フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 「発達」と「体験」すること | トップページ | はかどった? »

弱視の子の運動会は??

9月8日水曜日

盲学校での教育相談でした。教育相談含め、今週は目の専門家の方々に運動会のことを相談してみました。
今のあやたんの状態からは、全てが今すぐの参考になりそうではなかったのですが、今後のために忘れないように記録しておくことに。

運動会のかけっこの時にどうやったら自分で進もうとするかな~と運動会の話しをリハビリの先生としたことから、急に気になって相談してみることにしました。


リハビリでは、ママが声をかけたり好きなおもちゃで進む気持ちを引き出し、進む方向を提示しています。


運動会でおもちゃはないよねって話しになり、かと言ってママや先生の声は周りの歓声や体育館特有の反響音で聞こえないかな~なんて話しになったからです。


ならば認識しやすい光を使う?なんてことに。

そこで、視能訓練の先生や盲学校の先生に、実際のところ弱視のお子さんは運動会でどうしているのかを聞いてみたのです。


やっぱりガイドの人の声やガイドの人と紐で一緒に走る(盲人マラソンでよく見ますよね)これが、一般的のようです。


盲学校や弱視学級のお子さんの場合…

音での誘導だと、生徒さんによってはブザー音を使う子もいるとか。

基本、直線コースを設定するそうですが、トラックの場合、白線を赤い線や青い線なども使うこともあるそうです。


声を頼りに走る子の場合、その子のときは声を出さないようにお願いのアナウンスをするのだと聞いて、なるほどな~なんて思いました。もちろん、声を頼り走るという説明をちゃんとするそうです。

中には認識しやすい光で誘導する子もいるとか。


どんな手段を使うにしろ、いろいろ試してその子にあった一番良い方法で本番に臨むということでした。

・・・結果、今のあやたんにとっては近いところからの声かけが一番良さそうです。

光か?鈴か?なんていろいろ考えたけど、結局はシンプルなのがベストなようですね。


今のあやたんは、自力で立って一人で走ることができないので、ある意味、走ることでの危険はまだ考える必要なし。ずり這いのスピードも「走る」ようなスピードは出ないし。

だけど、目の専門家の先生方と話していると、一人で動けるようになったらなったで、場面場面で考えなければいけないことも増えそうですね。

弱視のお子さんの運動会、みなさんはどんな工夫をしてるんだろう??

« 「発達」と「体験」すること | トップページ | はかどった? »

未熟児網膜症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/36686437

この記事へのトラックバック一覧です: 弱視の子の運動会は??:

« 「発達」と「体験」すること | トップページ | はかどった? »