フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« カンガルーの親子ブログ開設 | トップページ | 泣きっ面に・・・ »

保護者勉強会で再認識

火曜日の療育センターでの肢体不自由児対象の保護者勉強会でのことを再認識したこと。

今回は小児科医師による子供の健康管理というテーマでの勉強会だった。その中で、あやたんにとっても密接に関係する便秘とてんかんについても話があった。

便秘に関しては、あやたんの場合やっぱり絶対的な運動量の不足が原因。自力で動けない、移動できない分、この年齢らなではの運動量と運動の質が絶対的に足りていない。足をもって揺らしてあげることでお腹(小腸、大腸を振動させる)に刺激が行き良いらしい。

これは、家に帰って早速実行。

もう一つがてんかんについて。

改めて再認識させられたのが、急に薬を止めたときのリバウンド的な反応の恐ろしさ。発作が止まっているからと、勝手に急に薬を止めてしまうと、ちょうどダイエットのリバウンドのように、てんかんの症状が起きたときなかなか症状を改善できなくなってしまうということ。

聞いていてちょっと怖かった。

最近、発作が起きていないからと、ちょっと油断気味だったなぁと反省。

発作が2年起きていないこと、そして半年ごとに調整しながら薬を減らしていく。気長に付き合うしかないんだなぁと再認識。

そして、発作が起きやすい条件なんかの話もあった。

季節の変わり目に発作を起こすお友達は確かに多い。

疲れや興奮状態もよくない・・・。

実は、9月の5連休にあやたん初のパパ実家へお里帰りのため、新幹線で初めての遠出を予定している我が家。

さてさて、どうなることやら。8月の脳波検査ですっかり安心しきっていたママ。もう一度気を引き締めて、とにかく無理の来ない、過度に興奮状態にならないスケジュールを心がけるべし。まだ一度も使ったことのないダイアップ(発作止め)もお守り代わりにちゃんとカバンに入れとかなくちゃ。

それよりも・・・インフルエンザをもらわないように、ってこれが一番防御するのが難しいかも。

« カンガルーの親子ブログ開設 | トップページ | 泣きっ面に・・・ »

てんかん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/31310897

この記事へのトラックバック一覧です: 保護者勉強会で再認識:

« カンガルーの親子ブログ開設 | トップページ | 泣きっ面に・・・ »