フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« にいたんとデート | トップページ | コンタクト禁止令 »

久しぶりの大学病院検診

すっかり2ヶ月おきのペースになった大学病院の検診。

てんかんの発作も全く起きていないので、ここのところ検診は経過報告と薬をもらいに行くという感じになっちゃってます。

計測室の前で待っていると、看護師さんが「測っていく?」と声をかけてくださったのでお願いしました。計測しながら「あやたん、久しぶりだね~」、そして、あやたんの表情が変わったと言ってくださいました。

顔つき変わったのかな?

だって3歳だもんね!

診察室では、あやたん、自ら深々と「こんにちは」とお辞儀からスタート。

這い上がりからのお座りが出来るようになったこと、長い時間一人で座っていられるようになったこと、つかまり立ちならぬ支え立ちが上手くなったこと、ずり這いを始めたことなどをこの2ヶ月でできるようになった数々を報告。

先生から「見せて!」と言われて抱っこされたのに、断固拒否。

でも、ご機嫌で、多分、診察室では初めて?というぐらいうよく声を出してた。ある意味、本領発揮です。

なんだか先生も嬉しそう。

で・・・最近の疑問をちょっと質問してみた。「あやたんに対して、自閉症ではないとか、自閉症の傾向があるとか、先生によって見解がまちまちなんです」って。

体も精神も全体的に遅れのあるあやたんなので、コミュニケーションをとること自体が難しい。(と言ってもママはコミュニケーションが取れないなんて思ったことはないんだけど)

だから自閉症かどうかという限定的な判断は難しく、年齢が変われば判定も変わってくるだろうとのこと。先生たちによっても見解が変わるのもこの精神医学の難しさ・・・らしい。

一度だけあやたんを診てくださった先生の見解を名前を出さずに話をしたのに、「○○先生から?」と言われ、さすが小児神経の専門医の世界だぁ・・・なんて思わず関心しちゃいました。

こう先生から説明を受けるとあっと言う間にこだわりがなくってしまう単純なママ。

3歳をひとつの目安として絶対に受けなければいけないのかなって思っていた発達検査。

3歳児検診といい、今回といい、○○式、△△式とかある数々の発達検査、今のあやたんにとってあえて検査をして判定を出すことに執着する必要はないのかな~とあっさり納得。

(たしかに、ある方式の検査では、検査項目の作業そのものができないから実施できないというのもこれまた現実なんだけど・・・つまり測定不能。それはそれとして、しっかり認識しとかなきゃ)

今は、やれることをしっかりやるのみ。

だって目の前にいるあやたんは確実に日々成長しているんだもんね~!!

« にいたんとデート | トップページ | コンタクト禁止令 »

その他の病気・検診など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/32626233

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの大学病院検診:

« にいたんとデート | トップページ | コンタクト禁止令 »