フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« やっぱり見えにくいのね | トップページ | カウンセリング講習会 »

スイッチ・オンは難しい

金曜日、土曜日のリハビリで、どっちの先生もスイッチを押したら音が出るというおもちゃを準備。

まずは金曜日。
最初に出てきたのは、白いおもちゃの中央に2×3センチ大の楕円形の青いボタン。
先生があやたんの手を持ってボタンを押すとおもちゃは回転し、音が鳴る。
あやたん、けっこうお気に入り!
「さあ、一人でやってみよう」タイム。もちろん、音を鳴らしたいあやたん。

あやたんの手はおもちゃの回転する所をバシバシ。
スイッチは…探してる?
どうやら見つからない?

で、先生の手を探し、つかまえて、どうやらスイッチを押してと催促しているよう。

ボタンを捜すより、先生の手を捜すほうが簡単かも。
それとも、この先生の手でスイッチを押すとインプットしちゃった?!
あやたんの「は~い」というお返事みたいに覚えちゃった感じがあるので、別のおもちゃに切替。

今度は赤青黄色の3個の直径1センチ大のボタン。
指先で押すのはちょっと大変。
ママが思うに、小さすぎて探せてない?!
ボタンを押すより、これまたおもちゃの観覧車の所を手で回そうとするし…。

とまあ、なかなか上手くいかないもんです。

土曜日のリハビリでは先生オリジナルのスイッチが登場。

ちょうど写真のフィルムケース大のスイッチをおもちゃに接続してます。

モノを持ち続けることが難しい右手にこのスイッチを握り、左手で押すと、接続したおもちゃが動いたり、音が出たり。

こちらはスイッチを押すと音が出るとすぐに理解できたようで、自分でも上手く押せた。

…だけど、右手で持ち続けることが大変で、しばらくするとスイッチは手から落下。

もちろん、先生は右手の練習のためにこんな形を考えてくれてるんです…。

これは次回、パパ同伴でリハビリに来た時に家用を作成することに決定。こういうのは機械科卒(だったっけ?)のパパにお任せするに限る。

金曜、土曜のリハビリを通し、手を意思通りに動かすのも大変だけど、目で見て距離感をつかむことも今のあやたんにはまだまだ難しい。
麻痺に極端な左右差があること、視覚的なハンディキャップがあること。
この2つはやっぱり壁になってるんだな~、なんて改めて感じざるを得ない。

…って、これもいろんな事が急激に出来るようになってきたからこそ目立ち、実感してたりするんです。
あとはどう作戦を立てるか!これがけっこう楽しいんだな~。

ママってOT向きかも・・・ってね。

« やっぱり見えにくいのね | トップページ | カウンセリング講習会 »

リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/33061708

この記事へのトラックバック一覧です: スイッチ・オンは難しい:

« やっぱり見えにくいのね | トップページ | カウンセリング講習会 »