フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 福岡からも応援 東北地震 | トップページ | 22年度最後の教育相談 »

カンガルーの親子 3月定例会

3月17日 木曜日

第3木曜日、午前中は定例会、午後は遊びの広場のカンガルーの親子デー。

今月の定例会はmiekoさんのお話を聞くという企画。たくさんの参加者がありました。とはいえ、急な発熱などで欠席連絡がどんどん入ってきました。急に寒くなったので、大人も子供も体調を崩している人が多いようです。

託児室も満員御礼状態だったようです。いつもポピンズさんありがとうございます。

これで、じっくりとお母さん方、miekoさんのお話が聞けたかな?

こうやって少しの時間を母子分離して、しっかりとお母さんが心の栄養を満タンにできる時間になったらいいなと思います。

さて、なぜmiekoさんに講師をお願いしたのか。

ご自身も初めての出産がダウン症の女の子。指や心臓に問題を抱えての誕生。体重も少なめ。そして、なかなか増えない体重。いろんな思いを乗り越えての育児を経験されています。

たしかに、超未熟児育児ではないかもしれませんが、「まさか」の出産となかなか体が大きくならない悩みや、発達がゆっくりなのは共通。

そんなお母さんとしての共通した気持ちを分かってくださる講師だということ。

音楽の知識を入れながらのご自身の育児の体験談。

音楽ランド、ピュアハートという知的ハンディキャップのある子供たちとの音楽との関わり。数の概念がしっかりしていない、楽譜を読めない子供たちに、あれだけの数のレパートリーの曲を覚えさせていく。その他、たくさんの指導者としての経験からくるお話も、育児の上で大きなヒントになると思ったからです。

呼吸、リズム、絵本を読む声の変化、きっと何かしらの育児のヒントを持って帰ってくれたのではと思っています。

講話終了後、個人的に質問された方もいました。

午後からは遊びの広場。

実は、miekoさんと遊びに来てくださっていた看護師さんと、お昼ご飯を食べているみんなの様子を見ながらいつまでも育児談義が終わらずおしゃべりしていました。

その後、親子遊びの時間の間、作業療法士のT先生とも、今年度のお礼と来年度の確認をしながら、またまた雑談に花が咲き・・・。

来年度も、たくさんの笑顔で溢れるカンガルーの親子であり続けたいなって思いました。

« 福岡からも応援 東北地震 | トップページ | 22年度最後の教育相談 »

「Nっ子クラブカンガルーの親子」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/39306940

この記事へのトラックバック一覧です: カンガルーの親子 3月定例会:

« 福岡からも応援 東北地震 | トップページ | 22年度最後の教育相談 »