フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 保母さんに見える? | トップページ | 3月の定例会 お下がり交換 »

30年前の先生

午前中、ポカポカ陽気の保育園でたくさん外遊びをして、午後から視能訓練に行ってきました。

先週は雪を口実に休んだからなぁ。

視能訓練の先生とは、訓練の最中によく福祉や教育の話をするんです。

今日は、先々週のロービジョンのシンポジウムの話や先生が講師として今週末に出張する会の話などで盛り上がり、

そこから、目の検査が機械化が進んだことで手技での検査ができる先生が減ってしまい、乳幼児の段階での検査ができないと言う先生が増えたこと。自治体の3歳児検診での視力検査で弱視等のトラブルが見逃され、手技だったら早期発見できる場合もあるのに・・・とぼやく先生。

かと思えば、特別支援学校の先生や福祉は意外と30年前と変わっていないのかなぁ、なんていう話にもなりました。

それから「怖いもの知らずで勢いだけでいろんなことしたな~」と病院内で弱視の親の会(今は解散して無いらしい)を始めたことなど、なんだかかんだと先生の若い頃の話まで。

その親の会が発足した30年前の新聞記事を「30年前だから、まだあるんだけど」ってお土産にいただきました。

30年前の先生にあるもの・・・フフフ、分かる人にはわかりますよネ(笑)。

それにしても、30年前の今も弱視学級ってほとんどないもんなんですね。

« 保母さんに見える? | トップページ | 3月の定例会 お下がり交換 »

未熟児網膜症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/33823500

この記事へのトラックバック一覧です: 30年前の先生:

« 保母さんに見える? | トップページ | 3月の定例会 お下がり交換 »