フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 北九州市の写真展へ | トップページ | クリスマス強制休暇中 »

保育所でお話

12月24日 金曜日

保育所の子供たちにお話をする本番です。

前日が前日だったので、結局、きちんと構成がまとまらないまま出掛けちゃいました。

一応、いろんな写真やイメージ画像を見てもらいながら話せるようにだけは準備して。

これまで、小学生、中学生、高校生にはお話したことがあります。
だけど3歳、4歳、5歳の子供たちは初めて。絵本の読み聞かせとはわけが違います。

テーマがテーマ。

難しい言葉は使えないし、長い時間を使って説明するわけにもいきません。

週始め、保育所では点字ブロックや音の出る横断歩道、車椅子を確認しながらお散歩をしてきていたので、あやたんのお話だけをするのはもったいないな〜と思いました。

あやたんは車椅子も必要だし視力も弱いので、このお散歩にも関連した話題を盛り込んでみました。

あやたんが小さな小さな赤ちゃんだったこと。

保育器の中で一人でたくさん頑張ってきたこと。

何度も死にそうになったこと。

その時、体にいろんな命令をする脳を怪我してしまったこと。

脳はどんな働きをするかということ。

保育所をお休みしているときにどんな訓練に行っているかということ。

車椅子の人や目が見えない人でも工夫された道具さえあればいろんなスポーツができ、一緒にダンスができるということ。

盲聾の東大の福島教授や五体不満足の乙武さん、全盲のピアニストの辻井さんなどの活躍する姿なんかもお話してみました。

とにかくいろんな写真、絵を見てもらいながら。

目が見えない、耳が聞こえない、手足がない、歩けない。それがかわいそうなことではないということ。
ちょっとした手助けと工夫があれば、一緒にできることがたくさんあるんだよ、そして、自分の大好きなことで活躍している人たちがたくさんいるんだよというメッセージをこめて。

あやたんも実は目がよく見えていないということや、2月になったら車椅子ができることも伝え、ちょっとのお手伝いをよろしくねってお願いしました。

質問もいっぱい出てきました。
あやたんの特徴や癖など普段疑問に感じていたことをたくさん聞いてくれました。
子供たちの観察力はすごいな〜と思います。

ちょっと難しかったかな〜と思いましたが、長時間の話をみんなじっと聞いてくれました。

さすが春から小学校に上がる子たちはかなり理解できていたようでした。とてもしっかりした感想を後から先生から伺いました。

3歳児さんは3歳なりに、4歳児さんは4歳なりに、毛穴の中にでも入ってもらえたら嬉しいな〜。

« 北九州市の写真展へ | トップページ | クリスマス強制休暇中 »

育児・発達」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/38215170

この記事へのトラックバック一覧です: 保育所でお話:

« 北九州市の写真展へ | トップページ | クリスマス強制休暇中 »