フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« にいたんの作文 | トップページ | 退院後に引きずっていたもの »

子育てセミナー1回目終了

10月27日 水曜日

福岡県地域福祉財団との開催する子育てセミナー「低出生体重児、病児、障がい児をもつママのためのピアカウンセリング体験会」の1回目でした。

カンガルーの親子以外の方にも募集をかけるというに初めての試みのこのセミナー。ホントに人が集まるんだろうか?とちょと不安があっというのが本音です。

でも、カンガルーの親子のお母さんだけではなく、療育や病院つながりのお母さんや、ネットを見ての申し込みのお母さんなどの参加もありました。

今回は熊本から自立支援センターのピアカウンセラーであり相談員であるやまちゃんをお招きしました。

やまちゃんは、進行性筋ジストロフィーです。電動車椅子でJRで熊本から来てくれました。他に熊本のお仲間の難病支援センターの相談員をされていてお母さん(ご自身も難病の経験者)や病気のために子どものときに視力を失われたというお母さんも来てくださいました。この3人の姿そのままがきっと、いろんな子育てに奮闘中の参加者のお母さんたちの力になったと思います。

さて、このセミナーでは、○○さんという名字でもなく、○○ちゃんのお母さんでもなく、「みーちゃん」とか「れいさん」とか呼んで欲しい名前で名札を作り、お互いを呼びます。これも久しぶりでちょっと気恥ずかしかったかな??

特にお一人で参加されていた方はかなり表情が固かったようですが、みんな、やまちゃんマジックでどんどん表情がゆるんだり、目がしらが赤くなったりしていたようです。

やまちゃんのピアカウンセリングどうでしたか?

本当は体験会でも3時間あるといいのですが、さすがに小さな子どもたちがいるのでセミナーなので2時間が限度。

体験会のあと、時間のある参加者とやまちゃん、そして託児で頑張ってくれた子どもたちも一緒に昼食会を行いました。ここでもいろんな話が飛び交いました。

ママも難病支援センターのお母さんといろいろ情報交換をさせていただきました。

あっという間に時間が過ぎ、解散です。

2回目は11月12日金曜日 ゆっこさんによる体験会です。会場は太宰府南小学校です。

<申し込み・問合せ>  Nっ子クラブ カンガルーの親子事務局E-mail n-kan-oyako@qm.moo.jp

おまけ・・・ 

P1010155_convert_20101030064415

夕方からマンション内のにいたんの同級生のお宅でハロウィーンパーティ。にいたんはどれでしょう??

P1010160_convert_20101030064142

あやたんもちょっとだけ参加してきました。にいたんたちは夕飯を食べ、9時近くまで大騒ぎ!!さすがに一緒には無理です・・・。

にいたんはコレ。画用紙で自分で作りました。

P1010166_convert_20101030064635

« にいたんの作文 | トップページ | 退院後に引きずっていたもの »

「Nっ子クラブカンガルーの親子」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/37452664

この記事へのトラックバック一覧です: 子育てセミナー1回目終了:

« にいたんの作文 | トップページ | 退院後に引きずっていたもの »