フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 子育てセミナー1回目終了 | トップページ | こどもフェスティバルへ »

退院後に引きずっていたもの

10月29日 金曜日


約一ヶ月ぶりのあやたんの整体。

今年は、整体に来る度に、「痙攣が…」とか「入院が…」とかの報告から始まってるよな~。

今回も月初の肺炎での入院報告から…。

あやたんを見るなり「右手が全然開いてない」と右手から。

ただでさえ使わない右手が、深刻なほどガチガチだよ~って。首、肩からガチガチ~。

そして、一時間、右腕右手集中治療になりました。


原因は…そう点滴。



入院当初は左手に点滴をしていたのですが、液漏れしてしまい右手に変更。

先生、「そうだろ、そうだろ。辛かったね」


たしかに、使わない右手を点滴でさらに使わない、使えない状態で固定して数日間を過ごしました。


他にも血液検査だなんだと注射針が登場し、多分、右手に点滴を入れるとき、かなり筋肉が緊張、硬直し、抵抗しながら針を入れられたのではと思うのです…つまり、その変な力が加わったことで筋肉の断裂がおき、さらにそのまま固定されてしまったということ。

退院してしばらくは手を触られることに異常なくらい嫌悪感を示していたことからも想像できます。

先生から次回こういうことがあったら、予約前でも来ること…と言われました。
はい、そうさせていただきます。


痙性まひ…やっぱり硬直しやすいんだよね~。

そして、使う頻度の左右差から、胸板の厚さにもいびつさが出てき始めています。側弯とともに警戒していたことです。毎日見てるとあまり気がつかないのですが、一ヶ月に一回の先生にとっては一目瞭然。


やれることが増えているのも事実ですが、左右アンバランスなままやれるように自分で体の動きを調整してるんだろうな~。それはそれでスゴイことなんだけどね。

ずいぶん上手に座れるようになってきたけど、まだまだ姿勢を矯正するためのパット、クッションを椅子から完全になくすのは危険なんだろうな~。

車椅子作る時も妥協できませんね。


ということで、あやたん、号泣の一時間でした。

次、点滴するときはストレスになっても左手にしてもらおー。

« 子育てセミナー1回目終了 | トップページ | こどもフェスティバルへ »

リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/37478369

この記事へのトラックバック一覧です: 退院後に引きずっていたもの:

« 子育てセミナー1回目終了 | トップページ | こどもフェスティバルへ »