フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 看護雑誌「VIVO」  | トップページ | お化け屋敷 »

サマーボランティアスクール

8月7日 土曜日

いよいよ本番です。社協さん主催の「サマーボランティアスクール」。

当日の詳しい様子は、カンガルーブログでどうぞ。

にいたんには、「今日は先生と生徒だからね。木曜日にリハーサルしてたの見てたでしょ。僕、次、知ってるよって絶対に言っちゃダメだからね」と何度も何度も釘をさしながら会場へ。

会場でヘルパーさんと合流。あやたんは、移動支援でヘルパーさんと会場で過ごします。何度か顔をあわせている学生さんからは、「あやた~ん!!」と遊んでもらっていたようです。ヘルパーさんいわく、ママがお話をしている間、「お母さんは今、先生だからね~」というと静かになるのだそうです。ちゃんとわかってるよって誉めてくださいました。

P1000749_2 

さて、にいたんは仲良しの学生スタッフさんの顔を見つけるとあっという間に走っていっちゃいました。

ママはプロジェクターの準備。そうこうしていると時間になっちゃいました。

今回、何を一番悩んだかっていうと、話す子どもたちの年齢に幅があること。

小学校3年生から中学校3年生と、持っている知識や語彙だけではなく、性教育の部分でもいろいろと差がある年代。はてさて、命の誕生のどこから話すのか、どこまで難しい言葉を使うのか。ちょっとその辺は悩んだのですが、根っこがあんまり考え込まない性格だから、結局、「え~い、どうにかなる」と勢いだけで作っちゃいました。

実際に終わってみてからの反省はいっぱいありますが・・・。これはスタッフの皆さま、こっそり教えてくださいね。

さて、しゃべりも勢いとその場の雰囲気に任せて・・・ママのいい加減な性格はこんな時に役に立ちます(笑)

P1000752_2  P1000787

子ども達は可愛いですね。

素直に反応してくれる低学年のお友達や照れてなかなか反応してくれない男の子やら・・・。みんな大騒ぎで妊婦体験ベストを着用をしたり、赤ちゃん人形を抱っこしたり。

休憩時間にこっそりと自分が産まれたときの話をしてくれた女の子や

持って行っていた本を見ながら「僕も最初はこうだったの?」と妊娠7週間の写真を不思議そうにしていたり。

だってね、人間っぽくないものね。尻尾はあるし・・・。かなり衝撃的だったようです。

そんな触れ合いがとても楽しかったです。

そんな自分たちがお腹にいたころのお母さんがいかに大変だったのかを体験したあとのコキさんの流産、早産のお話はとても心に響いていたようでした。

後で社協さんから、子どもたちがあれだけの時間を集中して話を聞いていたのは今までなかったといわれました。

ママから最後のメッセージ。

「命は奇跡の積み重ね

この世に命を授かり、生まれてきたこと

息をすること おっぱいを飲むこと 泣くこと 笑うこと 歩くこと・・・ 

今まで当たり前だって思っていたこと 実は奇跡の積み重ね

教えてくれた子どもたちにありがとう

ひとつひとつの命にありがとう」

P1000814

その後、グループディスカッション。あやたんも一緒に参加です。

前のスクリーンに映っている生まれたばかりのあやたんの写真を見ながら、グループの女の子は何を感じながらあやたんをあやしてくれてたんだろうなぁぁ。

さて、その時、スタッフの提案で社協さんにお願いしていたサプライズ企画「お母さんからのお手紙」が子どもたち一人一人に渡されました。なんだかみんな真剣に読んでいました。

ちなみに、にいたんは「ママ、いつ書いたと??ゆうとくんのママが話している時に書いてたでしょ。僕、見てたよ」・・・それは違います。あれはパソコンの操作をしてたんです。

全体のまとめでしおりに感想を書く時間も、「見るな」「書くことない」と悪態をついている男の子ほどいつまでも鉛筆が動いていました。にいたんは、コキさんの話を聞きながらちゃんとメモを取っていましたよ。

片づけのあと、学生スタッフさんとの反省会。たくさんの感想、コメントをいただきました。この時間がとても有意義だったな。

学生さんたち一人一人の心にも響いていたことがわかり、とてもうれしかったです。

さすがに一仕事終わると、どっとお腹がすきました。スタッフみんなで保健センターのレストランで昼食を食べて帰ることに。

さぁ、夕方はママの学生時代の後輩とパパの友人という夫婦予定(!)が来ての夕食会。

買い出しだなんだと一日大忙しでした。久しぶりの再会で楽しいひと時。にいたんも大ハッスルです。朝から晩までその元気はどこから出てくるのでしょう??ってぐらい。

いつまでたっても招待状を持ってきてくれないこの二人・・・ついつい年齢的なものを心配してしまいます。リスクが高くなるぞぉぉ。ママが言ったら脅しになっちゃいますね。

そんな楽しいひと時。ママはあっという間につぶれてしまいました。

翌朝、一人寝坊していたのはママです(苦笑)あっ、あやたんも一緒にね。・・・パパ、ごめんね~。

« 看護雑誌「VIVO」  | トップページ | お化け屋敷 »

「Nっ子クラブカンガルーの親子」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/36102066

この記事へのトラックバック一覧です: サマーボランティアスクール:

« 看護雑誌「VIVO」  | トップページ | お化け屋敷 »