フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 定例会にテレビカメラ取材予定 | トップページ | ママ、へとへと »

本日、9月の定例会

今日は、久しぶりに会場が筑紫保健福祉環境事務所に戻っての定例会。

そして、事前にお知らせをしていたとは言え、某テレビ局の取材クルーが入っていて皆さんをかなり驚かせた模様。でも、突然のインタビューにも協力してくださって本当にありがとう!!!というか、みんな肝っ玉据わってる~!と感心しきりのママ。

さて、今月の定例会は筑紫管内の各市町の保健師さんを招いての意見交換会。保健師さん以外にも子育て支援課や療育相談室の方、そしていつもお世話になっている県の母子保健担当者も出席。さらに、毎月受けているカウンセリング講座の講師の先生も初参加。この先生は、看護師さんであり、以前、NICUを持っている病院の小児科の看護師長をされていた時期がありとても心強い存在。

初参加の方も3組あり、計15組のカンガルーの親子たちが大集合。会場はかなり満杯状態。

話もかなり熱くなった。

お子さんがまだ入院中のお母さんからは4ヶ月検診や予防接種に関する質問。そこから、保健師さんによる家庭訪問や電話でのやり取りのエピソードや集団検診が苦痛だという意見、保育園の話し、新型インフルエンザと旧来のインフルエンザの予防接種をどう受けていけばいいのかなど話題は多岐にわたった。

1時間半ではとても足りなかったのが現実。

でも、今日のことがきっかけとなり、行政の担当者が自由に、構えずに定例会に参加してくれるようになればいいのになと思う。それこそ業務の一環ぐらいになってくれればいいのにな。

保健師さんたちの家庭訪問先は低体重児だけではなく、育児放棄などの問題を抱える家庭まであり、かなり多忙なのが現実。「大丈夫です」と言われると安心して(でもないかもしれないけど)、お母さんのメンタル面でのフォローアップリストから外れてしまう。

本当は、お母さんは誰かに不安や悩みを聞いてもらいたい。

でも、顔の見えない、まだ関係が築けていない保健師さんとの垣根がある。

そんな構図も垣間見えた。

だからこそ、定例会などでリラックスした雰囲気で話しができると本当はいいんじゃないのかな?とも思った。

参加したみんなは、そして行政の担当者の方々はどんな感想を持ったんだろう?

« 定例会にテレビカメラ取材予定 | トップページ | ママ、へとへと »

「Nっ子クラブカンガルーの親子」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/31417287

この記事へのトラックバック一覧です: 本日、9月の定例会:

« 定例会にテレビカメラ取材予定 | トップページ | ママ、へとへと »