フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 太宰府市で講演 | トップページ | 10月の定例会 »

「プププププ~」

10月20日 水曜日

この2、3日、ママが唇と綴じて「パッ、パッ」と破裂音を出す口元を見て真似をするあやたん。

これまでも「パパパパ」の音は出せたので、出せる音が増えたかどうかという点では変わりはないけど、とにかく今までになかったぐらい、ジ~ッとママの口元を見てその動きを真似るという大発展。

今までは何か新しいことをインプットするには「音声」から入っていくあやたん。

この辺が視覚が弱い所以。だから、動作を見て覚えるのはとても苦手で、音から入る。

もしくは、あやたんができる動作や自分で体得した動作に音声を結びつけて覚えさせるというパターンが多いのです。

ママが手と音声を添えて動作を覚えさせると、その添えたママの手まで一緒にセットされてしって・・・。

たとえば、「は~い」という手を挙げてのお返事や「いただきます、ごちそさま」と手を合わせることがそんな風にインプットされてしまった。

だから、見て真似ることができたことにママは感激なのです。

あやたんの目とママの口元という近い距離と欠けた視野おさまる狭い範囲というのが良かったんだろうな。

それに、何より観察しているという視線があった。

でもって、「プ~」とか「プププ」とか口をすぼめてやってみたら、真似しました!!!

上手に「ププププププ」と口は泡泡です(笑)

今まで吹くことができなかったのでこれまた一歩前進です。

あれだけねじれて心配だったあやたんの舌。(舌も左右の緊張差がある?というぐらいでした)

今では「そんなにねじれてたの?」と先生方に言われるほど目立ちません。

口を動かす、いろんな音で声を出す。そしてよく笑う。

あやたん、自主トレの成果です。

« 太宰府市で講演 | トップページ | 10月の定例会 »

育児・発達」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/37352090

この記事へのトラックバック一覧です: 「プププププ~」:

« 太宰府市で講演 | トップページ | 10月の定例会 »