フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 予定通り開催します | トップページ | 1泊1日入院 »

7月の定例会&遊びの広場

7月15日 木曜日

雨を心配しましたが、予定通りにカンガルーの親子の定例会(午前)と遊びの広場(午後)を開催することができました。

お空相手じゃどうしようもないですが、ほんとハラハラしました。

今月の定例会は、乳児、小児をメインとした「救命救急講習会」です。

定例会の様子は、カンガルーブログのほうに書いたので、こちらをどうぞ。

実技の間、ママはカメラを片手に、あっちのグループの話しに加わったり、こっちのグループに加わったりしてました。

救急車のお世話になる確率は、一般的な子育てサークルより間違いなく高いです。いつ自分の子がそうなるかわからない。いや、なりそうだったという経験者がやっぱりいました。…だから、みんな真剣です。

テキスト片手にしながらも、実技は少々パニック気味。これが本当だったら、もっとわけがわからなくなりそうだという声がアチコチから聞こえてきました。

はい、いざというとき、ホントにわけがわからなくなります。

講習会の中で手順を改めて確認すると、4月のあやたんの痙攣の時はホントにパニックで目茶苦茶なことをしてたな〜と改めて思います。

過去2回、講習会を受けていてこうなんですから…もし、一度も受講していなかったら、ただただ右往左往していただけでしょうね。

そう考えたら、毎年必要な企画なんだろ〜な〜。

定例会の最後にママの経験も踏まえて、
氏名、生年月日、連絡先、病歴、薬、アレルギー、
かかりつけ病院と主治医、医師からの指示事項などをまとめたシートを母子手帳や保険証と一緒に携帯することを提案。

パニックになったときはちゃんと説明ができないものです。
それにシートを見せることで搬送までの時間を短縮することができると消防署の方もおっしゃっていました。

まあ、まさかそのことを夜、再確認することになろうとは…(泣)

定例会のあとは遊びの広場へ。

定例会には、お子さんがNICUで頑張っているお母さんが初参加、新メンバーとなりました。

午後の遊びの広場でも、在宅酸素で頑張っている新メンバー親子さんの参加がありました。

他にも遠方にお住まいのメンバーが検診の帰りに参加してくれたり、転勤先から帰ってきたメンバーの参加があったりしてかなり賑やか。久しぶりに顔を見れて嬉しかったです。子供たちの成長した姿に感激でした。

あやたんのお迎えの時間があるので、途中で帰ってしまったのが申し訳なかったです。
でも、新しいお友達、久しぶりのお友達もすっかり輪の中に入れていたようで安心しました。
よかった、よかった。
カンガルーの親子では、笑って、泣いて、泣いて、笑って。悩みは不安、全部吐き出しちゃってください。

そうやって一歩ずつ前に進んでいけたらな〜って思います。

« 予定通り開催します | トップページ | 1泊1日入院 »

「Nっ子クラブカンガルーの親子」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/35798002

この記事へのトラックバック一覧です: 7月の定例会&遊びの広場:

« 予定通り開催します | トップページ | 1泊1日入院 »