フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

にいたん、代休日

5月31日 月曜日


にいたん、運動会の代休で、朝のリハビリに久しぶりについてきました。

リハビリについて行きたいというより、保育所についていきたいにいたん。リハビリから直接行くので一緒に朝から出掛けました。


保育所について、あやたんを先生に託して、そのままにいたんと車でお買い物。
後部席の隣にあやたんがいなくて、なんだか物足りなさそう。お留守番でいないのではなく、送り届けてしばらく居ないのが不思議な感じ~と言ってました。


帰り道、あやたんと一緒だと行くことがないラーメン屋さんで二人っきりのお昼ご飯。

やっぱりなんか物足りない。

家に帰り着いて、家で事務仕事をしているパパが「あやたんは?…あっそうか」と。

まだまだ家族も、新しいあやたんの週間リズムに慣れてませんね(笑)。

夕方、保育所からそのまま久しぶりに小児整体へ。
痙攣やら咽頭炎やらで体調崩してばかりのこの一ヶ月、家でのマッサージもおろそかになりがち。体調の悪さそのものもあるし、体のあちこちがかなりこわばっていた様子…。

でも先生から、一ヶ月で精神面ではすごい成長してるな~と言ってもらいました。

嬉しいな~。

4月、5月からの新しい生活リズム。あやたんにとってプラスになっている証拠…だよね。

メール再送信のお願い!!!!

5月28日(金)午前5時から5月29日(土)午後9時の間に

ママのパソコンにメールを送信してくださった方

大変に恐れ入りますが、メールの再送信をお願いいたします!!!!

外出先で携帯からメールが何通か来ていることだけはチェックしているのですが、

運動会が終わり、落ち着いたところでパソコンを立ち上げ、メールを再確認している途中で突然電源が落ちてしまい、再度、立ち上げたら、メールが消えてしまっていました。

こんなことってあるの??状態ですが、削除済みトレイにも残っておらず、全く一体何なのよ~って感じです。

恐れ入りますが、お心あたりのある方、宜しくお願いいたいます。

にいたんの運動会

5月29日 土曜日

早朝から何度もベッドの中のあやたんを見に行き、発熱はないか、けいれんはないか、ドキドキでした。無事にいつものとおりのあやたんでお目覚め。にいたんもホッとした様子で先に登校です。

お弁当はばあちゃんにお任せしていたけど、やっぱり気になるので、おにぎりとにいたんの好きなウインナーだけは準備して学校に向かいました。

見事な五月晴れ!!

100529_110821

朝からパパは学校に行って大きな木の下に場所を確保してくれました。

ホントはテントの中を確保するつもりがすでに満員御礼。でも、逆にテントのほうが暑いとお友達が言ってました。

だから、逆によかったみたい。何しろ、見事に一日中、大きな木陰を作ってくれて、木漏れ日が気持ちよく、風もほどよく。とても過ごしやすい一日でした。

日向に出るとあまりの暑さにクタ~となるあやたんも、ここだととてもご機嫌でした。

にいたんも、暑さにも負けず、大きな絆創膏に負けず(?)思いっきり走って、演技をしていました。顔が日焼けですごい真っ赤っか!!

100529_110926_3

あやたんは音楽にノリノリです。 お昼ご飯の後は、毛布にくるまって気持ちよさそうにお昼寝してました(パパも?)。

100529_133027

閉会式も終わり、木陰でにいたんを待っているときのこと。

ある1年生の女の子がやって来て、あやたんを「可愛い、可愛い」とおしゃべりを始めました。

よくある光景。赤ちゃん、小さな子の大好きな面倒見のよいお姉ちゃんなんだろうなぁ。

でも、次、その女の子から出た言葉・・・「この子、目、見えてる?この辺だったらわかるかな?」とあやたんにぐっと顔を近づけたのです。そして、あやたんに顔を触られて「アハハ」と笑っているのです。

ママもばあちゃんもちょっと驚きました。

「見えてる?」の言葉がとっても自然に出てきて、とっても自然に顔を近づけたから。もしかして、視力の弱い人、何かトラブルのある人が身近にいるのかな?って思っちゃいました。ふつう、この年齢の子に、相手の視力が弱いってすぐには分からないのでは?特にあやたんは眼鏡でもないし、黒目はちゃんと動いているから。

そんなこんなの運動会の一日。無事に終わりました。

にいたん、さらに顔が真っ赤っかです!!!

長い一日

5月28日 金曜日 続き…

ただいま夜の10時半。あやたん、お家のベッドで寝ています。

みなさん、メールありがとうございました。入院せずに、夕方、お家に帰ってくることができました。

痙攣止めが点滴から入って、ひたすら寝ていました。

救急から小児外来の一室にベッドを移してほぼ一日そこで過ごしました。

起きて、座って、抱っこしたら嘔吐。体を起こしているのがきついのか、すぐまた横になり、眠ってしまうの繰り返し。

外来の診察室の並びなので、主治医もちょくちょく様子を見に来てくださり、新生児科の主治医も忙しい合間にのぞきに来てくださいました。
外来の看護師さんも顔見知りだし。
知っている医師、看護師さんが様子を見に来てくださり、おしゃべりできるのが何よりの救いでホッとします。

まあ、そんなことを繰り返しながら夕方4時過ぎやっと本格的に起きだし、パンとヨーグルトを完食。
先生から帰ってOK!

バンザ〜イ!!!

だって明日はにいたんの運動会なんだもん。

パパが出張先から車を飛ばして病院に来てくれ、にいたんを預かってもらっていたお友達のお家経由でやっと帰宅です。

一日が長かった…。

一日長かったのはにいたんかな。学校に行く前に救急車で病院に行ったので、不安な中の登校。
かなり様子が変だったらしいのです。そりゃ、そうです。

学校では珍しくお友達とのボールの取り合いになって譲らなかったとか(担任の先生談)、下校途中に豪快に転んで大きな擦り傷を作ったとか(預かってくれたお友達のお母さん談)

「明日、あやたん、来れると?」
「つれて行くよ」

やっと、ちょっとだけ笑ってくれました。
嬉しい反面、明日の朝にならないとわからないことも十分に承知してるんだなぁ。

ということで、いざという時すぐに車が出せるように校内の駐車場の使用許可も教頭先生からももらったし。準備万端。(学校の先生方もあやたんの状況をご存知なので、こういう時、簡単な説明で事足ります)

明日、何事もなく一日が終わりますように。

にいたんの笑顔がいっぱい弾けますように。

朝からけいれん

5月28日 金曜日

ただいま、午前10時半過ぎ。かかりつけの大学病院に部屋着という超ラフな格好で来ています。

はい、またまた早朝、けいれんと嘔吐を起こして救急車で朝7時病院にやってきました。

先月のことがあるので、けいれん止めのダイアップは救急車の中で入れました。
おかげで救急センターでも意識はある状態。でも病院に着いてしばらくたってもけいれんは止まらず。

点滴から少量のけいれん止めを入れることに。前回のこともあるのでまずは一番少ない量から…。

即効でけいれんはストップ。で同時に、やっぱり呼吸が浅くなり…。ん〜、ここが問題だ〜。

すぐに眠りに落ちました。

お昼前までに起きれば入院はしなくてもいいだろうと主治医とは話しています。
顔色、その他、前回よりは状態がいいのであまり心配はしていません。

ただ薬の量は増えることになりそう…。できれば避けたかった。

季節の変わり目だけではなく、今、あやたんの体の中でいろんな変化、大きな成長が起きているのかな。だからこそ起きる変調=けいれん。

そういうふうにママは受け止めています…。

今、とっても気持ち良さそうに寝息をたてて眠ってます。

発達クリニック

5月27日 木曜日

あるご縁でカンガルーの親子にお電話をちょうだいした先生。
まずはどんな方なのか、何をされている方なのかを知るべくその先生の発達クリニックに行ってきました。

奥様もカウンセラー、保育所長の経歴をお持ちで、ご夫婦でたっぷり2時間以上、いろんな話・問診をしながら、あやたんの様子を見ていただきました。

先生は医者ではないのですが、医大とかの講師もされていた方です。
大学を退官されてご自宅に戻りクリニックを開かれているのだとか。今でも県外からも患者さんがたくさん来ているのだそうです。

「発達小児科学」…。

ママ、上手く説明できません。日本ではこの分野はあまりないとか。

病院とかで「今は様子をみましょう」と言われるよりは、こんな風に先生とゆっくり話しを聞いてもらい、ゆっくり子供を診てもらう…そんな場を求めているお母さんは多いだろうな〜と思います。

脳のお話、生活のお話…なんだかすべてが天地がひっくり返るようなお話でした。だから、人(お母さん)によっては混乱するかもしれないなぁ…というのもママの感想のもうひとつの側面でもあります。

まずは、先生の著書をいただいたのでじっくり読んでみたいなと思います。

そして、できればクリニックに通われているお子さんに会ってみたいです。

午後からは久しぶりに盲学校のさくらんぼ教室、夕方は保育所の保護者学習会。
あっちでもこっちでも、元気にズリ這いで大移動をして笑顔をふりまいていました。

着替えの練習

5月26日 水曜日

たんぽぽ組さんのあとのOT。
大好きなビー玉をコロコロと落として遊ぶツリー型のおもちゃ。あやたん、一生懸命に手を伸ばしてビー玉をツリーの上の方に置こうとします。
ビー玉が落ちるときに出るこのカラカラカラという音が好きなんだよね〜。

途中から下に落ちたビー玉を丸い円柱のカンカンに入れる先生。そのカンカンの中に手を入れて、ビー玉を取り出して、またツリーに置くんだよ…と導いていきます。

視力が弱いあやたんは、最初はカンカンの中に手を入れることが怖いし、ビー玉が入っていることに気がつかず(耳では分かってるけど)手を入れようとしません。

何度かやっているうちに中から上手にビー玉を取り出せるようになりました。

単純に入れ物の中から取り出す練習かと思いきや違いました。

お着替えにつなげるための練習だったのです。

手、指先を器用に動かせないあやたん、筒にあわせて手や指をすぼめて入れる…つまり袖に手を通すための練習だったのです。

なるほど〜。

手の動き、指の動きを見ていると納得です。

途中から筒に靴下をかぶせて、靴下の中に手を入れる…。素材が変わったとたん、感触の変化に驚いてなかなか手を入れられませんでした。これも、何度かやってやっと中からビー玉を取り出すことに成功。

ヒトコマのリハビリの間に怖いこと、嫌なことを克服してできるようになってきているのも、すごい進歩だな〜と感心したママでした。

なんか物足りない

5月24日 月曜日

リハビリが終わったあと保育所へ。15時半までしばしの別れ…。

そのまま一人でスーパーに買い物に行き、家に帰って残り物で一人の昼食。
フッと気が抜けると睡魔が襲う昼下がり。

なんか変な感じ…。

もちろん、今までもお留守番をしてもらっている間にパパッと一人で出かけることはあったけど、なんだろう、何かが違う。

車に乗っててもついついルームミラーで後部座席を確認してしまう。

なんか物足りな〜い。

たかが数時間、されど数時間。保育所から呼び出しがあったらいつでも行ける体制はとっとかないといけないから気持ち的には完全にフリーではないんだけど。
社協に用事があって出掛けたときも、社員さんに「あれ?」と抱っこのジェスチャー。

ママだけでなく、他の人もなんか物足りないって?!

あたちも歌うよ

5月23日 日曜日

先月から、にいたん合唱団に入りました。
小3から入団資格のある、野球チーム、サッカーチームの誘いにはさっぱり乗らず、歌は歌いたいな〜ということで。
練習も月1回程度と、そこまで本格的ではないのですが、親ではない人からの指導、学校とはまた違う先生やお友達、これもまた成長のためには大切な過程です。

ということで、午前中、あやたんも連れて練習見学です。(ママはほかのお母さんとのおしゃべりが楽しくて)

子供って面白いですね。前回からなんだか気が合うお友達ができたようで、二人でじゃれあってます。
学校は違うみたい。
「学年は?名前は?」って聞くと「知らん」というにいたん。それでもOKなんですよね。仲良しのお友達になってます。(あとで聞いたらひとつ上の学年でした)

さて、あやたん。
「ア・エ・ア・エ・ア・エ」という発生練習が楽しいようで、一緒になって大きな声。

リトミックの時間もなんだかリズムにあわせてノリノリ!
ちなみににいたんたちは、手足バラバラの拍数での行進にこんがらがってました(笑)

やっぱりあやたんには音楽が必要だな〜。

月曜日に行ってた療育相談室のリトミックは、今年は時間的には無理。
やっぱりMiekoさんとこに行くこと検討しようかな〜。
…ってまたスケジュールを詰め詰めにしようとするママ。
悩むところです。

クッキング・トイね〜!

5月21日 金曜日

今週のOTも実習の学生さんが一緒のリハビリでした。
個室でのリハビリの途中、ドアをそ〜っと開けて、部屋の中を覗き込む顔が…。
先生に促され中に入ってこられたのは、以前のあやたんのOT担当だった先生。
赤ちゃんを産んで、育児休暇が終わり、現場復帰だそうです!!
一年って早いな〜。

あやたん、三人の先生に囲まれてのリハビリになりました。

やっぱり、元担当の先生のマジックはすごかった。というか、セラピストとしての感覚は鈍ってなかった。
今までできなかったマジックを持っての殴り書きに成功!もちろん先生が手を添えてですが、今まではマジックを持ちたくなくて、放したくて仕方なかったのですから…。(あっ、ダジャレじゃないですよ)

ただ、途中からあやたんは不服そうな顔。

というのも、マジックでグリグリと色を塗っては、りんごさ〜ん!バナナさ〜ん!カレーライス!と食べる真似。

このところ触るのが大嫌いなのを克服しつつあるのですが、たんぽぽ組さんで小麦粘土遊びや砂遊びですぐに口に入れちゃうので制御されてちょっと面白くないこの頃のあやたん。

それに、大好きな食べ物の名前を言ってくれるのに、食べれないじゃないのよ〜とあやたんは不満なのです。

その様子を見ていた元担当の先生…「食育玩具がいいかもね」と。

ホントに食べれる物が作れるおもちゃのこと。
「クッキング・トイ」で検索するとけっこうあるんですね。(これならお菓子作りの才能がないママでもOKかも…って目的が違うぞ)

なるほどね〜。
たしかにモチベーション上がりそう。

ちなみに来週からのOTは本物のパンを持参しての訓練になりました。
食いしん坊あやたんには一番の訓練方法かも(苦笑)

にいたんとお風呂

5月20日 木曜日 続き…

にいたん、突然、あやたんをお風呂に入れると言い出しました。

みんなでお風呂タイムにして、湯舟に抱っこして入りたいのかと思ったら違いました。

全部、一人でお風呂に入れるというのです。

あやたん、初めてにいたんと二人だけのお風呂。

こっそりドアを開けて覗いてみたら、ちゃんと髪の毛を洗ってあげてました。

湯舟には、耳を押さえて入ってました。というか浮かべて(?)ました。

にいたん、背中もお腹もちゃんと洗ったよ!と自信満々。

にいたん、すごすぎます。

…でもやっぱり、道徳のことが心の中にあるのかな。

初めてづくしの定例会と総会

5月20日 木曜日

朝9時前、あやたん保育所登園です。先週までは慣らしで給食まででしたが、おやつのあとの3時半まで保育所で過ごす初めての日です。

さあ、大丈夫かあ〜。
と心配しつつ、あっさりとバイバイをして(ママがね)保育所をあとにしました。

カンガルーの親子の定例会と初の総会に出発です!

あやたん無しで行くのって初めてです。
それでも荷物が相変わらずいっぱいです。

さて、今月の定例会は初めて別室で完全託児での開催でした。お子さん連れのお母さんたちはドキドキだったかな?

これも助成金がおりたからできること。
2部屋の代金に、託児スタッフの人数をしっかりと確保したらけっこうな金額です。

カウンセリング講座が一緒の看護師さんもボランティアでお手伝いに来てくださいました。ありがとうございました。

そんなドキドキでスタートした定例会は「就園について」の勉強会&座談会。

年少さんから行かせるか、年中さんから行かせるか。
保育園か幼稚園か。通園施設か、二重通園か。

子供の性格、性質もありますよね。

ホント、いろんな選択肢、考え方があります。

運動会を見に行くのも判断材料としていいみたいですね。

講師の先生、先輩ママたちの体験をみんなどんな風に感じながら聞いたのかな?

あやたんは実際に集団保育を考えて動き出して約1年での保育所入所でした。
まずは肢体不自由児の通園施設での保育をスタート。地域の保育所の交流保育に通いながら入所に向けての話し合い。座位保持椅子などの準備やサポートブックの制作。新年度4月からよりも先生も生徒も落ち着き始める5月入所でという市と保育所の提案で今月無事に入所し、二重通園の生活がスタート。そんな流れでした。

ママは地域で育てたい、校区の小学校に入れたいという願いがあるので、こんな選択をしてみたのです。

さて、定例会のあとは、これまた初めての総会です。
時間が押しまくってすみませんでした。

ともあれ無事に大仕事がすみ、あやたんのお迎え。

ちょっと時間より早めに行き、廊下からこっそりおやつの様子をのぞき見。

お友達に気づかれちゃったけど「シーッ。まだ来たって教えちゃダメ」とジェスチャーゲーム。ちゃんと理解(?)して、来たことを内緒にしてくれました。

おやつは大好きなバナナ。先生の手をつかんで、「早くちょ〜だい」と催促しているあやたん。完食でした。ちなみに給食のカレーライスも完食だったそうです。ただし、お昼寝はせず。

感動の再会でまた号泣か?と思ったら、意外にも短時間のちょい泣きで終了。

帰り道は大はしゃぎで大声を出してました。

意外と慣れるの早いかな〜なんて思ったりしています。

初めてづくしの一日。さすがに頭がボ〜。ここちよい脱力感です。

道徳の時間とクラス懇談

5月19日 水曜日

朝からたんぽぽ組さんを頑張ったあやたん。
帰り、駐車場で携帯をチェックすると保育所からの着信履歴。

なんだろ?

かけてみると「夕方のクラス懇談会に来れますか?」でした。
完全に忘れてました。よかった〜、電話をもらって。

家に帰り着くと、今度はにいたんの担任から電話が…。
先生から「先に話しておかなければいけなかったんですが…」と。

今日の道徳の内容のことでした。

ある車椅子で生活する男性の一日を通して「障害」について学ぶという授業だったそうです。(「障害」という言葉使っての授業は、この単元が小学校に入って初めてらしいです)。

小学校3年生。

きっと「障害」「障害者」という言葉そのものを初めて聞く子が大半でしょう。
きっと障害を持つ人を身近に感じたことがない子がほとんどでしょう。

先生は、車椅子の人にとって階段は障害だし、歩道にたくさんとめている自転車が障害になる。みんなは困っている人がいたらお手伝いができる優しい心を持ってね…といった内容でまとめられたようです。

授業の途中、にいたんの表情がパッと変わり、先生の説明が腑に落ちなかった様子だったと…。

もちろん、担任の先生はあやたんのことをご存知だし、考える会の大きなイベントにもいつもお手伝いに来られている先生。

にいたんにとってはそんな綺麗事の話しではないんですものね。

毎日があやたんと過ごす日々だから。

ばあちゃん家にいけば、ママの弟がいるし、お店には作業所の人が納品に来たり、お買い物に来たり。

身体、知的、精神…いろんな障害を持つ大人も子供も身近に接する機会だらけ。
ママもリハビリやシンポジウムににいたんを連れていく。

だから、周りがどんなに優しく手伝ってくれても、歩けないものは歩けない。しゃべれないものはしゃべれない。それは何も変わらない…。

障害って、階段や置いてある自転車のことなんかじゃない!
その人の歩けないこと、目が見えないことなんだ!

きっと、にいたんの心の中はそう言いたかったんだろうな。
だから、道徳の話しは納得できなかったんだよね。

そして、電話を切って、あわてて保育所の初のクラス懇談会へ。
お父さんの参加もあったクラス懇談会。こじんまりしつつかなり賑やかでアットホームな雰囲気でした。

最後に先生からあやたんが入ってきたことでの子供たちの変化をお話してくださいました。
「障害」という説明は当然3歳の子供にはありません。でも、自然と援助ができ、仲間になっているのです。いつもあやたんのお世話をしてくれる子が、実は末っ子の甘えん坊さんだということもわかりました。喧嘩っ早い子があやたんには決して手をあげないのです。

お友達の家で夕飯を食べて帰ってきたにいたん。あやたんのベッドの中にやって来て「最後に言うの忘れとった」とあやたんをギュー。

あやたん大好き!
これからも頑張ってね

にいたんの目、ちょっぴり赤かった…です。

診察&診察&診察

5月17日 月曜日
5月18日 火曜日

保育所もたんぽぽ組さんもお休みして、診察がいっぱいの二日間でした。

月曜日はリハビリのあと、そのまま小児整形のドクター診察、装具のチェック。

装具履いたまま、うつぶせから座るあやたんを見て先生、ビックリでした。

なにせ装具を作る前、きっとあやたんがうつぶせから座るのに装具は邪魔になるだろう…とみんなで心配してたんです。
ところがいざ出来上がると、運動能力がさらに上がっていて、ガンガン動き回ってます。

「動く子はいいね〜」の先生の言葉にママは嬉しくなっちゃいました。

そんなあやたん、実は朝から目ヤニ、涙目で目が開けられない状態。

整形診察後はそのまま眼科へ直行です。
大好きな看護師さんに声をかけられても「あっち行け」と押しのけてました(苦笑)。

火曜日は大学病院の小児科受診。

待ち時間が長かった〜。前の人がなかなか終わらない…。
ようはそれだけ話しを聞いてくださる先生ということなんですけど…。多分、主治医が神経の先生に切り替わった頃はママも待たせてた口だろうな。

忘れないように、あやたんの薬の相談です。保育所から「やっぱり投薬は…」と言われてその対策を相談しました。

結果、飲む時間帯をずらすことで解決!よかったぁ。悩みがひとつ減りました。そうでなければ給食後、薬を飲ませにだけ保育所に行かなきゃいけないところでしたから…。

なんか久々にあやたんと二人でベッタリ24時間の平日だったような。

3年か〜

5月16日 日曜日

あやたんがお家に帰ってきたのが3年前の5月15日。
16日は、ちゃんと息をしてるのか心配で、ほとんど眠れずに迎えた初めての朝。

あれから3年経つんだな〜。
月日が流れるのはあっというま。

朝からベッドをアスレチックコーナーだと言って、にいたんは布団を丸めたり、山にしたり。

兄妹仲良く、ケラケラ笑いながら布団の中を潜って遊んでました。

家での生活が始まったばかりのあの頃は、こんな日が来ることを想像する心の余裕なんてなかったように思います。

目の前の一日、一日に必死だったような。

ホント、毎晩、毎晩、何度も何度も、口元に耳を持っていき、呼吸をしてるのか確認してたんですからね。
今じゃあ、大イビキで寝ていらっしゃいます(笑)

この春、何組か退院してお家に戻ってきたカンガルーの親子のお友達がいますが、「外出はいつからしてましたか?」という質問が続いています。

その子その子の状態や、季節でも違うでしょうが、皆さん、どうでしたか?

ちなみにあやたんは、5月に帰ってきて、一ヶ月たったから本格的な外出をしようかと思ったら梅雨入り。その後は猛暑。…結局、本格的な外出は秋になっちゃいました。
とは言っても、それまでの間も、にいたんの幼稚園の行事があったので、何かに感染しないかとドキドキしながら連れて行くことが何度もありましたけどね。

兄弟がいると、嫌でも連れて出かけなければいけないから、みんな、悩みますよね〜。

さて、午後からはあゆ母さんと考える会の会長さん、にいたん、あやたんも一緒にショッピングモールの催事場担当者にお会いしてきました。

ホールをお借りして記念イベントできないかな〜というお願いと打ち合わせです。

そう、カンガルーの親子も秋に三歳のお誕生日、丸3年になるのです。

これまた時間の流れは早いな〜と思うのです。

3年って、こんなに短かったかな??

嬉しい報告

5月15日 土曜日

本日、20日の定例会後に続けて開催するカンガルーの親子の初・総会の案内状と委任状の2通のメールをメンバー登録用紙を提出していただいている方に送信しました。
もし、メールが届いていな〜いという方がいらっしゃったらお知らせください。

さて、早速、いくつか返信メールが届きました。

その中に嬉しい報告も!

りょうすけ君ママ、3人目、ご懐妊です!!
(ご本人の了解をもとご紹介、ご報告です)

りょうすけ君を子宮けい管無力症で早産した彼女、ちょうどシロッカー手術をすませ、退院したところだったんですよ〜とのことでした。
しばらくはご実家で安静の日々。
37週まで頑張って10月に帝王切開での出産になりそうです、とのことでした。

お姉ちゃん、りょうすけ君も一緒に頑張れ〜。

早産した人間にとって、次の妊娠、出産はやはり怖いもの。
特にりょうすけくんは早産したがゆえに背負ったものが大きいから、きっと思うところはイロイロあったと思います…。

こうやって、カンガルーの親子のみんなから次の妊娠、出産の報告が入ってくるのは本当に嬉しいし、ほかのお母さんたちにっても希望ですよね。
えっと、妊娠&出産報告は何人目だっけ?

他人の懐妊ニュースを聞くとやっぱりもう一人?なんて思っちゃったりもしますが…ママの年齢がそれを許しません。ハイ(苦笑)。

りょうすけ君ママ、無事の出産を祈っています。

泣いても食べる!

5月14日 金曜日

朝からあやたんは不機嫌モード。

そりゃそうです。

保育所に出す検尿のため、採尿パックはつけられるは、
コンタクトレンズをつけるのに押さえ付けられるはでしたから。

というわけで、不機嫌モードのまま朝一番のOTに突入!
学生さんの見学もあったのに、ごめんなさい。

さあ、リハビリが終わり保育所へ。母子分離でお別れです。といってもまだ練習だから給食終了の12時半まです。

でもね〜、前の日が9時から12時半まで頑張ったから、覚えてるんです。
ここがどこなのかが…。

こういう時は、ママ、さっさと帰るべし!

そして、お迎え。
ママの顔を見たとたん、号泣です。

その上、家に帰る途中に目をつついてコンタクトをずらしてしまい、目が開けられない状態。
またまた不機嫌モードです。

そのまま、お家に帰ってお昼寝。疲れたようで、あまりお昼寝しないあやたんがコテッと寝てしまいました。

ついでに、お目覚めのあとは、にいたんのスイミングなのでヘルパーさんとお留守番なのです。

ヘルパーさんが、「こんなあやたん初めて」とおっしゃったぐらい不機嫌、というか、半ベソの超いじけモード。

あやたん、もう踏んだり蹴ったり。

ごめんよ〜。

そんな一日だったあやたんですが、

保育所の給食、完食!

ヘルパーさんとの夕飯、カレーライスはおかわり!

だったそうで…(苦笑)

いやいや、良いことです。

夜はいっぱいハグハグして寝ましたよ。

あやたん、鍛えの春。頑張ってます。

ピアふれんど

Nっ子クラブ カンガルーの親子にも遊びに来ていただいたこともあるお母さんが立ち上げられた「ピアふれんど」をご紹介します。

『ピアふれんどは主に福岡県で活動している団体です。
*障がい児・健常児…子育て応援*
をテーマにし、障がい・健常 ― そういった枠にとらわれることなく、子ども達もママ達も、皆がそれぞれの人生を豊かに楽しく過ごせるように…ピアふれんどが、サポートします!』
このお母さん、同じようにお子さんを胎盤剥離で出産されたということもあり、ママにとってあやたんを育児するうえでの頼りになる大先輩です。とっても素敵な女性です。
その方が「新しい事業を始めます!」とおっしゃったときは、全然、不思議でもなんでもなかったんです。ママにとって憧れの方なんです。
この「ピアふれんど」では、ご自身の育児経験も踏まえた商品開発もされています。
肢体不自由児さんのエプロンなどなど。体が大きくなるといつまでも市販の赤ちゃんのスタイは使えませんからね~。
そのほか、手づくり作家さんの可愛い雑貨もたくさんです。
イオンで時々1dayショップを開催するそうなので、お時間があるときは是非遊びにいってくださいね。ピアふれんどの公式ブログhttp://piafriend.exblog.jp/をチェックしてくださいね。

悩むハミガキ

5月12日 水曜日

たんぽぽ組さんになったので、子供たちの給食のあと、母子分離で母たちのランチタイムになります。

約2時間。子供のいない時間です。

この日、話題になったのがハミガキ。

うがいができない子の親同士、悩むところも共通です。(そういえば、この前はトイレの話で盛り上がったな〜)

「気になるよね〜、口臭!」

「そうそう。」

ってね。

そりゃ、なかなか綺麗に磨かせていただけないですからね。臭うよね。食べるのはしっかりいろんなモノを食べるし。

あやたん、ハミガキ好きって言っても、正確にはブラシに噛み付くのが好きなのであって、奥歯の裏とかはなかなか磨かせてくれません。

しかも、うがいができないので歯磨き粉は無理。

ちなみにあやたんは、時々、赤ちゃんが使うハミガキナップで拭きあげます。

息スッキリ爽やか系の歯磨き粉で一度磨いてみたいものです。

口臭よりも虫歯のことを気にしろ〜ってママ。

あっ、大学病院の小児歯科、次回の検診予約入れてなかったな。予約入れなきゃ。

生活リズム…睡眠

5月11日 火曜日

この日のたんぽぽ組さんの主活動の時間は母子分離。母親たちは「生活リズムについて」…というお話を聞く時間でした。

子供の理想は夜9時には寝て、朝6〜7時には起きましょう!と。
そのためには、今、にいたんたちも小学校で頻繁に言われている「早寝、早起き、朝ごはん」が基本だよ〜と。
あやたん、クリアです!にいたんのおかげです。

最近の子供たちは小さい頃から大人時間で生活している子が多く、幼稚園にあがるとき、小学校入学のときに大変そうにしている子を何人も見かけました。
小さいときから大人が気をつけてリズムを整えてあげないとね。

ここ通園施設の場合はまたちょっと訳が違う側面もあります。

睡眠障害があったり、筋緊張が影響して眠りが浅かったりがするお子さんも中にはいるわけで…。

あやたんもどこかで神経過敏で熟睡できてないな〜と思うことが実際に多々あるし。(だから、それにあわせてなんとなくママも起きちゃったりする訳で)

だから、そんな子たちにとって生活リズムを整える、良質の睡眠をとるのって大きな課題だろうな〜と思います。

寝ているときに出てくる大切な成長ホルモン。
生活のリズムが崩れ、睡眠が崩れるとその大切な成長ホルモンの分泌に影響があるというお話。

科学で証明されるずっと昔から言われている「寝る子は育つ」…ホントだな〜って思います。

実はその分泌されるメラトニンには鎮静作用、細胞の酸化から守り、老化防止、抗がん作用の他に、第二次成長を抑える、つまり早く成長しすぎてしまうのを抑える役目があるのだそうです。初耳でした。

未熟児ちゃんたちの中には、早く初潮が来てしまうなど早熟というトラブル(思春期早発症だったかな?)が起きてしまう子がいると本で読んだことがあるけど、この睡眠の質とも関係があるのかな〜なんてお話を聞きながら考えちゃいました。
その分泌のためには睡眠時は真っ暗なほうがいいんだというお話もありました。
目が光を感じているとメラトニンの分泌が抑えられるのだそうですが、NICUの中が真っ暗になることって絶対にないですもんね〜。ついでにアラーム音も24時間体制だし。やっぱり何か関係ある??

どなたかこの辺りのことをご存知の方、いませんか??

質のよい眠り。ぐっすりと寝れること…大切ですね。
ママもぐっすり誰にも起こされることなく寝てみたいもんです。(世の中の母親の共通の願いかな)

保育所初日

5月10日 月曜日

朝から雨。一日中、雨…。見事に天気予報的中です。
そんな雨の中、まずはリハビリ2コマ頑張ってきました。

そして、リハビリからそのまま、11時、いよいよ保育所デビューです。

4月は保育交流に遊びに行けなかったので、お友達と会うのは一ヶ月ちょっとぶりです。
でも、教室に行くなり子供たちの大歓迎を受けました。
例のあやたん大好きの男の子は、朝から大興奮だったとか(先生談)。

みんな、ワーワー、キャーキャーの大歓待で、教室の入口から奥に入れなかったぐらいです(笑)

園用に作っていた自宅と同じ座位保持椅子に座り、あやたんも落ち着いてる様子。手足をバタバタとお友達の声に楽しそうです。いや、みんなの大歓迎(手足、顔を容赦なく触られる)のでバタバタ??
タオルをかける場所を教えてくれたり、お世話もいっぱいありがとね〜。助かりました。

ママは保育所の看護師さんといろいろ確認をしていると、程なく給食の時間。
加配の先生にお任せです。
給食の調理の方も様子を見に来てくださいました。(きざみ食をお願いしてるので食べ具合の確認です)

ここでママは一旦帰宅です。…と言っても12時半お迎えなのでバタバタでしたが。

あやたん、なんと給食完食だったそうです!リハビリ後でかなりお腹空いていた?!

お友達からは、あやたん、先生から食べさせてもらっていたよ〜って報告をもらったり、いつもの先生が加配担当になったので「私と遊んでくれな〜い」と泣いてるお友達がいたり(苦笑)

まあ、あやたんの座位保持椅子が一番人気だったのも確かです。
今週は慣れる目的で12時半までということに。

夏から保育所の交渉をスタートして、保育交流で実績を積んで半年以上。なんとかスムーズに仲間に入れそうです。

これも地域の大先輩方(考える会)が何十年と校区保障という活動をやってこられた積み重ねの結果でもあるんです。
カンガルーの親子も長く長く活動を続けなきゃって思いました。

久々の講座と「考える会」総会

5月8日 土曜日

午前中、今年度最初の地域支援コーディネーター養成講座を受講してきました。
昨年、受講していた講座の中級です。

講座名からはなんだかすごそうな感じがしますがと〜ってもお気楽、堅くありません。
ママにとってこの講座は、ボランティア、カウンセリング、グループのまとめ方みたいな学習をしながら、いろんな分野、年代の方と地域ネットワーク作りができる…そんな場です。

受講生のほとんどが昨年の初級で一緒だった方で、自然と「ご無沙汰で〜す」の声があちこちであがりリラックスモード。

このリラックスモード空間の真剣な講習というのがとても不思議な魅力です。

そして、いきなりこの中級からスタートという初めての方と継続して受講してきた方との違い…「傾聴」という点ではっきり差があるな〜とも思いました。

つまり初めての方は、他の方の時間についつい自分の意見を言ってしまう…。意識が高いがゆえのアドバイス。

継続して受講するってすごいな〜と。やっぱり自然な「傾聴」の姿勢がみんな身についていってるんですね。

夕方からは、市の「障害児・者を考える会」の総会&交流会に行ってきました。

総会の来賓として出席されていた市長さん、某大手スーパーの副店長さんと名刺交換に成功!
市長さんは昨年のカンガルーの親子の写真展(ママは子供たちのインフルエンザで欠席)を覚えていてくださっていて「いつもで市長室に」と。
フフフ、行っちゃいますよ〜。

さて、総会の間、子供たちはボランティアさんたちと別室で遊びます。
あやたんには看護師のボランティアさんがついてくださいました。
でもお昼寝していなかったので、半分以上は抱っこで熟睡だったようです。
にいたんは、あやたんと遊んだり、自由気ままに遊び回っていたりしていた様子。
貸切状態の普段とは違う雰囲気の夜の公共施設の中を楽しんでいたようです。

総会後はテーブルが校区ごとに別れての交流会。

小学校の障担の先生や保護者の方などとワイワイと食事をしながらのおしゃべりです。

会場には、リハビリの時間が変わってなかなか会えなくなったお友達、異動で市外の小学校に行ってしまった先生など、久しぶりにお会いできた方もたくさん。
近況報告に盛り上がりました。あっという間に夜9時のお開きの時間がやってきました。

この会も講座も、ママにとってとても大切な地域ネットワーク、人と情報のつながりの場です。

装具完成

装具完成
5月7日 金曜日

OTの時間に、装具を作ってくださる方がリハ室に。
あやたんの装具ができたよ〜と持ってきてくださいました。

早速、履いて、立位でOTの続き。
な〜んにもないと右足に体重がかかりませんが、装具の上から一足先にいただいたキーストンをつけるとなかなかよい感じで体重がかかりそうです。

最近、立ちたいという気持ちがどんどん強くなって、左足だけで頑張ってはバランスを崩して倒れ悔しそうな顔のあやたん。

これで右足の存在がしっかり認識できてくるといいな〜。

伝い歩きも夢じゃない?!!

それにしても、装具なかなか可愛いでしょ。

本当はアイロンでつけるワッペンで気に入ったのがあればつけることができるらしいのですが、

さりげなくハート型の型抜きにしてもらいました。

大きな虹

5月6日 木曜日

連休も終わり、普段の生活に戻りました。
朝からせっせとお弁当を作り、洗濯物を干すいつものパターン…ママ、なんとか休みボケせず、寝坊しなくて、ホッ、です。

今日はお昼ちょっと前からカンガルーの親子の運営ミーティング。
新年度、新体制で行う初の定例ミーティングです。

あやたんも同行です。

議題はいっぱい!

あ〜だ、こ〜だと話し合い。結論が出たもの、出ないもの、イロイロです。

ともあれ、今月中に片付けなければならない書類もたくさん出てきました。

さあ、頑張らなくっちゃ。(って、忙しいのがけっこう好きだったりするママ)
ミーティングを終えて外に出ると天気雨。

なんか不思議な空。

家に帰り着き、玄関を開けて、フッと空を見ると、

ビルとビルの間に大きな大きな虹!

あんなに太くて、はっきりとした、しかもかなり長い時間出ていた虹は本当に久しぶり。
いや、初めてと言ってもいいぐらい、それはそれは見事な虹でした。

虹って不思議ですよね。

雨と太陽…。
いろんな条件が重ならなければ見れないんですから。
そう、ピッカピカの「晴れ」のお天気だけでは虹は現れない。雨がいる。

雨降って地固まる…じゃないけど、雨のあとの虹。
虹に希望を見出だすのかな〜。だから人は虹に惹かれる…。
なんかそんなことを感じちゃいました。

大きな虹

携帯画像だから感動のままの虹じゃないですけど…

その後、ベランダが虹のほうに面しているお友達がこの画像をプレゼントしてくれました!100506_170924niji

遊園地デビュー

遊園地デビュー
遊園地デビュー
5月5日 水曜日

こどもの日。
午前中、ばあちゃん家の近くにあるこども遊園地に行ってきました。

ママが小さい時からある小さな小さな遊園地。…一体、開園、何十年なんだ??
ミニ遠足気分で歩いて行ける距離ですが、あやたんのことを考えて車で。程よい曇り空だけど、気温は高いですからね〜。

よくよく考えると、あやたん、遊園地デビューです。
にいたんも、小さい時はずいぶんここで遊んだよな〜。
あまりにも勝手がわかりすぎていて、一日フリーパスの腕輪を付けてもらった途端、もう行方不明。

一人でジェットコースターに乗りに順番取りに行ってました。そして、一人で乗って戻ってきました。

…ったく、勝手な奴。
…って言いながらあまり真剣に探さない薄情なママ。

それだけ小さい遊園地なんです。だいたい行きそうな場所は見当ついてたし。

あやたんは、パパに抱っこされて乗り物に挑戦。

途中からにいたんも一緒に、スカイダンボや園を一周する機関車、メリーゴーランドに乗りました。

水分補給に一息。

あらあら、あやたん、お茶を飲みながら寝てしまいました。

遊園地滞在…1時間半で撃沈です。
やっぱりまだまだ体調が完全ではないようです。…ということでこれにて帰宅。

ゴールデンウイークもあっというまにおしまい。

明日から…戻れるか?普段の生活に心と体が?!

ん〜。ママ、明日からだらけた(←ホントは寝不足)体を休めるために一人静かに休みたいです(苦笑)。

家族になった日

5月3日 月曜日

家族になって10年目…パパとママの入籍記念日です。
お家に一人でいるパパから、朝一番、メール。

メールの内容は…内緒ですが、
最後の一行…「今のうちに、ごめんさいって謝っておく」と。
これからまだまだ続く人生、どんな苦労をかけるかわからないからという意味…でも、きっとそれはお互い様だよね。

さて、午後はカンガルーの親子の集まりです。
メンバーのご友人が、なんとなんとカンガルーの親子のための応援歌を作ってくださっています。
その歌に子供たちの声を差し込むための音源、子供たちの歌声の録音です。

その様子はカンガルーブログにあります。

あやたんは、熱は完全に下がりましたが、まだ鼻水がすごいのでお留守番です。
パパとは会場で合流。にいたん、張り切って歌ってくれました。

編集作業後、どんな風に仕上がるのか楽しみです。

録音作業が終わったら、あやたんが待っているので、カンガルーのみんなはまだまだ盛り上がっていましたが、先に会場を出ました。

帰りにケーキを買って。

ただし、ママはその現場を見ていません。それは、何やらプレートに文字入れをお願いしていたから。

夕飯。ケーキ登場です。

「スイートテン ダイヤモンドなんて、そんな甲斐性ないから」とじいちゃんもばあちゃんもいる前で言うパパ。

ケーキのプレートに書かれていたのは…

「ママ、じいちゃん、ばあちゃん、10年間ありがとう。これからもよろしく」

ジ〜ンときました。

結婚記念日…決して夫婦二人だけの記念日ではない。家族になった日なんだって。

10年…あっという間。

ホントにいろいろあったけど、離婚してやる〜って思ったことも何度もあったけど、パパがパパだったから、あやたんのことも含めてきっと今日まで来れたんだと思うし、不思議と将来の不安もない。
…つまり、困難はあるだろうけど、この家族となら乗り越えていけるんだろうなって。

『この広い世界で 居場所を探して

誰かが誰かを想っている

なにより大切なことを僕も君もわかってる…』

お昼の歌が頭の中を何度も何度も巡っていました…。

スッキリ、スッキリ

5月2日 日曜日

夜中、寝苦しいのか何度も目を覚ましていたあやたん。夜明けには、微熱まで下がりました。
日中、熱が振り返すこともなく、だんだん顔の表情も、いつもの元気な様子に戻っていきました。

体の芯にはまだ熱が残った感じがあり、鼻水で顔中、すぐにカピカピになっちゃうので、油断禁物。

それにしてもホント、たくましいです。咽頭炎ということで、しばらくは熱が続くかな〜と覚悟してたんですけどね。二晩でほぼ心配ないまでに落ち着いたんですからね。

ただ今回、どんなに熱が高くても、手足の先はやっぱりすぐに冷たくなっちゃうのを再確認。ここはいろんな意味で課題になるかも…。

さて、ママは…。
ママの弟くんが整体をお願いしていて、その後だったらOKだよとのことだったので、久々のリラックスタイム。

体が限界にくると、よくお願いする方です。
最近、頭痛が頻発していて、そのことを話すと「これだけガチガチなら当たり前!」と言われちゃいました。
整体というよりアロママッサージでしっかり2時間、体全体の疲れを追い出してもらいました。しかも、障害児育児の大先輩でもあるので、おしゃべりでもスッキリ。…いや、最後は寝てたかも(笑)

あやたん、熱が下がってスッキリ!

ママも体のコリをほぐしてもらってスッキリ!

咽頭炎でお熱

5月1日 土曜日

前の日、お風呂に入ったあと、夕飯も食べずにコテッと寝てしまったあやたん。
単純に、お昼寝しなかったからな〜なんて思ってました。

起きる気配がないので、一人静かに作業ができる絶好のチャンス!とにいたんもパパも寝た後にたまっていたブログの更新やら、書類の作成やらを夜中にやってました。

すると深夜にあやたん、お目覚め。

なんだか妙に体がポカポカ。

計ってみると、39.3度!!

ママは、夜中に一人でキャー状態。

だって嫌でも、てんかんの発作が頭をよぎります。

けいれん、発作を誘発するのに十分すぎる高熱。

しかも、夕飯食べてない=お薬飲んでないんですから。
まずは、食事替わりに牛乳飲ませ、てんかんのお薬を飲ませて様子見です。

明け方まで39度台は続きましたが、起床後は少しだけ下がった感じ。

リビングでオムツ替えの最中にビデオコーナーに脱走するあやたん。これだけ元気なら安心です。

とはいえ、ゴールデンウイークは帰省予定。朝から小児科にいってきました。

結果は咽頭炎。白血球の値が少々高かったので、いつもの鼻水風邪の時にもらうお薬に抗生剤がプラス。座薬の解熱剤も出してもらいました。

ゴールデンウイーク中もいつもと変わらず診察してくださるこのかかりつけの小児科の存在は心強いです。(うちは年中無休だ!と先生はいつもおっしゃってくださってます)

さて、予定のばあちゃん家に行くのをどうしようかと迷いましたが、

連休前半は仕事のパパから、

逆にばあちゃん家にいてくれたほうが、大人がたくさんいるから安心。
にいたんもストレスがたまらないだろう。
あやたんも必ず誰かが見れる。
ママも寝れる。

と言われて、ただ今、ばあちゃん家です。

最近、ママの顔が疲れてるといろんな人から指摘されまくってます。綺麗なママに戻るべく、実家で甘えてのんびり連休と決め込んでます。
パソコンにメールをくださってた方…ためてるお返事は連休明けになります。

そういえば、咽頭炎だ、お熱だと、お友達何人かも体調不良のような…。やっぱり季節、気候のせい?
みんな、早くよくなれ〜。
連休中、発作やけいれんが起きませんように。

<ご案内>カンガルーの親子 5月度定例会

5月に入りました。ゴールデンウィーク、みなさんはどのような予定でいらっしゃいますか?

あやたんもしかり、気温の乱高下のせいか、お友達の体調不良という情報がちらりほらりと入ってきています。みんな、早くよくなってくださいね。


さて、5月度定例会のご案内です。

5月は、「就園について」の座談会を行います。

<日 時> 5月20日(木) 10時半~12時 定例会
               12時~12時半 総会
<場 所> 太宰府市いきいき情報センター

<参加費> 300円(1家族)

<講 師> 久留米天使幼稚園 園長 早川 成先生


職場に復帰したいけど保育園の受け入れの返事が厳しい。
就園の年齢に達するので幼稚園や保育園をどうすればいいのか。
酸素を持っている。肢体不自由児だ。投薬がある。
さてさて、どうしたらいい?

実際にお子さんを就園させたメンバーも一緒になって、こぐま学園でのご勤務の経験をお持ちの早川先生を囲み、子どもたちの成長にとって大切な幼稚園や保育園などについてみんなで話してみたいと思います。

来年が就園年齢のお友達も、まだまだ先だというお友達も一緒に考えてみませんか?


会場設営などの関係がありますので、今月の定例会の参加予定の方は、事前にご連絡くださいね。

尚、5月度の定例会後、総会を続けて開催いたします。
4月の定例会で総会を行う予定でしたが、あやたんの緊急入院という突発事態が起き、「代表不在では総会は成立せず!」ということで今月に延期になりました。その節は、みなさんには、大変にご心配とご迷惑をおかけいたしました。
総会までご参加いただけますよう宜しくお願いいたします。

5月度 遊びの広場
<日 時> 5月20日(木)定例会後の13時~16時半オープン
<参加費> 100円(1家族)
<場 所> いきいき情報センター ビガールーム

 ※第1水曜日(5月3日)はGW中のため、お休みです。

お時間のある方はこちらへも遊びにきてくださいね。お待ちしています!!

みんなの元気な顔を見れますように、お会いできることを楽しみにしています。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »