フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 年度初めのにいたんデー | トップページ | ただいま! »

初めての救急車と小児科病棟

水曜日。

あやたん、ただ今、産まれ故郷の大学病院の小児科病棟にいます。

すでにご存知のみなさん、大変にご心配をおかけしています。

さて、ことは午前7時前のこと。
パパがあやたんのベットに行くと、少量の嘔吐と右手のけいれん。
けいれんがおさまる気配がないので、かかりつけの大学病院に電話。主治医不在のため、ひとまずダイアップを入れて様子を見てくれとのこと。
ダイアップを入れ、右手のけいれんがおさまる感じがあったものの、どう考えても様子がおかしい。
心臓の鼓動は激しく、体温は低い感じ。
にいたんを送りだした後(ホント、あの場ににいたんがいなくてよかった)、改めて電話をする約束の時間まで待てないと思って、近くの小児科に行こうと玄関にむかった途端、再び嘔吐。
呼吸もあやしく、意識混濁、体の力が急にがくんと抜けるような嫌な感覚。
パパが救急車要請。ママはあやたんの措置。
嘔吐に鼻水…詰まらせないか、こんなときにやってもいいのかと迷いつつも、人工呼吸。
通常のてんかん発作では応急処置はないとは言われているけど、そんなことはいってられない。それぐらいグッタリしてしまったあやたん。正直、このまま呼吸停止するのではないかというぐらい怖かった。
時々、息を吹き返すような反応があったことだけが救いでした。弱くて短い反応だったけど。

救急車はAEDをつけたまま。酸素マスクのおかげで酸素濃度は安心のレベルに。ただ手の爪は紫。救急隊員の方が足の裏に刺激を入れても相変わらず反応なし。
救急隊員もかなり緊迫していたようで、救命救急センターで待機しているときに、我が家に忘れときたものがある…と言われたぐらい。

そんな状況にホントに焦りました。初めての出来事。

日常生活の中で、最悪なことが起きても不思議じゃないんだと、改めて思いました。

嬉しかったのは、救命救急センターに、NICU時代からの主治医も小児神経の主治医も駆け付けてきてくれたこと。
特に、あやたんが産まれたときからのNICUの主治医が「朝一番に電話があった」と引き継ぎがあったから、きっと救急センターに来てるはずと思っておりてきてくれたなんて感激でした。
その後、病棟に先生二人は何度も足を運んでくださいました。
病院についてからは昏々と眠り続けるあやたん。パパが荷物を取りに帰っている間、ママが抱っこから下ろすと起きて嘔吐するので、夕方までママは食べず飲まずでずっと抱っこです。

初じめての救急車と小児科病棟

でも、夕方には症状も落ち着き、お茶も飲み、夕飯も少し口にすることができました。
好きな歌に反応して、笑顔も出て、ちょっと力ないけど、やっとひと安心です。

木曜日か金曜日には退院できそうです。きっと。

原因ね〜。なんだろう。
実は昨夜、お留守番係のパパ、夕飯あとにてんかんの薬を飲ませずに寝かせつけたのだそう。これにはパパは猛反省。何度もあやたんに謝っていました。一年、発作が起きていないから甘くみていたって。

あとは、身体が寝ている間に冷えすぎたかな。
ここ数日、夜中に総会の資料を作っていてあやたんと一緒に寝ていないママ。あやたんはベットに一人。布団から出てしまってもそのままだったし、異変に気がつかなかった。予兆があったはずなのに…。(これが怖くて、普段はあやたんと寝てるのにね)

ごめんね、あやたん。

そんな訳で明日のカンガルーの親子は初めて欠席です。
定例会の前半に予定していた総会も、代表のママが不在では成立しないということで延期ということに運営スタッフ会議で決まったそうです。
急な事態に対して、みんなの結束力の素晴らしさに感激しています。ありがとう。

本当にカンガルーのみんな、ご心配をおかけし、ご迷惑おかけします。

さすがにママも今、すごい睡魔に襲われています。
でも、あやたんが静かな寝息をたてて眠っている、その寝顔に見入ってます。よかった〜って。

まずは今夜、このままなにごとも起きませんように。

« 年度初めのにいたんデー | トップページ | ただいま! »

てんかん」カテゴリの記事

コメント

☆さよたんさんへ☆
ビックリさせちゃいました。
ホント、油断しちゃだめなんだなって思いました。
薬も甘くみちゃいけないんですね。

でも一晩の入院ですんでほっとしました。
だけど、てんかんに応急処置はないといわれてるけど、
私のあの対応でよかったんだろうかって、次のことを考えると不安です。

☆あゆ母さん☆
朝一番からメールで驚かせちゃいましたね。
みんなの結束力に感激しています。
そして、ドタバタと急な変更変更で迷惑をかけてしまいました。
こちらのほうこそ、ごめんね。
どんな定例会だったのかな。
報告を楽しみにしています。

mixiを開いて最新日記のタイトルを見てびっくりしてすぐにきました。
まずは落ち着いてきたとのことで本当によかった・・・
うちも今は発作が落ち着いているから甘く見ているところがあります。
本当に油断は禁物ですね。
あやたん、早く元気になって退院できますように・・・
ママも無理しないようにしてくださいね。

よかったよかった!!落ち着いてほんとよかった!!
総会資料に助成金の申請書まかせっきりにしてたもんね・・・
大丈夫かなって思いながらも猛反省です・・・ほんとごめんなさい!!
あやたん、ごめんね!!
明日はあやたんママが不在の初の定例会・・・
皆で協力して何とかがんばりますので、こちらの事は
全くご心配なく!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/34229639

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての救急車と小児科病棟:

« 年度初めのにいたんデー | トップページ | ただいま! »