フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 今度はにいたん | トップページ | 「プププププ~」 »

太宰府市で講演

10月19日 火曜日

午後から太宰府市社会福祉協議会さま主催の住民福祉講座で講師としてお話をさせていただきました。

太宰府市在住のカンガルーのメンバー3人の体験談を話すことは、早い段階で決まっていたのですが、全体を何をどうまとめようかと悩みました。

対象は一般市民・・・と言われてますます・・・ううううっ。

民生委員さん方が多くいらっしゃるということで、とにかく超低出生体重児のこと、お母さんたちがどんなことを思いながら育児をしているかを知ってもらうことかなぁと・・・と思いパワーポイント作成作業。

社協さんからいただいたタイトルは

『小さな命の輝き~未熟児の出産から家庭での育児~』

メンバー3人の話は、

5カ月近い切迫早産の管理入院を経験したお母さんからの出産までの話

23週で自宅で出産したお母さんの出産からNICUを退院してしばらくまでの話

生後すぐに水頭症の手術を経験した25週のお子さんのお母さんからは家庭での育児の話

ママは3人の話をつなぎながら、未熟児・・・つまり低出生体重児とは何かなど全体的な話をするというと流れで90分です。

毎回、毎回、緊張です。

上手く伝わったのかな?とか、3人の体験談だけで十分伝わったのに、ママの説明重視の話が感動に水を差しちゃったかなぁ?とか反省ばかり。

全体の話の流れ、構成を考えるのって、やっぱり難しいですね。もちろん、話すスピードや声の調子とか毎回反省です。

しかも、今回は初めて要約筆記と手話ボランティアさんがついていて・・・・ごめんなさい。訳しにくかったんじゃないかなぁと申し訳なく思っています。

しかも、しかも、途中からパソコントラブルで画面が点滅しだし映らなくなってしまって、アタフタとパソコンをいじりながらしゃべったので、話さなければいけないことが飛びまくりです(号泣)

そのまま焦った気持ちが復活できず、講演終了後の質問に対しても、頭が回らず、トンチンカンな回答。家に帰って、なんでこんなふうに答えなかったんだろうと、さらに凹んでしまったママでした。

会場の後ろには、写真展部隊が早くから来て準備をしてくれたお母さんからわが子に宛てた手紙が添えられた写真展のパネルを展示。3人の体験談とこの写真で十分に伝わったと思うので、ヨシとしなければ。(強制的に自分をなぐさめています)

1500g未満で産まれる赤ちゃんは、全出生数の1%の存在。1000g未満になるとさらに少数派です。

地域の子育てサークルや自治体の乳幼児健診で辛い思いをしているお母さんたちもたくさんいます。

ひきこもり状態で外に出れずにいるお母さんがいます。

虐待につながるリスクが高いとも報告があがっています。

やっぱり地域で子どもたちを育てていかなければいけないし、地域で生活をしていかなければいけないと思っています。

そのためにも、こうやって地域の方々に知ってもらうことって大切だなぁと思っています。

会のメンバーが活動する会場探しで、たまたま社協さんとお話したことがきっかけで決まった今回の講演。ひょんなことから輪が広がるんだなぁと改めて実感しました。「私一人がお話を聞くのはもったいないから」って企画をしてくださった社協の職員の方、素敵なチャンスをいただきありがとうございました。

準備、登壇してくれた会のみんなもありがとうございました。

そして、いただいた謝金は大切に大切に会の活動資金とさせていただきます。

« 今度はにいたん | トップページ | 「プププププ~」 »

「Nっ子クラブカンガルーの親子」」カテゴリの記事

コメント

★ぎょんちゃんさんへ★

こんにちは。三年続けるといろいろな方とのつながりがどんどん広がっていきます。今、住んでいる市だと年に数人生まれるかどうかね存在。法律、行政のきまりの網の目から漏れてしまう出来事もありましたからね〜。とにかく知ってもらうことかな〜ってhappy01

相変わらず活発に色々な所で活動されてるんですね( ̄ー+ ̄) 
改めてすごいな~と感動しましたhappy01
こちらから訴えかけていかないと、わずかな1%達の存在は世の中に知られていきませんもんね。
素晴らしい活動だと思いますshine

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/37325194

この記事へのトラックバック一覧です: 太宰府市で講演:

« 今度はにいたん | トップページ | 「プププププ~」 »