット。何十年もの間にずいぶん進化してますね…。

それにしても四年生にもなると、授業中に手を挙げる人数がなんだか減ってきたな。1、2年生のときなんか、ほぼ全員がハイ、ハ〜イって手を挙げてたのが可愛かった。

授業が難しくなってきて手があげれないのか、照れなのか、どっちなのかな〜。

教科書もだんだんお勉強色が濃くなってきてます。

軽トラ市で自転車

5月1日 日曜日

久しぶりに吉野ヶ里の軽トラ市へ。

P1010861

ばあちゃんも毎回、出店してます。…ちなみにいつもJR吉野ヶ里公園駅側です。

さて、今回はばあちゃんのお手伝いというより、にいたんの自転車を買うのが目的!

ばあちゃんの隣はいつも「ともしび」さんの定位置。ばあちゃんのお店でも商品を扱っている福祉作業所さんですが、軽トラ市にはリサイクル自転車を持ってきています。あっ、ばあちゃんのお店には自転車の納品はありません。

そのことを知っていたので、前々から自転車を市で買おうと約束してました。

朝から雨。天気予報ではだんだん回復するというのででかけることに。
ところが途中から本降り…。

後部座席から「はあ〜疲れた」とにいたんの声。

雨よ、止めぇぇぇ〜と念力をおくってたそうな。
おかげで(?)会場につくころには雨も止み、にいたんは自転車の品定め。

P1010860

紫色の折りたたみの自転車に決定!!5000円なりです。

この自転車ならママも乗れます。

にいたんはもう嬉しくって会場周辺の農道を走り回ってました。

P1010859

あやたんはばあちゃんのお店の前に来た軽トラ市マスコットの虎さんと遊んでます〜。

アサリ貝を買って帰りたかったけど、帰り寄るところがあったので断念でした。

かわりに…手づくりの草餅に舌鼓!太りそぉぉ…。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »