フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 保護者会デー | トップページ | 突然、家庭訪問になっちゃった »

6月のカンガルーの定例会

6月17日 木曜日

6月度のカンガルーの親子の定例会でした。

今月はゆっこさんを講師にお招きしてピアカウンセリングを体験してみました。

昨年、有志で連続講座を実施して以来1年。その後、新しいお母さんが増えてきたので、定例会の中でお試しバージョンです。

・・・やっぱり1時間半じゃぁ短いですね(苦笑)

わかってはいましたが、ともかく、今回は「お試し体験」と割り切って。

参加者の半分が去年の講座経験者、半分が全く初めてだという人。いい具合に半分ずつで、経験者と未経験者でペアになれました。

ゆっこさんからまずはウォーミングアップとピアカウンセリングの言葉の意味やルール、マナー的な説明をしてもらい、まずは1分間(内容はフリー)その後、5分ずつ(こっちは子供を産んだ時のこと)お互いの話を聴きあってみました。

やっぱり今でもぐぐっと当時のことが蘇えってきます・・・。

共感して聴くこと。同情、同感ではないよ・・・っていう点はやっぱり難しいですね。初めての方はなおさらそう思ったかな?

でも、それでいいんです。

ピアカウンセリングのルール・・・つまりお互いが時間を分かち合い、相手の話を横取りせずアドバイスをせずに傾聴すること。共感してもらえるその安心感の中で話をすることがどんなことなのか。

普段のおしゃべりでのストレス発散とはまた違う、その安心できる空間を知って欲しかったんです。

特に新しいお母さんは最初は聴いてもらうばっかりかもしれませんがそれでいいと思っています。聴いてもらって、きっと次のお母さんのお話を聴く役にも自然となれます。

・・・っていうか、みんなちゃんと新しいお母さんの聴き役になっていってるんです。

ピアカウンセリングの考え方、傾聴という心構えができるともっともっとカンガルーの親子は素敵な空間になるはず!!



共感しながら聴いてもらう、そして聴く。
傾聴してもらい、傾聴する。


気持ちをわかってくれる人がいるという事は本当に支えになります。



さてさて、我が家ではそのピアカウンセリング、傾聴の精神を発揮してるか?
ハハハ、怪しいママです(苦笑)。

« 保護者会デー | トップページ | 突然、家庭訪問になっちゃった »

「Nっ子クラブカンガルーの親子」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/35404352

この記事へのトラックバック一覧です: 6月のカンガルーの定例会:

« 保護者会デー | トップページ | 突然、家庭訪問になっちゃった »