フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« にらめっこ・・・ラストスパート・・・ | トップページ | 保育所の保護者学習会 »

折り紙の先生

8月26日 木曜日

お盆に一人でばあちゃん家に泊まっていたにいたん、すっかり折り紙に夢中になって帰ってきました。

それは、ばあちゃんのお店で今やっている(~8月31日)折り紙展の先生の影響。去年から知ってるのですが、どうやら一人でお泊まりのときにちょうどテレビ取材が入りさらにその先生のすごさのとりこになってしまったようです。

夕飯を作っているとばあちゃんから電話。「今から放送されるよ」ということで、にいたんと二人、餃子を包んでいた手をそのままにテレビの前に釘付けになっていました。

にいたんもちょこっとだけ映りました。

最後にスタジオで紹介された折り紙で作ったマスコットのミランバくん。「あれね、僕が持っていってねってお願いしたんだよ」とにいたんは誇らしげでした。

・・・ローカルニュース(サガテレビ)だったので、この折り紙の先生のことはこちらの地元新聞記事で。

ばあちゃんのお店は授産施設で作られた製品を売っています。つまり、身体、知的、精神、いろいろな障害を持った方々とその支援員の方々がたくさん出入りをします。

彼女は高次脳機能障害。

最近、この高次脳機能障害を取り上げる新聞記事が続いているように思います。それだけ知られていない、理解されていない障害です。

さて、ばあちゃんと彼女の出会いは、ちょうどあやたんがてんかんの診断がおりた頃。彼女もまたてんかんを持っていて、発作を抑えるための海馬の手術を経験しています。

彼女は障害を持ったことでたくさんの人々と出会えたこと、いろいろなことを知ったことに対して感謝する言葉を日記をっづいいていることがとても印象的です。

あやたん達のように生まれてくるときのトラブル、成長してからのトラブル・・・・当人も、母親も、そして家族も闘いの毎日。いろいろあるけど、放送の中で彼女や家族会の代表の方の言葉のように、やっぱり「命があってよかった」。

「嬉しかった」「ありがとう」と言える、また言ってもらえる人生を歩めるかどうかは、障害の有る無しではないんだということを彼女の姿を通して改めて考えました。

ありがとう。

それにしても、あの素敵な折り紙は驚愕ものですよ!!

記事で紹介されているのはパネルになっているもの(←すっかり影響を受けたにいたんの夏休みの作品もこのパターンです)ばかりですが、蟹とか魔女とか、何をどやったらそんなものが作れるのかとても不思議です。脳ってホントに不思議で素敵です。

彼女は、折り紙協会の師範ですからね。

ということで、折り紙展今月31日まで。(日曜日はお休みです)

場所はピアショップ田でんです。

« にらめっこ・・・ラストスパート・・・ | トップページ | 保育所の保護者学習会 »

ママがもらった勇気の言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/36401962

この記事へのトラックバック一覧です: 折り紙の先生:

« にらめっこ・・・ラストスパート・・・ | トップページ | 保育所の保護者学習会 »